文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第4期JPML WRCリーグ ベスト16D卓レポート

2018/09/03
執筆:樋口 徹


【D卓】
櫛田利太(予選1位・D2)vs沢崎誠(A1)vs中村毅(C1)vs宮内崇成(D1)

この卓のシード選手は櫛田(くしだ)利太。予選リーグで+385.8Pという脅威の成績でトップ通過を決めた選手である。
あと櫛田といえばロン2の月間ランキングなどにもよく名前が載っている。しかしこの日の櫛田は体調最悪。前日まで入院していたという。
櫛田は本来の調子が出せるのか。いや、最後まで打ちきれるのか。

 

1回戦(中村―沢崎―宮内―櫛田)
東1局
4卓一斉に開始となったが、全卓で一番最初に仕掛けたのはこのD卓の宮内だった。
今日も雰囲気に飲まれずマイペースな宮内流が見られそうだ。

東3局
親の宮内が13巡目リーチ。
これに対し、2つ仕掛けていた櫛田が一発で放銃。

二索三索四索六索六索七索七索二筒二筒二筒五筒六筒七筒  リーチ  ロン七索  ドラ一索  裏四筒

基本、即リーチの宮内。7,700のアガリとなった。

南2局は沢崎のターン。
流局テンパイで連荘になると、次局はリーチ一発ツモピンフの2,600は2,700オール。さらに宮内から小三元の12,000をアガリ、持ち点を54,800まで伸ばした。

南2局4本場
沢崎のタンヤオ仕掛けvs宮内のホンイツ仕掛け。
沢崎は終盤にドラの東を持ってきて仕方なく東単騎。

四万五万六万四索五索六索東  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 上向き  ポン七索 上向き七索 上向き七索 上向き  ドラ東

流局してまだまだ沢崎の親番が続くかと思われたが、結果は宮内のハイテイツモ。

一万二万三万三万四万五万東東西西  チー一万 左向き二万 上向き三万 上向き  ツモ西  ドラ東

2,000・4,000は2,400・4,400。

南3局はまた沢崎が700・1,300。

南4局、ラス目櫛田の親リーチに誰も向かえず1人テンパイ。
1本場は中村が2,000は2,300をアガリ、終局となった。

1回戦
沢崎+34.8P・中村+2.9P・宮内▲11.9P・櫛田▲25.8P

 

2回戦(中村―櫛田―宮内―沢崎)
今度は中村が連荘を決める。
東1局2本場
中村がオタ風からポン。その後発をポン。沢崎も3つ仕掛けて対抗したが、あえなく放銃となる。

八索八索三筒四筒四筒五筒六筒  ポン北北北  ポン発発発  ロン五筒  ドラ八索

沢崎もこの打点は想像通りといったところか。5,800は6,400の放銃。

南入時点ではこうなっていた。
(親から)中村46,500・櫛田20,500・宮内25,500・沢崎27,500

南1局は沢崎がきっちり高めツモ。

九万九万七索八索九索一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒  リーチ  ツモ九筒  ドラ東

裏ドラは乗らず2,000・4,000
南2局は宮内が700・1,300
南3局、中村が3巡目リーチ。
親の宮内も追い付いてリーチを掛けるが、結果は中村のツモアガリ。

二万三万四万七万八万九万二索三索四索西西白白  リーチ  ツモ白  ドラ八索  裏三筒

1,300・2,600のアガリ。
南4局、沢崎の親を流せれば中村はトップだ。しかし立ちはだかるは雀魔王。

二万三索三索三索発発発  ポン三万 上向き三万 上向き三万 上向き  ポン白白白  ロン二万  ドラ七筒

中村が沢崎に痛恨の放銃。12,000!
まむしの牙が食い込んだ。

次局は櫛田が着上がりを目指しリーチするも、宮内が沢崎からアガリ終局。

2回戦
沢崎+28.6P・中村+11.0P・宮内▲9.5P・櫛田▲30.1

2回戦終了時
沢崎+63.4P・中村+13.9P・宮内▲21.4P・櫛田▲55.9P

1、2回戦が同じ並びになってしまい、それぞれが離れてしまった。
残り2回あるとはいえ、もうここから現状トータル2位の中村に照準を合わせていかなければならない。

 

3回戦(沢崎―櫛田―宮内―中村)
今度は櫛田が連荘!
予選1位の意地を見せ、持ち点は50,000点を超えた。
南入時
(親から)沢崎31,100・櫛田50,300・宮内20,900・中村17,700

櫛田はターゲットの中村とトップラス。この時点で62.6ポイント縮め、残り7.2ポイントと迫った。

南3局には宮内が粘る。

三万三万五万六万七万三索四索六索七索七索八索九索九索  ドラ三万

この1シャンテン。
下家の中村がピンズのホンイツ仕掛け。しかし関係ねえ!とばかりにピンズを突っ張る!
そしてドラの三万をツモって待望のテンパイ!だがしかしもうツモ番はない。それも関係ねえ!とばかりにリーチといった。
これを受けて中村は四万を押せずテンパイをはずすことに。
宮内1人テンパイ。

続く1本場でも宮内がリーチ。

二万三万四万四万五万六万五索七索八索八索二筒三筒四筒  リーチ  ドラ六筒

宣言牌は三索。一旦七索を切って三色変化…を待たないのが宮内流。
迷わず即リーチにいける強みが宮内にはある。中村→宮内3,900は4,200。

次局は沢崎が700・1,300(900・1,500)のツモアガリ。
南4局
(親から)中村7,600・沢崎31,400・櫛田56,400・宮内24,600
6巡目に櫛田がリーチ。
ダメ押しみたいなドラの中単騎リーチだ。
しかしここはこの並びを受け入れた宮内が、3つ仕掛けて1,000点で終了。このポイント差での最終戦を選んだ。

3回戦
櫛田+40.4P・沢崎+6.4P・宮内▲8.4P・中村▲38.4P

大きなトップとなった櫛田はトータル2位まで上がってきた。

3回戦終了時
沢崎+69.8P・櫛田▲15.5P・中村▲24.5P・宮内▲29.8P

沢崎はほぼ当確。他の3人は大体着順勝負だ。(宮内は櫛田より4,400点以上必要)

 

4回戦(中村―櫛田―沢崎―宮内)
東1局、親の中村が白ポン北ポン。どうやらドラ色のホンイツだ。
そこに沢崎がチー!このチーで中村から櫛田に下がったのが発
中村の手牌はこうだった。

四筒五筒六筒発中中中  ポン白白白  ポン北北北  ドラ三筒

6,000オールの喰い流し。しかも沢崎は1シャンテンで、八筒なども勝負した。何かを感じたのであろうか。
沢崎の麻雀を観ていると、まるで魔界にでも足を踏み入れたかのような気になる。絶妙な鳴きが多すぎるのだ。
さらに発はもう1枚櫛田に流れた。

発が重なった櫛田は数巡テンパイ(役なし)となったが、中まで流れてきてしまっては撤退せざるをえなくなった。
相手を正当評価し、リーチを打たなかった櫛田の繊細さを垣間見た。
中村1人テンパイ。

次局、13巡目中村リーチ。
沢崎→中村5,800は6,100

東1局2本場
またも中村リーチ。

七万七万一索二索三索四索五索五索六索六索白白白  リーチ  ドラ八筒

そこに沢崎
一万一万三万四万五万五索六索七索七筒七筒八筒八筒九筒  ドラ八筒

実は九筒が3枚切れで高めはなし。このテンパイで無スジを3連打した。
中村・沢崎の2人テンパイ。

続く3本場は2軒リーチで櫛田・宮内の2人テンパイ。
さらに東2局4本場は宮内の1人テンパイ、とまるで勝者を決めかねているかのように、なかなかアガリが出ない。

南入時
(親から)中村37,100・櫛田31,300・沢崎30,000・宮内21,600

しかしここで均衡は破れた。
まずは中村の親リーチに宮内が果敢に追いかける。
しかし軍配は中村。

二万二万二万五万六万七万八万八万二索二索二索六筒七筒  リーチ  ロン八筒  ドラ七筒

宮内→中村7,700

1本場は2軒リーチで流局。
2本場、櫛田がリーチするも中村に捌かれ、
櫛田→中村2,900は3,500

3本場、今度は沢崎から

六索七索七索八索八索中中  ポン南南南  ポン白白白  ロン六索  ドラ中

沢崎→中村18,000は18,900!
中村、全員から打ち取り持ち点は70,000点を超えた!

南3局にも見せ場が。
沢崎の親リーチ

三万四万五万六万七万一筒一筒三筒四筒四筒五筒五筒六筒  リーチ  ドラ七万

これにドラ切りで追いかけたのが宮内。

六万七万八万六索六索七索七索八索八索二筒二筒六筒七筒  リーチ  ドラ七万

これまで沢山リーチしてきた宮内。
渾身のドラ切り追っかけリーチも流局に終わった。

南4局
(親から)宮内10,500・櫛田23,400・沢崎8,600・中村77,500

なんと中村はこの半荘1回で沢崎との差94.3ポイントをまくり、トータルトップに立っていた。
親の宮内は中村をまくるくらいまで連荘あるのみ(ターゲットは沢崎だが)。
櫛田は中村・沢崎からの役満直撃orダブル役満ツモ。
中村・沢崎はこの局を消化できれば勝ち上がりとなる。

まず中村がオタ風の北を仕掛けた。
そして親の宮内のリーチ

三万三万七万八万九万四索六索七索八索九索四筒五筒六筒  リーチ  ドラ五索

二索を切り、ドラ待ちにした宮内。無情にも一発ツモは三索だった。これは仕方ないか。
その後、宮内が切った南を沢崎がポン。もう終わらせるべく親リーチに対しても前に出る。
そしてきっちりアガリ牌の五索を喰い取り、宮内からアガリ切った。

これにてD卓も終了。
沢崎が沢崎らしく、中村が中村らしく勝ち上がりを決めた。

1位通過:沢崎誠 2位通過:中村毅

最後のアガリでまたトータルの順位も変わり、それによりベスト8の組み合わせも変わった。

ベスト8
【A卓】藤島健二郎vs前原雄大vsともたけ雅晴vs中村毅

【B卓】ケネス徳田vs山脇千文美vs東谷達矢vs沢崎誠

今期のWRCリーグはDリーグ以下の選手がいないベスト8となった。
どちらの卓も白熱する対局となること間違いなし!
第4期を制するのは誰だ・・・!!