文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第3期JPML WRCリーグ ベスト16C卓レポート

2018/02/05
執筆:藤井 すみれ


今回で第3期となる、JPMLWRCリーグ。
このC卓では、現十段位シードとして藤崎智が登場した。その藤崎を目標に慕う清原はどう戦うか。
現王位野方、發王戦で好調だった田中にも注目していきたい。

 

100

 

 

1回戦(起家から、野方・田中・清原・藤崎)

東1局
清原が11巡目にこのテンパイとらず。

一万一万三万三万四万四万七万九筒九筒東東南南南  ドラ二索  打七万

そこからツモ四万九筒のトイツに手をかけ、三万をポン。
こだわりのテンパイに辿り着く。

一万一万四万四万四万東東南南南  ポン三万 上向き三万 上向き三万 上向き

田中も仕掛けてドラドラのテンパイを入れてきた。

八万八万八万二索二索四筒五筒六筒七筒八筒  ポン八索 上向き八索 上向き八索 上向き

そこへ藤崎がリーチ。

五万六万七万二索三索四索六索六索二筒三筒四筒五筒六筒  リーチ

親の野方もテンパイし、

四索四索四索九索九索一筒三筒三筒五筒六筒七筒七筒八筒九筒

一筒で藤崎に8,000の放銃となった。東1局から火花を散らす戦いだ。

東4局
親の藤崎が忍ばずリーチ。

五万六万六万七万七万八万八万八万五索六索四筒五筒六筒  ドラ四筒

ここでやる気を見せたのは清原。

五万五万三索四索四索五索六索二筒二筒二筒三筒四筒五筒

無筋の六万を切り、現物待ちの二索五索待ちだがリーチでぶつけていく!
しかし清原の最終ツモは、藤崎の当たり牌の七索であった。12,000を献上。

東4局1本場
テンパイを入れていたが丁寧にやめ、清原の1人ノーテン。
結果誰にも当たらなかった牌ではあるが、打たないものは打たない。勝負する時は勝負。
清原はそういう男だ。

東4局は、田中がドラの東単騎でリーチ。
追いついた野方から一発でとらえ、8,000点となった。

南1局
藤崎が52,800点持ちのトップ目である。この人ほど崩れないイメージの人はそうそういないだろう。
7巡目リーチをすぐにツモり、更に700・1,300を加点。

南2局
しかしこのまま終わらせるものか!と6巡目にリーチをしたのは清原。

三万四万六万六万七万八万九万三索四索五索三筒四筒五筒  リーチ  ツモ五万  ドラ三筒  裏三万

野方もホンイツ仕掛けで応戦したが、その仕掛けにより清原が高めの五万をツモ。
23,500点まで回復してきた。

南3局
親は清原。
ドラの三万を引き入れ、最高に気持ちいい6巡目リーチ。

二万三万四万七万七万二索三索四索五索六索東東東  リーチ  一発ツモ一索  ドラ三万  裏二万

ろ、6,000オール!?
これで藤崎46,500、清原41,500まで猛追。

しかし忍者の逃げ足は早く、1本場もサッと流しトップ逃げ切りとなった。

1回戦成績
藤崎+32.9P 清原+15.9P 田中▲11.8P 野方▲37.0P

 

2回戦(起家から、野方・清原・田中・藤崎)

東2局
藤崎が第1打東、からの南トイツ落し。一種の恐怖体験である。
案の定6巡目リーチ。

二万三万四万四万五万五索六索七索七筒七筒八筒八筒八筒  リーチ  ドラ中

ドラの中がトイツになった野方から出アガリ、裏ドラが1枚。5,200。
今日の野方は苦しい。

東3局は藤崎と清原の忍び対決。2人で終盤ヤミテンを入れていたが…

藤崎
三万四万五万一索一索二索三索四索五索六索七索六筒七筒  ドラ三万

清原
三万四万六万七万八万七索七索一筒二筒三筒七筒八筒九筒

藤崎のハイテー牌は二万
親の田中、野方がノーテン気配だった事もあり五万を切ったが、上手く忍んだ清原が3,900をgetした。

東4局
田中の7巡目七対子リーチ。

二万二万八索八索一筒一筒三筒三筒九筒九筒南南西  ドラ八万

1回戦ラスの野方が13巡目に追いついてリーチ。

三万四万五万七万八万三索三索二筒三筒四筒四筒五筒六筒

そしてすぐに掴む西
裏ドラが乗らなかったのが救いだが、仕掛けてもリーチしてもなかなかアガリに結びつかない野方。

南2局1本場
清原の連荘中、ラス目の野方が追いすがる。

三万三万四万四万五万六万七万八索八索八索  カン牌の背八筒 上向き八筒 上向き牌の背  リーチ  ドラ九万一万

ツモり三暗刻で即リーチといく。
待ちの枚数は少ないが、打点力に期待のリーチ。
四万をツモって裏ドラが三万となり、待望の3,000・6,000となった。
これで野方は2着目まで浮上に成功。

南4局は33,400点のトップ目になって迎えた。
ラス目の藤崎は25,700。
全員トップからラスまである点棒状況。

まず仕掛けたのは田中。
一万をポンしてアガればトップのテンパイだ。

五索七索四筒五筒六筒九筒九筒白白白  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ドラ九筒

親の藤崎もスピードを合わせに。

七万八万八万八万九万二筒三筒中中中  チー六索 左向き四索 上向き五索 上向き

そこで清原が掴む一筒
前巡に切っている。
解説の内川も「あ、これはアガリですね」と言ったその時……

清原は一筒を打たなかった。
それは藤崎との対戦経験の多さを物語っていた。
今までどのくらい、タンヤオ仕掛けかと思って打った牌で痛い思いをしてきたのだろう。

藤崎が野方から1,500は2,100をアガリ、連荘。

その我慢の甲斐あって、最後は清原がアガリきってトップを決めた。
小さいが、価値あるトップだった。

2回戦成績
清原+18.5P 野方+6.3P 田中▲6.4P 藤崎▲18.4P

2回戦終了時
清原+34.4P 藤崎+14.5P 田中▲18.2P 野方▲30.7P

 

3回戦(起家から、野方・田中・清原・藤崎)

このまま黙ってはいられないのは田中と野方。
この3回戦でどうにか形を作りたい。

しかし逃げる側もセーフティリードとは思っていないので、手を緩めはしない。
東1局は清原が田中から6,400をアガって更に引き離す。

東2局1本場
野方が4巡目リーチ。

二万三万四万七万八万六索六索一筒二筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  一発ツモ九万  ドラ三万

2,100・4,100で反撃の狼煙をあげる。

東3局
上位陣のリーチ対決。

藤崎
二万三万四万七万八万九万四索五索六索三筒四筒八筒八筒  ドラ五索

清原
一万一万四万五万六万七索七索七索三筒四筒五筒七筒八筒

勝者は藤崎。裏ドラは乗らず1,300・2,600のツモアガリ。

東場を終え、田中だけ20,200点で他は3人3万点台。少し置いていかれる展開。

南3局
親の清原が仕掛けて大物手のテンパイ。

三万四万五万六万七万八万八万  ポン中中中  ポン発発発  ドラ五索

これに飛び込んだのは田中。自身が567の三色1シャンテンになり、清原のマンズがまだ余ってないうちの勝負であったが、痛すぎる12,000点。

南3局
取り返したい田中。
起死回生となりうるリーチをするが、ツモれず流局。

三万四万四万五万六万七万七万六筒六筒七筒七筒八筒八筒  ドラ三万

南4局は、トップ目清原が抜けてしまったので野方が2,000点をアガって2着を確保。最終戦に望みを繋いだ。

3回戦成績
清原+29.7P 野方+11.1P 藤崎▲3.4P 田中▲37.4P

3回戦終了時
清原+64.1P 藤崎+11.1P 野方▲19.6P 田中▲55.6P

 

4回戦(起家から、田中・藤崎・清原・野方)
清原はついに安全圏へ。
ターゲット藤崎を狙う野方は30.7P差。田中は大きなトップかつ、藤崎をラスにするなどの並びも必要。

細かい点棒移動で迎えた東4局。

藤崎が7巡目テンパイ。

六索七索一筒二筒三筒六筒七筒八筒八筒八筒中中中  ドラ一索

選択はリーチ!
親の野方が来るのはもちろん分かっている。
しかし決められる時に決めにいく。トーナメントを知り尽くした藤崎の判断力である。

そして勝負にいった野方から、裏ドラを1枚乗せた5,200を奪い去った。
これがヤミテンの1,300であったら野方はここまで絶望する事はない。流石の一言だった。

更なる絶望は次局に。
南1局、田中の最後の親番。藤崎が打ち出したドラの八筒を田中がポン。

役無しテンパイを経て、トイトイの手替わりを果たす。

五万六万八万八万八万  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ポン八筒 上向き八筒 上向き八筒 上向き  ポン五万 上向き五万 上向き五万 上向き  打五万

最終手出しの五万を見て、野方が掴んだのは四万
四万は非常に打ちにくいが1シャンテンはキープしたい。

七万七万三索四索五索五索七索七索二筒四筒六筒七筒八筒  ツモ四万

受けを狭くして田中の現物五索を切ると藤崎の手牌が開かれた。

二索三索四索六索六索六索六索七索九索九索九索発発

藤崎がドラを打ったのはもちろん分かっているのに。
藤崎の河は字牌から切り出されており、メンホンには見えにくく、追う野方にとっては1局も無駄に出来なかった。

南4局は野方の親であったが、最後までキッチリと藤崎がアガリきり、通過を決めた。

4回戦成績
藤崎+25.2P 田中+11.0P 清原▲6.8P 野方▲29.4P

4回戦終了時
清原+57.3P 藤崎+36.3P 田中▲44.6P 野方▲49.0P

1位通過 清原継光
2位通過 藤崎智

C卓からはついにシード選手藤崎がベスト8へ。
清原が元王位の意地を見せた。決勝で再び相見えるのだろうか?
ベスト16も残り1卓。
勝利を掴むのは一体誰だ!?