文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第3期JPML WRCリーグ ベスト16D卓レポート

2018/02/09
執筆:藤井 すみれ


今期で第3期となるJPMLWRCリーグ。
ここまでベスト16のABC卓が終わり、各卓2名ずつのベスト8通過者が決定した。
今回は最終卓のD卓。
ここではシード選手として予選1位通過の石立岳大が登場。
その戦いをレポートしていきたい。

 

100

 

 

1回戦(起家から、石立・福島・瀬下・山田)

東1局、開始早々、西家の瀬下がダブルリーチ!

六万六万三索四索五索七索八索九索二筒四筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ四索

手替わりも少なく、ドラ1ある。かなりかけやすいダブリーだ。
2巡後にあっさりツモで2,000・4,000の先制パンチ。

東2局は仕掛けていき、テンパイを入れていた山田から8,000の連続加点。

七万七万二索三索四索南南  ポン白白白  ポン一索 上向き一索 上向き一索 上向き  ロン七万  ドラ七万

瀬下が上々の滑り出しだ。

東3局
しかしさきほど8,000を放銃した山田が7巡目リーチ。

三万四万六万七万八万四索四索七索八索九索五筒六筒七筒  リーチ  一発ツモ二万  ドラ九索

2,000・4,000ですぐ取り戻す。

東4局
更に山田が親でリーチ。

一万一万四万五万六万一筒二筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ三索

しかしその前からポンテンを入れていた福島が、チーテンを入れていた石立に1,000点の放銃。
激しい主導権争いの末、東場が終了。

南1局
南家福島が仕掛けてホンイツのテンパイ。

一筒三筒四筒五筒六筒東東  ポン北北北  ポン中中中  ドラ四索

そこへ親の石立がねじこみに行く。中盤すぎにリーチ。

四万四万四万七万七万九万九万二筒三筒四筒六筒七筒八筒

リーチの前巡から、九万のトイツ落とし中だった瀬下にテンパイが入り、石立に3,900の放銃になった。
石立の河には六万が切られており、これは致し方なしか。

南1局1本場
石立がそこまでよくない配牌から丁寧に手を進めてリーチ。

一万一万一万三万四万五万二索三索四索四筒五筒七筒七筒  リーチ  一発ツモ三筒  ドラ一万  裏三万

6,000オールが炸裂!

このまま石立旋風かと思われたが、南1局2本場は、福島がリーチで待ったをかける。

四万五万六万三索四索七索七索七索七筒八筒九筒白白  リーチ  ツモ五索  ドラ五索  裏白

2,000・4,000で親番を終わらせた。

南2局は福島も親で4,000オール。
同1本場は石立と瀬下のリーチ合戦。瀬下に暗刻のカン二万を石立がツモりあげ1,000・2,000。

そんな激しい攻防の末、
南4局は各順位毎に一万点ほどの差で迎えた。

石立45,300
瀬下23,700
福島35,100
山田15,600

アガリトップの石立がダブNをポン。

三万四万五万二索三索三筒三筒五筒五筒六筒  ポン南南南  ドラ三筒

2着目福島も純チャンの1シャンテン。

二万三万七万八万一索二索三索九索九索九索一筒一筒二筒

どちらかにアガられてしまうかと思ったが終盤までテンパイが入らず、ついに親の山田がドラをひいて追いついた!山田はラス目。もちろんリーチだ。

三万四万六万七万八万四索四索六索六索六索三筒四筒五筒  ドラ三筒

まだ1シャンテンが続いていた石立の元に来たのは当たり牌の五万
小考の末、勝負。
12,000の放銃となった。
対局後、こういう牌を怖くて押せなくならないようにしよう思っていたと石立は言った。
後手からでも押し返すのが石立の持ち味。
放銃も折り込み済みという事だろう。

しかし南4局1本場は瀬下が石立から5,200。
石立は3着にまで落ち、福島は棚ぼたトップになった。

1回戦成績
福島+20.4P 瀬下+4.2P 石立 ▲7.2P 山田▲17.4P

 

2回戦(起家から、瀬下・山田・石立・福島)

東3局に瀬下から石立が3,900。
瀬下は七対子1シャンテンからのホンイツへの放銃。
1回戦、42,000点持ちトップ目から一時は3着まで落ちた。その焦りが少しあるのだろうか?

東3局は福島が先行リーチ。

一万一万四万五万六万六万七万八万二筒三筒三筒四筒四筒  ドラ四索

追いついたのは瀬下、福島の現物待ちだが果敢に追いかけリーチとする。

二万三万四万六万七万八万三索四索五筒六筒七筒北北

結果は最高で、五索をツモり裏ドラ1枚。2,000・4,000をツモアガリ。

東4局は山田が白をポン。

一索一索三索四索五索六索七索九索五筒六筒  ポン白白白  ドラ八筒

1,000点での捌き手かと思われたが、八索をカン八索でチー→打六筒、ツモ二索で打五筒とし、高目一通の8,000あるホンイツへの渡りを見せた。
瀬下から七索で3,900。

南1局
福島が丁寧に仕上げ、12巡目リーチ。

一索二索二索三索三索八索八索八索一筒二筒三筒東東  ドラ北

高目の一索をツモり、裏ドラは東の2,000・4,000。
瀬下はドラドラだったが追いつけず、痛い親かぶり。

南4局
福島35,100
瀬下28,800
石立23,400
山田34,900

親の福島と山田が200点差のトップ争い。
そこへ割り込んだのはラス目の石立のリーチ。

五万六万七万二索三索六索六索六索四筒五筒六筒七筒七筒  ドラ二索

山田は撤退、福島はツモられれば着落ち確定の為途中まで戦うが、山田がやめていて巡目も少なくなったところでギブアップ。
福島は流局を、山田は石立の満貫以下のツモアガリを願う。

終盤、石立が1をツモり裏ドラは乗らず。
最低ラインであるラス抜けは確保した。

2回戦成績
山田+18.9P 福島+8.1P 石立▲7.6P 瀬下▲19.4P

2回戦終了時
福島+28.5P 山田+1.5P 石立▲14.8P 瀬下▲15.2P

 

3回戦(起家から、山田・瀬下・石立・福島)

まだポイント差に開きがあまりなく、誰が勝ち上がるか分からない。
大事な3回戦となる。

東1局
瀬下がドラの北をポンしてテンパイ。

一筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒東東  ポン北北北

飛び込んだのはトータルトップ目の福島!
面白くなってきた。

と、思いきや東2局、福島がフリテンリーチ。

二万三万四万五万六万一索二索三索四筒五筒六筒中中  ドラ中

これを成就させ2,000・4,000。すぐさまリカバリー。

東4局は石立がリーチ。
福島のリーチ宣言牌で5,200。目まぐるしく点棒状況が動いてゆく。
そんな東場だったが、そこから南4局まで流局祭り。
ものすごい僅差でオーラスを迎える。

山田29,400
瀬下30,400
石立30,300
福島29,900

全員がほぼアガリトップ。テンパイ1番乗りは山田。
5巡目にタンヤオのヤミテンを入れ、同じく好配牌の福島から討ち取った。

3回戦成績
山田+15.7P 瀬下+5.4P 石立▲4.7P 福島▲16.4P

3回戦終了時
山田+17.2P 福島+12.1P 瀬下▲9.8P 石立▲19.5P

 

4回戦(起家から、山田・福島・瀬下・石立)

3回戦でも当確者・脱落者無し。ベスト16イチのロースコアで最終戦を迎えた。

東1局1本場
山田の仕掛けに瀬下が5,800は6,100。山田1歩リードか。
同3本場、連荘中の山田がリーチ。
そこへ瀬下がドラ切りリーチでかぶせていき、山田から2,600は3,500。
喰らいついていく。

東2局、
瀬下がリーチ。

三万四万五万六万七万八万四索五索四筒五筒六筒九筒九筒  リーチ  ドラ二筒

三色が崩れる入り目六筒だったが、ここはツモって裏1の5,200の加点も大きい。
ヤミテンなら恐らくアガっていたが……
そこで追いついた親の福島がリーチ。

一万二万三万二索三索四索六索七索二筒二筒四筒五筒六筒  リーチ

半荘の決め手になりうる勝負手。
現物待ちだが追いかける。
ほどなくして五索を掴んだのは、瀬下だった……
大きすぎる12,000。

東3局、瀬下は親だったがテンパイできずに親落ち。
苦しさが伝わってくる。

東4局3本場、現状3番手・石立は親で5巡目リーチ。

二万三万四万五万五万五万四索五索一筒一筒六筒七筒八筒  リーチ  ツモ三索  ドラ五索

裏ドラは無かったが、これでこの半荘トップ目に立ち、2番手福島まで8.3P差に肉薄する。
上位2人は冷や汗が出てきたか。

同4本場、山田が動く。

五索六索七索発発中中  チー三筒 左向き四筒 上向き五筒 上向き  チー七万 左向き六万 上向き八万 上向き  ドラ中

それに合わせるように石立もポンテンをとる。

五万六万七万八万八万八万三索三索三筒四筒  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 上向き

持ってきた中を切る石立に躊躇は無かった。
山田に8,000は9,200。
石立が3着目になり、福島は少し気持ちがラクになっただろうか。

南1局
トータルトップ目、この半荘もトップ目の山田の親。どう手組むかと思われたが、素直にリーチといって一発ツモの2,000オール。

八万八万八万二索三索四索一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒  リーチ  一発ツモ七筒  ドラ一万

このアガリで五万点オーバー。ついに当確か?

南2局
福島も最後の親番、引き離しにかかりたい7巡目リーチ。

二万二万二万三万三万六万七万二索三索四索二筒三筒四筒  リーチ  ドラ九筒

そうはさせない石立。リーチをぶつけていった。

七万九万一筒二筒三筒六筒六筒七筒八筒九筒西西西  リーチ

待ちが被っている為、ターゲット福島からの直撃はとれないが知る由もない。
山には五万が2枚、八万が3枚残っていたが、八万を力強く引き寄せたのは石立!
1,300・2,600をアガリきった。
再び福島まで15.9P差となり、熾烈な2番手争い。

南3局
瀬下の最後の親番。
現状のポイントは苦しいが、3回戦までのトータルが近いため、4,000オール2回で追いつける。
必死にテンパイを目指すが……七対子1シャンテンのままで流局となり、涙の親落ちとなった。
リーチしていた石立の1人テンパイ。

ついに最終戦南4局。
親は石立だ。

瀬下は役満条件、山田は無理をしない為、福島は孤軍奮闘でアガリきれるか。

まずは石立の13巡目リーチ。1人テンパイで流局。
これで2,000オールで福島をかわすところまで来た。

南4局2本場、後が無い福島。
白のバックで仕掛けていく。

四万四万四筒五筒六筒七筒東東白白  ポン六万 上向き六万 上向き六万 上向き  ドラ五索

しかし福島の欲しい白は2枚とも瀬下の元へ…
四万が暗刻になるが出る事は無い。
その福島から切られた七索をポンして石立も命からがら形式テンパイ。
2人テンパイで流局。

南4局3本場
石立がついに1,300オールで変わる条件まで来た。
瀬下、山田が素直にアガリに向かわない為、河の情報が非常に分かりにくい中、なんとかリーチにこぎつけ1人テンパイ流局。

南4局4本場
石立にチャンス手!

六万六万二索三索四索七索八索二筒二筒三筒三筒四筒五筒  ドラ中

この1シャンテンでツモ切った中に声がかかる。
声の主は…山田!

五万六万一索二索三索四索五索六索七筒七筒  ポン中中中

石立はまっすぐテンパイに向かい、ひたむきに摸打を繰り返すが、無情にもノーテンで終局となった。

4回戦成績
山田+33.1P 石立+16.5P 福島▲8.2P 瀬下▲44.4P

4回戦終了時
山田+50.3P 福島+3.9P 石立▲3.0P 瀬下▲54.2P

1位通過 山田学武
2位通過 福島佑一

若手4人の戦いらしい、激しくぶつかるD卓を勝ち抜いたのは山田と福島。
これでベスト8のメンバーが出揃った。
山田はサンフランシスコハリケーンをベスト8で起こせるか?
特別昇級リーグ優勝の福島がWRCリーグも制するのか?
ベスト8B卓は2月13日に放送予定。
どうぞご覧下さい!