文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第34期十段戦 ベスト16D卓レポート HIRO柴田

2017/07/26
執筆:HIRO柴田


 

十段戦ベスト16D卓の対戦する選手は以下。

花岡章生(五段戦からの出場)

 

西川淳(五段戦からの出場)

 

青山めぐみ(二段戦からの出場)

 

ダンプ大橋(前年度決勝シード)

 

 

1回戦(起家から、花岡・西川・青山・ダンプ)

東1局 親花岡

開局の4者の様子をみてみよう。
最初にテンパイを入れたのは親の花岡。

花岡
七万八万九万六索七索八索二筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒七筒  打三筒  ドラ発

選択肢はいくつかあったが花岡は一筒がフリテンということもあり三色への渡りもみた三筒を選択。

青山
四万五万二索三索四索二筒四筒五筒六筒八筒九筒東東  ツモ一筒

青山は2枚目の東を見送って一筒ツモで迷わず五万と打った。打点と守備を重視するタイプとみる。
そこへ13巡目だが積極的に先制リーチと出たのは西川。ドラを重ねての北タンキ、この北は親が打ち出しているだけで残り2枚山に生きていた。

西川
五索五索八索八索八筒八筒西西北発発中中  リーチ

しかしこの局を制したのはダンプ。残りツモ1回でも無筋の牌を勝負して西川からアガリきったのだ。

ダンプ
七万七万三索四索五索五索六索七索二筒三筒七筒八筒九筒  ロン一筒  ドラ発

親の花岡もテンパイを入れていた、西川の待つ北もまだ2枚あったことから、ダンプがここで退いていたら別の十段戦が生まれていたはずだと思わせる1局だった。

東3局 親青山

花岡わずか5巡でドラ2七対子をテンパイするが待ち選択が難しい。

花岡
一万一万四索四索一筒一筒二筒二筒五筒五筒九筒九筒発  ドラ二筒

字牌が高く全体の捨て牌が変則的な局な為、発一索八筒と待ち変え八筒は待ちとして良さそうだ。
親の青山も手牌の格好が良い。

青山
二万二万二万三万七万八万九万四筒四筒五筒白白白

西川もここで勝負とばかり一索西のポンを3度見送り跳満狙い。

西川
一万三万七万八万九万一索一索三索一筒二筒三筒西西

全員の手がぶつかり卓上の熱気が伝わってくるこの局は先ほどのご褒美とばかりにダンプのホンイツだった。

ダンプ
二索三索四索七索八索東東東発発発中中  ロン九索

東4局 親ダンプ ドラ発

青山ドラ発を1枚かかえて手牌が重いということからまずはトイツ手に向かう。

青山
三万四万四万一索一索三索三索四索五索八索九索東発中  打三万  ドラ発

西川はダンプが打ち出したドラ発を合わせての発切りリーチ。

西川
一万二万一索二索三索一筒二筒三筒七筒八筒八筒八筒九筒  リーチ

青山の手が育っていた。先ほどの手牌から四万四万と打ち出しリーチ同巡に発を合わせてなんとチンイツになっていたのだ。

青山
一索一索一索二索二索三索三索四索五索五索七索八索九索  ロン四索  ドラ発

このチンイツに放銃したのは西川、青山の手巡が秀逸な1局だった。

南4局1本場 親ダンプ

この半荘終始苦しかった花岡がこの1,300・2,600をツモアガリなんとか原点復帰、西川は1人沈みで引き離される形で終えた。

花岡
二万三万四万五万六万七万七索八索三筒四筒五筒五筒五筒  リーチ  ツモ九索  ドラ七万

1回戦成績
ダンプ+28.9P 青山+10.7P 花岡+1.6P 西川▲41.2P

 

2回戦(起家から、西川・青山・ダンプ・花岡)

東1局1本場 親西川

西川・青山・ダンプの手がぶつかる。
青山高めのあるリーチを打つ、親の西川もタンヤオドラ2で応戦、そこへダンプが後手を踏みながらも一通ドラ2で思い切りの良いリーチ。

西川
三万五万四筒四筒  チー四索 左向き三索 上向き五索 上向き  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 上向き  ポン八索 上向き八索 上向き八索 上向き  ドラ四筒

青山
五万六万七万四索四索五索五索六索二筒二筒  暗カン牌の背八筒 上向き八筒 上向き牌の背  リーチ

ダンプ
一万二万三万四万五万六万七万九万六索六索六索四筒四筒  リーチ  ロン八万

出アガリの打点は変わらないがダンプの強い意志を感じられるアガリとなった。

東3局 親ダンプ

1回戦粘りをみせた花岡がここで3,000・6,000をツモアガリ一気に抜け出す。

花岡
一万二万三万五万五万七万八万九万七索八索七筒八筒九筒  リーチ  ツモ九索  ドラ三万

東4局 親花岡

失点が続いた青山ターツ選択を見事に正解しテンパイしたがリーチによって3者に受けきられてしまう。

青山
一万二万三万六万七万一索二索三索一筒二筒三筒白白  リーチ  ドラ一索

南1局 親西川

青山
四万五万六万九万九万二索三索四索二筒三筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ九万

西川
三索四索五索五索五索六索七索八索北北  ポン九索 上向き九索 上向き九索 上向き

西川のホンイツに対して青山リーチ、青山先ほどの三色をヤミテンにしていれば今局もヤミテンにできそうだったが空回りしてしまう。

南1局2本場 親西川

青山こんな時は悪い方向に向かってしまうとばかりに西川へ5,800の放銃となった。

西川
三万四万五万五索五索六索八索二筒三筒四筒  ポン南南南  ロン七索  ドラ五索

南4局 親花岡

西川
四索四索六索七索八索一筒二筒三筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ六万

ダンプ
二万二万三万四万五万八万八万八万三索四索  チー三筒 左向き四筒 上向き五筒 上向き  ロン五索  ドラ六万

トップ目の花岡は47,000持ち、西川32,100とトップにはなれないが少しでも素点を稼ぎたくリーチといくが、原点狙いのダンプに2,000点の放銃となってしまい原点を割ってしまう。

2回戦成績
花岡+25.0P ダンプ+6.6P 西川▲4.9P 青山▲26.7P

2回戦終了時成績
ダンプ35.5P 花岡+26.6P 青山▲16.0 西川▲46.1P

 

3回戦(起家から、西川・ダンプ・青山・花岡)

東2局 親ダンプ

ポイントの上下が分かれての中盤戦、最初にリードしたのは追いかける立場の青山。

青山
一万二万三万三万五万三索四索五索六索六索三筒四筒五筒  ツモ四万  ドラ八索

東3局 親青山

青山
二万三万四万七万七万四索四索五索六索六索二筒三筒四筒  ロン五索  ドラ二索

東4局1本場 親花岡

親の花岡、全体の河が派手なことからヤミテン選択、この的確な判断が最善手となり現状ライバルである青山から5,800をアガる。

花岡
五万五万一索二索三索七索八索九索三筒四筒七筒八筒九筒  ロン二筒  ドラ五万

東4局3本場 親花岡

親の花岡がリードを広げようと仕掛ける。青山も加点狙いでリーチといく。

花岡
六万七万二索二索二索二筒二筒五筒五筒五筒  チー三万 左向き二万 上向き四万 上向き  ドラ六万

青山
六万七万八万三索四索五索二筒二筒四筒四筒四筒五筒六筒  リーチ

アガったのは西川だった。西川この3回戦をマイナスしてしまうと厳しくなってしまうだけに嬉しい3,000・6,000でトップ目に。

西川
四索四索五索五索八索東東南南発発中中  ツモ八索

南1局 親西川 ドラ2

先ほどアガった西川ここで変則のリーチを打つ。リーチ宣言牌は四索だ、一索が場に2枚見えていて他家九索ポンを見て八索が良いと見たか。

西川
五万六万七万二索三索四索四索八索三筒四筒五筒五筒六筒七筒  打四索 左向き

本手が入っていた花岡、攻め選択で打ち出された八索が西川の7,700のアガリとなる。

花岡
三万四万二索二索三索三索四索四索五索六索七筒八筒九筒  打八索

南1局1本場 親西川 ドラ一筒

西川やっと訪れた好機、トイツの選択を間違えずリーチと行き力強く6,000オールをツモアガる。

二索二索三索三索七索七索一筒八筒八筒白白中中  リーチ  ツモ一筒

これで西川60,000点持ちへなんとしてもマイナス返済で一気に逆転へ繋げたい。

南3局1本場 親青山

青山の手役の連続攻撃が決まる。

青山
七万七万一索二索三索六索七索八索三筒四筒五筒六筒七筒  リーチ  ロン八筒  ドラ四筒

南3局2本場 親青山

青山
一万三万一索二索三索六索七索八索一筒二筒三筒四筒四筒  リーチ ツモ二万  ドラ一万

南3局3本場 親青山

青山またしても18,000の大物手テンパイ、その捨て牌には九万が。
その九万をダンプが打つと西川の早いヤミテン8,000に放銃となる。

青山
四索四索七筒七筒七筒発発  ポン六筒 上向き六筒 上向き六筒 上向き  ポン白白白  ドラ四索

西川
六万六万七万八万三筒三筒三筒南南南中中中  ロン九万

ダンプこの3回戦大幅にマイナスしてしまい、上下で70Pついていた差が4者1桁の接戦となる。

3回戦成績
西川+39.6P 青山+18.6P 花岡▲18.8P ダンプ▲39.4P

3回戦終了時成績
花岡+7.8P 青山+2.6P ダンプ▲3.9P 西川▲6.5P

 

4回戦(起家から、花岡・ダンプ・青山・西川)

東1局 親花岡

親の花岡が2枚目の九万をチーすると子方3者が一斉に受ける。
だがその受けで功を奏したのはダンプ手を崩しフリテンを引き返し2,000・4,000をツモアガる。

ダンプ
二万三万四万六万六万二索三索四索三筒四筒六筒七筒八筒  ツモ二筒  ドラ九万

南1局 親花岡

ダンプ
四索五索六索七索八索七筒八筒九筒南南南白白  リーチ  ツモ九索  ドラ一筒

ここも南家ダンプがリーチで2,000・4,000とし花岡2度の親かぶりで4回戦4着で終える。

4回戦成績
ダンプ+21.9P 青山+6.4P 西川▲5.8P 花岡▲22.5P

4回戦終了時成績
ダンプ+18.0P 青山+9.0P 西川▲12.3P 花岡▲14.7P

 

5回戦(起家から、ダンプ・青山・花岡・西川)

最終戦、大差ではないので西川・花岡トップを取れば逆転か、ダンプ・青山は浮いていれば安泰に見える。

東3局 親花岡

1日通しての相性なのか花岡親でダンプがダブルリーチ、待ちはペン7。
追いかける立場の花岡にオリる理由はなく満貫のリーチで追いかける。
ここでダンプが放銃となれば敗着の1局となっただろうが今日の運はダンプにあった。

花岡
三万三万六万七万八万三索四索五索六索七索八索六筒八筒  リーチ  ドラ白

ダンプ
二万二万七万八万九万四索五索六索八索九索二筒三筒四筒  リーチ  ロン七索

南1局 親ダンプ

西川が現状トップの為、アガリが欲しい青山が九筒ポンとするとダンプに好牌が流れる。
青山は変則の手を組んでいた為に、ダンプの早いテンパイには止めようもなく12,000の放銃となり西川・花岡の着順勝負の図式ができる。

ダンプ
三万三万四万五万五万六万七万八万五索六索七索四筒四筒  ロン四万  ドラ四筒

南1局1本場 親ダンプ

先ほどの状況が一変してダンプはほぼ安泰、西川有利となったこの局。
最初のテンパイは西川。待ちの枚数とポイント状況でヤミテンを選択、先ほどの局が無ければリーチといっていたはずだ。

西川
五万六万四索五索六索六索七索八索二筒二筒三筒四筒五筒  ドラ白

追いかける花岡はここで迷わずリーチ、ツモれば一気に混戦だ。
放銃はできない西川はそれにより手を崩すがそんな時に限って後からアガリ牌だった七万がくる。

花岡
四万四万五万五万六万六万三索三索五索六索六筒七筒八筒

状況による打牌選択この僅かな隙をくぐりぬけアガリは青山にやってきた。

青山
一万一万二万二万一索一索七索七索四筒四筒七筒七筒白  ツモ白

南4局 親西川 ドラ七万

オーラスの西川と青山の差は3.3P青山が上、青山は1,000点放銃すると着順が下がるので放銃はできない。花岡は跳満ツモ条件と厳しい。
ダンプが8巡目にテンパイを入れると当たり牌を持ってきた青山は冷静に手を諦めた。
青山の的確な状況判断に答えるようにダンプのツモアガリとなって決着となった。

ダンプ
四万五万一索二索三索五索六索七索西西  ポン発発発  ツモ三万  ドラ七万

5回戦成績
ダンプ+33.2P 西川▲1.4P 青山▲13.2P 花岡▲18.6P

5回戦終了時成績
ダンプ+51.2P 青山▲4.2P 西川▲13.7P 花岡▲33.3P

勝ち上がり ダンプ大橋 青山めぐみ