文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 決勝観戦記

一覧

第35期十段戦決勝 最終日観戦記 前田直哉

2018/10/12
執筆:前田直哉


初日を終え、各々何を思い1週間を過ごしたのだろうか?思いはそれぞれだろうが、今日その戦いに終止符が打たれる。最後に笑っているのは誰だろうか?
5回戦終了時のポイント上位者から最終日の抜け番が選択出来、初日トップの沢崎は初戦の7回戦を抜け番とした。

6回戦終了時
沢崎+65.0P 佐々木+40.0P 内川▲16.7P 藤崎▲41.0P 黒沢▲47.3P

 

100

 

7回戦(親から、内川・黒沢・佐々木・藤崎)

東1局、親の内川が三色を見つつ手を進めるが、10巡目に足止めのリーチとする。だが、最も早くテンパイしていた藤崎がアガリきり幸先の良い出足となった。

三万五万六万六万六万七万七万三索四索五索五筒六筒七筒  ツモ四万  ドラ三万

次も追いかける側の黒沢の出番となる。東2局1本場、親番でこの手をヤミテンとした。

三万四万五万四索四索五索五索六索六索七索七索四筒四筒  ドラ四索

そしてこの後八索を持ってきて七索を切ってのリーチに踏み切った。だが前局に続きここも流局。だが次局はしっかりとヤミテンでアガリを取り迎えた3本場、最初のテンパイは佐々木。

二万三万三万四索五索六索六索八索六筒七筒八筒南南  ツモ七索  ドラ一万

三万を切ってドラ受けのリーチもあるが、南家なのでここは手堅く二万を切ってヤミテンとする。佐々木らしい一打である。だがまたしても黒沢が来る。

二万三万四万四万五万五万六万六万七万東東西西

これはさすがにヤミテンとした。そして内川も仕掛けてここに参戦する。

一万一万四万五万五筒六筒七筒  チー四筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き  ポン北北北

この仕掛けと黒沢のテンパイを察知してか佐々木が一旦迂回する。すると今度は藤崎がここにリーチで割って入ってくる!

一万三万四万五万一索二索三索三索四索五索六索七索八索  リーチ

いかにも苦しいリーチだが、このくらいをアガリに結び付けないと逆転は難しいと思ってのことだろう。だがすぐに藤崎が東を掴んでここも黒沢のアガリとなる。次局は藤崎が軽く流したが黒沢にとっては十分な加点となった。
南1局、最初にヤミテンを入れる佐々木。

二万二万四万四万一索一索三索三索三筒三筒八筒八筒中  ドラ中

そして親の内川も足止めも兼ね、先制リーチとする。

三万五万六万六万六万一筒二筒三筒四筒四筒五筒六筒七筒  リーチ

すると同巡黒沢の追いかけリーチが飛んでくる!

四万五万六万七万八万九万三索四索五索七索七索中中  リーチ

これを見て、ならば俺も!と佐々木もリーチといったのだ!
今日を占う山場となった。そして力強く牌を手元に寄せたのは内川だった。打点こそ無いが色んな意味で大きなアガリとなった。そして次局も4,000オールをアガリ一気にトップ目まで突き抜ける。

九万九万五索六索二筒三筒四筒四筒五筒六筒六筒七筒八筒  ツモ四索  ドラ九万

その後も黒沢から5,800をアガリ、トップを盤石のものとする。
ここまで苦しい佐々木だったが南3局の親ではここからフリテンリーチとした。

四万五万六万七万八万六索七索八索四筒四筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ一万

九万を切ってはいるが高目ツモなら6,000オールだ。そして数巡後この手が開花する!高目の六万をツモリこれで一気に浮きにまわる。常に冷静に見える佐々木だが、この時は少し手が踊っているように見えた。

 

100

 

そしてオーラス。東2局では5万点あった黒沢だが持ち点は原点を割っていた。だが高目なら浮きになるリーチを入れてくる。

三万四万五万六索六索三筒四筒四筒五筒五筒七筒七筒七筒  リーチ  ドラ三索

これに終盤、親の藤崎も追いつきリーチ。

一万二万三万四万五万六万七万九万九万九万三索四索五索  リーチ

このリーチを受けて止まる内川。2人の共通安全牌が無いのだ。そして2人の筋である八万を河に置くと藤崎からロンの声。やってしまったと、この時の内川の表情がとても印象的だった。最後は黒沢が浮きになる七対子ドラドラをツモって藤崎の1人沈みで乱打戦であった7回戦は終了した。

7回戦成績
内川+14.9P 黒沢+6.8P 佐々木+4.0P 藤崎▲25.7P

7回戦終了時
沢崎+65.0P 佐々木+44.0P 内川▲1.8P 黒沢▲40.5P 藤崎▲66.7P

 

8回戦(親から佐々木・藤崎・沢崎・黒沢)抜け番 内川

東2局親の藤崎がツモリ三暗刻でリーチ。

四万五万六万二索二索二索六索六索五筒五筒  暗カン牌の背西西牌の背  リーチ  ドラ東

これに黒沢も勝負手になって追いつきリーチ。

二万三万四万五万六万七万五索六索七索三筒三筒六筒七筒  リーチ

この五筒八筒も山には残っていなかったが、佐々木が完全に手詰まりとなり八筒が打ち出されてしまう。これは沢崎にとっても嬉しいアガリだろう。
東場は沢崎の思惑通り小場で進んでいき南1局には藤崎が仕掛けてテンパイ。

三万四万五万三索四索六筒六筒  チー七索 左向き六索 上向き八索 上向き  ポン南南南  ドラ白

だがこの仕掛けで黒沢にドラの白が重なり更に五索を暗刻にしてリーチが入る。

二索三索五索五索五索三筒四筒五筒七筒八筒九筒白白

捨て牌に情報が少なく早速手詰まる佐々木…藤崎の仕掛け、黒沢のリーチに挟まれ吸い込まれるように一索を河に置いた。これが黒沢への5,200の放銃となり、沢崎を追いかける佐々木にとっては手痛い放銃となった。
そして南2局には親の藤崎からのリーチ。

 

100

 

三万四万五万五万六万一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒  リーチ  ドラ七万

沢崎も佐々木も先にテンパイを入れていたがここはドラの七万を藤崎がツモって2,600オール。
そして佐々木1人沈みのまま迎えたオーラス、このまま終わらせようと沢崎が仕掛けていく。だがこの仕掛けで佐々木にテンパイが入りリーチ!

二万三万四万二索三索四索六索七索八索九索二筒三筒四筒  ドラ一万

三色確定のリーチだ。これをツモっても浮きになることは無いが、沢崎を沈めることは出来る。だがそれよりも嬉しい結果となったのだ。同巡テンパイが入ってしまった沢崎から六索が打たれ、この5,200で沢崎がラス、佐々木3着で終了し波乱の幕開けとなったのだった。

8回戦成績
藤崎+13.1P 黒沢+8.6P 佐々木▲8.2P 沢崎▲13.5P

8回戦終了時
沢崎+51.5P 佐々木+35.8P 黒沢▲31.9P 藤崎▲53.6P

 

9回戦(親から沢崎・黒沢・内川・佐々木)抜け番 藤崎

8回戦では痛恨のラスを引いてしまった沢崎だが、それを修正していくかのように東1局の親番で2,000、1,300オールと効果的に持ち点を増やしていく。そして次局先手を取ったのは黒沢。

四万五万六万四索五索六索五筒六筒西西西発発  リーチ  ドラ三索

リーチとするが親の沢崎も追いつく。

七万八万九万一索二索三索四索五索六索七索八索九索南

南は2枚切れだがここは強く三筒を切って勝負に出た。だが佐々木もドラ暗刻のテンパイが入ってしまい四筒で黒沢の高目に放銃となってしまったのだった。次局も親の黒沢に勝負手が入るが、周りも見事な対応を見せここは流局。次局は放銃してしまった佐々木が反撃のリーチと出る。

五万六万七万七万八万九万七索八索九索九索北北北  リーチ  ドラ七索

このリーチに対して仕掛けて沢崎も追いつく。

一筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒九筒白白  ポン発発発

八筒を切って真っ向勝負に行くのかと思いきや、ここは安全に現物の一筒を切る。正直言って違和感をおぼえた…いつもの沢崎なら発を鳴いた以上、強く八筒を切っているイメージだったからだ。そして佐々木から二筒が打たれる。これを見て何を思っただろうか?結果これで佐々木が助かり、六索をツモって1,000・2,000のアガリとなった。

更に佐々木は東3局で積極的に仕掛けを入れる。

一万一万二万三万四万五万五万八万八万八万一筒二筒三筒  ドラ中

なんとこのテンパイから一万をポン!一気にチンイツへと渡っていく。だが沢崎もヤミテンを入れる。

三万四万五万四筒五筒六筒七筒八筒九筒白白白中

更に黒沢も追いつきリーチ。

七万八万九万一索二索三索四索五索六索七筒八筒九筒中  リーチ

その宣言牌をポンして佐々木もテンパイ。この勝負所を制したのは佐々木だった。強引かと思われた仕掛けだったが見事に仕上げて黒沢から討ち取ったのだ。

四万八万八万八万  ポン五万 上向き五万 上向き五万 上向き  チー一万 左向き二万 上向き三万 上向き   ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ロン四万

そして南2局、ホンイツへと向かう内川とドラ暗刻の沢崎がぶつかる。北家の沢崎が北の後付けで仕掛けていくが、放銃するかと思った内川がその北を重ねてテンパイする。沢崎も目一杯に構え打ち出した西が内川への放銃となってしまう。

一万二万三万四万五万六万西西北北  加カン中中中中  ロン西  ドラ一筒

ここまで悪くない展開だっただけに、沢崎にとっては痛恨の放銃となった。更に次局も内川が沢崎から5,800をアガリ、もう全くわからなくなってきた。更にリーチで畳み掛ける内川だったがここは佐々木が1,300・2,600をツモ。
最後は黒沢がラス目から3着になるアガリで沢崎をラスにして9回戦は終了した。

9回戦成績
佐々木+17.5P 内川+12.5P 黒沢▲10.8P 沢崎▲19.2P

9回戦終了時
佐々木53.3P 沢崎+32.3P 内川+10.7P 黒沢▲42.7P 藤崎▲53.6P

 

10回戦(親から藤崎・佐々木・内川・沢崎)抜け番 黒沢

ついにトータルトップが沢崎から佐々木へと移った。そしてこの10回戦が終わると1名敗退が決定する。初日好調だった沢崎がいきなり2ラスと誰が勝ってもおかしくない展開になってきた。
そして東2局、内川が一気に並びにかかる。

二万二万四万四万三索三索六索六索四筒五筒五筒八筒八筒  ドラ四筒

これをアガれば一気にてっぺんが見えてくる。だが親の佐々木も遂に追いつく。

七万九万七索八索九索一筒一筒二筒二筒三筒三筒西西西

西七万の2択だがここは七万を切って九万単騎とする。実際八万は既に山には無かった。そしてこの九万が沢崎から放たれる。大きな大きな7,700となった!

だが東4局、親の沢崎がホンイツへと向かって仕掛けを入れる。先にテンパイしたのは藤崎だ。

六万八万三索三索六索七索八索六筒七筒八筒西西西  ドラ九筒

三色にしてリーチ。しかし親の沢崎も2つ仕掛けてテンパイ。さすがに流局かと思ったその時、佐々木の手が止まる…そして吸い込まれるように筋の七万を手に取り河に置いたのだ。まさかの5,200放銃となった。これが目の前にタイトルが見えてきたプレッシャーなのだろうか?それでもまだトップ目であることに違いない。そして次局、佐々木珍しく中の後付けの仕掛けを入れる。だが内川への2,600の放銃となってしまう。珍しく冷静さを欠いているように私には思えた。
そして南2局、とんでもない展開になっていく。まずは11巡目に内川がテンパイしリーチ。

二万二万四万五万六万三索五索七索八索九索五筒六筒七筒  リーチ  ドラ三索

待ちこそ悪いが今日は攻めきるという意思のリーチだ。それを受けて親の佐々木も仕掛けてテンパイを取った。

四万五万六万四索六索四筒五筒六筒八筒八筒  チー三筒 左向き四筒 上向き五筒 上向き

しかしこの仕掛けで沢崎の手が化けていく。白を引き発を鳴くと更に白を引き大三元のテンパイとなったのだ!

 

100

 

一筒二筒三筒東東白白白中中  ポン発発発

内川の四索も山に1枚いるが、この中も1枚いるのだ!更に後がない藤崎もテンパイしリーチ。

二索三索三索四索四索七索八索九索七筒八筒九筒東東  リーチ

ツモは2回ずつ…固唾をのんで見守るがここは決着つかずに流局となった。沢崎のテンパイ形を見てヒヤリとしたに違いない。
そしてオーラスは内川がアガリ、トップで10回戦は終了した。

10回戦成績
内川+17.3P 佐々木+6.5P 藤崎▲9.0P 沢崎▲14.8P

10回戦終了時
佐々木+59.8p 内川+28.0P 沢崎17.5P 黒沢▲42.7P 藤崎▲62.6P

ここで藤崎の敗退が決定した。本人によると初日の成績もやっぱりそうだろうなと思ったそうだ。そして途中敗退も予想はしていたとのことだった。皆強いので今の状態で自分になんとかなる相手ではなかったですと語っていた。

 

11回戦(親から、内川・黒沢・佐々木・沢崎)

東1局最初にテンパイを入れる佐々木。

三万三万二索三索四索三筒四筒五筒六筒七筒八筒中中  ドラ五筒

ここはヤミテンに構える。打点もあるしここはリーチでも良かったのでは?そう思っていると親の内川からリーチが入り、佐々木は撤退。だが数巡後にこれまでのアガリ牌であった中を持ってくる。そうなると俄然内川有利だ。そして安目ではあったが幸先よく2,000オール。

五万五万五万三索四索五索三筒三筒四筒四筒五筒東東  ツモ二筒  ドラ五筒

佐々木も放銃したくない気持ちはわかるがまだ守るには早い気がした。東2局も内川がアガる。

二索三索四索五索五索七索八索九索二筒二筒  ポン中中中  ロン二筒  ドラ五索

トータルトップの佐々木からの直撃でトータルでもついに内川が上に立った。
そして東3局、今日はまさかの3連続ラスの沢崎から意地のリーチが飛んでくる!

二索二索二索七索七索七索八索八索六筒六筒白白白  リーチ  ドラ二万

なんと四暗刻だ!これをツモるようならまた勝負の行方はわからなくなる。だが皮肉にも山には残っていなかった。逆にドラをポンしていた黒沢への7,700放銃となり今日の不調を物語るようであった。

六万七万八万六筒八筒中中  ポン北北北  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き  ロン七筒  ドラ二万

南2局には内川が3,900。更に南3局にもタンヤオ三色ドラ1のテンパイ。

三万四万五万二索二索三索四索五索三筒五筒六筒七筒八筒  ドラ五筒

黒沢も追いつきリーチ。

二万三万四万六万七万八万二索三索四索八索八索三筒四筒  リーチ

更に沢崎も追いかけリーチ!

五万五万二索三索四索五索六索七索七索八索九索六筒七筒  リーチ

いずれも山にいて、決着はすぐについた。この勝負も制したのは内川だった。黒沢から8,000をアガリ、トップを盤石のものとした。最後は黒沢がなんとか浮きにまわり11回戦は終了した。

11回戦成績
内川+28.5P 黒沢+4.0P 佐々木▲13.8P 沢崎▲28.7P

11回戦終了時
内川+56.5P 佐々木+46.0P 沢崎▲1.2P 黒沢▲38.7P

いよいよ最終戦を残すのみとなった。トップの内川と佐々木の差は10.5Pで、まだ全くわからない。沢崎は初日の貯金を全て使い果たしたがこのまま終わる人ではない。黒沢にも一発の爆発力がある。最後にどんなドラマが待ち受けているのだろうか?

 

最終戦(親から、佐々木・沢崎・黒沢・内川)

東2局、最初の山場が来る。黒沢がリーチ。

二万二万二万七万八万九万発発中中  暗カン牌の背五索 上向き五索 上向き牌の背  リーチ  ドラ七万

ツモれば跳満まである。そしてドラを重ねて追いつく佐々木。

三万三万七万七万八万八万四筒四筒六筒六筒七筒七筒八筒

これもツモれば跳満だ。その後佐々木は九索に待ち替えをしてリーチとした。
それを仕掛けて沢崎も追いつく。

一筒二筒三筒五筒六筒南南  チー八筒 左向き七筒 上向き九筒 上向き  ポン西西西

ロン!8,000。声の主は佐々木だった。沢崎からのアガリでトータルでも若干だが内川をかわす。
そして東3局、またしても大物手をテンパイする佐々木。

七万八万八万九万九万七索八索九索九索九索七筒八筒九筒  ドラ五万

これが成就すれば十段位が現実味を帯びてくる。しかし親の黒沢からリーチが飛んでくる。

 

100

 

三万四万四万五万五万五索六索七索八索八索五筒六筒七筒  リーチ

こっちも大物手だ!佐々木はどこまで押せるのか?だが六万を黒沢がツモリ6,000オール。麻雀の神様は簡単にはまだ勝者を決めかねているようだ。
今度は内川だ。

六万六万六万七万七万二索四索五索五索五索  ポン白白白  ドラ五索

佐々木も追いつき直接対決となる!

三索四索九索九索九索三筒三筒五筒六筒七筒東東東

ここは佐々木に軍配が上がる。内川も選択を間違っていなければアガリの手順があっただけに、悔やまれる局となっただろう。
南入し、佐々木は1人テンパイで更にポイントを突き放していく。だが1本場、内川が反撃の狼煙をあげる。

 

100

 

一万一万五万六万七万四索四索四索五索六索七索六筒七筒  ドラ西

更に黒沢もリーチ。

四万五万六万五索五索六索六索七索八索八索二筒三筒四筒

親の佐々木もフリテンながら粘ってテンパイを維持し、3人テンパイで流局。その後も1人テンパイ、1,500と効果的に加点していく。だが4本場では内川がリーチし、佐々木も真っ向勝負の構えだ。アガリ牌を手繰り寄せたのは内川だった。

一万二万三万四万五万六万四索四索四筒五筒発発発  リーチ  ツモ六筒

この2,000・3,900で浮きになり、佐々木に親被りをさせまた肉薄してくる。
南2局でも両者がぶつかる。今度は仕掛けての対決、内川はトイトイ。

一万一万五万五万五万白白  ポン発発発  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き  ドラ九筒

佐々木はホンイツだ。

二万二万九万九万九万西西  チー六万 左向き七万 上向き八万 上向き  ポン北北北

この大一番を制したのはまたしても内川だった。一万をツモって1,600・3,200のアガリとなり、トータルでも5ポイント上に立った。
そして遂にオーラス。

実質内川と佐々木の勝負となった。その差は5.0P。
佐々木はテンパイも程遠い。内川もテンパイを入れるが終盤になり、流局を視野に入れてテンパイを崩していく。ジッと下をうつむく内川…この局が無事に終わることを祈っているに違いない。だがずっと内川を見てきた者にとっては、プロ入りしてからの十数年を振り返り、そしてやっと手にするタイトルを目の前にこみ上げてくる気持ちを噛みしめているかのように見えた。長い戦いに終止符が打たれた。
第35期十段位に輝いたのは内川幸太郎だった。

最終戦終了時
内川+70.8P 佐々木+65.8P 黒沢▲31.1P 沢崎▲42.9 藤崎▲62.6P

なんとか間に合ってくれた。だが、万全の体調でこの場に臨めなかったのはさぞかし悔しかっただろう。だからこそ既に来年の藤崎は脅威に思えた。
初日あれだけ好調だった沢崎がここまで苦しむと誰が想像したであろう。それでも役満を2度テンパイし、レジェンドの意地と底力を見た気がした。
勝てば女流初の十段位となれた黒沢だが、強気のヴィーナスは最初から最後まで強気のヴィーナスだった。初日の勝負手が序盤に決まっていれば全く違う展開になっていただろう。
最後まで内川を苦しめた佐々木。関西本部所属なので最初はあまり手筋を知らなかったが、しっかりと手役を作り、しっかりと牌を絞り、さすがここまで勝ち上がってきただけはあるなと感じたのは私だけではないだろう。

そしてやっとの思いで掴んだ初タイトル。
ここまでの道のりは長かっただろうし、悔しい思いもたくさんしてきただろう。最後の一打まで気迫が伝わってきた。きっとこれをきっかけにタイトル獲得を伸ばしていくに違いない。
初段戦から決勝までの長い戦いで最後に笑えるのはたった1人である。来年こそはこの舞台に!そう思って連盟のプロたちはまた明日から精進する。そんな私もその1人である。

ウッチー本当におめでとー!

 

100