文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 決勝観戦記

一覧

第33期十段戦決勝 初日観戦記 荒 正義

2016/09/27
執筆:荒 正義


(相性)

「十段戦」は「鳳凰戦」に次ぐ、プロ連盟のビッグタイトルである。
これを獲得すると、その年の近代麻雀の「最強戦」のファイナルにシードされる。麻雀モンドTVの出場チャンスもある。50歳以下なら「モンド杯」で、50歳以上なら「名人戦」である。
この人気番組はリピートを入れてその視聴者数は、1,000万人になるというからテレビの電波力は絶大である。一夜にしてそのプロの名は、全国に知れ渡るのだ。他のタイトル戦でシードされる。
だからこの「十段戦」は…獲るかとらないで天地の差となるのだ。誰だって、これを獲得したい気持ちはある。しかし、道のりは遠く厳しい。また、選手とタイトルには相性がある。これが奇妙にあるのだ。

十段戦男と言えば、剛腕・前原雄大である。通算5期で、これは異常ともいえる相性の良さだ。しかし、相性の良さなら第16期・十段の藤崎智も負けてはいない。
20年前の新人の時、彼は下からずっと勝ち上がり14期・十段戦の決勝まで進んでいたのだ。そして、今日で十段戦の決勝進出は8度目という。獲得は一度だがこれも異常な数字。強さは絶対だが、ここまでくれば相性としか言えない。

そして前期と同じく決定戦進出者はシードの柴田吉和、櫻井秀樹、藤崎智、ダンプ大橋。この顔触れも前年と同じ。ダンプも櫻井も十段戦に縁がある。そしてもう1人が初段戦からどんどん勝ち上がり、12のハードルを飛び越えてきた上田直樹だ。これがダークホースで台風の目となりそうだ。

 

100

 

 

1回戦

出親は櫻井で順に柴田・ダンプ・藤崎の並び(抜け番・上田)。
東1局。まず、最初に仕掛けたのが親の櫻井だ。
中のポンで手の内がこう。ここで東が鳴けたら打点は十分。

四万五万六索六索七索一筒二筒三筒東東  ポン中中中  ドラ八索

しかし、先にテンパイを入れたのは藤崎だ。

一万三万四万五万六万一索二索三索八索八索三筒四筒五筒

これで入り目がカンチャンの四筒である。入り目に手応えがある。
ドラが雀頭だから即リーチもあるが、好形を求めてしっかりヤミテン。

次の藤崎のツモが六筒で手が止まる。

一万三万四万五万六万一索二索三索八索八索三筒四筒五筒  ツモ六筒

華麗さを求めるなら一万切りで、マンズとピンズの両方の伸びを見る。それが普通の応手だ。だが、藤崎はそのままの仮テンを選択。テンパイを外し、二万ツモのアガリ逃しを嫌ったのだ。
しかし、ここで柴田のリーチが入る。

九万 上向き西中七万 上向き四索 上向き一万 上向き
六筒 上向き四筒 左向き

そして手牌はこう。

二万二万五万六万七万五索六索七索七索八索九索発発

ドラがあるから、発を引けば満貫相当の手だ。

だが、次の藤崎のツモが二筒で嫌な予感。無筋だがツモ切る。
柴田のリーチの指示牌は四筒だが、仮にあそこで一万を切りピンズの3面チャンのテンパイならこうだ。

四万五万六万一索二索三索八索八索二筒三筒四筒五筒六筒

藤崎は現物待ちでも、場の状況から追いかけリーチをかけていたに違いない。強い牌を打てばどうせテンパイはバレル。ならばリーチで打点を上げ、一気にめくり勝負に持ち込むのだ。

柴田の次のツモが東
この東に親の櫻井にポンテンが入る。
そして次に柴田の切った牌が七筒だった―。

麻雀にタラレバはないが、藤崎が仮にあのとき一万に手をかけていたならこの七筒で7,700を打ち取っていたのである。
そんなことは藤崎とて一瞬で感じたはずだ。沈着冷静な藤崎でも、ここは少なからず動揺が走ったことだろう。

この初めの一局、アガリを制したのは櫻井だ。
 
100

 

四万五万六索六索一筒二筒三筒  ポン東東東  ポン中中中  ツモ三万

リーチ棒と2,000オールで幸先のいいスタートを切った。打点もあるしアガリの一番手だから、櫻井は今日の手応えを十分感じたはずだ。だが、その櫻井に待ったをかけたのがダンプだ。1本場は、この手でダンプがリーチ。

三万三万三万五万六万七万七索八索三筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  ドラ五万

そして、高めの六索を櫻井から打ち取る。これを巷ではデバサイという。出場所最高の意味である。ダンプは気分がよかったはずだ。一方、櫻井はこの打ち込みに一抹の不安を感じたに違いない。
もちろん、たった2局で勝負は決まらない。麻雀は山あり谷ありだ。道中は東海道のように長いのだ。

東3局はダンプの親番。ドラ東

流局間際に櫻井がドラの東を重ねてテンパイ。

八万八万九万一索一索一筒一筒四筒四筒七筒七筒東東

これにノーテンのダンプが飛び込む。九万は山越しで、良い待ちだったから仕方がなかったとしても、痛いのは6,400の失点である。ここからダンプが一気に崩れる。櫻井は、今日の調子がよく見える。

東4局は、親の藤崎から抑え込みのリーチが入る。

一万二万三万七万七万九万九万九万六索七索八索六筒八筒  ドラ一索

相手に圧力をかけ手を曲げさせ、降ろせば成功。
ツモなら御の字、流局でも連チャンで結構の腹である。いわば<チーム・がらくた>門外不出の技とされるが、今では誰もが知っている。
安手でくそ待ち。これで相手のチャンス手をつぶそうというのだ。

これが勝負のかけ引きだ。これを精度高く使えるかどうかが、打ち手の力量である。コツとしては親番のときで、こちらに勢いがあって相手が恐れる状況に限る。でなければ反撃にあってこちらがピンチを招く。

結果は思惑通り、藤崎の1人テンパイで流局。
(しめしめ、うまくいった…)
と、藤崎はそう思ったかどうか。黒い腹を見せるようで、私には恥ずかしくて使えない。

1本場は、櫻井のリーチを藤崎が追いかけて即ヅモ。
1,300オールと安いが、大事なのは点棒より親権確保にあるのだ。
続く2本場は、10巡目に櫻井のリーチが入る。

白発七筒 上向き一筒 上向き二索 上向き七筒 上向き
発六万 上向き八万 上向き三万 左向き

このとき藤崎の手がこう。

一万二万三万四万五万六万七万八万八万六筒七筒東東  ツモ東

ドラの二筒は無いが、そんなこと知るかだ。
一万を切って、横に曲げ追いかける。藤崎は自信満々でこう思ったはずだ。
(よし、この局はもらった。2回の連チャン、そしてダブル風の東の絶好の引き。風は自分に吹いている―)

出て7,700、ツモなら3,900オールだ。しかし、これが思いのほか長引いた。藤崎の最後のツモに力が入る。だめだ、力なくその七索を切るとこれに櫻井からロンの声。

一万一万二万三万四万五索六索二筒二筒二筒四筒四筒四筒

ドラの二筒が暗刻で8,000と600の放銃。
藤崎は…
(痛ッ、タタタ!)である。

場は乱打戦の荒れ場だが、ここからがダンプにとっては棘の道だった。

南1局は、リーチの柴田に突っ張って5,200の打ち込み。
南2局は柴田の親番。

一索二索三索一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒九筒西西  ドラ九万

ダンプがこの手でリーチをかけたが、アガったのは柴田4,000オールだ。
 
100

 

九万九万七索七索九索一筒一筒六筒六筒 八筒八筒中中  ツモ九索

1本場は九種九牌。
2本場は、ダンプが親の柴田に1,500の放銃。
3本場は、10巡目にダンプが三筒を切ると、櫻井の手がサッと倒れた。

一筒二筒二筒三筒四筒五筒五筒五筒六筒七筒九筒九筒九筒

愕然となるダンプ。
早いメンチンで、これでダンプが箱下500点。ロン牌がダンプに集まりだした、要注意だ。

 

100

 

南3局は、ダンプが櫻井にヤミテン3,900の放銃。
そして南4局の親番で、藤崎の会心の一発が出た。

一万二万三万八万九万一筒二筒三筒七筒八筒九筒東東  ツモ七万

入り目が一万七万は即ツモで、気持ちのいいアガリだった。これで藤崎の溜飲が下がった。あとは無難に流れて、四者の成績がこうだ。

1回戦成績
櫻井+31.9P 藤崎+13.2P 柴田+7.3P ダンプ▲52.4P

休憩の合間、藤崎が紫煙を吐きながらつぶやいた。
(どうも、櫻井との相性が悪いな。俺とやるときだけ…なぜか強い…)
そうだ、麻雀にはタイトルと同じで人との相性もあるのだ―。

 

2回戦

出親が櫻井で順に柴田・ダンプ・上田。(抜け番・藤崎)

さあ、いよいよ上田直樹の登場である。段位はまだ初段だが、彼は東京立川市の出で、1984生まれの32歳だ。趣味は水泳とサーフィンだと云う。顔が浅黒く端正なのはそのためか。この生命力と真面目さがあれば、五段昇るのも時間の問題であろう。
解説の瀬戸熊が云う。
「上田が予選と同様、あの気持ちの良い麻雀を打てば、この決勝戦は面白くなる…」
そういえば下の名が、瀬戸熊と同じ「直樹」なのも気になるところ。

東1局は、7巡目にダンプにリーチが入る。入り目が五筒でドラが四万である。

五万六万一索二索三索五索五索七索八索九索五筒六筒七筒

この時ダンプの心中はこうだ。
(コニャロー、もう許さんぞー)
大きく沈んだダンプには、もう後がないのだ。しかし、解説の沢崎は云う。
「この半チャンの大橋は、トップを狙うより浮きに持っていくことが大事―」

態勢が悪いときこそ我慢が大事で、まずツキの回復を図り話はそれからだというのだ。ホップ、ステップジャンプである。流石に練達者は言うことが違う。

このリーチに向かっていたのが、自風の南二筒をポンした柴田である。柴田のほうがテンパイは1巡早かった。

四万四万六万七万七筒八筒九筒  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 左向き  ポン南南南

そして、ここに七万を掴んだ柴田は六万切りで放銃を回避し、同じテンパイに取る。粘った親の櫻井も、16巡目に追いついた。

四万五万六万六索六索四筒五筒六筒東東中中中

こんな東でぶち込んだらたまらない。
(ダンプ、危し!)
と思ったら、次に引いたダンプのツモがドラの四万だった。
5,200のツモアガリ。見ていた者は、ホッと胸をなでおろす。

1回戦と違って今度は回りが早い。短打戦で早くも南場に入る。
ダンプにとっては、うれしい展開か。
しかしここで櫻井の一発が出た。

二万三万四万五万六万七万八万八万七索七索六筒七筒八筒  ドラ七万

この手を、リーチをかけて八万のツモで3,900オールだ。この時点で4人の持ち点はこうだ。

櫻井36,900 柴田30,200 ダンプ30,700 上田22,200

大丈夫だ、ダンプはまだかろうじて浮いている。

しかし、次の1本場は悲劇だった。
櫻井はドラドラの七対子をヤミで張る。

三万三万五万五万八万八万九万一索一索五索五索三筒三筒  ドラ三筒

九万はいい待ちで仕方がない。これに飛び込んでしまうのが、今日のダンプだ。9,600と300の放銃。抜け番の藤崎もつらい観戦である。
チャンネルのコメントも自然とダンプの応援が多くなる。人気者は得である。

2本場は流局で、ダンプと櫻井のテンパイだ。

3本場は自風の西をダンプがポン。
途中、上田のリーチが入ったがダンプが引き勝つ。

五万六万七万四索五索六索二筒二筒四筒四筒  ポン西西西  ツモ二筒

どうということのないアガリに見えるが、この西がドラなのである。
2,000・3,900の3本場だからこれは大きい。これでダンプは、2,100点の浮きに回る。
しかし、南2局は櫻井の仮テンに掴まり2,600の放銃。

三万四万五万五万五万六万六万七万七万二索三索四索三筒

どうも今日の櫻井は、ダンプに相性がいいようだ。

次がダンプの親番。9巡目にリーチをかけるダンプ。

六万七万八万一索一索三索四索五索六索七索六筒七筒八筒  ドラ八索

ドラが八索だから高目を引けば6,000オールだ。しかし、その八索は河に1枚出ていて櫻井の手に暗刻だ。

三万五万六万六万八索八索八索二筒三筒四筒六筒七筒八筒

相性が悪いから心配したが、無事五索ツモって1,300オールだ。

次も上田から、ダンプがアガって4,800と1本場の収入。
2本場は上田が柴田から3,200と2本場を打ち取る。

そしてオーラス。この時点でダンプは持ち点が38.5Pの2着目だ。
トップは櫻井でラスが上田である。
ここから上田が頑張った。

一万二万四万四万四万中中五索六索七索六筒七筒八筒  ドラ三万

この手を、リーチをかけて力ずくでドラを引きあがる。
まずは2,000オールだ。
次が圧巻。

一万一万一万八万九万九索九索九索七筒八筒九筒発発  ドラ発

この手を7巡目で仕上げ、同巡トップ目の櫻井から闇テンで打ち取る。チャンタ・ドラドラで12,000と300だ。

 

100

 

「これが、ミラクル上田の追い上げですよ!」
と瀬戸熊の解説。上田は夢中だが、このとき一番喜んだのは、抜け番の藤崎ではなかったか。
次の3本場は、柴田の一人聴牌で幕。小さめながらトップをと取れたダンプも、ホッとしたに違いない。

これが2回戦までの総合得点である。

櫻井33.1P 藤崎+13.2 上田+5.1 柴田▲13.1P ダンプ▲38.9P

差は詰まり、この点棒ならまだ途中経過に過ぎない。

 

3回戦

出親は上田で順に櫻井・ダンプ・藤崎の並び。上田の上家が藤崎なら、1枚目は鳴けても、2枚目から絞りがきつくなるのを上田は知っているであろうか―。

点棒が大きく動いたのは、東2局からだ。
親の櫻井が13巡目にリーチ。

一万二万三万一索二索三索五索七索七索七索一筒二筒三筒  リーチ  ドラ九筒

入り目が三筒だから期待が持てる。しかし皆、鉄壁のガードで出もしなければツモリもしない。そして南家のダンプにハイテイが回って小考。
現物がないのだ。三索が切れて八索が4枚出ている。だから六索を選んだ。しかしこれが、運悪くズドンと命中。
麻雀ではよくある出来事だが、ハイテイの12,000はこたえる。重く入るボディブローだ。息が詰まる。やっぱり今日のダンプの天敵は、櫻井のようである。

続く1本場は、上田が頑張った。ドラ七索
自風の北一筒鳴いて、まだ1シャンテン。

二索三索七索七索五筒六筒西  チー一筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き  ポン北北北

ここからが順風満帆。
まずドラの七索を引き、打西
次に五筒を重ねて六筒切り。そして楽々と一索ツモである。
2,000・3,900の1本場…これが持っている男の違いか。

あとは単打の応酬。

東4局は、親の藤崎が頑張った。藤崎にしては珍しい手牌4枚の3フーロ。
ダブ東を鳴いて、七筒の2度鳴きである。

六万七万九万九万  チー七筒 左向き六筒 上向き八筒 上向き  チー七筒 左向き六筒 上向き八筒 上向き  ポン東東東

ダンプからドラドラのリーチが入ったが、ドラの五万を先に引いてリーチ棒込みの2,000オールだ。

続く1本場は藤崎の先制リーチだ。2巡目の東切りに、上げ潮の藤崎の高さが見える。
一筒 上向き東四万 上向き三索 上向き八万 左向き
この河で手牌がこう。

四万五万六万七万七万四索五索五索六索六索五筒六筒七筒  ドラ六筒

入り目は、三色崩れの安目の七筒である。これでも四索をツモったら6,000オールだ。
この怖い親のリーチに果敢に挑んだのが上田だ。7巡目に追いかけリーチだ。

六万六万六索七索八索二筒二筒二筒七筒八筒九筒発発  リーチ

勇敢だが、見方を変えれば無謀に見える。しかし、これが今の上田の良さなのかもしれない。
発は1枚残りで、四索七索は脇に流れたが3枚残りだ。しかし、乗っている男は掴まない。藤崎がやっと引いて、4,000オールの1本場だ。

2本場は、上田が千点のポンテンで親落としにかかる。怖い親は早く蹴るのが大事。その鳴きでドラの白を暗刻にし、追いついた櫻井が闇テンに構える。

六万七万八万一索二索三索四索四筒五筒六筒白白白

ここに上田が四索を飛び込んで、櫻井に8,000と600を献上する。
後は小場で流れて終了。
トップは藤崎で、2着が微差の櫻井。3着の上田とラスのダンプが大きく沈んだ。そして総合トータルがこうだ。

3回戦終了時
櫻井+46.8P 藤崎+36.0P 上田▲8.7P 柴田▲13.4P ダンプ▲61.7P 供託1.0P

 

4回戦

この第4戦が初日の最終回。抜け番は藤崎の天敵、櫻井だ。
始まる前の2人の会話が面白い。
藤崎「最終回は、ここで観ていくンだろ―」
櫻井「いや、お先に失礼します!」
藤崎「観ていけよ、ハラハラ・ドキドキさせてやるから!」
櫻井「それが疲れますので、帰ります」

本当に現場での抜け番の観戦は、結構疲れる。今日のように藤崎と櫻井が競りとなった場合はなおさらである。観戦していても自分が参戦しているのと同じ気分だ。相手に親満でもアガられたら、どっと疲れが出てくる。6,000オールなら気が遠くなる。

親は柴田で、順にダンプ・上田・藤崎の並び。

東1局。ドラ一索
8巡目、上田が仕掛ける。ドラそばの二索をチーだ。

五索五索五索六索八索八索八索白白発  チー二索 左向き一索 上向き三索 上向き

八筒 上向き八万 上向き北五筒 上向き三万 上向き六万 上向き
九索 上向き

この河で本命はソーズの染め手。
この鳴きで藤崎にテンパイが入る。

三万四万五万七万八万九万一索一索四索五索六索白白

ドラが一索なのでリーチかどうか迷う場面だが、ヤミテンを選択。
受けが両方とも、仕掛けた上田とかぶっているためであろう。
聴牌直前に二索を鳴かれ、一索を使いこなされたこともヤミテンの理由の1つだ。
ここでリーチを打てば、柴田とダンプに浮いた白は止められる可能性がある。上田に白が浮いていたならどのみち出る。ここは5,200で十分と考える。これが、藤崎の読みと大局観の明るさである。
 
100

 

上田のツモが面白い。

五索五索五索六索八索八索八索白白発  チー二索 左向き一索 上向き三索 上向き  ツモ八索

七索が河に3枚出ていたから八索の暗カンもあったが、発切りでテンパイを選んだ。そのラス牌の七索を柴田が掴んで5,200の放銃。

このとき親の柴田の手は、ずっとこうだった。

二万三万五万六万七万一索二索一筒二筒三筒五筒六筒六筒

あのとき上田の二索チーで、下げられたのが絶好の三索だったのである。
それならば柴田の手はこうなり、

二万三万五万六万七万一索二索三索一筒二筒三筒六筒六筒

上田のアガリより先にダンプが掴む一万で、11,600をアガっていたのだ。アガリを逃せば次に来るのはピンチだ。もちろん、この因果関係を対戦者は知る由もない。
後は小場で流れて藤崎の親番。

東1局1本場。3巡目、藤崎の手。

三万四万五万五万六万八万五索八索九索四筒四筒東西発  ドラ四万

ここから西切ると西家のダンプが動いた。ダンプはマンズの染め手に走ったが、遠い仕掛け。この鳴きで藤崎の手が一気に締まる。
まず、ドラの四万。次が辺七索。そしてイペーコの三万である。

三万三万四万四万五万五万六万八万五索七索八索九索四筒四筒

テンパイ取りもあったがダンプの河にマンズが高いため、打八万とテンパイ外し。

10巡目にテンパイを組む藤崎。

三万三万四万四万五万五万七索八索九索四筒四筒六筒八筒

ここに打ち上げたのが柴田だった。7,700とリーチ棒と300の収入。
これで藤崎がトップに立つ。

南2局はダンプが親番。ドラ五索
ここは上田がリーチで満貫をツモル。

二万三万五万六万七万五索五索二筒三筒四筒五筒五筒五筒  ツモ四万

辛かったのは親かぶりのダンプだ。

南3局。ドラ九万
しかし、そのダンプもこの満貫ツモ。ホッと一息ついた。

二索三索四索六索六索七索八索九索九万九万四筒五筒六筒  ツモ九万

南4局。最後は、藤崎の怖いラス親。ここにも、もう1つのドラマがあった。
藤崎の手、ドラが暗刻で5巡目である。誰もがずるい手と言った。

一万一万一万四万四万七索七索七索三筒三筒七筒七筒八筒  ドラ七索

引きがよければ、親の四暗刻まで見える手だ。
この後、七筒鳴いてテンパイをとる。これに飛び込んだのがトップ目の上田で、手痛い放銃。

1本場は、藤崎がダンプに打って(2000と300)終局。
藤崎は…しっかり、鬼(櫻井)の居ぬ間に洗濯である。
先行した藤崎と櫻井は有利だが、まだ100P差なら逆転可能。親の役満だってあるのだ。麻雀は次に何が起こるかわからない。さあ、次は目が離せない!

4回戦までの総合得点。

藤崎+56.5P 櫻井+46.8P 上田▲14.2P 柴田▲40.0P ダンプ▲50.1P 供託1.0P