文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第4期JPML WRCリーグ ベスト8B卓レポート

2018/09/06
執筆:藤井 すみれ


今期で第4期となるJPMLWRCリーグ。
ベスト8・A卓からは、前原雄大と藤島健二郎が決勝進出を決めた。

B卓の出場選手はこちら。

現マスターズとしてベスト16から出場、いま最も勝ちまくっている男、沢崎誠。
前回も決勝進出を決めた、高打点ヤミテンが得意技、ケネス徳田。
仕掛けとリーチを多用し、積極的に主導権を取りにいく、東谷達矢。
唯一ここまで残った女流プロ、人気実力ともに兼ね備えた山脇千文美。

この中から上位2名が決勝進出となる。

 

1回戦(起家から、東谷・山脇・沢崎・ケネス)

東1局、親の東谷が9,600のテンパイ。

二万二万三万三万四索六索六索七索七索九索九索五筒五筒  ドラ二万

場にはソーズがほどよく切れていて、沢崎が国士模様なので待ちごろだ。
1枚切れの北もスッとツモ切って行く。判断が早い。

そこへケネスが10巡目リーチ。

二万三万四万五万六万九万九万九万一筒二筒三筒四筒四筒  リーチ

3面張だが、山脇がケネスの当たり牌をなんと7枚も所有。薄かったが、七万をツモ。
1,000・2,000。
実は四索単騎は山に3枚もいて、枚数では勝っていた。

東2局
山脇がダブ東暗刻&ドラドラの大チャンス!

七万七万八万七索八索九索六筒六筒七筒八筒東東東  ドラ七万  ツモ四筒  打八万

このテンパイをしぶしぶ取る。
同じくドラドラのケネスがこちら。

五万六万七万七万八万九万六索八索一筒三筒三筒三筒五筒

割と出てしまいそうな形!危ないぞ!
……と心配していたらあっさりと山脇が五筒をツモ。気持ちよく4,000オールを決めた。

東3局
親の沢崎。

六万七万七万八万三索四索六索一筒二筒二筒三筒六筒七筒八筒  ドラ東

ここからゆったりと打三筒とした。沢崎が打つと、6,000オールをツモる姿が浮かんでくるから不思議だ。
東谷は好形の1シャンテンでドラの東を切っていく。

四万五万八万八万八万五索五索二筒二筒三筒四筒四筒五筒

沢崎ツモ五万で、仕上がりはやや不満そうだがリーチ。

五万六万七万七万八万三索四索五索二筒二筒六筒七筒八筒  リーチ

東谷から一発で九万を討ち取り、5,800のアガリとなった。

東3局1本場も、ケネスとのリーチ合戦に勝利で4,100オール。
今日も調子が良さそうだ。

南1局
ケネスが魅せる。

二索三索四索一筒一筒一筒一筒二筒四筒五筒五筒五筒九筒九筒  ドラ二索

ここから打四索!何とドラを使った完成ターツを壊す一打。
国士模様の山脇が二索を先に切っているのもあり、チンイツに向かいやすかったとはいえ、なかなかできない。
その後も続々とピンズを引くがアガリにはならず、ケネスの九蓮宝燈はお預け。

南2局
東谷が勝負手を成就させる。

六万七万八万二索二索五索六索七索二筒三筒四筒六筒七筒  リーチ  ドラ七索  ツモ五筒  裏六万

南3局も積極的に7巡目リーチ。

二索三索四索五索五索六索七索三筒三筒三筒四筒五筒六筒  リーチ  ドラ八万

それを受けてケネスは超勝負手の1シャンテン。

四万四万七万七万八万八万九万九万三索六索七索八索四筒

しかし追いつく事なく、東谷が1,000・2,000をツモ。

オーラスは東谷・山脇との2着争いだったが、東谷は無理に戦わず静観。
山脇→沢崎の放銃で決着。
ケネスは手が実らず、苦しいラススタートとなった。

1回戦成績
沢崎+40.4P 東谷+4.6P 山脇▲8.1P ケネス▲36.9P

 

2回戦(起家から、山脇・沢崎・ケネス・東谷)

東2局
沢崎の3巡目リーチ。

二万三万四万八万八万六索七索八索二筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ四筒  ドラ七索

流れるような4,000オール。

東2局1本場
山脇が10巡目リーチ。

二万二万一索一索一索七索八索九索三筒四筒五筒七筒九筒  リーチ  ドラ八万

積極的にアガリを取りにいったご褒美だろうか?
4枚目の一索を持ってきてカン。そして八筒のツモアガリで裏ドラが1枚。2,000・4,000に!リーチのみが化けた。

南1局
苦しいケネス、遠めのホンイツで仕掛けていく。

四万五万五万八万八万一筒二筒南北発  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き

その後ツモが効き、形になってきた。

三万四万五万五万六万八万八万北北発  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き

そこでケネスの欲しい七万を東谷がカン。

一万二万三万三万五索三筒五筒東東東  暗カン牌の背七万 上向き七万 上向き牌の背  新ドラ六索

ケネス、八万をポンして四万七万のテンパイ。
東谷、更に東もカン。新ドラがカンしている七万にモロ乗り!
ツモ四万、ツモ西でメンホンのテンパイ。

一万二万三万三万四万五万西  暗カン牌の背東東牌の背  暗カン牌の背七万 上向き七万 上向き牌の背  ドラ西六索七万

これを何とリーチにいく!!10翻スタートの恐ろしいリーチだ。

山に西は1枚残っていたが……ここは流局。
東谷の大胆さは見る者を惹き付ける。

南2局
ケネス渾身のドラ暗刻のヤミテンが山脇の1,000点に捌かれる。

南3局
親のケネスの仕掛けと、東谷のリーチが山脇の1,000点に捌かれる。
山脇の精度の高さに惚れ惚れするが、やられたほうはたまらない。
それでいて放銃率も低く、とにかく逃げ足が早いのだ。

南4局
沢崎がトップ目。連勝すればより勝利に近づく。山脇も3,900でトップだ。

ラス目の東谷の親。タンヤオ七対子を即リーチ。

二万二万三万七万七万二索二索八索八索三筒三筒四筒四筒  リーチ  ドラ五索

ここに満貫ツモで3着→2着になれるケネスが追いかけリーチ。

一万二万三万五万六万一索一索一索五索六索七索北北

勝者は東谷!裏ドラ2枚で6,000オール。一気にトップに躍り出た。
そうなるとこの男が黙っていない。

沢崎
三万三万四万五万五万七万七万五索六索七索六筒七筒八筒  ドラ六索

このテンパイから、ツモ二万→打三万五万七万のシャンポンに待ち変え。すぐにツモ七万でトップ返り咲き。
連勝を飾った。

2回戦成績
沢崎+22.5P 東谷+11.6P 山脇▲5.9P ケネス▲28.2P

2回戦終了時
沢崎+62.9P 東谷+16.2P 山脇▲14.0P ケネス▲65.1P

 

3回戦(起家から、東谷・山脇・ケネス・沢崎)

ケネスが2ラス。
ちょっと語呂がいいのが悲しい。
東2局もドラ暗刻のテンパイが不発、流局で悲しい。

しかし東2局!

一索二索三索八索九索北北北白白  ポン南南南  ドラ二筒

自風の南をポンしてやっと嬉しい8,000のアガリ。ここから巻き返せるか。

東3局
その8,000を打ってしまった東谷。

一万一万八万九万七索八索九索一筒二筒三筒七筒八筒九筒  ドラ七索

ヤミテン跳満のこの手をリーチ!!
跳満あっても倍満あっても最終形はリーチで決めにいくスタイル、さすが九州男児である。
しかしここも捌き職人・山脇の300・500で穏便に終わった。

南2局
東谷めげずにリーチ。

二万二万二万三万四万五万三索三索四索五索二筒三筒四筒  リーチ  ドラ三索

対応した山脇が現物の四筒を切ると、今度は沢崎が1,300。東谷、がっくり。

南3局
トップ目、ケネスの親リーチ。

三万四万五万一筒二筒三筒六筒六筒七筒七筒八筒九筒九筒  ドラ五筒

まだまだ加点して大トップを取りたいだろう。

これを受けてラス目の東谷。

三万四万五万五万五万六万七万七万二索三索四索四筒五筒

またしてもいい手。
ここにケネスの当たり牌五筒を引き、テンパイ。さすがにこれはリーチ発声は無し。
するとほどなく六万
を掴んだのは……ケネス!泣きたくなるような8,000の放銃となった。

南4局
ラス目の沢崎、このまま終わるのは好ましくない。
12巡目親リーチ。

二万二万四万五万六万二索二索二索六索八索二筒三筒四筒  リーチ  ドラ中

微差の3着目、東谷。
またまたいい手。

三万四万四万五万五万二索三索四索七索四筒五筒八筒八筒

沢崎の河には四索が切れていて、七索が場に2枚切れ。
吸い込まれるように七索で7,700の放銃になってしまう。裏ドラ1枚乗ったのも大きい。

これで点棒状況は
東谷18,000
山脇38,400
ケネス30,300
沢崎33,300

さすがに東谷はラスか……
と誰もが思っただろう。

一索二索三索六索七索八索八索九索東東白白白  リーチ  ツモ七索  裏九索

この3,000・6,000で、まさかの2着浮上をするなんて。この男のへこたれなさ、見習いたいものだ。
そのアガリを見て、厳しい表情を浮かべる山脇。
ライバルとトップラスで終わる半荘だったはずなのに……計算が狂ってしまった。

3回戦成績
山脇+20.3P 東谷+5,3P 沢崎▲12.8P ケネス▲12.8P

3回戦終了時
沢崎+50.1P 東谷+21.5P 山脇+6.3P ケネス▲77.9P

 

4回戦(起家から、山脇・沢崎・ケネス・東谷)

いよいよ最終戦。
山脇・東谷の2番手争いはどうなるか。
1人置いていかれたケネスの逆転劇はあるか?

まずは東谷が攻めまくる。
東1局リーチ→1人テンパイ流局
東2局リーチ→ケネスから3,900は4,200。

東3局
ケネスの親番。
沢崎が激辛のポンテンで2巡目テンパイ。

三万四万六万七万八万九筒九筒北北北  ポン八筒 上向き八筒 上向き八筒 上向き  ドラ六万

局を潰して確実に勝ちを近づけるつもりだ。
続いて東谷もポンテン。しかしケネスも負けじとダブ東ポン!

五万五万六万六万七万八万八万三筒四筒五筒  ポン東東東  ツモ四万

終盤に4,000オール。

東3局1本場
山脇が動いた。

二万三万四万四索五索六索六索八索四筒四筒  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 上向き  ドラ北

親のケネスも三色1シャンテンだったが、立ちはだかるのは攻め屋・東谷。

四万五万六万八万八万八万三索三索四索五索四筒五筒六筒

もちろんリーチ!手に汗握っていると……山脇が七索をツモ!300・500で東谷との差を満貫圏内へ。
リーチし続ける東谷、かわし続ける山脇のシーソーゲーム。

東4局
山脇が絶対に落としたい東谷の親番。

三万三万四索四索六索七索八索五筒六筒西  チー三筒 左向き二筒 上向き四筒 上向き  ドラ二索

そろそろ打点も欲しかっただろうが、場に3枚目の三筒が打たれて今回も捌き手に。

東谷、仕掛けのプレッシャーも何のその。
リーチのみのテンパイをはずし、ドラを重ねてリーチ!

四万五万六万二索二索五索六索七索七索八索九索二筒二筒

ドラの二索は沢崎の手に2枚、二筒は山脇の副露に1枚。

しかしそれでも東谷が二筒を手元に引き寄せたのは、神様にこの瞬間選ばれたのだろう。

南1局、山脇の最後の親番。東谷自ら6,400を直撃。
これが決定打となり、長い戦いは幕を閉じた。

4回戦成績
東谷+31.4P 沢崎+5.9P ケネス▲11.2P 山脇▲16.1P

4回戦終了時
沢崎+56.0P 東谷+52.9P 山脇▲9.8P ケネス▲89.1P

1位通過 沢崎誠
2位通過 東谷達矢

さすがの安定感・沢崎と、リーチ回数断トツの東谷が決勝進出を決めた。

果たして誰が栄冠に輝くのか?
決勝のストーリーはまだ誰にも分からない。