十段戦 レポート

一覧

第31期十段戦 優勝者予想

2014/09/12
執筆:


正解者の中から抽選で1名の方に、第31期十段位獲得後の直筆サインをプレゼント致します。
また、応募された方の中から抽選で2名の方に、決勝進出プロ寄せ書きサインをプレゼント致します。

応募方法:優勝すると思われるプロを記載し、こちら からご応募ください。

※1メールアドレスに対し、1応募とさせて頂きます。
※1メールアドレスより複数の応募があった場合、最後に応募されたもののみ受け付けられます。

なお当選者の発表は賞品の発送を以って代えさせて頂きます。

締め切り:2014年9月26日(金)

番号 名前
段位
プロフィール 仁平 山井 松崎 中村 西島 吾妻
1

瀬戸熊直樹
八段
第26・27・29期鳳凰位
第28・29期十段位 他多数
ロン2プロフィールはこちら
2

前原雄大
九段
第12、25期 鳳凰位
第14、15、24、25、26期 十段位
グランプリ2008 優勝 他多数
ロン2プロフィールはこちら
3

藤崎智
八段
第16期十段位
第3、5、6回 日本オープン 優勝 グランプリ2005 優勝 他多数
ロン2プロフィールはこちら
4

柴田弘幸
六段
第25、26期 鳳凰戦 3位
ロン2プロフィールはこちら
5

櫻井秀樹
四段
ロン2プロフィールはこちら

 

予想とコメント

荒正義

瀬戸熊を含めた前原、藤崎の3名は、経験と実績で誰が勝ってもおかしくない打ち手。
しかし今回は、あえて前原を本命としました。
今年の「十段」戦に賭ける彼の情熱は半端ではありません。
何が彼にそうさせたのか、それはともかくその打荘数は優に半荘300回を超えるでしょう。
その鍛錬を買います。展開が前原と瀬戸熊のたたき合いになれば一方が浮き、もう一方が沈むのは物の道理。
そこに出てくるのがサバキの名手・藤崎でしょう。
そこに若い櫻井・柴田がどこまで割って入るか、これも見ものです。

◎ 前原雄大
〇 藤崎智

仁平宣明

連盟初の快挙となる4連覇がかかる瀬戸熊で期待したい所だが、今年の決勝戦のメンバーは全員Aリーガーという誰が勝ってもおかしくないメンバー構成となった。
僕は今回のメンバーを見て、実力差が紙一重なので展開よりも勢いを重視し予想してみた。
ベスト16、8と接戦の末、辛勝してきた柴田が歴戦の強者を相手に、初のタイトルに輝くのではないかと予想する。
対抗は、予選の勝ち方が圧巻だった前原。今期鳳凰戦のスタートは、昨年のA1からの陥落の影響からか苦戦をしいられたが、徐々に調子を取り戻し、ここ何回かの対局を見ていると、さらにパワーアップしたのではないかと思う。

◎ 柴田弘幸
〇 前原雄大

山井弘

ここにきて、絶対王者である瀬戸熊が調子を崩していると見る。
ただ、それでも最後は優勝に絡んでくるのではないかと思うが、ベスト16の柴田の内容が非常に良かったので対抗に推す。
本命は前原。プロリーグでも戦ったが、今の前原には勝てる気がしない。
どんな展開になっても、最後まで優勝争いの中にいるような気がする。
藤崎はもちろんあるが、プロリーグに出ていない分、若干、実戦不足は否めない。
櫻井は、初のタイトル戦決勝という大舞台で、普段通り戦えることができれば可能性あり。

◎ 前原雄大
〇 柴田弘幸

松崎良文

印は2つまで、との御下命にて、苦渋の選択。
5人の中で最も雀風が(風貌も)近いと思われる藤崎プロが勝つことで、私自身の決勝での優勝パターンをイメージする参考にさせて頂きたく、本命に。不純御免。
対抗は、必勝を公言した準決勝で見事な圧勝を遂げた櫻井プロで。
もちろん、瀬戸熊プロの4連覇、前原プロの復位、柴田プロの初載冠にも期待しております。激闘必至。

◎ 藤崎智
〇 櫻井秀樹

中村毅

本命は、瀬戸熊直樹八段A1。
昨年度の鳳凰位決定戦は藤崎プロに敗れたが、今期のリーグ戦の成績は安定した強さがある。
今回は、前人未到の4連覇も掛かっているため気合いは十分。
対抗には、前原雄大九段A2を押したい。
過去に5度も十段位になり、永世十段ともいえる実績と相性の良いタイトル戦で、久しぶりに返り咲いてもらいたい。と、勝手な予想だが、誰が勝つにしろ見応えたっぷりの面白い対局が見れると思うので、今からとても楽しみだ。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 前原雄大

西島一彦

瀬戸熊プロは鋭い攻撃力を秘めている上に、今期もっとも安定した戦いぶりで、鳳凰位戦でもトップを走っており、優勝に一番近いと思います。
一方藤崎プロは、あの飄々とした戦いぶりで、猛虎前原プロ、若手トップクラスの柴田プロ、櫻井プロの攻撃をかわし、瀬戸熊プロにせまるのではないでしょうか。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 藤崎智

吾妻さおり

前原は最多6度目の十段位、瀬戸熊は4連覇、藤崎は鳳凰位との2冠がかかる今期の十段位決定戦。
思惑が絡み合う最上級の対局が予想され、今からとても楽しみである。
藤崎が第30期鳳凰位決定戦で圧倒的に先行し、得意の対応麻雀で他を寄せ付けずに勝利をおさめたのは記憶に新しい。今回は他家に一番厳しくマークされるのではないか。瀬戸熊は今期A1も快調にポイントを伸ばしている。先日と全く同じ展開の敗北を喫するつもりはないだろう。十段戦を知り尽くしている前原の完全復活にも期待したい。
第25・26期鳳凰位決定戦以来3度目の決勝に挑む柴田は、今度こそ絶対獲りたいはず。
初決勝の櫻井がベテラン3名を相手にどのように立ち向かうのかにも注目したい。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 前原雄大