文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第5期JPML WRCリーグ ベスト16C卓レポート

2019/01/31
執筆:楠原 遊


ベスト16卓も、折り返し残り2卓となった
A卓では現女流桜花・仲田加南と原佑典が、そしてB卓からは現鳳凰位・前原雄大とA1リーガーHIRO柴田がベスト8へ駒を進めた。
本日行われるC卓からは一体誰が勝ち上がるのか。

WRCルールは一発裏ドラカンドラあり、30,000点持ち30,000点返し。
順位点はトップから+15、+5、▲5、▲15。
4回戦を行いポイント上位2名がベスト8進出となる。

ベスト8C卓

 

100

 

 

1回戦(起家から後藤正博→木本大介→内川幸太郎→宮内崇成)※文中全て敬称略

東1局

 

100

 

木本大介 D3リーグ 東京本部所属 一次トーナメントより勝ち上がり
現役の大学生であり、33期入会と今回の出場者の中ではもっとも若手の選手のうちの1人。先輩選手ばかりの中、破竹の勢いでここまで勝ちあがってきた。
ここでもその勢いのままベスト8進出となるか。

7巡目に南家・木本が仕掛けを入れ、2シャンテン。
そこから積極的に鳴きを入れ、10巡目に以下のテンパイ。

三索三索北北  チー五筒 左向き四筒 上向き六筒 上向き  チー四万 左向き二万 上向き三万 上向き  ポン東東東  ドラ北

それに呼応するように内川も仕掛けを入れ、後藤にも北単騎のテンパイが入る。
しかし最後のツモ番で三索をツモり1,000・2,000。
仕掛け始めは2シャンテン、はじめての放送対局の1回戦東1局、プロになりまだまだ日も浅い木本だが、落ち着いて普段どおりの麻雀を打てている気がした。

 

100

 

内川幸太郎 A2リーグ 東京本部所属 現十段位 シードによりベスト16からの参戦
昨年9月の十段位決定戦における大逆転劇も記憶に新しい若きAリーガーは、健康麻雀教室の人気講師でもある。
トーナメント戦巧者の呼び声も高いプレーヤーだけに、今回の戦いは内川を中心にまわってゆくと思われる。

南3局2本場

2巡目、親の内川の手がこちら。

一万一万二万二万四万四万五万五万二索三索五筒六筒発  ツモ一索  ドラ発

ここからドラは切り出さず打一万。受け入れ重視であれば発となるが、巡目も早く、打点も見た選択。
こちらは西家後藤6巡目の手牌。

五索六索七索八索九索四筒五筒八筒八筒八筒白白発  ツモ白

白暗刻の絶好の1シャンテンだが後藤の選択は八索。ここもドラは切らず。
そして次巡、1シャンテンの内川から出た北を北家の木本がポン。

一万二万三万四万五万六万八索八索五筒六筒  ポン北北北

テンパイを入れる。次巡、内川のツモは七万

 

100

 

上家の木本の六万は手出し(空切り)、ドラと切り辛いマンズか、もしくはピンズ、ソーズいずれかを切るのか、ここでの内川はドラ切り。
かわし手と勝負手、自身のテンパイの可能性をもっとも見つつ、他家の動向を伺う選択とした。

巡目や局面によって選択を自在とする内川の繊細な一面が伺える1局となったが、ここは木本が宮内から1,000は1,600のアガリ。

南4局1本場
各選手の持ち点は、後藤35,700 木本26,800 内川29,800 宮内25,700。
供託が2,000点あり、全員にトップのチャンスがある局面。この局を制したのは前局1人ノーテンであった内川。

五万六万七万七万  ポン中中中  ポン発発発  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き  ツモ七万  ドラ四万

鳴きはじめこそ少し遠い仕掛けであったが、これをアガリ切り2,000・4,000は2,100・4,100。
なんとこれが内川の本日初アガリ。直接的な加点は少なくともしっかりトップを狙える位置に着けて、要点をついた仕掛けで1着をもぎとった。

1回戦結果
内川+25.1P 後藤+8.6P 木本▲10.3P 宮内▲23.4P

 

2回戦(木本→宮内→内川→後藤)

東2局1本場

後藤の手牌

 

100

 

ここから受け入れを目一杯にする東ではなく、二万切りの選択。2枚目の東を見せることを嫌ったか、役満や染め手なども見たか。
しかし2巡後にツモってきたのは三万。これはツモ切り。
その後八索六筒と引き状況によってはツモアガリになっていたかもしれない中でテンパイ、白四万のシャンポン待ちをヤミテンにする。
これに飛び込んだのは三色イーペーコー1シャンテンの内川。6,400は6,700のアガリ。
アガリ逃しが見えているからこそなのか、形が不十分と見たか、リーチとは行かなかった選択が実を結ぶ。

南2局3本場
4着目の南家内川に勝負手が入る。

一万二万三万四万五万五万六万七万七万八万九万東東  ドラ三筒

安目ながら三万をツモアガリ2,000・4,000は2,300・4,300。
このアガリ一撃でトップ目後藤と1,700点差の2着目に浮上。

南3局

 

100

 

後藤正博 D1リーグ 北陸支部所属 一次トーナメントより勝ち上がり
アマチュア時代に第17期最強位を獲得し、昨年行われた第1期北陸プロリーグ優勝と実績も十分。
今回のベスト16唯一の地方支部所属のプロとして、ここで負けるわけにはいかない。

6巡目、南家の後藤に勝負手のテンパイ

一万二万三万四万四万一索二索三索一筒二筒三筒五筒六筒  ドラ二万

今までヤミテンの選択が多かった後藤だが、ここはリーチとゆく。
巡目やアガリやすさはもちろんのこと、2着目となった内川の親番であることも大きいだろう。ここを勝負どころと見ての選択。
この手をツモアガリ、3,000・6,000のアガリ。これは決まり手となったか。

トップを磐石とした後藤の連荘が続く南4局3本場
その親を流すべく内川が仕掛ける。

三万五万六万七万八万四索四索六筒七筒八筒  チー三筒 上向き四筒 上向き五筒 上向き  ドラ白

後藤1人を安全圏まで逃がすわけには行かない。そこに15巡目、3着目の木本からリーチ。

二万三万四万七万八万九万二索三索四索八索八索二筒四筒

手役の確定したこの手に一発で飛び込んだのは内川。8,000は8,900のアガリ。
この痛恨の放銃で、4位まで着順を落としてしまう。

2回戦結果
後藤+45.4P 木本+1.2P 宮内▲17.8P 内川▲28.8P

トータル
後藤+54.0P 内川▲3.7P 木本▲9.1P 宮内▲41.2P

 

3回戦(内川→木本→後藤→宮内)

東2局1本場
折り返しとなった3戦目、ポイント的には後藤が1歩も2歩もリードといったところ。
3巡目、南家後藤の手牌。

五万六万七万八万九万九万四索三筒四筒五筒六筒七筒八筒  ツモ五万  ドラ八筒

シャンポンテンパイは取らずに手を育てる打九万。形としては五万をツモ切ったほうが手広いが、タンヤオを見ての選択。
そしてツモ三索、ここは思ったとおりの形になったとリーチ。
ここは引けない親の木本が放銃となり8,000は8,300。後藤のアドバンテージはさらに大きなものとなったかに思われた。

東3局

先ほどアガった親の後藤が、ツモ牌を多く取ってしまう。立会人の裁定はチョンボ。
半荘の着順とは関係なくトータルのポイントから▲30となる。

南1局
ここでも西家・後藤のリーチ。

三万四万五索六索七索五筒六筒七筒八筒八筒八筒中中  ドラ八万

それにすぐに追いついたのは現状4着目の木本。

一万二万三万五万六万七万八万九万四索四索六索七索八索

四万は先行リーチの現物だがここは追いかけリーチ。トップ目に喰らいつくチャンスとみたか。
後藤がすぐに七万を掴み、裏ドラ乗って8,000のアガリ。築いてきたリードが少しずつ崩れてゆく。

南3局

 

100

 

宮内崇成 D1リーグ 東京本部所属 1次リーグより勝ち上がり
第42期王位戦決勝進出、第4期WRCリーグベスト16進出と、短いキャリアの間にしっかりと結果を出している選手。
デビュー以来、打ち筋もだいぶ変化してきた。先輩、後輩入り混じったこの舞台で、100%の力を出し切れるか。

本日、飛び抜けて苦しい展開が続いている南家・宮内。ここでチャンス手が入る。
ここまで、勝負手もかわし手もなかなか成就してこなかったが、ここで諦めるメリットは1つもない。

三万四万五万六万七万四索五索六索三筒三筒四筒五筒六筒  ドラ三筒

この手をリーチ。
親の後藤も仕掛けてホンイツのテンパイ。

一筒三筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒白白  チー四筒 上向き五筒 上向き六筒 上向き

そして西家・内川にもテンパイが入っている。

一万二万二万三万三万四万八万八万四索五索六索八索八索

そして北家・木本も粘る。

八万九万九万五索五索二筒二筒五筒五筒七筒七筒八筒八筒

アタリ牌単騎の七対子。
この手にさらに五万をひいてくる。残りツモは1回。手牌の中に直接の現物がないこともありここは八万を押して8,000点。
宮内にとっては、この日初めての会心のアガリとなった。
そして放銃してしまった木本、このベスト16で、何度も相手の先行を受け相手のアタリ牌を握って粘りこんできただけに、悔しい1局となった。

南4局
各者の持ち点はこちら
内川33,300 木本21,900 後藤32,100 宮内32,700
3者のし烈なトップ争いとなるかと思われたが、一番初めにテンパイを入れたのは木本。

二万三万三索四索四索五索五索七索七索七索六筒六筒六筒  ツモ三索  ドラ五筒

この手をいったん二万単騎のタンヤオイーペーコーのヤミテンとする。
役満やドラ引きなど嬉しい変化が多い手だ。
そして5巡後、四筒ツモでドラの受け入れができリーチ。

 

100

 

そのリーチを受け親番・宮内の手。(二索をポン→加カン)

カン六筒で粘っていたところに引いてきた七筒。ツモられたらこの半荘は終わり、放銃しても終わり。
少考ののち、どちらかを選択してテンパイを構える決意をした宮内が選んだのは中筋の五筒。これが木本に12,000の放銃となった。

一方このアガリで、木本は4着目からトップまで着順を上げ、宮内はまたしても4着での苦しい半荘となった。

3回戦結果
木本+18.9P 内川+8.3P 後藤▲2.9P 宮内▲24.3P

トータル
後藤+21.1P(▲30含む) 木本+9.8P 内川+4.6P 宮内▲65.5P

 

最終戦(内川→木本→宮内→後藤)

ベスト16C卓も最後のゲームとなった。現状、後藤が一歩優位だが木本・内川もプラスポイントで着順と素点でどうにかなる差。
一方大きなビハインドを背負った宮内はいかにして大きくポイントを重ね上位2人に入るかが課題となる。

東1局
7巡目、北家・後藤に先行テンパイ。

一万一万二万三万四万六索七索二筒三筒四筒六筒七筒八筒  ドラ八万

五索八索は場に4枚切れ、3者の河に五索が出ているのもありヤミテンとする。
15巡目、そこに追いついたのは親番の内川。

五万六万七万八万八万一索二索三索五筒六筒九筒九筒九筒

ようやく入った役なしドラドラをリーチ!そこに3人目のテンパイは西家・宮内。

四万四万五万八万九万九万東東南南白発発  ツモ八万

メンホン七対子ドラドラ。五万白もリーチには通ってないが、ここは2枚切れの白待ちを選択し五万を勝負。
飛び込んだものを地獄に引きずり込む手となったが、ここは誰もアガらずに3人テンパイでの流局となった。

東1局3本場
内川の連荘が続いている。この局もまっさきにテンパイを入れたのは内川。

六万七万八万四索五索五索六索六索七索一筒一筒五筒六筒  ドラ八万

ここは一旦ヤミテンにして、アガリを拾うか。供託も2,000点ある。
しかしそこに宮内からリーチ。

三万三万四万四万八万三筒三筒六筒六筒七筒七筒八筒八筒

この状況下、宮内の手がリーチのみの1,300点とは考えづらい。
現物待ちということもあり1枚おした内川だが、ドラ筋の五万を引いて雀頭一筒外しとする。そしてすぐに宮内がツモ切る七筒
五万をおせていればのアガリ牌だが、ここで宮内に放銃もしたくない。それをあわせた後藤から七筒をチー、再びテンパイ

五万六万七万八万四索五索五索六索六索七索  チー七筒 左向き五筒 上向き六筒 上向き

ここに再び通ってない一索を持ってきて打六索、その巡目に今度は4枚目の二索が切られ、次巡六索がかえってくる。
ノーチャンス、場に1枚切れとなった一索を切り出し、再びテンパイ復活。そのまま2人テンパイで流局。
放銃と自身の加点、さながらタイトロープの上で絶妙なバランスを取っているかのような立ち回りで、しっかりと親番を守った。

東2局5本場
長く続いた内川の親が流れ木本の親番。供託はなんと五本まで増えた。
ここまで誰もアガってない半荘であるが、特になかなかテンパイ料の加点の機会がなかった木本に先行テンパイが入る。

四万五万六万六索七索八索一筒一筒一筒五筒六筒九筒九筒  ドラ六索

この手をリーチしてドラ3の宮内からロン。3,900は5,400に供託5,000点。じつはこの半荘始まって初のアガリでもある。
このアガリで、現状のトータル1位2位は内川・木本に。

東2局6本場

五万六万七万一索二索三索二筒三筒北北白白白  ドラ三筒

北家の内川が3巡目にリーチ、役有りだがまだまだアドバンテージはのばしたい。
しかし親の木本も同巡に追いかけリーチ。

六万八万五索六索七索一筒一筒三筒四筒五筒七筒八筒九筒  リーチ

バチバチと火花が散る展開になると思われたが、ここは内川が一発で(1)ツモの満貫6本場。
勝ち上がり争いを一歩リードする展開となる。

南4局
南3局に木本に2,000・4,000のアガリ、現状の勝ち上がりは内川と木本。
条件が厳しくなってしまった宮内はしっかりとオリている。
後藤の親番、ドラ暗刻の仕掛けを入れタンヤオのテンパイを入れるも、内川が400・700をアガリ、自身の力で勝ち上がりを決めた。

最終戦結果
内川+30.8P 木本+3.5P 宮内▲11.7P 後藤▲22.9P

勝ち上がり 内川幸太郎 木本大介

内川「次回は桜花3連覇の仲田さんと、A1で脂がのっている柴田さん、そして沢崎さんもくるかもしれない。楽しみなメンバーです。」

木本「今年は自分の干支の年。このまま猪突猛進で突っ走りたいと思います。」

 

100