文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

十段戦 レポート

一覧

第36期十段戦 ベスト16C卓レポート 望月 雅継

2019/07/31
執筆:望月 雅継


十段戦ベスト16もC卓の戦い。
ここまで快進撃を続ける山田が、格上3人を相手にどのように踏み込むのかが勝負のカギとなろう。守備が堅い滝沢、杉浦に、変幻自在の沢崎が交わるとどのような化学変化が起きるのかにも注目したい。

 

 

100

沢崎誠(前年度決勝シード、東京本部、第13期十段位、第27期マスターズ他、A1リーグ)

 

 

100

山田学武(東京本部、C3リーグ)
100

滝沢和典(東京本部、第32、33期王位、C1リーグ、EX風林火山)

 

 

100

杉浦勘介(東京本部、第9期野口恭一郎賞、B1リーグ)

 

 

1回戦(起家から、沢崎・山田・杉浦・滝沢)

東1局、開局から激しくぶつかり合う。
10巡目、滝沢東をポンしてテンパイ

二万三万四万四万四万八万八万八万四筒四筒  ポン東東東  ドラ四筒

東を切った杉浦、この仕掛けでテンパイ。押し出された形の打四筒で滝沢への放銃。
滝沢が絶好のスタートを切った。

続く東2局、滝沢7巡目、三色のテンパイもヤミテン。

一万三万一索二索三索一筒二筒三筒四筒四筒七筒八筒九筒  ドラ一万

二万が2枚切れもヤミテンの理由か。
対する山田はテンパイ即リーチに。

一万二万三万九万九万五索六索七索二筒四筒五筒五筒五筒  リーチ  ロン三筒  ドラ一万

ここは滝沢が三筒を掴んで山田への放銃。
さらに山田は東2局3本場、滝沢のチーによりテンパイを果たすと、ここはヤミテンに。

四万五万五索六索七索八索八索三筒四筒五筒六筒七筒八筒  ロン六万  ドラ四万

ホンイツに向かい、何度もテンパイを外す杉浦。
その杉浦から六万を討ち取る。

ここまで放銃が続き苦しい展開の杉浦だが、東2局4本場、自力での局面打破を目指し7巡目にリーチを宣言。沢崎から二筒を打ち取り、ようやく長かった山田の親を止めると。

四万五万六万二索二索六索七索八索三筒四筒七筒八筒九筒  リーチ  ロン二筒  ドラ九筒

続く東3局も先制リーチ。

四万五万六万二索二索七索八索九索二筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ一筒  ドラ四万

時間はかかったものの2局続いてのアガリをモノにし、反撃の狼煙を上げる、

勝負の分岐点は東3局1本場。
トップ目に立つ山田。ここもあっという間にテンパイ一番乗り。

二万三万四万七万七万三索五索六索七索八索発発発  ドラ八万

テンパイ時にアガリ牌の四索はなんと山に4枚。
ここは山田のアガリを誰もが予想したのだろうが…

しかし山田は、沢崎の切った六索をチーして喰い伸ばし。このチーが山田の運命を大きく変えてしまった。

山田、打三索
この三索を沢崎がポンしてテンパイ。

二万四万八万八万二索二索二索  ポン三索 上向き三索 上向き三索 上向き  ポン白白白

ここに飛び込んだのは山田。
自らの仕掛けで、沢崎に復調のきっかけを与えてしまったように映ったのだが…。

南2局、ここも山田が5巡目テンパイ。
安めの一筒引きだが、ここは先手を取りにリーチを宣言。

二万三万五万六万七万七万七万二索三索四索一筒二筒三筒  リーチ  ドラ五万

粘ったのは沢崎。12巡目に追いつきリーチ。

三万四万五万六万七万四索五索六索八索八索六筒七筒八筒  リーチ  ツモ五万

高めの五万をツモアガリ3,000・6,000。一気に山田を差し切った。
山田とすると、一旦ヤミテンに構えるとアガリが濃厚だっただけに、選択が悔やまれる1局となったか。

大混戦で迎えたオーラス、競り勝ったのは山田。8巡目にリーチを放つと、

五万六万七万八万八万二索三索四索一筒一筒一筒五筒六筒  リーチ  ドラ五万

このリーチに捕まったのは滝沢。
山田は再逆転、トップで終了となったが、逆に痛恨の放銃は滝沢。この放銃で3着から4着に着順ダウン。混戦ながらも厳しい立ち上がりとなった。

1回戦終了時

山田+13.2P 沢崎+7.1P 杉浦▲8.0P 滝沢▲12.3P

 

 

2回戦(起家から、杉浦・沢崎・山田・滝沢)

1回戦は細かく刻んだ印象の杉浦。
東1局、時間がかかったが13巡目にテンパイもヤミテン。
安めながらも2,600オールでの滑り出し。

五万五万三索四索五索六索七索八索三筒三筒四筒四筒五筒  ツモ二筒  ドラ八索

しかしこの半荘の主役は沢崎。
東3局1本場、8巡目の沢崎はターツ選択。

三万四万七万七万八万八万三索四索六索七索五筒六筒北  ツモ八万

余剰牌の北か、二度受けのソウズターツを触るのが普通の選択だが、ここで沢崎はなんと打六筒とピンズを払いに行く。
そして二万をチーし、八索を引き込み、リーチ者の現物二索を討ち取る。
まるで沢崎の掌の上でゲームが進行していくような錯覚に陥ってしまう一瞬であった。

その極めつけは南4局の捌き。
先制テンパイは山田。

六万七万八万八索八索八索三筒三筒七筒七筒八筒八筒八筒  ドラ三万

ツモり三暗刻のテンパイ。
対する親番滝沢は、

三万四万六万六万七万三索四索二筒三筒四筒四筒五筒六筒

こちらも逆転へ十分な手格好。
杉浦は発をポンして、

四万五万二索三索四索一筒三筒四筒四筒北  ポン発発発

この時沢崎の手牌は、

五万六万七万八万九万四索六索六索七索二筒五筒七筒東

と、1人圧倒的に遅れている状況。
だがしかし…
7巡目、杉浦が切った六筒を一瞥すると、少考後六筒チー、打二筒とまずは山田への放銃回避。
さらにここからがすごい。
このチーで、滝沢がテンパイするはずの五索が杉浦に喰い下がる。
杉浦が欲しいドラの三万を自身で喰い下げ打九万
そして滝沢のツモアガリになるはずだった二万がさらに杉浦に流れる。
同巡沢崎、ドラの三万を重ねて打八万。そしてツモ五索東とテンパイにつけると、山田のツモは八筒。当然暗カンした山田、リンシャン牌に手を伸ばすと…
そこには沢崎のアタリ牌の五索が。

三万三万五万六万七万四索五索六索六索七索  チー六筒 左向き五筒 上向き七筒 上向き  ロン五索

タンヤオ三色ドラ2。
幾つもの奇跡を果たした沢崎。
実況の日吉が『悪魔のチー』と言い放った表現がピッタリだろう。
3人を地獄へと引きずり込むようなそのアクションは、観ている者を麻雀の魅力に引き込む動きでもあったのだろう。

2回戦終了
沢崎+22.1P 杉浦+11.3P 滝沢▲9.3P 山田▲24.1P

2回戦終了時
沢崎+29.2P 杉浦+3.3P 山田▲10.9P 滝沢▲21.6P

 

 

3回戦(起家から、杉浦・滝沢・山田・沢崎)

初戦のトップを生かしたい山田、東3局1本場親番で4巡目の先制リーチ

二万二万四万五万六万三索四索五索八索九索白白白  リーチ  ツモ七索  ドラ一万

これを一発でツモり2,600オールと幸先の良いスタートを切った。
ここまでなかなか勝負に乗り切れない感のある滝沢、これ以上のマイナスは苦しくなるところだが、東4局、滝沢好配牌から6巡目先制リーチ。

四万五万六万七万八万九万一索二索三索三索四索九索九索  リーチ  ツモ五索  ドラ二索

滝沢、ようやく反撃の狼煙を上げた。

山田だって負けてはいない。
南1局、山田9巡目の先制リーチ。

五万六万六万七万七万八万三索四索二筒三筒四筒六筒六筒  リーチ  ツモ五索  ドラ一筒

これを一発で引きアガリ1,300・2,600。
山田も食い下がる。

南2局、滝沢の親番。9巡目のリーチを最後のツモで引きアガると、

四万五万六万六索六索六索七索八索五筒六筒八筒八筒八筒  リーチ  ツモ七筒  ドラ北

1,500は1,800。2,900は3,500。3,900は4,800と小刻みに加点していく。

滝沢の連荘を止めたいのは3者共に同じ。
南3局5本場、三者三様のアクションを見せる。
杉浦はヤミテンに構え、山田はリーチを選択。しかし勝ったのは沢崎。

五万六万七万七万五索六索七索一筒二筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  ハイテイ ツモ四万  ドラ七万

杉浦は道中三色に受け変えればアガリがあっただけに悔やまれる1局となったか。
このアガリで沢崎は原点復帰。

勢いに乗る沢崎は、
南4局、高めツモ6,000オールのリーチを放つも…

三万三万三万四万三索四索五索三筒四筒五筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ三筒

息を潜めていたのは滝沢。

六万七万四索五索六索七索八索九索三筒四筒五筒八筒八筒  ロン八万

沢崎のリーチ棒で、沢崎は原点を下回り滝沢の1人浮きに。勝負の行く末はまるでわからなくなってきた。

3回戦終了
滝沢+29.8P 沢崎▲1.9P 山田▲6.4P 杉浦▲21.5P

3回戦終了時
沢崎+27.3P 滝沢+8.2P 山田▲17.3P 杉浦▲18.2P

 

 

4回戦(起家から、山田・杉浦・滝沢・沢崎)

開局から杉浦が電光石火の攻撃を仕掛ける。
東1局、杉浦2巡目先制リーチ。

五万六万七万二索三索四索四索五索六索二筒三筒四筒四筒  リーチ  ツモ一筒  ドラ四筒

安めツモながら2,000・4,000と好スタート。
続く東2局も、杉浦連続リーチ。

三万三万六万七万八万三索四索五索二筒三筒四筒四筒五筒  リーチ  ツモ六筒  ドラ三索

たった2局で滝沢をごぼう抜き。
一気にトータル2着に浮上した。
さらに東2局1本場にも滝沢から3,900を討ち取り、沢崎への追撃体制を整えた杉浦だったが、交わされた滝沢も黙ってはいない。

東2局2本場、700・1,300をアガって迎えた東3局、沢崎の先制リーチを受けるも、粘りに粘った滝沢は、

二万六万七万八万二索三索四索六索七索八索五筒六筒七筒  ホウテイ ロン二万  ドラ二索

ホウテイで沢崎から7,700の価値あるアガリを決め原点復帰。勝ち上がりに意地を見せる。

4回戦はここまで精彩を欠いたように映っていた沢崎、南1局3本場、沢崎ならではの熟練の技を魅せる。

沢崎5巡目テンパイも…
リャンペーコー変化もみずに五筒単騎の七対子リーチ

一万一万二万二万三万三万一索一索二索二索七索七索五筒  リーチ  ロン五筒

これを杉浦から打ち取り復調のキッカケを掴むと、南4局2本場、親番沢崎は白ポン 、加カン、九万チーと積極的に動きテンパイ。

ここに勝負を挑んだのは後のない山田。
4回戦の原点復帰が勝ち上がりの最低条件とみたか、条件を満たす為にホンイツへ。
勝ち上がる為の一打は、無情にも自身の敗退を決定づける致命傷となってしまった。

一万一万二筒三筒七筒八筒九筒  チー九万 左向き七万 上向き八万 上向き  加カン白白白白  ロン一筒  ドラ七筒

このアガリで沢崎は3着浮上。
三つ巴で最終戦を迎える事となった。

4回戦終了
杉浦+24.4P 滝沢+9.7P 沢崎▲6.9P 山田▲27.2P

4回戦終了時
沢崎+20.4P 滝沢+17.9P 杉浦+6.2P 山田▲44.5P

 

 

5回戦(起家から、滝沢・杉浦・山田・沢崎)

沢崎+20.4P 滝沢+17.9P 杉浦+6.2P 山田▲44.5P
着順上位が通過となりそうな、かなりの混戦で最終5回戦を迎えた。

東1局、山田はピンフ三色ドラ2テンパイもヤミテンに。大逆転を目指し、一手変わりの純チャンを見据える。

一万一万七万八万七索八索九索二筒三筒四筒七筒八筒九筒  ドラ一万

追う立場の杉浦、ピンフイーペーコーのリーチに。
これを受けた山田、ツモ切りリーチを敢行も…

一索一索二索二索三索三索一筒一筒三筒四筒七筒八筒九筒  リーチ  ロン二筒

山田としては大チャンスを逃してしまった形となった。
杉浦を追いかける滝沢、ターツ選択を成功した滝沢は即リーチに踏み込む。

三万四万五万三索四索五索五索六索七索八索五筒六筒七筒  リーチ  ドラ三万

この手をアガリ、勝ち上がりの権利を引き寄せたい滝沢であったが、掴んだのは無情にも沢崎のアタリ牌四万。ここは沢崎の捌きに軍配。

五万六万一索一索二索三索四索三筒四筒五筒  ポン西西西  ロン四万

この放銃をキッカケに、沢崎と滝沢の争いはさらに激化する。

東3局3本場、

一万二万三万五万五万八万八万八万六索七索八索二筒二筒  ツモ二筒

滝沢はヤミテンでアガリを掴むと、続く東4局も沢崎のリーチを受けながらも、

六万七万八万二筒二筒四筒五筒白白白  チー三索 左向き四索 上向き五索 上向き  ロン三筒  ドラ七筒

無筋を6巡押し切り、見事沢崎からアガリを奪取。続く南1局もアガリ切り、点棒をプラス域まで回復する。
この半荘ラスに転落したトータルトップ目の沢崎、何とか素点を回復しないとこのままでは敗退となってしまう。

南1局1本場、親番滝沢のリーチを受けるも、最終巡目でテンパイ料を取ると、南1局2本場では、杉浦のリーチを受け、

五万五万七万八万八万二索二索二筒二筒六筒六筒八筒八筒  ツモ二万  ドラ七万

タンヤオ七対子のドラ単騎のテンパイから、ドラ七万を勝負してのテンパイ奪取!

南2局3本場では、

四万五万五索六索七索八索八索  チー二索 左向き三索 上向き四索 上向き  ポン白白白  ロン三万  ドラ一万

山田のリーチをも躱し、供託のリーチ棒込みでなんとトップ目に。

残すはあと2局。
南3局、どうしても原点復帰したい杉浦は、

二万二万四万四万南南南  ポン東東東  ポン七索 上向き七索 上向き七索 上向き  ロン四万  ドラ八筒

トップ目の沢崎から値千金の5,200。
このアガリで三つ巴の争いから一歩リード。

オーラス、沢崎は連荘あるのみ。
杉浦、滝沢はアガリトップも放銃が出来ない状況。

沢崎は二筒ポンから入るが、先にテンパイは滝沢。

二万三万八万八万七索八索九索四筒五筒六筒七筒八筒九筒  ドラ三万

アガれば通過の滝沢。杉浦、沢崎は放銃したら敗退。
10巡目、追いついたのは沢崎。

二万三万四万五万五万三索四索五索五索六索  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 上向き

互いにツモる手にも力が入るが…
勝ったのは沢崎。滝沢からの出アガリで、逆に滝沢に条件を突きつけた。

南4局1本場、滝沢の条件は700・1,300か2,600の出アガリ。杉浦からは1,000の出アガリはOK。さらに滝沢の1人テンパイで杉浦は敗退となる。

滝沢、13巡目テンパイ。
対する杉浦は1シャンテン。

二万三万四万三索四索五索四筒四筒四筒五筒七筒八筒九筒  ドラ九万

700・1,300は勝ち上がり。
つまりリーチして三筒六筒ツモは勝ち上がりとなるが、五筒はハイテイ以外ツモれない。
しかしリーチしてしまうと、リーチ棒を出す関係で1人テンパイは敗退となってしまう。よって杉浦はオリを選択出来る。

滝沢、苦渋の決断。
悩みに悩んだ選択は…リーチ。
自らの手で勝利を掴み取る道を選んだ。

これを見た杉浦、流局に全てを賭ける。

結果…
滝沢の手に三筒六筒が届く事なく流局。勝ち上がりは沢崎、杉浦の両名となった。

勝ち上がり
沢崎誠
杉浦勘介