文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第34期十段戦 初段戦 ニ段戦レポート

2017/05/24
執筆:編集部


第34期十段戦が開幕した。
今年度も初段戦のみ対局者を入れ替えてのトライアル戦で行われた。選手は半荘3回打ち、トータルポイント下位4割程がここで敗退となる。

 

100

古川彩乃

100

桜川姫子

100

森恵里佳

100

大久保朋美

100

菊原真人

100

部谷幸則

【初段戦通過者】

菊原真人 鈴木誠 小原航太 池田来斗
紺野光則 古川彩乃 奥津勇輝 森恵里佳
堤文吾 中川基輝 大橋幸正 荒井裕太
足立純哉 大久保朋美 部谷幸則 岡田智和
川崎義之 蓮沼友樹 伏見誠一郎 志多木健
髙田翔 福島和也 及川慶次 佐藤未菜

 

 

二段戦

二段戦から同卓者4名で半荘を3回行い、ポイント上位2名が勝ち上がるというトーナメントシステムになる。

100

石田亜沙己

100

井上絵美子

100

菅原千瑛

100

稲岡ミカ

100

川原舞子

100

東城りお

100

中野妙子

100

優月みか

100

小野雅峻

100

平野良栄

1卓 桜川姫子vs原佑典vs新井駿一vs小野雅峻

去年十段戦ベスト16まで残った小野が登場。1回戦65,000点超えのトップを取り、新井と勝ち上がりを決めた。
1位通過:新井駿一 2位通過:小野雅峻

2卓 髙橋勇vs西川舞vs浅野文雅vs福島和也

中部本部の浅野が2連勝を決め、最終戦にトップを取った西川と勝ち残りとなった。
1位通過:西川舞 2位通過:浅野文雅

3卓 平野良栄vs櫛田利太vs髙田翔vs小島優

インターネット麻雀日本選手権2017ベスト16に残っている櫛田が勝を決めトップ通過。2着争いの接戦を制したのは髙田。
1位通過:櫛田利太 2位通過:髙田翔

4卓 大鹿糠文也vs都築友和vs中津真吾vs志多木健

1回戦、40,000点超えの2着の都築と50,000点超えのトップを取った中津がそのまま勝ち上がりとなった。
1位通過:都築友和 2位通過:中津真吾

5卓 中寿文vs伏見誠一郎vs居藤洸vs高橋侑希

1回戦目トップを取った静岡支部の中と、2回戦目トップを取った居藤が勝ち上がりとなった。
1位通過:居藤洸 2位通過:中寿文

6卓 土屋幸弘vs戸田誠輝vs船木伸一vs蓮沼友樹

2回戦終わって蓮沼と戸田と土屋の3人競りとなり、蓮沼と土屋が制した。
1位通過:蓮沼友樹 2位通過:土屋幸弘

7卓 優月みかvs岡本和也vs稲岡ミカvs川崎義之

トップを2回獲った岡本と、全て2着の安定した戦いを見せた優月の勝ち上がりとなった。
1位通過:優月みか 2位通過:岡本和也

8卓 白銀紗希vs川上直也vs岡田智和vs時田択和

1回戦目60,000点のトップを獲った川上が1位通過。2回戦一人浮きの岡田が2位通過となった。
1位通過:川上直也 2位通過:岡田智和

9卓 谷誠之vs部谷幸則vs土田小緒里vs菊池豪

2回戦終了時、26.7ポイント持ってトップ目で最終戦を迎えた部谷だったが、親の谷に小四喜を放銃してしまい、敗退となってしまった。
展開に恵まれた菊池が谷と通過となった。
1位通過:谷誠之 2位通過:菊池豪

10卓 大久保朋美vs石田亜沙己vs末松隆文vs山本えりか

2回戦終了時、▲21.5と苦しかった石田だが、トータル2着目の山本を沈めてトップを取り、2ポイント差で勝ち上がりを決めた。
1位通過:末松隆文 2位通過:石田亜沙己

11卓 渋谷菜瑠美vs足立純哉vs小谷美和子vs下山哲也

2回戦終了時上下16ポイントの団子となったが1ポイント差で足立が小谷を交わして勝ち上がりを決めた。
1位通過:下山哲也 2位通過:足立純哉

12卓 宮内崇成vs宮崎皓之介vs永井勝晴vs荒井裕太

1回戦・2回戦、宮崎・宮内と大きいトップを取り勝ち上がりを決めた。
1位通過:宮内崇成 2位通過:宮崎皓之介

13卓 こばりしんvs青山めぐみvs厚谷昇汰vs大橋幸正

第26期マスターズプロ予選でダブル役満をアガった青山が2連勝で勝ちを決める。2回戦終了時▲53.5と絶望的なこばりだったが、60,000点の大トップを取り1ポイント厚谷をかわして勝ち上がりを決めた。
1位通過:青山めぐみ 2位通過:こばりしん

14卓 中川基輝vs菅原千瑛vs伊井功雅vs瀬下勝也

女流桜花Aリーガーの菅原は1回戦10,000点代のラスを引くが、そこから2連勝を決めて1位通過を決める。2位通過は僅差で伊井。
1位通過:菅原千瑛 2位通過:伊井功雅

15卓 井上絵美子vs東城りおvs堤文吾vs新田大輔

1回戦目トップで好発進を決めた東城りおだったが、2回戦目大きいラスを引いてしまい、敗退。中部本部の堤、東北本部の新田が勝ち上がりとなった。
1位通過:堤文吾 2位通過:新田大輔

16卓 森恵里佳vs楠原遊vs佐藤晃大vs林潤一郎

2回戦終わって、林が抜ける展開に。2着争いを制したのは森。
1位通過:林潤一郎 2位通過:森恵里佳

17卓 奥津勇輝vs川原舞子vs佐々木啓文vs鹿嶌文太

2回戦終わって平らだったが、奥津と佐々木が逃げ切りで勝ちを決めた。
1位通過:奥津勇輝 2位通過:佐々木啓文

18卓 古川彩乃vs安ヶ平浩希vs菊原真人vs中野妙子

1回戦60,000点トップの古川、10,000点を借りる事となった中野と明暗はっきり別れたが、そこから中野が怒涛の2連勝でギリギリ勝ち上がりを決めた。
1位通過:古川彩乃 2位通過:中野妙子

19卓 紺野光則vs鈴木誠vs岡部光輝vs今泉誠一

2連勝を決めた今泉と、浮きを守った岡部が勝ち上がりとなった。
1位通過:今泉誠一 2位通過:岡部光輝

20卓 宗像惇vs小原航太vs古本和宏vs池田来斗

1回戦トップの九州本部の小原が1位通過、古本と宗像の2位争いは、宗像に軍配が上がった。
1位通過:小原航太 2位通過:宗像惇

【二段戦通過者】

新井駿一 小野雅峻 西川舞 浅野文雅
櫛田利太 髙田翔 都築友和 中津真吾
居藤洸 中寿文 蓮沼友樹 土屋幸弘
優月みか 岡本和也 川上直也 岡田智和
谷誠之 菊池豪 末松隆文 石田亜沙己
下山哲也 足立純哉 宮内崇成 宮崎皓之介
青山めぐみ こばりしん 菅原千瑛 伊井功雅
堤文吾 新田大輔 林潤一郎 森恵里佳
奥津勇輝 佐々木啓文 古川彩乃 中野妙子
今泉誠一 岡部光輝 小原航太 宗像惇