文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第33期十段戦 ベスト8B卓レポート HIRO柴田

2016/08/30
執筆:HIRO柴田


十段戦ベスト8B卓、対局者は以下の通りである。

ダンプ大橋 ベスト16からの勝ち上がり
上田直樹 初段戦からの勝ち上がり
瀬戸熊直樹 九段戦Sからの勝ち上がり
伊藤優孝 九段戦からの勝ち上がり

注目すべきは初段戦からの出場となる上田 。トーナメント戦というシステムの経験は、圧倒的に他3者より劣るはずだ。
上田は勢いで勝ちきれるか、それともベテラン勢が上田を押さえ込んで決勝へコマを進めることができるかが見所だ。

 

100

 

1回戦(起家からダンプ・瀬戸熊・上田・伊藤)

東1局、親のダンプ3巡目に持ってきた孤立牌である九万を残して、丁寧に手牌を進行させていき瀬戸熊から7,700をアガる。

二万二万八万九万四索四索四索七索八索九索七筒八筒九筒  ロン七万  ドラ七筒

東1局1本場、上田が発を暗刻にしてこの形。

四索四索四索五索七索七索七索一筒二筒三筒発発発  リーチ  ドラ二索

理想は三暗刻だが、ヤミテンでの三索六索でのアガリは弱くみえてしまうのでここは堂々とリーチを宣言する。
瀬戸熊もすぐに追いつき、上田の捨て牌に一索もあることからヤミテンを選択。

二万二万一索二索二索三索三索七索八索九索五筒六筒七筒

しかしこの局は3番目にテンパイを入れたダンプが、瀬戸熊から大きな18,000のアガリをものにする!

 

100

三万三万三万六索六索六索八筒八筒東東西西西  ロン東  ドラ二索

東3局、親の上田、選択は迷わずのリーチだった。

 

100

 

場には五万が2枚打たれている八万狙いならヤミテンもあるだろう。だが、ここでリーチを打つというのが上田の戦い方なのだ。
伊藤もここは勝負とリーチを打つが、軍配は上田にあがった。

伊藤
二万二万四万五万六万四索五索五索六索七索東東東  リーチ  ドラ四索

上田
六万六万七万七万八万四索五索六索八索八索五筒六筒七筒  リーチ  ロン八万

南2局3本場、A1選手である瀬戸熊と伊藤が2人ともに1万点を切る、まさかのゲーム展開となるが、ここは瀬戸熊が意地の12,000を上田からアガる。

 

100

五万五万三索三索四索四索八索八索二筒三筒三筒発発  リーチ  ロン二筒  ドラ発

五筒一筒の切り出しを見るに上田の守備力が気になる。守備を伸ばすか、それともそれを上回る攻撃力を伸ばすかは上田の今後の課題であろう。

南3局、さきほどの放銃をものともせず、上田がこの4,000オールをアガリ持ち点が40,000点を越える。

上田
二万二万四万五万六万六索七索二筒三筒四筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ八索  ドラ六筒

南4局、伊藤が5,800を上田からアガリ失点を減らしにくる。

伊藤
五万五万二索三索六索六索六索  チー九万 左向き七万 上向き八万 上向き  ポン南南南  ロン一索  ドラ五万

瀬戸熊のピンズ色での仕掛けと、親・伊藤の仕掛けによって上田を苦しめる展開を作りにくる。

南4局1本場、瀬戸熊が見事なテンパイ外しの手順で、高めツモ2着となるリーチを打つがここは安めでのアガリとなる。

六万七万八万二索三索四索六索七索八索二筒四筒六筒七筒七筒  打七筒  ドラ四万

六万七万八万二索三索四索六索七索八索二筒四筒六筒七筒  ツモ五索  打四筒

六万七万八万二索三索四索五索六索七索八索二筒六筒七筒  ツモ二筒  打二索 左向き

六万七万八万三索四索五索六索七索八索二筒二筒六筒七筒  ツモ五筒

このアガリで上田が原点を割り、3人沈みでダンプが50ポイントオーバーの特大トップ。

1回戦成績
ダンプ+51.0P 上田▲1.8P 瀬戸熊▲11.3P 伊藤▲37.9P

 

2回戦(起家から伊藤・上田・ダンプ・瀬戸熊)

東1局、上田が先制リーチとくるが、すぐに瀬戸熊も追いつきリーチを打っての2,000・4,000ツモアガリ。

上田
二万三万四万五万五万五万九万九万四索五索三筒四筒五筒  リーチ  ドラ五索

瀬戸熊
六万六万七万八万九万七索八索九索七筒八筒九筒東東  リーチ  ツモ東

東2局、1回戦は我慢が続いた伊藤が、異名の死神の優の名の通り、死神の鎌を上田に切りつける。

 

100

伊藤
三万四万五万三索四索五索三筒四筒五筒七筒八筒八筒八筒  ロン七筒  ドラ八筒

南3局、点数状況は以下の通り。
伊藤39,600、瀬戸熊36,700、ダンプ36,200、上田7,500

1回戦トップのダンプが親でさらに加点を狙いリーチを打つ。

ダンプ
二万三万四万六万六万六万二索三索四索五索四筒五筒六筒  リーチ  ロン二索  ドラ九筒

対する上田、二索は場に出ていない白南も現物である。

上田
四万二索六索六索九索九索二筒二筒九筒九筒東東南白

ここから二索での放銃。自身の持ち点を見て白南切りとしそうだが、誰も合わせなかったのを狙い目としたのだろうが、ここは二索を打ち放銃となった。
結果だけを見れば悪い放銃だが、この状況下で楽に安全牌を打たない上田の精神力とアガリにかける執念を評価してあげたい。

2回戦成績
ダンプ+24.8P 瀬戸熊+12.9P 伊藤+7.9P 上田▲45.6P

2回戦終了時成
ダンプ+75.8P 瀬戸熊+1.6P 伊藤▲30.0P 上田▲47.4P

 

3回戦(起家から伊藤・ダンプ・上田・瀬戸熊)

1、2回戦の失速を見てか、上田のマークが外されたかのように2連続で1人テンパイして親番を向かえる。

東3局2本場、上田がここからダンプの第一打である一筒をポンとしてドラ色の一色手を狙う。

上田
九万九万四索一筒一筒二筒三筒四筒六筒九筒南南発  ドラ五筒

この遠い仕掛けを、上手く他者の手を遅らせることにより、4,000は4,200オールを成就させる。

上田
三筒四筒五筒五筒六筒七筒七筒七筒南南  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ツモ南  ドラ五筒

南3局2本場、ポイントの現状はダンプが抜けていて伊藤が置いていかれている状態、瀬戸熊と上田が競っている。
親である上田の打牌を制限させる為、南家の瀬戸熊が四万五万とターツを外し、ドラ2で仕掛けプレッシャーをかけていく。

瀬戸熊
七索八索一筒一筒七筒八筒九筒  チー七万 左向き八万 上向き九万 上向き  ポン一索 上向き一索 上向き一索 上向き  ドラ一筒

上田は、瀬戸熊の2フーロを攻めから守備へのシフトチェンジとし、テンパイで粘っているところで1,000は1,200オールをツモアガる。

上田
三万四万五万六万七万八万五索六索七索一筒二筒三筒東  ツモ東  ドラ一筒

南3局3本場、瀬戸熊がソーズ、伊藤がマンズ、そこへ上田はひるまずピンズ待ちでリーチを打ち2,600は2,900オールのツモアガリ。

瀬戸熊
三索四索六索八索北北北  チー四索 左向き二索 上向き三索 上向き  ポン中中中  ドラ七索

伊藤
二万二万五万七万八万八万八万  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ポン西西西

上田
三万四万五万七索八索九索一筒二筒三筒六筒七筒八筒八筒  リーチ  ツモ五筒

南3局5本場、瀬戸熊が早いテンパイの二索五索待ちだが、出る気配がないまま上田がリーチをし二索の暗カンが入る。
上田の待ちである九万は4枚切れているので、残るはタンヤオ確定の六万のみ。
お互いに厳しい待ちだが、勢いで上田がツモアガる3,200は3,700オール。

瀬戸熊
五万五万五万三索四索二筒三筒四筒六筒六筒  ポン五筒 上向き五筒 上向き五筒 上向き  ドラ東

上田
七万八万三索三索五索六索七索七筒七筒七筒  暗カン牌の背二索 上向き二索 上向き牌の背  ツモ六万

3回戦成績
上田+43.9P 伊藤▲2.5P 瀬戸熊▲14.1P ダンプ▲27.3P

3回戦終了時成績
ダンプ+48.5P 上田▲3.5P 瀬戸熊▲12.5P 伊藤▲32.5P

 

4回戦(起家から伊藤・ダンプ・上田・瀬戸熊)

ポイント状況ではダンプは4回戦を浮きで終われば、ほぼ当確でラスを引けば混戦となりそうだ。
伊藤はトップ、もしくは浮きで終らなければ苦しいか。
瀬戸熊、上田は最終戦もふまえて、ここはお互いの着順を意識した戦いになるだろう。

東2局、開局に1,300・2,600のツモアガリでリードした上田が連続でリーチを打つ。
伊藤も加点をしなくてはいけない状況下なので、すぐに追いかけチーリを打つ。
瀬戸熊もドラ北が暗刻のホンイツ1シャンテン。
7巡目の時点で上田の待ちは残り1枚。高めの五索のみだったが、ここは瀬戸熊が最後の五索を放銃。
手数の多い上田なだけに、点数が読みにくいことと、自身の手牌を含めチャンスの局であったが、今回はそんな時に手痛い放銃になってしまう。

瀬戸熊
二筒二筒四筒五筒五筒七筒九筒東東東北北北  ドラ北

伊藤
二万三万四万三索四索五索八索八索三筒四筒六筒七筒八筒  リーチ

上田
五万六万七万七万八万九万四索四索六索七索五筒六筒七筒  リーチ  ロン五索

南2局、この時点で上田の点数は44,400の1人浮きトップ、対して瀬戸熊は21,300のラス。
相手のチャンスを減らすことと、局を進める為にヤミテン選択もあるが、上田がここは力強くリーチとし本日何度目なのだろうか?と思わせるツモアガリ。

上田
二万三万四万五万六万三索四索五索八索八索発発発  ツモ七万  ドラ二万

上田が競っている瀬戸熊を押さえ込んでの5万点トップをとる。

4回戦成績
上田+36.8P 伊藤▲7.2P ダンプ▲11.0P 瀬戸熊▲18.6P

4回戦終了時成績
ダンプ+37.5P 上田+33.3P 瀬戸熊▲31.1P 伊藤▲39.7P

 

5回戦(起家から上田・ダンプ・伊藤・瀬戸熊)

ポイントは上下に分かれた展開だ。瀬戸熊・伊藤は最低でも6万点以上は欲しい最終戦。

東1局、親の上田が絶好のカン三万を引き入れてのヤミテン。これに伊藤が捕まる。

上田
二万二万三万三万四万四万三索四索六索六索六筒七筒八筒  ロン二索  ドラ六索

東1局1本場、さらに1本場で上田が伊藤から5,800をアガる。

上田
三万四万五万六万七万五索六索七索三筒四筒五筒八筒八筒  ロン五万  ドラ三筒

上田がダンプよりポイントを上回っていることと、現状原点であるダンプのほうが沈めやすいため、伊藤・瀬戸熊の標的がダンプになる。
上田の攻めの強さとダンプの巧みなゲームまわしで、伊藤・瀬戸熊なすすべなくオーラスを迎えることとなる。

南4局、点棒状況は上田51,300で当確か、ダンプ30,700、伊藤4,100、瀬戸熊33,900。
ダンプと瀬戸熊の4回戦までの成績差が68.6ポイントで、ダンプを2万点にしても瀬戸熊は8万点は欲しい。ダンプが1万点なら7万点条件だ。

瀬戸熊は連続で2,600オール、2,000オール、1人テンパイと持ち点を5万点とし18,000条件とする。

瀬戸熊
三万四万五万三索四索五索三筒三筒三筒東東発発  リーチ  ツモ発  ドラ一万

二索二索二索五索五索六索六索七索一筒二筒三筒四筒四筒  リーチ  ツモ四索  ドラ四索

二万二万二万三万四万五万二索三索四索六索六索五筒六筒  リーチ  ドラ八索

南4局3本場、ダンプ重くなりそうな役牌をうまく仕掛け、瀬戸熊からアガり勝負を決す

ダンプ
三万五万三索四索五索南南  チー五筒 左向き三筒 上向き四筒 上向き  ポン白白白  ロン四万  ドラ九万

5回戦成績
瀬戸熊+26.4P 上田+19.6P ダンプ▲6.4P 伊藤▲39.6P

5回戦終了時成績
上田+52.9P ダンプ+31.1P 瀬戸熊▲4.7P 伊藤▲79.3P

A1リーガーの両名を見事に完封した上田、そしてダンプの勝ち上がりとなった。