文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 決勝観戦記

一覧

第32期十段戦決勝 最終日観戦記 滝沢 和典

2015/10/30
執筆:滝沢 和典


masters21_01

柴田吉和は最終半荘、最終局で国士無双を決め、第32期十段位を獲得した。

力量に差があるもの同士ならシステマティックに打つだけで数字は上がるが、実際プロ同士の対局では、一見どちらを選択してもいいような、些細な場面の選択で勝敗が決まっている。
その選択が数字に大きく影響して勝敗が決する場合もあるし、僅かなプラスしか得られない場合もある。しかし、その些細な選択を真剣に繰り返す以外に手段はない。
トリッキーな手段が勝ちに繋がることなど稀なのだ。
今回の決定戦は、櫻井、藤崎両者が競っていたオーラスでの大逆転劇となったわけだが、柴田を無理やり主役に見立てて書くことはせずに、決定戦進出者それぞれの選択を選手の視点で考察したいと思う。

2日目終了時成績
櫻井+58.1P 藤崎+46.5P 野方+2.6P 柴田▲18.4P ダンプ▲88.8P

100

9回戦
起家から(藤崎→ダンプ→野方→柴田) 抜け番 櫻井

10回戦終了時に最下位(5位)が敗退となってしまうため、現状最下位のダンプとしては1回1回の親番が正念場となる(4位柴田とは70.4ポイント差)また、敗退を免れたところで残り半荘2回となるため、優勝を狙えるポジションに立つにはかなりのプラスが必要となる。

東2局

二万四索四索六索一筒二筒三筒三筒四筒六筒七筒八筒九筒  ツモ一万  ドラ六索

東家・ダンプはこの手牌から打三筒とする。
先手はとりたい、しかし高い打点にも仕上げたい。なるべくなら、どっちつかずの良いとこどりのような選択は避けたいところだが、現在の状況がダンプの打牌を制限している。

masters21_01

ところがこの後、場面はもつれ、ハイテイで柴田から18,000の出アガリとなった。
柴田の七対子リーチは、三索単騎からの待ちかえ。9巡目の東を待ちに選択すると、野方からの1,600でなんなく終了している1局であった。
ダンプは打三筒とした後に二筒をツモっており、三筒以外の打牌選択したときは、良くて4,000オール。アガリ逃しや放銃となる手順もあっただけに、最高な結果に結び付く一打となった。
ダンプ大橋は、南1局にも2,000、4,000のツモアガリ

六万七万八万四索六索八索八索八索南南北北北  リーチ  ツモ五索  ドラ南

この時点で、4位の柴田とは62.6ポイント差が縮まった。

南2局 東家・ダンプ配牌

一万一万二万二万五万七万八万三索五索六索八索九索四筒七筒  ドラ八万

ドラ含みのリャンメンターツもあるので、ここは受け入れ枚数を重視したいところだが、ダンプは打四筒を選択した。
この半荘の解説を担当していた私は、パッと見打九索に目がいったが、この打牌を選択する思考がなければ、東場の親番でアガった18,000が成就することもなかったのかもしれない。

masters21_01

9回戦成績
ダンプ+31.8P 野方+4.4P 藤崎▲5.2P 柴田▲31.0P

9回戦終了時
櫻井+51.8P 藤崎+41.3P 野方+7.0P 柴田▲49.4P ダンプ▲57.0P

 

10回戦
起家から(ダンプ→藤崎→櫻井→柴田)

東2局

masters21_01

4巡目、南家の櫻井が2枚目の北を仕掛けると、その手出し牌発を藤崎がポン。
1枚目の三索をチーテン取らずとして、2枚目の三索をチーしたところ。
おそらく櫻井の仕掛けはピンズのホンイツだ。1枚目の三索を仕掛けないのは、できればピンズを打ち出さずに、というのが大きな理由であろうか。

この場面で藤崎は打四筒を選択した。
三筒五筒より八筒九筒の方が形が重く、打七筒は重いターツを処理させることになり得る。ライバルに対して、甘い打牌を簡単には打ち出さないという強い意志が打四筒にはある。

このとき櫻井の手牌はこうなっていた。

一筒三筒六筒六筒八筒八筒九筒西西西  ポン北北北

この局は藤崎が1,500をアガったが、逆に四筒を打ったことが悪い結果につながることだってあるだろう。
しかし、結果に関わらず怠ってはいけない選択であることは間違いない。

東2局1本場 西家・柴田の2巡目

二万三万一索二索三索四索五索八索二筒二筒四筒五筒六筒  ツモ五万  ドラ八索

打点を求める柴田らしい打一索という選択だが、次巡のツモ九索で打二索とする。
ここはさらにツモ切りが正着打ではないだろうか?
というのが実況を担当した勝又と私の意見だ。

ただ、柴田としては自身の打ち筋を利用したかったというのが意図だったかもしれない。
柴田はここまで、打点を意識する打牌を繰り返してきた。
その柴田のデータは対局者にインプットされているわけで、そのデータを裏切るプレーで撹乱しようと試みたのかもしれない。
6巡目にペン七索でテンパイした柴田は、7巡目に待ちも打点もかわらない七筒四筒を入れ替え、リーチ。

masters21_01

ダンプが追いかけ、藤崎がダブ東ドラドラの手牌でさらに追いかけリーチ。
3メンチャンのダンプがツモアガリ。

次局もダンプは藤崎から7,700を出アガリ、

三万四万二索三索四索八索八索二筒三筒四筒七筒八筒九筒  ロン二万  ドラ南

この時点で敗退争いのライバル、柴田とのポイント差はほぼ並びとなった。

南3局

masters21_01
ダンプ、柴田の敗退争いを尻目に、櫻井、藤崎の首位争いも繰り広げられている。

masters21_01

決定打を放ちたい東家・櫻井は、7巡目にリーチをかけると、同巡、柴田が現物の六筒が高目となるピンフ三色のテンパイ。
テンパイ打牌の西は場に顔を見せてはいないが、暗刻からの西にはさほどの気配が出ていなかったのであろう。
櫻井の勝負リーチが後押しとなり、勝負を先延ばしにしたダンプの六筒を捕えた。
柴田が1人浮きで10回戦目を制し、勝ち残りとなった。柴田は首位櫻井まで80ポイントほどの点差を残し、最終2半荘に望みを託す。

masters21_01

10回戦成績
柴田+21.8P 櫻井▲2.2P 藤崎▲6.6P ダンプ▲13.0P

10回戦終了時
櫻井+55.9P 藤崎+34.7P 野方+7.0P 柴田▲27.6P (5位 ダンプ)

 

11回戦
起家から(野方→藤崎→櫻井→柴田)

残すところあと2半荘。
現在首位を走る櫻井からの点差は、
藤崎21.2P
野方48.9P
柴田83.5P
となっている。

東1局は抜け番明けの野方が2,900を柴田から出アガリ。

masters21_01

柴田はまたしても野方に阻まれる。

masters21_01

次局、東1局1本場

masters21_01

野方が仕掛けた藤崎の発打ちは2巡目。三万の手出し後ツモ切りが続いているなか、打六筒のツモ切りリーチをかけた。
対する野方だが、藤崎のツモ切りリーチを受けて、この手牌から打三筒とする。
自身が前巡に通している七筒と藤崎のツモ切りリーチで、三筒四筒のターツが一番外しやすいと考えての選択であろう。
しかし、藤崎の手牌は

五万六万七万二索三索四索五索六索七索四筒四筒白白

リャンメンに変化しずらくなったことと、また野方の打った七筒で手牌の四筒トイツがスジにかかったこと。藤崎がツモ切りリーチをかけるタイミングがピッタリはまり、野方の四筒が5,200の放銃となった。
フーロの多い野方だからこそ、この場面での選択が四筒三筒)となってしまったところもある。フーロ率が高い打ち手が直線的に打てば、放銃率も高くなってしまうからだ。
手牌だけ見れば打八索しかないとは思うが、野方のバランスがそういったところにあるため、ある意味仕方のない出来事なのかもしれない。
あるいは、ただ藤崎のリーチ判断が完璧だったということだけなのかもしれない。

masters21_01

東2局1本場

masters21_01

決定戦でときおり見せる、藤崎の愚形リーチ。
ドラトイツの柴田が追いかけると、藤崎から5,200出アガリとなった。
リーチの精度が高い藤崎は他者の自分に対する評価を逆手にとっている部分は少なからずあるだろう。
対して、追いかける柴田はドラトイツの看板があるとはいえ、とにかく待ちが悪く巡目も深い。一か八かの勝負に打って出ざるを得ないという得点状況もあるが、執念でアガリをものにした感がある。
お互いに敗因ともなり得る選択であったが、それはいよいよ場面が終盤を迎えている証拠でもある。

南3局

masters21_01

11巡目に藤崎が打った南をスルー、同巡の櫻井が合わせ打った南を仕掛けると。
柴田が4,000、8,000ツモ

二万二万二万四索四索六筒六筒九筒九筒九筒  ポン南南南  ツモ六筒

5巡目の打三索の時点で高打点を目指し、トイツ手を強くしていた柴田にとっては何の迷いもない1局だったのかもしれない。
次局、南4局でも2,600オールをツモアガリ。

四索五索五索六索六索二筒三筒四筒四筒五筒六筒八筒八筒  ツモ七索  ドラ発

柴田は1人浮きのトップで最終半荘を迎える。

11回戦成績
柴田+33.1P 藤崎▲5.1P 櫻井▲7.7P 野方▲20.3P

11回戦終了時
櫻井+48.2P 藤崎+29.6P 柴田+5.5P 野方▲13.3P

 

12回戦(最終戦)
起家から(藤崎→柴田→野方→櫻井)
※規定により、起家から2位→3位→4位→1位の順番で席順が決まる。

100

東1局
野方が櫻井から3,900を出アガリ。

六万七万八万二索三索四索二筒二筒八筒八筒  ポン白白白  ロン八筒  ドラ二筒

東2局

masters21_01

ドラドラ仕掛けの藤崎が仕掛け、四索六索六索七索八索のカン五索テンパイから七索を食い延ばすると、野方が2,000、4,000ツモアガリ。

日本プロ麻雀連盟Aルールは、順位点が小さいが(3万点を基準に、2人浮きなら1位+8、2位+4、3位▲4、4位▲8)トータル1位の失点は下位3名にとっては嬉しいアガリとなる。

東3局

masters21_01

藤崎は、7巡目五万をカンチャンで仕掛け、打七索のテンパイとらずとすると、淀みなくツモが伸び、2,000、3,900のツモアガリとなる。

一万二万三万七万八万九万九万九万東東  チー五万 左向き四万 上向き六万 上向き  ツモ東

このアガリで一気に櫻井を捲り、藤崎がトータルトップに躍り出る。

南2局

masters21_01

東家・柴田が2巡目リーチで、野方から5,800を出アガリ。
この場面、柴田が先手を取れば周りは前に出ずらくなる。
そういった状況を逆に捉えれば、待ちにこだわったリーチをかける余裕もなくなるため、手が入った者からすれば恰好の標的となる。
野方としては悔いのない放銃であろう。

南2局2本場

masters21_01

9巡目の打二万でテンパイした柴田だが、待ちの三索は残り1枚しか残っていない。
1枚目の白を仕掛けた藤崎の現物待ちでもあるため、一瞬の躊躇があったが思い直して四筒ツモ切りでリーチをかけるも、同巡藤崎の300、500。
柴田がテンパイ即リーチをかけていたら、藤崎が打四索とするかどうか微妙なところであった。そのとき櫻井との点差が大きな焦点となるのだが、今日の藤崎はおそらく勝負をかけていたのではないかと思う。決して調子が良いとは言えないが、それくらいやることなすこと、精度が高く感じられた。

南3局

masters21_01

1シャンテンの藤崎は、南家・櫻井が打った四筒二筒三筒でチーして打一筒とした。(現物以外の喰い替え有)

masters21_01

すると、櫻井が2,000、4,000のツモアガリとなる。
一見、速度や手役を限定させないようにするため、カン四筒で仕掛ける方が良いのでは?と思ったが、おそらくこれは上家櫻井に対してプレッシャーをかけにいったことが理由ではないだろうか。
櫻井の立場としては、手が入るまでは1局でも多く局数を増やしたい。トップに遠い野方の親なら尚更だ。
藤崎が不運だったのは、このときすでに櫻井の手が勝負に値する段階にあったことだ。

それにしても、ここまで仕掛けの多い藤崎はめずらしい。すべては自身の不調を感じてのことか。
ここで喰い替えをしなければ、なんて意見もちらほら聞こえてくるが、この1局だけを切り取って論じること自体意味がないことで、それならここまで本来の藤崎より軽い仕掛けを多用していることに注目するべきではないだろうか?

そして、このツモアガリで藤崎と櫻井は同点となり、冒頭の国士無双の局に至る。

人間は他人から認められたいという願望の強いものだが、麻雀のそれは無難な手順を踏み、無難な選択をするところに落ち着くことが多い。
ただ、自分らしさなんてものはそもそも人真似。こだわる必要はないし、こだわりが成長を妨げている部分だってあるはずだ。
はっきり言って、何が正しくて、何が間違っているかすらわからない。
とにかく今回も、勝つことに対して貪欲であった選手たちの対局は素晴らしいものであった。

G1タイトル初載冠となった柴田が勝利の余韻に浸っているヒマはない。
第32期十段位という名前を背負い、次のステージに向けて稽古を重ねる日々が始まる。

100
100