文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第32期十段戦 ベスト16D卓レポート 山田 浩之

2015/08/17
執筆:山田 浩之


いよいよ十段戦準々決勝も1卓を残すのみとなった。この最終D卓の模様を私山田が伝えます。よろしくお願いします。

100

 

1回戦(起家から浜上、ダンプ、前原、木村)
東1局
先手をとったのは前原。6巡目に高めの八万を引きリーチ。

六万七万八万九万九万七索八索四筒五筒六筒六筒七筒八筒  ドラ八筒

いきなり高めツモなら跳満の大物手。親の浜上もすぐに追いつく。

二万二万三万三万五万六万七万三索三索三索西西西

三万が2枚切れていてなおかつ前原の現物であるため、役無しではあるがヤミテンを選択。
次巡、ドラ表示牌の七筒を引き現物の三万切り。五万ツモでもテンパイとらずの三万切り。
そしてドラの八筒を引き追いかけリーチ。これを前原から打ちとり3,900。
次局も2,000オールをツモった浜上はさらに2発の大物手を決めてトップをとった。

三筒四筒五筒五筒七筒八筒九筒  ポン西西西  ポン北北北  西家 ドラ七筒

四万五万六万四索五索六索七索七索四筒五筒五筒六筒六筒  北家 ドラ六筒

1回戦成績
浜上+27.1P 前原+10.9P ダンプ▲12.8P 木村▲25.2P

 

2回戦(起家から浜上、前原、木村、ダンプ)
浜上の細かい連荘で迎えた東1局2本場

三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒北北北中中  ドラ三筒

前原がヤミテンで木村からアガって12,000。これでエンジン全開かと思われたが、今日の前原はいまいち乗り切れない。

東4局
前原が当面のライバルダンプの親をさばきにいく。

三万四万五万一索三索五筒五筒中中中  チー八万 左向き七万 上向き九万 上向き  ドラ三万

ここに木村からリーチがかかる。

一万一万四万五万一筒二筒三筒五筒六筒七筒西西西  リーチ

前原がもってきたのは無筋の五索。これをツモ切るとダンプからロンの声。

三万三万三万六万七万八万八万八万六索七索八筒八筒八筒  ロン五索

前原も一索を切るべきだったと対局後悔やんでいたが、痛恨の12,000放銃となった。
ダンプのトップで決まりかと思ったが、浜上が魅せる。

南3局
親の木村が四暗刻を目指し1回テンパイをはずすも、2度目はとりリーチ。

三万三万三万四索四索四索七索八索九索東東発発  リーチ  ドラ白

浜上は1シャンテンになる。

二万二万五万六万六万七万七万七万八万九万九万白白

九万のポンテンをとらず、二万白と引き込み、木村から七万で12,000。
六万が2枚切れで自分から4枚見えているため、七万は打ちやすい。であればポンテンをとるほうが自然だろう。
これが浜上のフォームなのか、リードしているからなのかはわからないが、正解を引き当てた。
このまま浜上の2連勝、ダンプ2着で2回戦は終了した。

2回戦成績
浜上+26.7P ダンプ+16.0P 前原▲9.7P 木村▲34.0P

2回戦合計
浜上+53.8P ダンプ+3.2P 前原+1.2P 木村▲59.2P

 

3回戦(起家から浜上、前原、木村、ダンプ)
ダンプと前原の差は僅か2,000点。2着争いが激しくなってきた。
浜上はこの半荘浮ければほぼ当確か。木村は沈むわけにはいかない。

南1局
32,600点持ちの前原、更に加点を目指しリーチ

八万九万四索五索六索三筒四筒五筒七筒七筒発発発  リーチ  ドラ八索

これに待ったをかけたのが27,100点持ちのダンプ。

四万五万六万三索三索五索五索六索七索八索八索五筒六筒  ツモ八索  打五索 左向き

当然の追いかけリーチ。四筒をツモリ3,000・6,000

オーラスも

五万六万七万七万五索六索七索二筒三筒四筒七筒八筒九筒  ドラ六万

このヤミテンから四筒を引きリーチ。2,600オールでトータルポイントで浜上をかわし首位に躍り出た。

3回戦成績
ダンプ+34.5P 木村▲4.1P 前原▲7.9P 浜上▲22.5P

3回戦合計
ダンプ+37.7P 浜上+31.3P 前原▲6.7P 木村▲63.3P

 

4回戦(起家から浜上、ダンプ、前原、木村)
東1局
親の浜上が白を暗カンしてリーチ

一万二万三万一索一索四筒五筒六筒六筒七筒  暗カン牌の背白白牌の背  ドラ八筒

後がない木村が追いかける。

一万二万三万七万八万九万二索二索七索九索七筒八筒九筒

2人のめくりあいかと思われたが、浜上の親リーチに一筒の暗刻落としで回った前原だが、ドラを重ねて1シャンテンに。

一万一万二万三万四万五万六万七万四索四索五筒六筒八筒八筒

ここから無筋の一万をトイツ落としして、浜上の切った四索ポンで追いつくが八索をつかみ、木村に8,000の放銃。
前原らしい攻めだが、結果は裏目。浜上の放銃していた八索を食いとって代わりに放銃という最悪の結果に。

木村は丁寧な手順でもう1回三色をアガリなんとか最終戦に望みをつないだ。

一万二万三万八万八万一索二索三索二筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ一筒

4回戦成績
木村+19.4P ダンプ+14.2P 前原▲13.8P 浜上▲19.8P

4回戦合計
ダンプ+51.9P 浜上+11.5P 前原▲20.5P 木村▲43.9P

 

5回戦(起家からダンプ、浜上、前原、木村)
ダンプはかなり大きいラスをひかなければ安泰。
浜上と前原の差は32P。前原はトップラスで2万点以上の差をつけることができれば逆転可能。
木村は大トップで浜上を沈めることができればといったところか。

東1局
浜上がドラの白を重ねヤミテン。

一万二万三万六万七万八万五索六索七索四筒四筒白白  ドラ白

前原もノーミスで七対子をテンパイし即リーチ

七万七万九万九万三索三索七索七索八索東東西西  リーチ

これをすぐツモリ1,600・3,200。これで順位点を含めると10P差に。

次局、親の会心のリーチは前原にかわされた浜上だったが、東3局もリーチ

一万一万六索七索一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒  ドラ五万 (東2局)

四万五万六万二索三索四索七索八索四筒五筒六筒西西  ドラ二索 (東3局)

これをツモアガリ32,600持ちの2着に。

南1局
浜上がめずらしく1巡目に白を1鳴き。ドラはトイツだが少し遠い仕掛け3副露してテンパイ。

五索六索西西  チー八筒 左向き六筒 上向き七筒 上向き  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 上向き  ポン白白白  ドラ西

前原も勝負手

三万四万五万七万二索二索三索四索五索七索三筒四筒五筒  ツモ六万

当然の七索切りで放銃となってしまう。

南4局
ダンプ21,300 浜上32,300 前原34,000 木村32,400
木村はラス親なので連荘すればいい。前原の条件は倍満ツモか浜上から跳満直撃。
前原はドラを暗刻にしてテンパイするもまだ足りずヤミテン

二万三万三万七万八万六索六索六索九索九索発発発  ツモ四万  打三万

ツモリ三暗刻になればリーヅモで条件を満たす。これが手変わりせず流局。親の木村もテンパイすることができずに終戦となった。

5回戦成績
前原+15.9P 木村+4.4P 浜上+2.3P ダンプ▲21.7P

トータル
ダンプ+30.2P 浜上+13.8P 前原▲5.5P 木村▲39.5P

1位通過 ダンプ大橋  2位通過 浜上文吾

これでベスト8が出そろった。ベスト8も連盟チャンネルで放送される。

A卓8月20(木)16:00~
古川孝次(九段)vs藤崎智(八段)vs浜上文吾(五段)vs柴田吉和(二段)

B卓8月28(金)16:00~
瀬戸熊直樹(九段)vs柴田弘幸(七段)vsダンプ大橋(六段)vs野方祐介(四段)

現十段位櫻井秀樹への挑戦者を決める準決勝は熱い闘いになるであろう。
お見逃しなく!!