文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第34期十段戦 ベスト16B卓レポート HIRO柴田

2017/07/14
執筆:HIRO柴田


 

今回の出場選手は以下。

森山 茂和 (九段戦Sからの出場)

 

勝又 健志 (七段戦からの出場)

 

荒 正義 (九段戦Sからの出場)

 

櫻井 秀樹 (前年度決勝シード)

 

十段戦ベスト16ともなればどの卓も過酷なのは間違いないが、このB卓だけは特に厳しいと言われているだけに注目されている。
ここで勝ち上がればそのまま勢いに乗って決勝までいってもおかしくないだろう。

 

1回戦(起家から、森山・勝又・荒・櫻井)

東1局 親森山 ドラ東

開局から個性のある麻雀がぶつかることとなる。
森山この配牌を

森山
二万二万九万二索三索四索五索九索三筒三筒四筒八筒西中  ドラ東

道中ピンフの1シャンテンだったが配牌から手役をみた九索残しが見事なこのリーチ。

森山
二万二万五万六万一索二索三索四索五索六索七索八索九索  リーチ

森山の捨て牌に、手出しで打たれた四筒三筒が雰囲気を感じさせられるが、そこに切り込んで行ったのは勝又。

勝又
二万三万一索二索三索四索四索一筒二筒三筒七筒八筒九筒

勝又のテンパイ打牌は六索。森山の捨て牌相は三色なら567・678か?三色なら六索はちょっと危ないぞ、一通なら出来上がりでなければ六索は大丈夫、だけどドラは東だから油断できない。
考えてしまったら色々ある。勝又の選択は森山の捨て牌に一万がある為か、それともリーチを最大限に評価してかヤミテンを選ぶ。
勝又、六索そして四索と勝負していくが当たり牌の七万を引くと素直に四索四索四索と並べ、次に一万を引き見事な攻守のバランスでテンパイする。

南1局 親森山 ドラ四索

1回戦の主役は勝又となる。テンパイノーテンが続く小場の動きから、

勝又
四万五万七万八万九万二索二索二索四索四索  チー三万 左向き一万 上向き二万 上向き  ツモ六万  ドラ四索

この1,000・2,000をきっかけに、

南2局 親勝又 ドラ七筒

三万三万四万四万四万五索六索七索三筒四筒五筒五筒六筒  リーチ  ツモ七筒  ドラ七筒

この3,900オールで一気に抜け出す。細かい失点をせずに見事に加点しての大きい1人浮きのトップを取る。

1回戦成績
勝又+31.5P 櫻井▲5.4P 荒▲8.6P 森山▲17.5P

 

2回戦(起家から、勝又・荒・森山・櫻井)

東1局 親勝又

好調勝又の親の十分形リーチに対して森山・荒が向かっていく。

勝又
二万三万四万四万四万二索三索四索四筒五筒六筒六筒七筒  リーチ  ドラ三索

森山
五万五万一索二索三索五索六索六索七索八索六筒七筒八筒


九万九万五索六索七索三筒五筒  ポン東東東  ポン白白白  ロン四筒

荒のサバキが決まる、ここで簡単に勝又に道を譲らないベテラン2人の気迫を感じさせられた。

東3局 親森山

ここまで我慢が続いた櫻井、高めをツモれば倍満まであるリーチを打つも、同巡に勝又が大物手をツモアガる。

櫻井
二万三万四万五索五索五索七筒七筒八筒八筒八筒南南  リーチ  ドラ南

勝又
一万一万一万二万三万七万八万九万一索二索一筒二筒三筒  ツモ三索

南1局 1本場 親勝又

さらに加点して2連勝に近づく勝又を止めに行ったのは荒。


二万二万四万五万六万一索二索三索五索六索七索八索九索  ツモ四索  ドラ二万

4巡目のテンパイで、これは1回戦でも見られたが、好調者が親番の時には欲にとらわれず、ヤミテンという荒の大局観を見せられる。
このヤミテンがあるからこそ、リーチがいきてくるのだろう。見事な3,000・6,000。

南2局 親荒

親の荒がここは攻め時とリーチを打ち、次巡すぐに3,900オールをツモアガる。


四万五万六万七万七万二索三索四索六索六索六索五筒六筒  ツモ七筒  ドラ四索

荒が一気に勝又を引き離しに行くが、続く1本場では勝又が3,900をアガリ、森山・櫻井には厳しい状況で2回戦が終る。

勝又
五万五万六索七索八索五筒六筒  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 上向き  チー七万 左向き六万 上向き八万 上向き  ロン七筒  ドラ五万

2回戦成績
荒+30.9P 勝又+14.1P 櫻井▲16.4P 森山▲28.6P

2回戦終了時成績
勝又+45.6P 荒+22.3P 櫻井▲21.8P 森山▲46.1P

 

3回戦(起家から、櫻井・勝又・森山・荒)

3回戦は打ち手の意図するものなのか?スピーディな展開で進んでいく。
南2局までの4者のアガリは、
櫻井、1,300のアガリが1回。
勝又、400・700のツモアガリが1回。
森山、300・500のツモアガリが1回。
荒400・700、500・1,000この2つのツモアガリ。

南2局の時点で荒が1人浮きだ。

南2局 親勝又

ここで森山が一気に突き抜けるべく大物手のリーチを打つ。

森山
二万三万四万五万六万七万七万七万九万九万白白白  リーチ  ドラ北

勝又
一索二索三索四索五索七索八索九索中中  チー六索 左向き五索 上向き七索 上向き  ツモ三万

親の勝又も高め5,800のテンパイをするが、この三万は押し切れず森山の1人テンパイとなる。

南3局 1本場 親森山 ドラ九万

荒が8巡目に絶好のテンパイを入れそして辛くもヤミテンを選択。


二万三万四万三索四索六索六索二筒三筒四筒六筒七筒八筒

櫻井も遅れてテンパイを入れるがヤミテンを選択、少しでも加点したい状況でこの選択ということは画面越しでは伝わらない何かがあるのだろう。

櫻井
四万五万七万七万七万五索五索六索六索七索七索白白  ドラ九万

荒有利か?と思ったが、ここは森山最後の七万をツモアガリ1,300オールとした。

森山
八万九万四索四索三筒三筒三筒  ポン八索 上向き八索 上向き八索 上向き  ポン発発発  ツモ七万

南3局 1本場 親森山 ドラ二索

トータルトップである勝又。ここは積極的に親を落としに仕掛けるが、森山に急所の七筒が入り4,000オールとなる。

森山
五万六万七万七万八万二索二索二索七筒八筒九筒東東  ツモ六万  ドラ二索

このアガリで森山が1人浮きのトップを取り、マイナスを減らし勝ち上がりへの射程圏に。

3回戦成績
森山+27.6P 勝又▲5.8P 櫻井▲8.0P 荒▲13.8P

3回戦終了時成績
勝又+39.8P 荒+8.5P 森山▲18.5P 櫻井▲29.8

 

4回戦(起家から、勝又・櫻井・荒・森山)

東4局 親森山

櫻井はなんとか終盤にこの5,200のテンパイを入れる。五筒はドラ表示牌を含め2枚見えている、選択は四筒

櫻井
一万二万三万一索二索三索六索六索一筒二筒三筒四筒六筒八筒  ドラ六筒

その四筒で、前巡にテンパイを入れていた勝又が2,600をアガる。3回戦にも感じたが、これを見るに勝又にはもう勝ち上がりへの道のりが見えているのだろう。

勝又
七索八索九索九索九索二筒三筒四筒五筒六筒東東東  ロン四筒

南2局 1本場 親櫻井 ドラ八筒

なんとしても加点したい櫻井。上手く荒のロン牌である八万を使いきりリーチを打つも、荒の2,000・4,000のツモアガリとなる。

櫻井
三万四万五万六万七万八万五索五索五索六索六索八索八索  リーチ


一万二万三万四万五万六万八万八万白白  ポン中中中  ツモ白

この時点で荒が4万点を越えかなり有利な位置となる。

南4局 親森山

森山シャンテン数を落し、テンパイを崩しと工夫し最終形リーチを打つ。

森山
二万三万八万八万二索三索四索四索五索六索二筒三筒四筒  ロン四万  ドラ九索

なんとこれをトップ目荒から捕らえ逆転トップ事態は急変し最終戦となる。

4回戦成績
森山+19.6P 勝又+8.5P 荒▲5.5P 櫻井▲22.6P

4回戦終了時成績
勝又+48.3P 荒+3.0P 森山+1.1P 櫻井▲52.4P

 

5回戦(起家から、勝又・荒・森山・櫻井)

最終戦を向かえポイント状況から考えるに、勝又はほぼ安泰、荒・森山は着順での勝負、櫻井は最低でも6~7万欲しい。

東1局 親勝又

森山ドラの白をポンするも、アガリまでは届かず1人テンパイでまずは一歩リード。

森山
六万六万三索三索五索六索七索五筒六筒七筒  ポン白白白  ドラ白

東2局 一本場 親荒

森山
六万七万八万二索二索三索四索五索六索七索五筒六筒七筒  リーチ  ロン二索  ドラ三筒

森山はさらにこの3,900のアガリで荒を離す。

東4局 親櫻井

少しでも加点したい荒、加点を狙うだけなら真っ直ぐに進めばいい、ただそこへも緩急を付ける荒の名人芸ともいえる技術が面白い。


三索三索五索六索二筒三筒四筒六筒七筒八筒  チー八万 左向き六万 上向き七万 上向き  ドラ北

テンパイも欲しいこの局面でも終盤に三筒を引きノーテンに崩す、結果は全員ノーテン。

南1局 1本場 親勝又

荒、今度は一気にリーチと行く、二索は3枚切れだが結果を出す五索のツモアガリ。


三万三万三万四万四万二索三索三索四索四索三筒四筒五筒  リーチ  ツモ五索  ドラ六索

このアガリで荒・森山の点差は1,200点緊張感が漂う。

南2局 親荒 ドラ九万

森山がダブ南を鳴いて一気にマンズホンイツへ寄せる。
そこへ荒は下家の森山へマンズをかぶせていきリーチを打つ、待ちは3枚切れているカン七索だったがこれを見事にアガるのだ。


六万七万八万六索八索一筒一筒二筒三筒四筒七筒七筒七筒  リーチ  ロン七索  ドラ九万

南4局は勝又がダブ南を仕掛ける、荒は3,900までは放銃できるが7,700は敗退となる。
荒が真っ直ぐに打った牌は勝又の2,000のアガリとなって決着した。

5回戦成績
櫻井+24.7P 荒▲2.3P 森山▲6.5 勝又▲15.9P

5回戦終了時成績
勝又+32.4P 荒+0.7P 森山▲5.4P 櫻井▲27.7P

勝ち上がり 勝又健志・荒正義