文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ 決勝観戦記

一覧

第8期麻雀グランプリMAX決勝 最終日観戦記  前田 直哉

2018/04/25
執筆:前田 直哉


初日は前原劇場で終わった印象だが、この最終日は誰の日になるのか?そして全てが終わった時に頂点に立っているのは誰なのだろうか?まだ半分ある。ここから何が起こってもおかしくはない。

初日4回戦までの成績
前原雄大+61.4P 勝又健志+6.8P 森山茂和▲11.2P 藤崎智▲57.0P

 

100

 

5回戦(起家から勝又、藤崎、森山、前原)

まずは東2局森山の手牌がこうなる。

六万六万四索六索七索七索七索三筒三筒三筒五筒六筒七筒  ツモ二索  ドラ一筒

既に五索待ちでのタンヤオテンパイを入れていたがここに二索を持ってくる。捨て牌には三索が2枚切れているがここは六索切りを選択する。これは三索でのアガリを期待してではなく、二索四索の重なりを見ての一打である。手役アーティストと言われるほど常に手役を考えての進行であるがこれが見事に成就する。2巡後に六万を暗刻にして二索単騎待ちに受ける。もちろん二索を切れば3面待ちになるがこの手はあくまで三暗刻にしたいという思いが伝わってくる。だがそこへドラドラでのテンパイを入れた前原がリーチとくる。

二万二万二万三万四万五万五索六索一筒一筒六筒七筒八筒  リーチ

更に勝又も白を鳴いてここに参戦してくる。

三索四索四索五索五索六索一筒二筒七筒七筒  ポン白白白 

だがこの仕掛けで引かされたのは二索。前原には比較的安全そうに見えたがこれを森山が捉え6,400を手にする。

 

100

 

六万六万六万二索七索七索七索三筒三筒三筒五筒六筒七筒  ロン二索 

ここまでかなり苦しい展開になっている藤崎も黙ってはいない。次局の東3局、5巡目に早くもテンパイ。

一万二万三万四万四万五索五索六索六索六索中中中  ドラ発

ここはリーチかと思いきや、更なる上を目指してのヤミテンとした。そして10巡目に二万を持ってきて一万切りとする。待ちである三万は既に山に残っていないため、逆に四暗刻への期待が高まる。だが終盤に形式テンパイを入れようと前原が仕掛けて三万が出て行ってしまう。打点こそ3,200だが、トップをひた走る前原からの直撃は3者にとっては良いアガリとなった。そして今度は勝又がアガリをものにする。

二万三万四万二索三索四索七索八索九索四筒五筒六筒六筒  ツモ六筒  ドラ四索

タンヤオに振り替わればリーチもあるだろうが、ここはキッチリと前原の親番を流していく。これで東場が終わり、前原はアガリの無いままラス目。3者にとってはイメージ通りの展開だろう。
だがこの男は黙っていない。南1局1枚目の中を鳴いて、その後四万もポンをしてテンパイを入れた。

六万七万四筒五筒六筒北北  ポン四万 上向き四万 上向き四万 上向き  ポン中中中  ドラ二索

打点こそ無いがここは一旦アガリを取りに行く姿勢を見せようというところか。だがそうはさせまいと藤崎が3枚目の六索をチーしてテンパイ。

一万二万一索二索三索七索八索九索七筒七筒  チー六索 左向き四索 上向き五索 上向き  ドラ二索

面前で進めたいところだが、前原に持って行かれまいとスピードを合わせる。しかし11巡目に前原のアタリ牌である五万を引かされ、しばらく考えた後スッと七索を抜いた。ここはさすがである。だが結果前原の1人テンパイとなりまずはラス目から抜け出す。そして南2局は勝又が仕掛けて牽制するも、前原が丁寧に手を進めテンパイを果たす。これに3者は対応しながらも手を進めるがまたしても前原の1人テンパイ。ここまでアガリは1度も無いが2局連続の1人テンパイだけで原点復帰を果たしてしまう。
そして南3局まずテンパイを入れたのは森山。

一万三万四万五万六万七万八万九万三索四索五索一筒一筒  ドラ三万

打点も十分ここはヤミテンとした。そして同巡勝又もテンパイを入れる。

六万七万八万四索四索六索六索七索七索七索八索白白  ツモ五索 

七索を切れば白四索のシャンポン待ちだが八索を切ればイーペーコーとなる。ここは八索を切って後者を選択する。ここに次巡前原もテンパイを入れる。

七万八万四索五索六索二筒二筒三筒三筒四筒五筒五筒白  ツモ四筒 

打ち出される牌は白、シャンポン待ちなら勝又が捉えていた牌だ。それを見て勝又はツモ切りリーチとする!ここはなんとしてでも前原を沈めたいのと、白を切られたことで危険を感じたのだろう。これに前原はドラを持ってくるが一歩も引かないと、当たり前のように切り飛ばす!そして終局間際に勝又が二万を持ってきて森山への放銃となった。

一万三万四万五万六万七万八万九万三索四索五索一筒一筒  ロン二万

勝又にとってはアガリ逃しもあり、前原を追う一番手として手痛い放銃となってしまった。更に森山は畳み掛ける。次はなんとダブりー!ここもドラドラの1シャンテンとなった勝又がこれに捕まってしまう。

三万三万五万六万七万一筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒七筒  ダブルリーチ  ロン五筒  ドラ八万

次局は森山が5,800のテンパイを入れるがここは前原がアガリをものにして連荘を終わらせた。オーラスには勝又がツモれば倍満のリーチをして意地を見せるが流局し、5回戦は終了した。

5回戦成績 
森山茂和+25.9P 前原雄大+11.4P 藤崎智▲4.2P 勝又健志▲33.1P

5回戦終了時 
前原雄大+72.8P 森山茂和+13.7P 勝又健志▲26.3P 藤崎智▲61.2P

6回戦(起家から勝又、藤崎、前原、森山)

まずは開局を前原が制す。

 

100

 

三万四万五万三索四索五索六索六索六索七索七索三筒四筒  ツモ二筒  ドラ東

三色こそならなかったがこれをアッサリとツモり精神的にもかなり嬉しいアガリである。東場は前原が攻撃の姿勢を崩さず、リードしたまま南入する。なんとか3者に意地を見せて欲しい!そう思っていると南2局3巡目に森山の手がこうなる。

二万三万六万七万南南西白白白発発中  ドラ六万

最低でも満貫は狙える大物手だ!出来れば前原からアガリたいところであろう。そしてすぐに南が打たれる。当然ポンするのかと思いきやこれをスルー。重い!凄まじく重い!こうすることによってテンパイ後に前原から南が打たれる可能性もあるし、ここまでのツモが効いているのでまだ鳴きを入れたくなかったのだろう。そして7巡目に持って来た暗刻の白をそのままツモ切る。本手なだけにここは繊細な一打だ。だが先にテンパイを入れたのは前原。

四万六万二索二索八索八索八索四筒五筒六筒六筒七筒八筒 

その後八万を持ってきて七万待ちにするが森山も仕掛けを入れて追いつく。

六万七万南南白白白  チー四万 左向き二万 上向き三万 上向き  ポン発発発 

すると今度は勝又も負けまいとドラを引いてリーチとした。

三万四万四万五万五万六万二索三索五索五索七筒八筒九筒  リーチ

その同巡藤崎も絶好の六索を引き追いかけリーチ!

五万六万一索二索三索五索六索七索一筒一筒五筒六筒七筒  リーチ

これで4者テンパイ!結果はすぐに出た。勝又が四索をツモリあげこの大勝負を制した。
その勝又が南3局でもドラを重ねて先制リーチと来た。

一万二万三万四万四万二索三索四索一筒二筒三筒八筒八筒  リーチ  ドラ四万

ここはツモって前原に親被りをさせたいところではある。しかしここ森山でが西を鳴いて追いつく。

二万三万四万四万五万六万七万八万九万九万  ポン西西西 

そこに勝又が六万を掴んで7,700の放銃となった。そして迎えたオーラス、20,900点持ちの勝又が高目ツモなら跳満となるリーチをする。

四万五万六万一索二索三索四索五索六索二筒二筒四筒五筒  ドラ六万

それを受けて親の森山の手牌がこうなる。

四万四万六万七万六索七索五筒六筒六筒七筒八筒西西西 

この状況でリーチと来るからには打点があることはわかる。オリる選択ももちろんあるがここは優勝するためにはなんとしてでも連荘したいところ。そして悩んだ末に選んだ牌は六筒であった。高目放銃…の牌だが勝又はこれを見逃す。ここで森山からアガれば前原のトップで終わりほぼ優勝は決まってしまう為、当然のスルーである。追いかける立場となってしまってはこうする他ないのである。これで森山にチャンスが来たと思いきや、勝又が持って来た牌は六筒であった!諦めない気持ちがこの跳満を呼び込んだに違いない。これでラスから一気にトップまで行き6回戦が終了した。

 

100

 

6回戦成績 
勝又健志+10.9P 前原雄大+5.5P 森山茂和+3.3P 藤崎智▲80.9P

6回戦終了時 
前原雄大+78.3P 森山茂和+17.0P 勝又健志▲15.4P 藤崎智▲80.9P

皆戦っている、前原を捕まえようと必死に戦っている…だが前原の点棒が全く減らない。

7回戦(起家から前原、藤崎、森山、勝又)

小場で迎えた東4局親の勝又が先制リーチを入れる。

四万四万二索三索四索四索五索六索二筒二筒三筒三筒四筒  リーチ  ドラ中

この親でなんとかポイントを大きく伸ばしたいところだが前原もそうはさせまいと仕掛けてテンパイを入れる。

五万六万七万六索六索七索七索八索中中  ポン白白白 

次巡にはドラの中を持ってくるが、五索八索待ちに自信があるのかここは中をツモ切る。更に森山もこれに追いつく。

三万四万四万五万六万七万七万八万八万九万  暗カン牌の背一万 上向き一万 上向き牌の背 

待ちこそ悪いが跳満のテンパイである。だがここも前原がキッチリ五索をツモリ2人のチャンス手を潰してしまった。
南2局、森山が一気にホンイツへと手を進め、7巡目にテンパイを入れる。

一万二万二万三万四万七万八万九万南南南発発  ドラ一万

南家なので出アガリでも跳満だ。ここは前原からの直撃が欲しいところだが、前原も欲しい牌である。その後六万を引き一通も付いて倍満に変化!すると前原もドラを暗刻にしてリーチ!

一万一万一万二万三万四万七万八万二索三索四索六索六索 

大勝負となった!!と、同時に森山が自身の捨て牌を整理し、前にある山を少し下げる。これは…!出るぞ!アトミックリーチ炸裂するぞ!期待に胸が膨らむ。そして森山が切る動作を期待していたら…持って来た牌は五万であった。

一万二万三万四万六万七万八万九万南南南発発  ツモ五万  ドラ一万

見たかった…アトミックリーチが見たかった。しかし倍満で一気にこの半荘トップ目に立った。この現状でのトータルポイントは40ポイント強まで縮まる。そして持って来た親番で更なる加点と思っていると、前原がキッチリ1,000点で終わらせた。そしてオーラスも七対子をアガリ浮きのまま7回戦を終了した。

7回戦成績 
森山茂和+24.4P 前原雄大+7.6P 藤崎智▲8.1P 勝又健志▲23.9P

7回戦終了時 
前原雄大+85.9P 森山茂和+41.4P 勝又健志▲39.3P 藤崎智▲89.0P

ついに残り一戦となった。それにしても前原が安定している。だが森山とのポイント差は44.5Pとかなり面白くなってきた。勝又、藤崎はかなり厳しい条件での最終戦となる。

最終戦(起家から森山、勝又、藤崎、前原)

東1局まず前原が森山の親番をさらっと流し、迎えた東2局に藤崎からリーチが入る。

 

100

 

七万八万九万八索九索五筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒  ドラ一筒

この状況、親番でもない藤崎のリーチなので安いはずもない。だが前原もテンパイを入れると無筋の二万、更にはドラまでをも切り飛ばしていく。この姿勢が前原雄大という男なのである。ここは藤崎がツモるがこれで一局消化なら前原としても悪くない。東3局も前原は森山から2,000をアガリ原点復帰。そして迎えた東4局終盤に森山にテンパイが入る。

四万四万五万五万八万八万九万九万東西西白発  ツモ東  ドラ五万

残りツモ番はハイテイの1回のみ。白発も2枚切れだがここはノータイムで発を切って白待ちを選択する。ツモれば倍満となり、前原が親被りとなるためポイントがかなり詰まるところだ!森山がハイテイ牌に手を伸ばす!!そして山から持って来た牌はなんと皮肉にも発であった。苦悶の表情を浮かべながらツモ切る…開けられた手牌を見て前原はどう思っただろう。次局は藤崎が異様な捨て牌からリーチ。3者は慎重にオリるが藤崎がツモ。

一万二万三万八万九万一索二索三索一筒二筒三筒中中  リーチ  ツモ七万  ドラ一索

この手がもっと早くアガれていれば…藤崎ももどかしく思っているに違いない。これで前原が跳満を親被りとなり東場は終了。いよいよ南入し、森山の最後の親番を迎える。まずは連荘に成功して1本場、ついに森山渾身のリーチが入る。

七万七万八万八万九万九万二索二索七索七索二筒白白  ドラ二索

これをツモれば前原の背中がグッと近くなる。二筒は1枚切れているが残り2枚は山にいる!前原も役無しではあるがテンパイを入れて無筋を切っていく。「会長、私も一歩も引きませんよ」そう声が聞こえてくるようであった。結局森山の手に二筒は訪れることなく流局した。2本場には勝又が国士無双をテンパイするがこれも流局し、森山もテンパイを取ることが出来ずにかなり厳しい状況となり、結果このまま危なげなく局が進み前原が第8期麻雀グランプリMAXの勝者へと輝いた。

最終戦成績 
藤崎智+20.6P 前原雄大+13.9P 勝又健志▲14.9P 森山茂和▲19.6P

最終戦終了時 
前原雄大+99.8P 森山茂和+21.8P 勝又健志▲54.2P 藤崎智▲68.4P

終わってみれば前原の圧勝となったがそれぞれに見せ場のある戦いだった。試合後に前原に勝因を聞いてみた。

「もちろん稽古はしてきたけど、なによりもアタリ牌を持って来ないんだよ」

呆れてこれ以上は聞く気になれなかった(笑)だが、実際今回の決勝ではアタリ牌を掴むことは少なく、他3者が前原のアタリ牌を掴まされ回ることを余儀なくされていた印象がある。
だがあれだけ前に出て戦っているからこそ、そのような展開になるようにも思える。無謀な戦いに思えても前原にとっては必然の戦いなのかもしれない。
鳳凰位を連覇し更にグランプリまで獲り、どこまで強くなるのだろうか。日本プロ麻雀連盟にはずっと一線を走り続けるレジェンドが数多くいる。これは本当に有り難いことだと思うし、尊敬に値する。だがいつかこの大きな壁を乗り越えなければならないし、今度は自分が大きな壁とならなければならない。この決勝を見て感じたことは人それぞれだろうが、若手プロには面白かったでは無く、この決勝の舞台に上がれないことを悔しく思ってもらいたいと思う。決勝での経験は決勝でしか味わえないのである。そしてその経験がまた己を強くする。いよいよ2018年度の戦いが続いていくが、その全てがこの舞台に繋がっているのである。

 

100