文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 決勝観戦記

一覧

第31期十段戦決勝 最終日観戦記 勝又 健志

2014/11/21
執筆:勝又 健志


100

2日目終了時のポイントは
櫻井+56.1P
藤崎+42.2P
瀬戸熊▲8.5P
柴田▲20.8P
前原▲90.0P

トータル首位を走る櫻井は、初日2日目ととにかくバランスの良さが際立っていた。
打点の見込める手牌ではしっかりと手役を狙い高打点のアガリをものにし、それ以外の局ではスピードを重視し捌きにかけるか、確実に受けに回るという麻雀で確実にポイントを積み重ねている。

残り4回戦。ここからは相手4者だけでなく、ゴールに近付けば近付くほど増していくプレッシャーとも戦わなければならない。その中でいかに自分の麻雀が貫けるかということも見どころとなる。

 

9回戦(起家から、藤崎、櫻井、瀬戸熊、柴田、抜け番:前原)

藤崎1人テンパイ、櫻井1人テンパイで迎えた東2局1本場2巡目。
柴田が1枚目の発を仕掛ける。

四万七万四索八索一筒二筒四筒五筒五筒六筒白  ポン発発発  打八索  ドラ六万

ホンイツの可能性はあるものの、打点は安くアガリにも遠い仕掛けである。
これはここまでの柴田には見られない仕掛けであった。
1局単位で考えるならば、私には損な仕掛けに見える。

これは、ここまでの相手の対応から戦略的に得と考えた仕掛けなのか、76.9P差が打たせた仕掛けなのか、櫻井の親番だけは自由に打たせないといったものなのか。その答えはわからないが、ただ1つ柴田は戦い方を変えてきた。

結果は、櫻井、瀬戸熊の2人テンパイ。
東2局2本場。アガリはないものの連続でテンパイ連荘を果たした櫻井に好配牌が入る。

二万三万四万七万三索四索四索六索七索二筒三筒四筒北  ドラ発

この後、八万五索と引き4巡目にリーチにいく。
すぐに九万をツモアガリ1,300は1,500オール。
4巡目ということで高打点を狙っての七万八万切りや四索切りも考えられたが、手堅くアガリを取りにいった。
櫻井はこれまで通り、スピード、打点、最終形からバランス良く折り合いをつけていく戦い方だ。
東2局3本場。6巡目に柴田がリーチ、

三万四万五万六万七万八万三索四索六索七索八索七筒七筒  ドラ西

このリーチを受けた藤崎が11巡目に

四万六万六万七万八万五索六索七索東東東西西

このテンパイを入れるが、アガリは瀬戸熊。
途中、

二万三万四万五万三索四索五索五索二筒二筒三筒四筒四筒五筒

この難解な選択もあったが見事最速かつ高打点のアガリをものにした。

三万四万五万三索四索五索五索七索二筒二筒三筒四筒五筒  ロン六索

東4局2本場。親の柴田が仕掛けを入れる。

二万三万三万三万四万六万八万三索四索五筒五筒  チー三筒 左向き二筒 上向き四筒 上向き  打二万  ドラ九筒

やはり、この3日目の戦いに向けて用意してきた作戦のようだ。

100

この仕掛けを受けた瀬戸熊。

四万六万一索一索三索四索五索七索八索三筒四筒七筒八筒九筒

ここから、六万を切るも五万を引くと七索八索を払っていく。
そして、待望の三万を引くとリーチにいく。
柴田はオリを選択。

今局は瀬戸熊がハイテイで二筒を引き当て、2,000・4,000のアガリ。
その瀬戸熊は、南1局でも3,900をアガる。
南2局は瀬戸熊の1人テンパイ。

そして、南3局1本場瀬戸熊の親番。
4巡目、柴田がまたしても仕掛けていく。

六万七万八万二索三索三索六索六索七索五筒東  ポン白白白  打東  ドラ中

ここまで柴田の仕掛けは、局が終盤までもつれオリに回される展開が続いている。
しかし、自分の用意してきた作戦を簡単には変えず貫いていく。
5巡目、瀬戸熊に

三万五万五万六万七万七索八索九索三筒四筒五筒七筒七筒

このテンパイが入るとヤミテンで攻め抜いていく。
11巡目、七万を引くとイーペーコーに受けてリーチにいく。

このリーチに藤崎がドラ2で無筋を押す。
これで難しくなったのは柴田。2人に挟まれ安全牌に窮し中筋の六万切り。
これが瀬戸熊に3,900の放銃となった。

ここまで柴田の作戦はことごとく裏目に出てしまう。
やはり、柴田の最大の持ち味は序盤から終盤までを見据えた手組みでの高打点のアガリであるだけに、他3者が戦いやすくなっているように見える。

一方瀬戸熊。初日2日目には得意の連荘モードに入りそうな局面での仕掛けで崩れ、ポイントを伸ばしきれずにいたが、3日目になり瀬戸熊らしさ全開の攻めを見せている。
南3局2本場では、

七万七万七万八万九万一索二索七索八索九索七筒八筒九筒  リーチ  ツモ三索

同3本場は

三万四万六万七万八万一索一索五索六索七索三筒四筒五筒  リーチ  ロン五万  ドラ七索

遂に、クマクマタイムが発動。この親番で櫻井との64P程の差を一気に詰めた。

100

9回戦結果
瀬戸熊+47.6P  櫻井▲8.7P  柴田▲11.2P  藤崎▲27.7P

9回戦終了時
櫻井+47.4P  瀬戸熊+39.1P  藤崎+14.5P  柴田▲32.0P  前原▲90.0P

 

10回戦(起家から、柴田、藤崎、前原、瀬戸熊、抜け番:櫻井)

この10回戦が終わった段階で5位のものが敗退となる。
現在4位の柴田と5位・前原の差は58P差。

前原、何とかこの差を逆転しようと必死に攻めるものの、その差はあまりに大きかった。
これまで5度の十段位獲得の前原は10回戦で敗退となった。

100

この半荘のトップは藤崎。
東2局に

一万一万一万七万九万中中  ポン五万 上向き五万 上向き五万 上向き  ポン発発発  ロン八万  ドラ六索

東2局2本場では

四万四万九万九万九索九索九索三筒三筒三筒七筒八筒九筒  リーチ  ツモ九万  ドラ九索

これをアガると、その後はしっかりとリードを守り切った。

9回戦では、瀬戸熊の猛攻の前にラスとなり優勝争いから一歩後退したかに見えたが、見事ワンチャンスをものにした。
瀬戸熊も、一時11,200持ちのラス目となるが、勝負所でのヤミテンがピタリと決まり、踏みとどまった。

一万二万三万一索二索三索六索七索一筒二筒三筒九筒九筒  ロン八索  ドラ六索

この時、親の藤崎にはツモり四暗刻のテンパイが入っていただけに、瀬戸熊がリーチにいっていると決定打が生まれていたかもしれない。

100

10回戦結果
藤崎+27.1P  柴田+4.8P  瀬戸熊▲13.9P  前原▲18.0P

10回戦終了時
櫻井+47.4P  藤崎+41.6P  瀬戸熊+25.2P  柴田▲27.2P  前原▲108.0P

 

11回戦(起家から、柴田、瀬戸熊、藤崎、櫻井)

櫻井、藤崎、瀬戸熊はできればトップがほしいが、まずは離されずについていくことが重要であろう。
柴田は、大きな2連勝が必要になる。そんな中で始まった11回戦。まず抜け出したのは櫻井。
東4局7巡目、瀬戸熊から先行リーチが入る。

五万六万七万二索四索五索六索六索八索八索八索七筒七筒  ツモ七筒 打二索 左向き  ドラ二索

8巡目、櫻井にもテンパイが入る

一万二万三万八万八万二索三索四索四索東南南南  ツモ六索

カン五索と追いかけづらい待ちではあるが、ここは勝負とリーチにいく。
結果は、櫻井が五索をツモ。大きな大きな2,600オールのアガリとなった。
100
まず最初のポイントは4巡目。櫻井は

一万一万三万八万八万二索三索四索四索六筒東南南南

ここから六筒切りとした。狙いとしては、ダブ東のくっつきと、ドラがらみのイーペーコー、そして縦の手牌ということである。この選択が見事であった。手順で東を切っていたならば、おそらくカン七筒待ちでのリーチとなり瀬戸熊に軍配があがっていたであろう。序盤の捨て牌からメンツになりそうな色を見極め、ギリギリまで打点を求めていく対局観が生んだアガリであった。

また、8巡目のリーチ判断も素晴らしかった。
瀬戸熊が7巡目にドラ切りリーチならば、打点が高いか待ちがかなり優秀であるということは容易に想像できる。
その中でも、ここが勝負とリーチに踏み切った。
決勝戦で優勝を掴みとるには、どこかでリスクを負って勝負しなければならない。
まさに櫻井の強さが凝縮されたアガリといえるであろう。

東4局1本場。櫻井はさらに勝負を決めにいくべく攻める。

五万六万六万七万八万一索一索三索四索五索六索七索五筒六筒  ドラ六万

ここから櫻井は八万切り。7巡目、七筒を引くと理想的なテンパイでリーチ。
櫻井がリードを広げるかに見えたが、このリーチを後のない柴田がかわす。

二万二万三万三万四万二索二索四筒五筒六筒白白白  ロン一万

柴田はポイント差を考えるとリーチにいきたい手牌ではあったが、ここは櫻井の連荘阻止のため、グッとこらえヤミテンを選択。勝ちたいから、差を縮めたいからリーチではなく、勝ちたいからこそのヤミテンであった。
まだ櫻井も抜け出せない。
南1局1本場。柴田が

一万二万四万五万六万二索三索四索四筒四筒  暗カン牌の背東東牌の背  リーチ  ツモ三万  ドラ発

この3,900は4,000オールをアガリ、3者のポイント差が一気に詰まってきた。
南2局。遂に櫻井が抜け出す。
櫻井、7巡目に七索をチーして1シャンテン

一索一索一索二索三索三索四索六索六索中  チー七索 左向き八索 上向き九索 上向き  ドラ東

この仕掛けを受けて瀬戸熊、

一万二万六万五索六索七索四筒六筒六筒六筒東中中  ツモ六索

この六索をツモ切る。アガリにかけるならソウズ以外にターツを求めたい局面ではあるが、瀬戸熊の手牌にはドラの東が孤立している。万一この六索を仕掛けられたなら手残りしている東が厳しく勝負にいきづらい。ならばここは四筒六万を選択するのが瀬戸熊のバランスであると思うが、ここは自らのアガリを最優先に手牌を進めた。
この六索を櫻井がポンしてテンパイ

一索一索一索二索三索三索四索  ポン六索 上向き六索 上向き六索 上向き  チー七索 左向き八索 上向き九索 上向き

この清一色にドラが重なった柴田が飛び込む。

三万四万五万五万六万八万八万八万二索東南南西  ツモ東  打二索

まだまだ加点の欲しい柴田は、高打点が見込める1シャンテンなだけに勝負にいったが手痛い放銃となった。
1シャンテンで二索を切るとこの先のソウズはほぼツモ切りになってしまう。櫻井がまだノーテンの可能性もあるからこその二索切りであるが、柴田は放銃が即致命傷となるポイントなだけに、受けに回る選択もあったであろう。
このアガリが決め手となり11回戦は櫻井のトップとなった。

100

11回戦結果
櫻井+14.7P  柴田+8.1P  瀬戸熊+4.7P  藤崎▲27.5P

11回戦終了時
櫻井+62.1P  瀬戸熊+32.9P  藤崎+14.1P  柴田▲22.1P

 

最終12回戦(起家から、瀬戸熊、藤崎、柴田、櫻井)

東1局、瀬戸熊が櫻井から直撃。

三索三索四索四索五索五索一筒二筒三筒八筒九筒北北  ロン七筒  ドラ二万

東1局1本場は、瀬戸熊が2,000は2,100オール。
そして、東2局2本場。これ以上の連荘は許したくない櫻井が仕掛ける。

三万五万七万六索八索三筒五筒七筒九筒九筒九筒中中  ドラ八索  ポン中  打三筒

状況的に、藤崎、柴田が瀬戸熊の親を捌きにいくとは考えづらい。
ここは自分でアガリに向かった。また、柴田の捨て牌が国士模様なことも大きな要因であった。
櫻井は形が悪いながらも、瀬戸熊に打ちやすい牌を残しつつアガリ切れるターツを探していく。
しかし、瀬戸熊からツモの声。その手牌は

二万二万五万五万五索五索七索七索八索八索二筒二筒三筒  ツモ三筒

難しい単騎選択を正解し、素晴らしい6,000オール。

100

なんとこのアガリで瞬間櫻井を逆転する。流れを重んじ、自身が攻めれる局面まで我慢を続け、勢いを掴んだと見たらメンゼンで高打点のアガリをものにする。これはまさに、瀬戸熊の勝ちパターンであり、この麻雀で十段位三連覇を成し遂げている。この勝負所である最終12回戦で絶対王者と呼ばれるその力を存分に見せつけた。
しかし、櫻井もこのまま引き下がるわけがない。
東4局2本場に

六万七万八万一索二索三索五索六索二筒三筒四筒七筒七筒  ツモ四索  ドラ五万

これをアガリ、その差は約10ポイント。まだまだ勝負の行方はわからない。
東4局3本場11巡目。

四万五万六万八万四索五索六索七索八索九索四筒四筒四筒  ドラ八万

櫻井がリーチにいく。456の三色やタンヤオへの変化もあるが、もう形ではない。櫻井の気持ちが全面に表れてるリーチである。瀬戸熊もこのリーチにベタオリせずにアガリを目指す。両者気持ちのこもった戦いが続く。
そして最終手番、櫻井が八万を引き寄せた。

これで再び櫻井が10ポイント程のリードを築く。
南1局、瀬戸熊はこの親で再びの逆転を目指すが、ここも櫻井がアガリ切る。

二索二索五筒五筒八筒八筒九筒九筒南南北発発  ロン北  ドラ一索

そして、オーラス。瀬戸熊の条件は倍満のツモアガリか、跳満の直撃。
櫻井は第一打からオリを選択。瀬戸熊の手牌に注目が集まる。
9巡目、

九万二筒四筒五筒五筒八筒東東南南北北発  ツモ四筒  ドラ二筒

条件を満たす1シャンテンとなる。
しかし、瀬戸熊の想いも届かずここまで。
18巡目瀬戸熊が九万をツモ切り、4者が手牌を伏せ櫻井の優勝が決まった。

12回戦結果
瀬戸熊+26.8P  櫻井+20.1P  藤崎▲19.3P  柴田▲27.6P

最終成績
櫻井+82.2P  瀬戸熊+59.7P  藤崎▲5.2P  柴田▲49.7P  前原▲108.0P

 

優勝した櫻井は「これでやっと麻雀プロとしてのスタートラインに立てた。今後のシードももらえるのでそこでは、結果だけではなく良い麻雀も意識して取り組んでいきます。」と。

櫻井は今十段位決定戦では、内容よりも結果にこだわっていたとも話してくれたが、12回戦を通じて最もぶれることなく自分の麻雀を貫いていた。

その、手牌の見切りの鋭さであったり、勝負所の見極めであったりは、戦いを見守る多くのファンの方々に感動を与えたであろう。

もうじき行われる王位戦や、年度末に行われる麻雀グランプリMAXでも、櫻井の活躍に注目である。

100