文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第34期十段戦 ベスト16A卓レポート HIRO柴田

2017/07/06
執筆:HIRO柴田


十段戦もいよいよ終盤戦。
今回はベスト16A卓のレポートをお届けします。
まずは対局者する選手から。

 

瀬戸熊直樹(9段戦Sからの出場)

 

武藤武(6段戦からの出場)

 

古川孝次(9段戦Sからの出場)

 

上田直樹(前年度決勝シード)

 

1回戦(起家から、瀬戸熊・武藤・古川・上田)

まずは開局の様子から。
親の瀬戸熊4巡目にこの牌姿。

二万四万三索三索四索五索五索三筒南南白発発  ツモ南  ドラ二筒

瀬戸熊の選択は、ドラ受けよりもダイレクトの三万引きを逃さずにホンイツへの渡りもみた三筒
構想通りに手牌が進み、東四索八索八索と有効牌を引き込んで14巡目と遅くはなったが、ホンイツ七対子のテンパイを入れる。

瀬戸熊
三索三索四索四索五索五索八索八索東南南白白

そこへ昨年度決勝進出した上田、同14巡目にリーチと向かっていく。

上田
一万一万一万二万三万四万六索七索四筒五筒六筒八筒八筒  リーチ

このアガリに実直な所が上田の持ち味だと私は思う。
それが悪い方向にでればもちろん悪手となるのだが、見ている側としてはドキドキさせられる。
つまり魅力があるということなのだろう。

結果は流局、瀬戸熊・上田のテンパイ、これを見て対局者の4名は何を思ったのだろう。

東1局3本場、牽制の攻防が続いた所で古川が一歩抜け出す。

古川
七万八万一索一索二索二索三索三索九索九索六筒七筒八筒  ツモ六万  ドラ九索

この2,000・4,000のアガリの後に古川のキレが増す。

東2局では親の武藤が、

武藤
一万六万一索三索五索五索六索六索八索一筒五筒六筒東発  ドラ三万

この配牌を8巡で

五万六万七万三索三索四索五索五索六索六索五筒六筒七筒  リーチ

この手に育て、我慢をして本手を決める武藤らしくここは6,000オール狙いでリーチを打つ。

しかし、ここは古川に400・700と点数以上の価値あるアガリをものにされる。
武藤としては、せめて相手に受けてもらって流局までもつれこみたい所だったはずだ。

古川
四万四万七索七索七索三筒四筒  ポン南南南  ポン北北北  ツモ二筒  ドラ三万

東3局 親古川

西家の瀬戸熊が5巡目にピンフドラ1のリーチを打つ。
上田リーチ後の七万をチーして次巡、

上田
五万六万六索六索八索八索二筒四筒六筒八筒  チー七万 左向き六万 上向き八万 上向き  ツモ二筒  ドラ六索

この二筒を(二筒は2枚切れ)迷うことなくツモ切って3,900の放銃。

瀬戸熊
三万三万五万六万七万五索六索七索三筒四筒七筒八筒九筒  ロン二筒

瀬戸熊のリーチ後に、3シャンテンからチーして向かって行ける若手なんてそうはいない。
臆することなく向かっていく上田は、麻雀と戦っているんだなと私は感心させられた。

東4局 親上田

上田
三索三索三索七索七索七索五筒五筒七筒八筒南南南  ツモ六筒  ドラ中

攻め続ける上田。ここでついに2,600オールをアガリ浮きへまわる。
古川が一歩リードし瀬戸熊・上田が競り、武藤がやや後退といった並びとなる。

南1局 親瀬戸熊

上田8巡目にこのタンヤオピンフのリーチを打つ。

上田
三万三万四万五万六万六万七万八万四索五索六索三筒四筒  ドラ八筒

それに対して親の瀬戸熊の選択は現物の四索、勝負を保留したように映った。

瀬戸熊
二万三万四万三索三索四索一筒一筒三筒五筒六筒七筒八筒  ツモ二筒  打四索  ドラ八筒

少しだけ、上田を意識したように見えた局だった。
結果は流局。

南2局 親武藤

上田が8巡目にタンヤオのリーチ、それに煽られるかのように古川もツモ切りリーチで追いかける。

古川
一索二索三索五索七索九索九索四筒五筒六筒七筒七筒七筒  ドラ六索

上田
六万七万八万三索四索八索八索三筒三筒三筒五筒六筒七筒  ツモ二索

しかしここは上田のツモアガリで古川を捲りトップ目に立ち終わってみれば大トップとなる。

1回成績
上田+25.1P 古川+10.6P 瀬戸熊▲11.0P 武藤▲24.7P

 

 

2回戦(起家から、瀬戸熊・上田・古川・武藤)

東3局 親古川

静かな点数の動きから均衡を破るようにポンと動いたのは西家の瀬戸熊。
3巡目に武藤が打ち出した発に反応する。

瀬戸熊
一索二索二索六筒六筒七筒南西西白  ポン発発発  ドラ八筒

4巡目の上田、形こそ悪いもののドラ暗刻の1シャンテン。

上田
七万八万九万四索六索八索一筒二筒八筒八筒八筒九筒九筒  ツモ九筒  ドラ八筒  打八索

やっと上田がリーチした時には、瀬戸熊が大量の字牌を引き込んで臨戦態勢となっていた。

上田
六万七万八万二索四索六索六索八筒八筒八筒  暗カン牌の背九筒 上向き九筒 上向き牌の背  リーチ

瀬戸熊
南南西西西白白  ポン六筒 上向き六筒 上向き六筒 上向き  ポン発発発  ツモ南

サーフィン打法のお株を奪うかの如く瀬戸熊が3,000・6,000をアガる。

南1局 親瀬戸熊

先ほどのアガリで勢いに乗った瀬戸熊が、リーチ者の上田から12,000をアガる。

瀬戸熊
一筒一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 上向き  ロン八筒  ドラ四万

1回戦からの上田との強弱関係を一気にひっくり返すこととなるこのアガリで、瀬戸熊勝ち上がりを確信したファンは多かったはずだ。
(実際に選手はそんな余裕はないのだが・・)

南1局 1本場 親瀬戸熊

攻め時と判断した瀬戸熊からドラが手放され、古川が選択を間違えず3,000・6,000をアガリ一気に瀬戸熊に追いつく。

古川
三万四万五万六万七万中中  ポン南南南  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き  ツモ二万  ドラ南

南2局 親上田

4者の手牌が面白い

上田
四万五万三索三索四索五索六索七索三筒三筒四筒五筒五筒  ツモ八索  打三筒  ドラ三索

上家の四筒を当然のようにスルーして手を伸ばす上田。

古川
四万四万五索六索七筒七筒八筒南南南発発発  ドラ三索

ドラこそないもののダブ南発が暗刻で高打点がみこめる古川。

武藤
六万六万八万六索七索八索三筒三筒六筒六筒六筒七筒八筒  ドラ三索

3色の1シャンテンで点数は維持してるので、どうしてもひとアガリして原点を上回りたい武藤。

瀬戸熊
二万三万七万八万九万三索七索八索九索四筒四筒八筒九筒  ツモ三索  ドラ三索  打四筒

3色ドラ2の1シャンテン、2番手古川を引き離したい瀬戸熊。

この勝負は古川から上田の11,600で決着となる。
選択となる上記上田の打三筒、場には二筒2枚切れ、五筒1枚切れ、一方三筒六筒は顔を見せていないが上田の選択は二筒五筒残し。
実際山には三筒六筒は残り1枚。二筒五筒のほうが優秀だったこの二筒を引き入れ最高のアガリとなる。
もし1巡でも相手の変化があれば勝負はわからなかったはずだ。

南3局 親古川

1回戦のマイナスを取り戻すため、原点浮きが欲しい武藤がやっとアガリをものにする。

武藤
六万七万八万九万九万九万西西中中  チー二万 左向き三万 上向き四万 上向き  ロン中  ドラ白

このアガリで武藤は浮きへ、古川は2回の手痛い放銃で原点を割る3着となった

2回戦成績
瀬戸熊+16.9P 武藤+6.4P 古川▲7.2P(ペナルティ▲20P) 上田▲17.1P

 

 

3回戦(起家から、武藤・古川・瀬戸熊・上田)

東1局 親武藤

北家の上田がここから1枚目の西をポンすると、

上田
一筒二筒六筒八筒九筒九筒東東南中  ポン西西西  ドラ三筒

すぐにツモ三筒ポン九筒とカン七筒の5,200テンパイを入れる。

上田
一筒二筒三筒六筒八筒東東  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き  ポン西西西

この仕掛けにより手が進んだのは武藤・古川。

古川
六万六万七万三索四索六索七索二筒三筒三筒四筒四筒五筒

武藤
四万四万六索七索八索四筒五筒六筒六筒七筒七筒白白白

親の武藤は七筒が若干危なかったが、高め五筒がある為四筒切りの攻めのリーチを選択。
結果は、古川から八筒での3,900のアガリ、武藤これをきっかけにしたいところ。

武藤
四万四万六索七索八索五筒六筒六筒七筒七筒白白白  ロン八筒

東1局 1本場 親武藤

古川が5巡目にピンフドラ1の早いリーチを打つ。

古川
二万三万四万五万六万七万八索八索一筒二筒三筒五筒六筒  リーチ  ドラ七万

この時の瀬戸熊の手牌はこうだったが、

瀬戸熊
三万五万八万九万九万三索四索二筒四筒七筒七筒八筒八筒発

古川のリーチを指標とするように、打牌を選択し粘り強く瀬戸熊が終盤に1,000・2,000をツモアガる。

瀬戸熊
六万七万八万三索四索四筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒八筒  ツモ五索

ここから特に点数の移動がなく南場へ移るのだが、局参加は少なかった事へ違和感を感じたのか?瀬戸熊ピンフドラ2のヤミテンを選択し体勢を整える。

瀬戸熊
三万四万五万二索三索四索七索八索二筒二筒三筒四筒五筒  ツモ九索  ドラ二筒

瀬戸熊この1,300・2,600をツモアガリ1人浮き状態になると、次局は積極的にリーチとくる。

瀬戸熊
三万四万三索四索五索六索七索八索九索九索五筒六筒七筒  リーチ  ツモ二万  ドラ六索

先ほどがヤミテンで今回がリーチなら、当然ツモるのだろうと思わせる瀬戸熊の見事な判断。

3回戦は瀬戸熊が1人浮きで終えることとなる。

3回戦成績
瀬戸熊+23.1 古川▲1.7 上田▲6.5 武藤▲14.9

 

 

4回戦(起家から、上田・武藤・瀬戸熊・古川)

さて残すところあと2半荘、瀬戸熊がリードして2番手の上田を古川・武藤が追う形。
古川・武藤としては、なんとしてもこの4回戦で上田を沈めて、自身がトップまたは浮きを確保したいところ。

東1局 親上田

リードしている上田の精神力の強さが光る。
北家、古川のこの仕掛けに対して、

古川
三万三万四万四万七万八万九万  チー四万 上向き五万 上向き六万 上向き  ポン白白白  ドラ四筒

上田残りツモ1回でチーして七万を勝負とし連荘に成功する。

上田
二万三万五万六万七万七筒七筒  チー五万 左向き六万 上向き七万 上向き  暗カン牌の背東東牌の背

続く1本場でも上田が攻める。

上田
八万八万一索二索二索三索三索八索八索五筒五筒西西  ツモ白  ドラ北

5巡目に一索単騎でテンパイしていたのだが、次巡2枚切れの白を引き迷わず白待ちでリーチとくる。
この白を同巡に武藤が掴み、止めようもなく放銃4,800は5,100。追う立場の武藤にとっては辛い結果となる

東1局2本場 親上田

上田のこのチーに対して瀬戸熊・古川の対応が面白い。

上田
七万八万九万九万九万七索八索 チー一万 左向き二万 上向き三万 上向き  チー九筒 左向き七筒 上向き八筒 上向き  ドラ八索

瀬戸熊
一索二索二索三索三索四索八索九索東東南南南  ツモ九索  ドラ八索

トータルトップの瀬戸熊、ここで上田に11,600を打つと勝負はわからなくなる。
1枚切れのペン七索には待ちとしては感触もなく、ここは冷静に現物の東を選択。

古川
二万三万三万三万四万五万六万  チー七筒 左向き五筒 上向き六筒 上向き  ポン六索 上向き六索 上向き六索 上向き  ツモ九索  打二万

古川もここで九索を引き、一度九索単騎の形式テンパイを取るも、武藤の六索打ちに合わせて同巡で八索ツモ打九索とし粘る。
その九索を瀬戸熊がポンとし瀬戸熊も八索単騎だ。目が回るが当たり前のことをこなすという見事な局だった。

瀬戸熊
一索二索二索三索三索四索八索南南南  ポン九索 上向き九索 上向き九索 上向き

古川
三万三万三万五万六万七万八索  チー七筒 左向き五筒 上向き六筒 上向き  ポン六索 上向き六索 上向き六索 上向き

東1局3本場 親上田

古川意地を見せ1メンツを崩して大物手を作る。

古川
一万三万一索二索四索五索六索八索九索一筒二筒三筒南南  打四索  ドラ六万

ここから456と打ち出し七索三索とツモる。

古川
一万三万一索二索三索七索八索九索一筒二筒三筒南南

しかし、そこへ瀬戸熊が追いつき古川5,200放銃となり、上下が分かれて追う側が不利な展開となる。

瀬戸熊
六筒六筒七筒七筒八筒北北北白白  ポン西西西  ロン八筒

東3局 親瀬戸熊

瀬戸熊の安定感は流石に見事なもので、アガリや放銃に無駄を感じさせない。
この局も4,000オールをツモアガリ、ほぼ勝ち上がりへは安泰なポイント差となる。

瀬戸熊
四万五万六万五索六索七索二筒三筒三筒四筒四筒六筒六筒  ツモ二筒  ドラ七索

東3局1本場 親瀬戸熊

武藤ここでやっと2,000・4,000をツモアガリ、自身が浮き上田を沈めることに成功する。
ここから南場にかけて、いかに上田を引き離せるかが勝ち上がりへの道となる。

武藤
三索四索五索八索八索一筒二筒三筒七筒七筒八筒八筒九筒  リーチ  ツモ九筒  ドラ二筒

そのことは本人も承知の上だろうだが、そのバランス感覚が難しく、武藤次局に当面のライバルである上田に8,000の放銃となる。

東4局 親古川

上田
七筒八筒八筒八筒九筒東東中中中  ポン発発発  ロン八筒  ドラ六索

南1局 親上田

上田の精神力の強さは計り知れないなと思わされた。
古川と20P、武藤と30P離して現状37,600点持ちのこの古川の仕掛けている局で、テンパイしてドラの東を上田が切り1,500をアガる。

古川
六索六索西西西発発  ポン七索 上向き七索 上向き七索 上向き  ポン南南南  ドラ東

上田
二万三万四万五万六万七万九万九万三索四索五索四筒五筒  ロン六筒

南4局 親古川

親の古川が変則的な捨て牌のリーチ、それに対して上田が白の後づけで押し切ってアガる。

古川
一万二万三万七万八万八万九万九万七索八索九索中中  リーチ  ドラ五筒

4回戦成績
瀬戸熊+25.2P 上田+16.9P 武藤▲11.3P 古川▲30.8P

4回戦終了時成績
瀬戸熊+54.2P 上田+18.4P 武藤▲44.5P 古川▲49.1P(ペナルティ▲20P)

この半荘の結果を持って勝負ありとなり5回戦は静かに終局した。

5回戦成績
古川+22.9P 上田+10.3P 武藤▲12.7P 瀬戸熊▲20.5P

5回戦終了時成績
瀬戸熊+33.7P 上田+28.7P 古川▲26.2P(ペナルティ▲20P) 武藤▲57.2P

勝ち上がり 1位通過:瀬戸熊 2位通過:上田

昨年のベスト8では瀬戸熊・上田の「直樹」対決は上田が勝ったが、今回は引き分け。
もしかしたら決勝でまた見られるのかもしれない。