文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第34期十段戦 ベスト16C卓レポート HIRO柴田

2017/07/19
執筆:HIRO柴田


 

十段戦ベスト16C卓の対戦する選手は以下。

吉田直(五段)

 

沢崎誠(九段)

 

仁平宣明(七段)

 

柴田吉和(四段※前年度決勝シード)

 

1回戦(起家から吉田・沢崎・仁平・柴田)

東1局 親吉田

まずは開局、親の吉田に難しい選択がやってくる。

吉田
三万四万六万六万八索八索五筒六筒七筒七筒八筒九筒白白  ドラ白

自身で五索を捨てているのでシャンポン待ちが残るなら八索は優秀か?牌の伸びを期待するなら八索切りか?
吉田の選択は打八索。すると次巡に六を引き入れリーチとし、終盤に3,900オールをツモアガリ好感触のスタート。

吉田
三万四万六万六万六万五筒六筒七筒七筒八筒九筒白白  リーチ  ツモ五万

東2局も吉田がこの3,900をアガリさらに加点に成功する。

吉田
三索四索五索六索七索北北  ポン一索 上向き一索 上向き一索 上向き  ポン発発発  ロン八索  ドラ二万

東4局 親柴田

西家の沢崎が白をポンとすると親の柴田も速度を合わせ四筒をチーとすると、柴田次のツモがドラの四索で絶好のテンパイを入れ沢崎から高めの5,800をアガる。

柴田
三万四万五万六万七万三索四索五索八筒八筒  チー四筒 左向き三筒 上向き五筒 上向き  ロン八万  ドラ四索

南1局 親吉田

ここまで41,600持ちで1人浮きの吉田が仕掛けを入れるとリーチと来たのは柴田。

柴田
六万七万八万四索五索六索七索七索九索九索五筒六筒七筒  リーチ  ロン七索  ドラ九索

吉田
三万四万四万五万五万六万六万七万五索五索七索  チー七筒 左向き五筒 上向き六筒 上向き  打七索

吉田のテンパイとなる余剰牌の七索で柴田が5,200のアガリとなり風向きが一変する。

南2局 親沢崎

親の沢崎が難しいトイツ手を、終盤にドラを打ち出し1,300オールをツモアガる。

沢崎
一万一万二万二万三万三索三索三索七筒七筒九筒九筒九筒  ツモ三万  ドラ発

南2局1本場 親沢崎

親の沢崎が北を1枚目から仕掛け場には緊張が漂う。

沢崎
五万五万六索六索九筒九筒九筒中中中  ポン北北北  ロン六索  ドラ八索

このポンしてすぐテンパイの9,600に放銃したのは吉田。沢崎は一気にトップ目となり吉田はラス落ちとなる。

南4局 親柴田

少しでも加点したい仁平が、ポンと動くと親の柴田がリーチしてツモアガリ。

仁平
六万四筒四筒四筒六筒白白  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き  ドラ六筒

柴田
二万二万四万五万五万六万六万五筒六筒七筒七筒八筒九筒  リーチ  ツモ七万

南4局1本場 親柴田

子方3者はそれぞれの終局の形を狙って仕掛けを入れる。

吉田
五万八万八万三索  ポン北北北  チー六筒 左向き五筒 上向き七筒 上向き  ポン南南南  ドラ四筒

仁平
二索三索四索六索八索四筒五筒六筒発発  ポン白白白

沢崎
五万六万七万七索八索九索一筒一筒五筒七筒  チー六索 左向き五索 上向き七索 上向き  打四索

しかしここでアガリを物にしたのはメンゼンでのヤミテンを選択した柴田。
リーチをして押さえ込みたい局面だが、見事な判断で5,800を沢崎からアガる。

柴田
四万四万六万七万八万五索六索二筒三筒四筒六筒七筒八筒  ロン四索

1回戦を終えてみれば柴田が1人浮きとなり大きなトップで終了となった。

1回戦成績
柴田+35.0P 吉田▲1.4P 仁平▲14.7P 沢崎▲20.9P

 

2回戦(起家から、吉田・沢崎・柴田・仁平)

東2局 親沢崎

配牌でドラ3の沢崎、わずか4巡でこのテンパイを入れる。

沢崎
三万三万一索一索一索八索九索発発発  チー二筒 左向き一筒 上向き三筒 上向き  ドラ発

これによって柴田・吉田と受けにまわされアガリを手に入れたのは仁平だった。

仁平
二万三万四万六万六万二索三索四索三筒四筒七筒七筒七筒  ロン二筒

1回戦苦しかった沢崎にとって、自身の手牌を含めるとこの5,200の放銃は重く感じた。

南2局 親沢崎

静かな点数移動で迎えた沢崎の親番、吉田がテンパイでドラを離すと仁平がそれをポン。
沢崎も手牌は仕上がってきたが、時間の猶予を見込めないとみてリーチ。

吉田
一万一万一索二索三索四索五索六索六索七索八索三筒四筒  ドラ発

沢崎
六万七万八万九万二索三索四索七索八索九索七筒八筒九筒  リーチ

仁平
二万二万三万四万五万七索八索五筒五筒五筒  ポン発発発  ロン九索

この局、仁平が沢崎から7,700をアガリ、仁平2回戦トップを取る。

2回戦成績
仁平+14.9P 柴田+4.4P 吉田+1.5P 沢崎▲20.8P

2回戦終了時成績
柴田+39.4P 仁平+0.2P 吉田+0.1P 沢崎▲41.7P 

 

3回戦(起家から、吉田・柴田・仁平・沢崎)

テンパイ、2,600、1,500と積み上げていく柴田を止めにいったのは沢崎。

沢崎
三万三万四万五万六万五索七索  チー九筒 左向き七筒 上向き八筒 上向き  ポン白白白  ロン六索  ドラ六万

序盤の八索三索の切り出しで六索が盲点となり、沢崎テンパイとなる最終打牌の五万切りが強烈な為、柴田もここはマンズが打ちにくいとみて一度六索としたところで放銃となった。
こういった多彩な技が沢崎の持ち味だろう。3回戦は攻守のバランスを見事にとってくる。

南2局 親柴田

沢崎13巡目にリーチを打つ。待ちは柴田の当たり牌でもある南だ。その南を見事に引きアガリ。

柴田
六万六万四索五索六索六索七索八索四筒五筒六筒南南  ドラ三筒

沢崎
五万五万二索二索一筒一筒三筒三筒東東南中中  リーチ  ツモ南

このアガリによって沢崎1人浮きで3回戦を終える。

3回戦成績
沢崎+21.7P 吉田▲2.9P ▲6.6P ▲12.2P

3回戦終了時成績
柴田+32.8P 吉田▲2.8P 仁平▲12.0P 沢崎▲20.0P

 

4回戦(起家から、吉田・仁平・柴田・沢崎)

東4局 親沢崎

1回戦の乱打戦とは変わって大人しい局面が続いている中、この4回戦で最初に抜け出したのは吉田。

吉田
二万三万四万六万七万八万二索二索三索三索三索四索五索  リーチ  ツモ二索  ドラ四万

南3局 親柴田 ドラ二筒

現状は吉田が39,300の1人浮き状態、仁平は親も無く25,000持ちとこのまま進んでしまうと吉田との差が広がってしまうので浮きたい所だ。
苦しいながら仁平ドラ単騎を選択してリーチ。
沢崎も親は最後に残ってはいたが、仁平とほぼ同条件で吉田がトップなら浮かなくては厳しく、ここはツモ切りリーチを選択するが放銃となってしまう。

沢崎
四万六万四索五索六索八索八索二筒三筒四筒六筒七筒八筒  打二筒

仁平
二万三万四万七万八万九万三索四索五索五索六索七索二筒  リーチ  ロン二筒

南4局 親沢崎

仁平
一万二万一索二索三索八索八索西西西  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ロン三万  ドラ八索

この局も仁平が5,200をアガリトップは吉田となったが、仁平は素点を稼ぐことに成功し接戦となって最終半荘を迎える。

4回戦成績
吉田+17.3P 仁平+9.4P 柴田▲6.2P 沢崎▲20.5P

4回戦終了時成績
柴田+26.6P 吉田+14.5P 仁平▲2.6P 沢崎▲40.5P

 

5回戦(起家から、吉田・柴田・沢崎・仁平)

最終戦を迎えて4者のポイントは上記の通りなので吉田・柴田は浮いていればほぼ勝ち上がり。
仁平は上位のどちらかを沈めてポイント差を縮めなくてはならない。沢崎は2人を抜かさなければいけないので6万点以上ほしい。

東1局 親吉田

まずアガったのは親の吉田、柴田から3,900浮いていることが大事なので非常に大きいアガリとなる。

吉田
三万四万五万九万九万一索二索七索八索九索発発発  ロン三索  ドラ三万

東2局2本場 親柴田

柴田・吉田の攻めが厳しい、沢崎が放銃することは無さそうだ。

柴田
四万四万五万六万七万六索六索七索八索八索五筒六筒七筒  ドラ六筒

沢崎
五万七索八索九索一筒一筒二筒二筒三筒三筒  チー二万 左向き一万 上向き三万 上向き

吉田
二万二万六万六万八万九万九万六筒六筒東東白白

仁平にとっては上位の両者が打ち合ってくれる展開を望むところだったが1人ノーテンと苦しい展開となる。

東4局 親仁平

親の仁平、少しでも追いつきたいところでリーチを打つが沢崎のアガリとなる。

仁平
三万四万七万八万九万二索二索六索七索八索二筒三筒四筒  リーチ  ドラ六索

沢崎
四索四索四索六索七索八索九索  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き  ポン発発発  ツモ五索

このアガリは吉田・柴田にとって嬉しいアガリとなり、これで仁平と吉田の得点差は1万点以上となる。

南2局 親柴田

現在31,100持ちの柴田、絶対に安全な位置ではないだけにどれくらいアガリに向かっているか?流局時の選択など色々あるだけに読みにくいところだ。
その柴田が自然に組んだこの7,700に放銃となったのは仁平。

柴田
七万八万九万一索三索七索八索九索一筒二筒三筒中中  ロン二索  ドラ八万

これで仁平16,000点の1人沈みでオーラスを迎える。

南4局4本場 親仁平

流局が続いて迎えた親番の仁平、なりふり構わず1シャンテンでドラを手放しリーチといく。
そこへ柴田・吉田もこの局で終わらせてやると勝負とでた。

柴田
二万三万六万七万八万九万九万三索四索五索二筒三筒四筒

吉田
二万三万一索二索三索六索六索六索八索八索  チー一筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き  ドラ白

だがアガったのは仁平、最後の牌である八索をツモアガリ連荘に成功した。

仁平
五万六万七万一索二索三索四索四索七索九索三筒四筒五筒  ツモ八索

南4局5本場 親仁平

柴田・吉田が仕掛けると仁平もテンパイが入りリーチ。

吉田
四万四万五索六索二筒三筒四筒  チー五筒 左向き三筒 上向き四筒 上向き  ポン南南南  ドラ四万

柴田
三万四万二索二索五索六索七索六筒七筒八筒  チー六筒 左向き四筒 上向き五筒 上向き

柴田は放銃しなければ余裕はあるのでオリ選択もある、吉田はここで仁平にアガられてしまうと厳しくなるので全力勝負。

仁平
一万二万三万四万五万六万六万七万二索三索四索七索七索  ロン八万

結果は吉田の放銃となってしまった、5,800の5本場は7,300と大きなアガリ。

南4局6本場 親仁平 ドラ西

吉田・仁平の現状のスコアは吉田▲0.1P・仁平▲1.1Pとその差1Pだ。
吉田は流局ノーテンで仁平がテンパイで逆転されても次局はあるが仁平は最低でもテンパイ条件。

吉田、仕掛けを入れるが仁平のリーチに放銃となる。

仁平
七万八万九万二索二索三索三索五索五索五索四筒五筒六筒   リーチ  ロン三索

南4局7本場 親仁平

先ほどのアガリで仁平はノーテン宣言できる。吉田は満貫ツモか跳満出アガリか。
吉田に選択がやってくる。

吉田
一索一索二索二索三索四索五索六索六索八索五万六万中中  ドラ一索

吉田じっくり時間を使って選んだ牌は五万。なんとこの時八索を選択すると柴田への放銃だったのだ。

吉田
一索一索二索二索三索四索五索六索六索七索八索中中

そして吉田のツモは四万七万より先に七索だった。吉田の三索は山に2枚、柴田の八索は1枚。

柴田
六万七万八万七索九索三筒三筒四筒五筒六筒西西西

この劇的な勝負は柴田のツモアガリで決着となった。

5回戦成績
柴田+17.2P 仁平5.3P 沢崎1.3P 吉田▲23.8P

5回戦終了時成績
柴田43.8P 仁平+2.7P 吉田▲9.3P 沢崎▲39.2P

勝ち上がり 柴田吉和・仁平宣明