文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第4期JPML WRCリーグ ベスト8A卓レポート

2018/09/06
執筆:藤井 すみれ


今期で第4期となる、JPMLWRCリーグ。
今回は連盟チャンネルでも放送されたベスト8、A卓をレポートしていきたい。

対局メンバーは、現鳳凰位シードとしてベスト16から出場、前原雄大。
現世界チャンピオンとしてベスト16から出場、ともたけ雅晴。
高打点と爆発力が持ち味の実力派、中村毅。
先日B1リーグ優勝、A2復帰を決めた、今まさに絶好調・藤島健二郎。

この中から上位2名が決勝の椅子に座る事ができる。

 

1回戦(起家から、前原・ともたけ・中村・藤島)

東1局、中村がいきなりすごい配牌だ。

二索二索三索三索八索八索九索九索七筒南南発中  ドラ六筒

ここから6巡目に二索が暗刻に。7巡目には二索が4枚になるがこれはツモ切って柔軟に。
しかしなかなか有効牌を引けないまま、ドラドラの前原が形になってくる。
ともたけ、藤島も1シャンテンに。

親の前原、10巡目に二万をポン。

四万一索三索三索五索六索五筒五筒六筒六筒  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き

12巡目には藤島がリーチ。

六万七万八万四索五索六索四筒四筒六筒七筒七筒八筒九筒

ともたけも同巡テンパイ、現物待ちではないがヤミテンとする。

二万三万四万七索八索一筒二筒三筒六筒七筒八筒八筒八筒

これが大正解で、次巡のツモが五筒で放銃回避。
中村は終盤チーテンをとらずに自力テンパイ、前原も最終ツモ番でテンパイを入れた。
それぞれの意志が伝わってくる、4人テンパイ流局でのスタートとなった。

東2局
前巡にドラの中をリリースした中村、ツモ五万で気持ちよくリーチ。

三万四万五万五万五万四索五索四筒四筒五筒五筒六筒六筒  ドラ中

次巡前原もテンパイ。

一万二万三万六万六万一索二索一筒一筒二筒二筒三筒三筒

ヤミテンを選択するが、この三索は親のともたけに暗刻…。
しかもツモり四暗刻の1シャンテン。

ともたけ
一万一万八万八万八万二索三索三索三索三筒三筒白白

アガリは中村か?ともたけのドリームか?と思っていると、次巡前原がツモ切りリーチ。
胸騒ぎを感じたのは私だけではないはずだ。

一万二万三万六万六万一索二索一筒一筒二筒二筒三筒三筒  リーチ  一発ツモ三索  裏二筒

この4,000・8,000でSNSは大いに沸いた。これが前原雄大。そう見せつけるようなアガリだった。

東3局
親の中村の7巡目リーチ。

四万四万七万七万八索二筒二筒五筒五筒七筒七筒九筒九筒  リーチ

一打目に七索。4、5巡目には四索五索、と切ってある。
全体的にも待ちごろの八索を見事ツモアガって裏ドラ2枚。6,000オールを決めた。

東4局2本場
親を迎えた藤島が2巡目に打たれた白をポン。

四万四万六万七索八索九索五筒六筒六筒九筒九筒  ポン白白白

ここからドラの六筒を切っていった!見れば九筒は1枚切れ。アガリにくいドラドラを捨て、連荘への道を辿る。

ツモ四万でテンパイ。

四万四万四万七索八索九索五筒六筒九筒九筒  ポン白白白

藤島の河は

一万 上向き二筒 上向き六筒 上向き八万 上向き六万 上向き三万 上向き

ソーズのホンイツや、字牌を警戒するだろうか?
ノーケアの四筒七筒を捕えて連荘に成功した。

3本場でも前原から2,000は2,900をアガるのだが、このメンバーのここからの粘りが物凄い。
4本場でともたけのリーチに対して全員がテンパイを入れるが、中村は危険牌で一旦まわるが復活。
藤島もチーテンを入れていたがドラをひかされて1人ノーテンで親落ちとなった。

南1局5本場、
親番の前原、7巡目。

一万二万三万四万五万六万七万七万五索六索七索五筒六筒  ドラ南

タンピンや三色変化を見てヤミテン。
8巡目に藤島も、前原の当たり牌七筒を引き入れテンパイ。ドラの南を切ってヤミテン。

五索六索二筒三筒四筒四筒五筒六筒六筒六筒七筒七筒七筒

この南打ちに呼応するかのように、前原は次巡ツモ切りリーチ。藤島もツモ切りおいかけリーチとし、全面戦争に踏み切った。
藤島の待ちは山に2枚、対して前原の待ちはもう山に無い。勝負の行方を見守っていると手牌を倒したのは……前原!?

ともたけ
八万八万一索一索一索四索四索四索七筒白白中中  ツモ中  打七筒

ともたけがツモり四暗刻テンパイで押し出された七筒であった。山に無くてもアガってしまう前原の魔力が恐ろしい。
結局そこから9本場まで連荘。
南2局に藤島が5,200を討ち取るが、そのまま前原トップで終了となった。

1回戦成績

前原+32.1P 中村+17.2P 藤島▲14.2P ともたけ▲35.1P

 

2回戦(起家から、ともたけ・前原・藤島・中村)

東1局
1回戦では、当たり牌を多く掴まされ、苦しかったともたけの親リーチ。

五万六万六万七万七万八万九索九索一筒二筒三筒三筒四筒  リーチ  ツモ二筒  ドラ五筒  裏二筒

前原に追いかけられるも、力強くツモアガリ、4,000オール。
東2局3本場にはこのツモアガリ!

一筒一筒三筒三筒五筒五筒五筒西西西  ポン六筒 上向き六筒 上向き六筒 上向き  ツモ一筒  ドラ四万

1回戦の憂さを晴らすような美しい3,000・6,000で52,900点に。
南4局は前原が2巡目テンパイの1,000点を中村からアガリ、2着を確保。
この半荘放銃が続いてしまった中村が大きなラスとなった。

2回戦成績
ともたけ+46.9P 前原+5.1P 藤島▲9.0P 中村▲43.0P

2回戦終了時
前原+37.2P ともたけ+11.8P 藤島▲23.2P 中村▲25.8P

 

3回戦(起家から、前原・中村・ともたけ・藤島)

東1局
中村が国士模様。
ともたけが役なしテンパイをヤミテンしていた11巡目、待望の五筒が来る。

四万五万六万一索二索三索四索五索六索二筒四筒南南  ドラ七索  ツモ五筒

しかしともたけは更にヤミテンを続行。中村の国士が1シャンテンになったところで藤島から六筒で3,900。
手に溺れない丁寧さが、ともたけの一流たる所以だ。

東3局も2,600オールをツモり、加点。

東3局1本場には10巡目にまた親リーチ。

八万八万一索一索八索八索七筒七筒南南北白白  リーチ  ドラ北

アガればこの半荘の決め手となるだろう。
しかしその前巡にテンパイしていた前原の手がこちら。

五万六万七万一索二索三索四索五索六索一筒一筒三筒四筒

ともたけのリーチ一発目に持ってきたのは当たり牌の北
ヤミテンなら9,600の放銃になっていたのだろうか?華麗に回避した。

直後、ドラドラでテンパイした藤島が追いかけリーチ。

三万四万五万二索三索四索四索五索九筒九筒九筒北北  リーチ  一発ツモ三索  裏白

2,100・4,100。正に紙一重。反撃の狼煙をあげた。

東4局
気持ちよく迎えた藤島の親番。6巡目、さらりとドラの西を切る。

二万四万五万二索二索四索五索六索七索九索三筒六筒六筒西

ほぼ無駄ヅモなしでテンパイし、リーチ。

三万四万五万二索二索四索五索六索七索八索九索六筒七筒  リーチ  ツモ五筒  ドラ西  裏四万

アガリがあると見れば、ドラを無駄に持つ事はせず、目一杯手を広げる。藤島のアガリへの嗅覚は見事である。

南1局
中村が苦しい。そろそろアガリが欲しい。
そこへまたしても藤島のリーチが飛んできた。

一万二万三万二索三索四索五索六索一筒二筒三筒発発  リーチ  ドラ一筒

中村が一発で引かされたのは高目の一索。なんたる不運。

四索五索八索九索一筒二筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒  ツモ一索

一旦八索九索落としで堪えるが、テンパイと同時に押し出され、8,000点の放銃となってしまった。

南4局
そのまま中村は11,700点持ちのラス目でオーラスを迎えていた。
9巡目にドラ暗刻のテンパイ。

五万七万八万八万八万五索六索七索二筒三筒四筒七筒発発  ドラ八万

七筒を切ればカン六万のテンパイなのだが、3着目の前原は26,200なので、跳満ツモか満貫直撃しなければラス抜けできない。
テンパイ外しも有力かと思われたが中村は決意のリーチとした。

それを見て前原はオリ。50,400点持ちの親の藤島がポンテン。
万事休すかと思われたその時、中村が六万を引き寄せた。裏ドラも1枚乗せ、執念の3,000・6,000を決めた。
残り1回に勝負をかける。

3回戦成績
藤島+29.4P ともたけ+3.7P 中村▲11.3P 前原▲21.8P

3回戦終了時
ともたけ+15.5P 前原+15.4P 藤島+6.2P 中村▲37.1P

 

4回戦(起家から、藤島・前原・ともたけ・中村)

3回戦の前原のラスによって、中村以外の3人の着順勝負となった。

東1局
前原が9巡目リーチ。

三万四万二索二索三索三索四索四索四筒五筒六筒東東  リーチ  ドラ五万

中村に暗刻だったドラの五万をツモりあげ、裏が2枚。3,000・6,000で一歩抜け出した。

東2局 藤島→中村1,300
東3局 藤島→ともたけ2,900
じわじわと局が進んでいく。

東3局
中村、藤島の2軒リーチ。

中村
一万二万三万四万五万六万三索三索七索八索三筒四筒五筒  リーチ  ドラ五筒

藤島
五万五万四索五索七索八索九索二筒二筒二筒六筒七筒八筒  リーチ

次巡追いついた親のともたけ。

二万四万六万六万七万八万二索二索二索五索六索七索六筒六筒

二万六万も2人のリーチに危険。どちらも選ばす丁寧に現物の八万を切ると、次巡のツモが三万
なんだかショックなツモである。ここは藤島が中村から1,300は1,600となった。

東4局
南家・藤島が八筒をポンしてドラの九筒を切る。

六万六万五筒九筒南南北北北白白  ポン八筒 上向き八筒 上向き八筒 上向き  打九筒

その後、五筒四筒がくっつき、六万のトイツ落としでホンイツへ移行。

そこへ親の中村がリーチ!

八万八万八万一索二索三索四索五索八索八索発発発  リーチ  ドラ九筒

このリーチを受けて藤島が一発で持ってきたのは六索
ツモ三筒でテンパイすると同時に場に放たれた。裏ドラが1枚乗り、9,600。
持ち点は12,900点に減り、藤島にとっては大きすぎる放銃となった。このまま脱落してしまうのか?

一方中村は35,300。
6,000オールでほぼ並びになれる。
しかし1本場は前原に捌かれて、勝負は南場へと持ち越された。

南1局
藤島12,800
前原44,300
ともたけ29,900
中村33,000

絶対に落とせない藤島の親番がやって来た。
そんな時に限って難しい手が入るものである。

一万三万五万六万七万七万九万一索二索四索四索七筒八筒九筒  ドラ七筒

長考し、一索を切る藤島。しかしそのまま有効牌をひかない。
中村も上家で完全に絞り、鳴かせない。藤島の最後の親番が終わってしまった。

南2局
現状トップ目で通過の前原の親番。

三万四万五万七万八万八索八索二筒二筒二筒四筒五筒六筒  ドラ発

8巡目テンパイ。さぁ、どうする。普段ならもちろん迷わないが、今は逃げる立場。
じっくりと考えた末の決断はリーチであった。

追う立場の藤島、中村にとってピンチ、そしてチャンスでもある。

中村
一索二索三索四索五索七索九索九索九筒九筒北発発  ドラ発

中村、ここから八索をチーして向かって行く。
そのチーによって前原のツモアガっていた六万がともたけに流れた。
そして……中村に暗刻になっていた発が藤島に流れた!

藤島
一万二万三万七万八万八万九万九万五索六索七索発発  リーチ  一発ロン七万

前原から僥倖の8,300。藤島に一筋の光が差す。

南3局
テンパイ1番乗りは前原。

四万四万一索一索二筒四筒四筒南南北北発発  ドラ九索

ともたけはこの形から中をスルーしてガードを固める。

七万八万九万二索三索三索四索五索七索二筒三筒中中

そこへ来たのは中村のドラドラリーチ。

一万二万三万五万六万七万七万八万九万九索九索八筒八筒  リーチ

その時の藤島はこの形。

五万五索五索六索七索八索九索一筒二筒四筒五筒六筒七筒八筒

現物の六索を切り1シャンテンをキープ。前原は撤退、ともたけも一歩引いた。中村はこれをアガって親を迎えたい。
そこへ藤島、待望のツモ九筒で現物待ちのペン三筒テンパイ!危険牌の五万をスッと勝負し、手元に来た三筒を愛おしそうにツモりあげた。
藤島が、あの絶望的な状況からまさかの復活を遂げた。

南4局
いよいよオーラス。
藤島30,100
前原32,000
ともたけ28,900
中村32,000

先ほどの2,000・4,000で現状通過は前原・藤島。
ともたけの条件は1,300以上の出アガリ、ツモアガリは何でもOK。
中村はアガリを重ねるのみだ。現状1位の前原も、少しの放銃で即脱落となるしびれるオーラスになった。

まずは中村が4,000オール。上位に肉薄する。
この1本場でともたけは1000点でもOKに。

南4局1本場
ともたけ、1巡目の北をポン、一筒もポンしていく。

七万八万三索三索二筒四筒六筒  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ポン北北北  ドラ五筒

数巡後、前原テンパイ。

一万二万三万四索五索六索二筒三筒七筒七筒白白白

藤島もテンパイ。

一万二万三万四万五万六万七万八万九万二索三索四索七筒

あがれば決勝だ。最後まで分からない結末に、思わず息を飲む。
そして……ともたけにもついに入ったテンパイ。

七万八万三索三索四筒六筒六筒  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ポン北北北  ツモ三索

打ち出された四筒は、前原への放銃牌だった。

4回戦成績
中村+26.0P 前原+4.6P 藤島▲8.9P ともたけ▲21.7P

4回戦終了時
前原+20.0P 藤島▲2.7P ともたけ▲6.2P 中村▲11.1P

1位通過 前原雄大
2位通過 藤島健二郎

最後まで何が起こるか分からない展開のなか、前原と藤島が決勝進出を決めた。
麻雀にドラマあり、落とし穴もあり。きっとこの2人なら、決勝でも沢山の驚きを私達に与えてくれるだろう。

前原が力で捩じ伏せるのか。藤島は2期決勝で敗れたリベンジを果たせるのか。
期待は高まるばかりだ。