文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第31期十段戦ベスト16A卓レポート 瀬戸熊 直樹

2014/08/21
執筆:瀬戸熊 直樹


100

左から、沢崎誠 森下剛任 森脇翼 一井慎也

 

沢崎誠vs森脇翼vs一井慎也vs森下剛任

昨年の決勝進出者沢崎はここからの登場。
森下王位は、九段戦からの階段を登っての進出。
森脇、一井は、五段戦と四段戦からの勝ち上がり組。決勝までの階段はあと2つ。

単純確率で行けば、2分の1が2回だから25%である。
数字だけ見ると、なんとなく決勝が見える位置に来た感じはする。

しかし、僕自身、三、四段の頃、数回このベスト16、ベスト8で敗れてきている。
相手うんぬんより、勝ち上がる難易度は、このステージは格段に厳しい。
それは、気持ちが前のめりになり、勝ちたい意識が予想以上に大きくなる為だと思っている。
「負けられない戦い」の難しさ。
さらに、今期からは、このベスト16からニコ生による放送。
気負うなという方が難しいだろう。
この事を克服した者が、勝ち上がるような気がしていた。

1回戦、2回戦と、沢崎・一井が、交互に1・2着を取り合った。
沢崎の落ち着きようは当たり前だが、一井の落ち着きぶりには、正直びっくりさせられた。

 

100

 

やはり新人の頃、テレビ対局を経験していたからであろうか。
反対に、心配していた気負いがモロに出ていたのが、森下王位。
「チャンスを逃したくない」の気持ちがちょっと強く出ていたように、僕の目には映った。

 

100

 

連盟の名物男、森脇は、いつも通りに映っていたが、森脇をよく知っている僕からすると、良い意味で、上品すぎる感じがしたのがちょっと物足りない。

3回戦以降に期待したいと思った。

放送でも話したように、森脇ほどエピソードを抱えている人物はいない。
一番有名な話は、ご存じの方も多いが、今から20年ほど前に、試験会場のエレベーターで、当時の試験官、故安藤満プロと乗り合わせ、安藤プロを同じ受験生だと思い、肩をたたきながら「今日は頑張ろうぜ」と言ったエピソード」だが、他にもこんな事があった。

あるタイトル戦で、森脇が当時のトッププロのリーチを受けてマチを一点読み。
無筋を何枚も飛ばし、同じ単騎待ちで流局させる事に成功した。
テンパイノーテンの公開時に、森脇が12枚だけ公開し、なかなか1枚を開けようとしない。
数秒間の沈黙の後、1枚をパタリと倒したシーンがあった。
プロのマナーとしては最悪だが、なんて面白い人だろうと僕は思った。

3回戦以降、森脇のそんなシーンが見られたら、勝機もあるのだがと考えながら解説をしている僕がいた。

3回戦、森脇が突如暴れ始める。
何かが吹っ切れたかのように、次々とアガリ出し、60~70ポイント差つけられていた、一井、沢崎を追い始める。
そして、森脇最大の長所、勘の鋭さも見せだすようになる。

4万点超えで迎えた、南場の親番、5巡目。

五万五万五万六万六万六万七万四索四索五索六索  ポン東東東  ドラ五万

ノータイムで打七万。8割の人が打四索としそうな場面。あっさり森下から四索がでて、アガリとなる。
その後展開も味方し、沢崎をラスにする事に成功。
70ポイント近くあった差を、15ポイントまで縮め、残り2回につなぐ事となった。

 

100

 

正念場の4回戦。やはり沢崎は強かった。
このメンバーでは、1枚も2枚も違って見えた。

3回戦のお返しとばかりに、次々とアガリ、5万点をオーバー。
最終戦を待たずに、勝ちをほぼ手中に収めてしまう。

 

100

 

最後のイスは、森脇か一井に。
共に2万点で迎え、両者のポイント差は40P(一井が上)
森脇は、2局で浮きに廻れば、最終戦に繋ぐ事ができる。
そんな森脇の願いが通じたのか、8巡目に跳満テンパイ。

二万三万四万六万七万八万九万  ポン南南南  ポン中中中  ドラ四万

ダブ南中、ホンイツ、ドラ1。
マンズはまだあまっていないが、当然、捨て牌はホンイツ。出アガリは厳しいか。
運命のいたずらか、ライバル西家・一井も手牌が育ってしまう。

一万二万三万四万二索三索四索五索六索八索八索三筒四筒  ツモ七索

一万。勝負となった。
親の沢崎が、北家・森下から出た2枚目の九筒をポンしてテンパイ。

二万二万八万八万七索七索七索発発発  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き

下りポンなので、チーした形と同じだ。
一井がツモっていたはずの六万が森下に。
一井は打っていただろうか、打っていれば森脇と並んでいたはずだった。
次の一井のツモは当然のように二筒

最終戦をまたずして、沢崎、一井が勝ち上がりを決めたシーンであった。

森下が九筒を合わせたのも必然。沢崎が鳴いたのも必然。
やはり森脇に勝ち運はなかったように思う。

終了後、森脇に「また飯いこうぜ!」と言われた。
森脇が負けた後によく言うセリフも聞けた。
「やっぱりオレ、ヘタだわ」

うーん、決勝で対戦できる事を楽しみにしていただけに、残念。
でも「カッコ良かったです。森脇さん。お疲れさまでした」