文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

チャンピオンズリーグ レポート

一覧

第5期JPML WRCリーグ ベスト8A卓レポート

2019/02/18
執筆:楠原 遊


半年間行われてきた今期のWRCリーグも、準決勝2戦に決勝を残すのみとなった。
今日はベスト8の1日目。最後のトーナメント戦であるここを勝ち上がれば決勝戦である。

WRCルールは一発裏ドラカンドラあり、30,000点持ち30,000点返し。
順位点はトップから+15、+5、▲5、▲15。
トータル4回戦を行いポイント上位2名が決勝進出となる。

 

100

 

ベスト8A卓は、現十段位の内川・現女流桜花の仲田・A1リーガー柴田・そして蒼山の4名。

 

1回戦(起家から仲田加南→内川幸太郎→蒼山秀祐→HIRO柴田)※文中全て敬称略

大きな点棒の移動もなく迎えた南1局の4巡目、

 

100

 

この手から南家・内川の選択は二筒。ドラドラの手、打牌選択としては白二筒
トイツ手になったときに待ち牌候補である白を残し、メンツ手でもイーぺーコーが崩れやすい二筒を選択。
次巡、すぐに八万を引き思惑通りと白単騎のリーチとゆく。
残されたのが数牌であったならノータイムでのリーチとはいかなかっただろう。

しかしそこに追いついたのは親の仲田、

二索三索四索五索六索八索九索二筒三筒四筒七筒八筒九筒  ツモ六索  ドラ二索

ここは勝負と追いかけリーチ。白は蒼山の手に暗刻になった。
2軒リーチならば安牌次第で打ち出されるかとも思われたが、ここは仲田がラス牌の七索を力強く引き寄せ2,000オールのアガリ。

南1局2本場
このまま仲田の連荘が続くと思われたが、アガったのは北家・柴田。

三万四万五万二索三索三索四索四索八索八索三筒四筒五筒  ドラ四筒

この手をリーチしてツモ二索、3,000・6,000の大きなアガリ、他家を引き離す。

南3局1本場
予選、トーナメント、ベスト16とここまで仕掛けを多用してきた西家・仲田がここでも元気よく鳴いてゆく。

牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背  ポン北北北  ポン東東東  ドラ七筒

3巡目にオタ風の東を一鳴き、すぐに北もポン。かなり迫力ある仕掛けに見えるが、仲田の場合、高いも安いも、早いも遅いもある。
そこにまっすぐむかっていったのは南家の柴田。

五万六万五索六索七索西西  チー五索 左向き六索 上向き七索 上向き  ポン発発発

こちらも仕掛け返してこの形。まっすぐアガリにむかい仲田から1,000は1,300のアガリ。
実は仲田も、

八筒八筒南南南白白  ポン ポン北北北  ポン東東東

かなりの勝負手であり、そうであっただけに柴田のかわし手が光った1局となった。
そのまま柴田がトップを守り1回戦を終える。

1回戦結果 
柴田+27.2P 仲田+3.3P 内川▲9.4P 蒼山▲21.1P

 

 

2回戦(柴田→蒼山→仲田→内川)

東2局、ここまでなかなか出番のなかった親の蒼山。仲田のマンズ、柴田のソーズの仕掛けに、内川の役牌暗刻のテンパイをかいくぐりリーチをかけ1,000オール。
このアガリを機に、1本場で内川から2,900は3,200、2本場は柴田・内川のリーチを受けながらもドラを仕掛け、内川から12,000は12,600のアガリ。3本場はリーチをかけて仲田から5,800は6,700。
1回戦のマイナスを取り戻すかのようにアガリ倒す。

南1局
再び蒼山の親番。すでに持ち点は7万点を超えている。

八万八万九万五索六索六索七索八索二筒二筒発発発  ドラ北

8巡目、ここに4枚目の発を引いて暗カン。カンドラは一筒。この親番でもやる気は満々だ。
そこにテンパイを入れたのは西家・内川。

二万二万三万三万一索一索二索三索三索四索五索六索七索  ツモ一万  ドラ北 一筒

役も無く形も良いとはいえないが、マンズの景色はいい。リーチをかければ裏ドラも期待できる。ここは即リーチとゆく。
そこに追いついたのは南家・仲田。

五万六万四索四索四索五索五筒六筒七筒北中中中  ツモ七万

ここはドラの北を切って追いかけリーチ。ドラの増加ももちろん理由であるが、親の連荘を阻止したい。
この2軒リーチを受け蒼山は一旦受け、2者の争いとなった。結果は内川のツモアガリ。裏が乗って1,300・2,600。
これ以上の加点はゆるさないという2人の意地が見えた1局となった。

オーラスは内川・仲田が鳴いて積極的にアガリに向かうも、4巡目、38,000点持ち2着の柴田がイーぺーコーをアガって半荘を終える。

2回戦結果 
蒼山+48.7P 柴田+14.6P 内川▲24.5P 仲田▲38.8P

トータル 
柴田+41.8P 蒼山+27.6P 内川▲33.9P 仲田▲35.5P

 

 

3回戦(内川→仲田→蒼山→柴田)

ここまで、トップ2着の柴田が先行し、2回戦で大きなトップを取った蒼山が続く。
まだまだ折り返しであるが、追う2名にも注目してゆきたい。

南3局
6巡目、30,500点持ちの2着目北家の仲田からリーチが入る。

五万五万八万八万二索二索七索七索九索二筒二筒東東  リーチ  ドラ東

3着目で親の蒼山とは2,800点差。この手が決まったらこの半荘の連帯は固い。
しかし蒼山もここで親を落としたくない。

九万九万五索六索一筒二筒三筒五筒六筒七筒  ポン南南南

そして掴んだのはアタリ牌の九索。こちらもツモ切り裏ドラ乗って12,000点。
トータル4位で3回戦をスタートした仲田のリーチを受けての選択だが、大きな失点となってしまった。

南4局
オーラスの各者の持ち点は以下の通り。
内川19,900 仲田42,500 蒼山16,800 柴田40,800

ここで仕掛けを入れたのは内川・仲田。トータル2位だった蒼山を4着のままこの半荘を終わらせたい。
アガったのは仲田。

六万六万六万四索五索六索四筒  ポン発発発  チー二筒 左向き一筒 上向き三筒 上向き  ツモ四筒  ドラ一筒

カンチャンからの自在な仕掛けでトップをもぎ取り、勝ち上がり戦線に名乗りを上げた。

3回戦結果 
仲田+30.2P 柴田+14.5P 内川▲15.8P 蒼山▲28.9P

トータル  
柴田+56.3P 蒼山▲1.3P 仲田▲5.3P 内川▲49.7P

 

 

最終戦(柴田→仲田→蒼山→内川)

いよいよ最終戦。トップ2着2着と大きくポイントを伸ばした柴田と、それを追う3者はマイナスポイント。
蒼山・仲田の着順勝負と、少し離された内川には大きな加点が必要とされるだろう。

東1局
西家・蒼山が積極的に仕掛けてゆく。

四万五万七索七索五筒六筒七筒  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き  ポン三筒 上向き三筒 上向き三筒 上向き  ドラ八万

勝負手となった内川から六万でアガリ8,000。

東2局
北家・柴田の配牌 ドラ六索

 

100

 

この手から4枚持ちの一索を選択。最終戦、トーナメントリーダーならではの選択か。
先行テンパイは7巡目南家・蒼山。

二索三索四索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒南南  ドラ六索

親の仲田が南を切っていることもありヤミテン。
そこに10巡目、追う立場の西家・内川からリーチ。

二万二万三万三万四万四万二索三索四索四索五索五索六索

そして親番の仲田からも同巡リーチ。

一万一万六索七索一筒二筒三筒四筒五筒六筒中中中

柴田の手もかなりまとまり1シャンテン。

二万三万三万七万八万九万一索一索一索白発発発

誰がアガってもおかしくない局面となったが、手を開けたのは仲田。
4,000オールでライバル蒼山の上にゆく。

東3局
8巡目、南家・内川。

二万三万四万二索二索三索三索六索七索八索二筒二筒二筒  ドラ二筒

手変わりもあるこの手をヤミテンとして、蒼山から8,000のアガリ。
そこからの仲田の局流しは圧巻。1,000、2,600をアガリ親番では1,300放銃、そしてまた2,000アガリ。
ポイントのアドバンテージを守ったままオーラスを迎える。

南4局1本場
親の内川がテンパイ連荘でつないだ1本場、各者の持ち点

柴田21,300 仲田44,900 蒼山28,200 内川24,600 (供託1,000点)

このままいけば柴田・仲田の勝ち上がり。内川の連荘か、蒼山の逆転か。

しかしここでもアガったのは仲田。

二万四万二索三索四索八索八索  チー三索 左向き二索 上向き四索 上向き  チー四万 左向き三万 上向き五万 上向き  ロン三万  ドラ六筒

自身の力で勝ち上がりを決めた。

勝ち上がり HIRO柴田 仲田加南

 

100

 

柴田「鳳凰位決定戦は終わりましたが、自分にとっては全てがんばらなくてはいけない試合。決勝も全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします。」

仲田「桜花以外ではひさしぶりとなる公式戦での決勝進出。B卓もしっかり見て準備します。」