文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ 決勝観戦記

一覧

第10期麻雀グランプリMAX決勝観戦記 初日

2020/04/29
執筆:編集部


令和2年3月14日。
日本プロ麻雀連盟のタイトル獲得者、四大タイトル(鳳凰位、十段位、王位、マスターズ)を持つ九段などの特別シード者と、ポイントランキング上位者のみが参加資格を有するタイトル戦、第10期グランプリMAXの決勝戦初日が開催された。

準決勝A卓(本田朋広、森山茂和、藤原隆弘、山田浩之)からは北陸リーグ優勝の本田朋広と、A2リーグ所属の山田浩之が勝ち上がり。
そして、準決勝B卓(ダンプ大橋、内川幸太郎、吉田直、藤島健二郎)からは、MリーグKADOKAWAサクラナイツ1位指名の内川幸太郎、前鳳凰位吉田直が決勝に名のりをあげた。
年度末最後の二日間でタイトルを手にするのは一体誰なのか。
これからの麻雀界を担っていくであろう若手、中堅、良いメンバーが揃った。

 

100

本田朋広 12460p33位

 
100

山田浩之 14300p 23位

 
100

吉田直 22800p 5位

 
100

内川幸太郎 22100p 6位

 

1回戦
(起家から吉田→内川→本田→山田)
東1局 ドラ五万
東家吉田は7巡目にドラの五万を打ち出す。

 

100

 

ドラを使い切り、更に三色という2ハン手役を狙うという超高打点打法も選択肢にはあるだろうが、吉田はドラを先に打ち出した。
この選択はカン五索のロスを嫌がると同時に、他家に圧力を与えるという側面もある。相手が手狭に受けることを誘って、アガリ逃し、テンパイ逃しを誘発しようという作戦だ。
どちらも兼用の一打ではあるのだが、この時は単に危険牌を先打ちしたというより、相手に問題を出す意図の方が強いのではないだろうか。

しかし、この時、他家も手牌がまとまっていた。本田も内川も親のドラ打ちを踏まえても十分戦える手格好。北家山田は4巡目に早くも678三色のイーシャンテンとなっていた。

 

100

 

8巡目にカン七索を引き入れて高目六筒のリーチとすると、こちらも三色イーシャンテンとなっていた吉田が六筒を掴み、7,700の放銃となった。

678、789どちらも見えていた吉田は強気の選択で打六筒。山田の捨て牌は2巡目に七筒が置いてあり、放銃した吉田の手格好

二万二万七万八万六索八索九索一筒二筒三筒七筒八筒九筒  ツモ六筒

から、怖がって九筒を打った場合は安目2,000で助かるという、なんとも皮肉な結末であった。

続く東2局も山田がツモアガリ。

 

100

 

リーチツモドラ2の2,000、4,000
正に好調な滑り出しと言えよう。

そしてこの2局を受け、解説の佐々木は「かなり攻めてるねー、どうなのかな?」と、吉田が若干かかり君気味なのではないかとコメントしていた。

東3局 3巡目
またしても、山田にチャンス手到来。

 

100

 

親の本田にもドラのダブ東が入っている。スピード的には山田が断然有利か。

 

100

 

山田は四索を引き入れて、ドラのダブ東を切ると本田がポンしてイーシャンテンとなるが、すぐに五万を引き入れて一筒四筒七筒待ちのテンパイ。直前に本田が河に置いた一筒があり、三色変化もある。ここまでのリードも後押しとなり、山田は手堅くヤミテンを選択した。

9巡目、イーシャンテンとなった本田に対して吉田が打九万でポンテンをとらせてしまう。
“とらせてしまう”と書くと吉田に否があるように思う人も多いだろうし、実際解説もそのようなニュアンスであったため、リアルタイムで観戦していた方の中にも吉田のおかげで本田がアガれた、吉田のせいで山田がアガれなかった、という印象を持つ人は多いと思う。
しかも吉田の手はこの状態である。

 

100

 

しかし、吉田が一番恐れていたのは、開局から2局連続で満貫クラスをアガった山田がこのまま突っ走ってしまうことなのである。
前期の鳳凰位吉田は山田とは長い付き合いでそのやり口というか手の内を、突き抜ける力があることを知っている。
言い方としてよろしくはないが、この時点ではマークは本田ではなく山田なのだ。

結果的には焦りとなってしまったかもしれない、解説者に指摘されたように若干は“かかって”いるのかもしれないが、この瞬間は勝つため、タイトルを獲得するために、山田を苦しめるためにギリギリの牌を放ったといった感じか。
山田は山田で吉田が自分をケアしていることも踏まえつつ、自身の打東が本当に正しかったのかを自問自答するような表情を浮かべていた。

1回戦終了
本田+52.9 山田+11.9 内川-19.7 吉田-45.1

 

 

2回戦
(起家から本田、内川、山田、吉田)
勢いをもらったような形で本田は加点を続け、吉田はズルズルと後退する形で大きな差ができたがまだ、八分の一。大きなタイトルの獲得経験のない本田にとっては長い長い残り7半荘ではないだろうか。

東1局 ドラ六万 5巡目
西家の山田はこの手牌で即リーチを選択。

四万六万七万八万八万二索三索四索六索七索八索一筒一筒  ツモ四万

まだ2回戦目とはいえ、首位本田のリードは大きい。仮にこれがラス目吉田の親番であれば手牌の変化待ちやテンパイとらずで好形、高打点を目指すなどの選択をしていたのではないだろうか。早くも本田を意識したような打牌を選択した山田は10巡目に一筒をツモアガリ1,000、2,000。

東2局 ドラ南

一索一索四索四索四索南南白白白  ポン西西西

14巡目の山田はツモって3倍満の手牌をテンパイするも流局。

東3局ではドラをアンコにして
東3局 ドラ九筒
この手牌から打四筒とすると、

二万四万四万五万五万二索三索三筒三筒四筒九筒九筒九筒  ツモ二万

13巡目にツモり四暗刻のテンパイ。

しかしこちらは678三色をテンパイしていた本田が吉田に2,600の放銃。

瀬戸熊は「この本田の攻める姿勢が良い」と解説していたが、この後東4局でも、親番吉田の13巡目リーチに対して、ピンフドラ1テンパイからヤミテンのまま無スジの四万五索を勝負してテンパイ料を加点する。
まだまだ積極的に攻めていこうという姿勢が伺える。

南2局
吉田、親番内川の2者がリーチをかけており、山田はハイテイ牌をツモって手詰まりの状態。

 

100

 

100

 

打牌候補は四筒六万白三索あたりであろうか。内川のリーチ宣言牌のスジにあたる六万はドラが五万+ということもあり候補から外れているかもしれない。
吉田の第一打二筒をまたぐ打四筒四索五索が3枚ずつ見えている三索、トイツの白
山田が選択したのは打三索

それぞれの手牌はこうなっていた。

 

100

 

吉田は第1打の二筒をまたぐ一筒四筒待ち、内川はドラが内蔵された役無し三筒六筒であった。
本田が序盤からソーズ一色気味に進行していることから、四索五索のワンチャンスにかける方が良しと判断したのだろうか。1人ノーテンではあるが、放銃を回避したことによってリーチ棒2本が供託されてチャンスは残った。
しかし、この次局は本田が内川から2,000を出アガリ。
ドラ二索

二万三万四万一索二索三索三索四索五索九索九索六筒七筒  ロン八筒

オーラスで吉田が1,000オールをアガリ一
旦トップ目に立つも、最終的には本田が1,000、2,000をツモって再びトップに。
南4局ドラ一筒

一万二万三万五索六索一筒一筒七筒八筒九筒  ポン白白白  ツモ四索

オープニングから2連勝を決めた。

2回戦終了
本田+20.4 吉田+13.8 山田-14.0 内川-20.2
2回戦終了時のトータルポイント
本田+73.3 山田-2.1 吉田-31.3 内川-39.9

 

 

3回戦

東3局 ドラ三筒
絶好調本田に手牌が押し寄せる。なんと配牌がこちら。

五万六万六万六万七万三索三索五索六索五筒五筒六筒六筒七筒

第1打は三索を選択。
そして、6巡目こちらは日本プロ麻雀連盟Twitterの何切る企画でも取り上げられていた局面。

 

100

 

567の三色にリャンペーコー、その先には三色同刻やツモリ四暗刻も見える、なんとも贅沢な選択だ。
本田は打五索をチョイスしたが、皆さんなら何を打つだろうか?
結果は山田のリーチを受けた直後にこの形でツモアガリとなった。

五万五万五万六万六万六万六索六索五筒五筒六筒六筒七筒  ツモ四筒

なんとなく嫌な空気を感じているのは山田だ。
1回戦から何度も競り負けて、チャンス手を潰されてしまっている。こんな日はまず勝てない。もちろん科学的な根拠などないのだけれど、開局2局でアガリをものにして、この上ないスタートを切ったが、吉田のマークによって崩れ始め、それがまだ尾を引いているようでもある。

手牌が押し寄せ、展開が向いているのは間違いないのだが、その他の局でも隙の無い選択が見られた。
例えば3回戦の東1局、西家の本田は6巡目、
ドラ五筒

二万三万四万七万九万一索三索三索七筒八筒九筒西西  ツモ東

四索としたあと東をツモって打三索とする。
打点が着いてこなければ、東は絞り切るという選択だ。このときの親番吉田の手牌がこちら。

四万五万六万三索四索四索六索五筒六筒東東発発

吉田の6巡目までの捨て牌はわりと平凡なもので、東が鳴かれそうだという情報は出ていない。

九筒 上向き一索 上向き南西九万 上向き二筒 上向き

1枚切れではあるが、字風の西を生かした軽いアガリを目指すという選択もアリだとは思うが、本田はそうしなかった。

アガリをものにするときは思い切りよく攻め、中途半端な手牌では徹底的に防御策をとる。本田のフォームが崩れていないことが伝わる1局であった。

オーラスに2,000、4,000をツモアガった吉田がトップで終了。
本田、内川は浮きをキープ。山田は痛い1人沈みのラスとなってしまった。

3回戦終了
吉田+21.6 本田+6.3 内川+3.2 山田-29.1
3回戦終了時成績
本田+78.6 吉田-10.7 山田-31.2 内川-36.7

 

 

4回戦
起家から本田、吉田、山田、内川
東1局
11巡目に南家吉田がチーしてテンパイ。

三万三万四万四万五万五万二筒四筒五筒五筒  チー五索 左向き四索 上向き六索 上向き

チーした時の手出しは六万で前巡に八索が先に打たれているという、若干変則的な手順だ。
7巡目にも上家から五索が打たれてはいるが、それでも吉田のチーテンは高打点を想定される。
同巡、内川が高目三色のピンフリーチをかける。

六万六万七万八万九万七索八索九索五筒六筒七筒七筒八筒

対して、親の本田はチャンタ三色のイーシャンテン。

二万九万一索二索三索一筒二筒三筒九筒九筒発発発

仕掛けた吉田もリーチに対して無スジを飛ばし、引く気配はない。さらに山田も軽い押し返しを見せており、ドラを持っていない本田は多少引き気味に構えるだろう。。
この手牌から内川の宣言牌八筒を合わせたときにはそう思った。
しかし、本田はまず三索をプッシュ。吉田の仕掛けはカン五索からなので打ちやすくはあるが、内川には危険な三索だ。
この1牌だけを押すことは容易いかもしれないが、この後二万ないし九万も勝負する構えということである。
決まれば高いチャンタ三色のイーシャンテンではあるが、ドラは相手に内蔵されている可能性が高く、テンパイしても愚形が残る可能性も高い。
これまでのリードを踏まえると、ブレーキがかかってしまいそうな場面ではあるが、本田は押すことを選択した。
この攻めの姿勢が功を奏し、テンパイして親番をキープすることに成功した。

東3局1本場
この半荘を含め残り5回戦。どうしても親番をキープしたい山田が苦しい選択を迫られる。

 

100

 

内川、吉田にテンパイが入っていることは確信しているであろう。
価値感はそれぞれではあるが、一発裏ドラのない日本プロ麻雀連盟の公式ルールにおいて、ノーテン罰符の価値は高いとされている。
まして首位の本田とは約110ポイント差の山田にとっては親番を維持することにも大きな意味があるため、打牌候補は一索九筒の2択となる。
どちらで放銃した方が高くつくということよりも、放銃確率の低い方を選択する、というのが優先されるテーマで内川の最終手出し三索を見ると、一索が非常に打ちづらい。山田打った九筒は吉田に3,900は4,200の放銃となってしまう。
内川のテンパイ形は

一万二万三万七索八索九索一筒二筒三筒南  チー七万 左向き八万 上向き九万 上向き

であった。
仮にこれが1回戦目ならどちらも打たないという選択肢も出てくるし、放銃率は若干高くても、失点が少なそうな牌を打つという選択も出てくる。
各選手が優勝のみを意識したときに出てくるゲームの歪みはタイトル戦決勝特有のものだ。

東4局ドラ九筒
親番内川に5巡目テンパイが入る。

二万二万三万三万三万五万一索二索三索一筒三筒五筒七筒  ツモ六筒

三色などへの変化を待ち、打五万としてヤミテンに構えると、10巡目に待望の一万を引き入れてリーチ。
その宣言牌二万を南家の本田がチーしてテンパイ。

一索二索三索一筒二筒三筒三筒四筒九筒九筒  チー二万 左向き一万 上向き三万 上向き

親のリーチ相手だが、一切怯むことなく攻め切った本田に軍配があがり1,000、2,000のツモ。
南4局では吉田がツモアガらずの選択をして見事トップに立ったが、本田も浮きをキープ。
大きなリードを守ったまま、初日を駆け抜けた。

4回戦終了
吉田+11.3 内川+6.2 本田+4.0 山田-21.5
4回戦終了時成績
本田+82.6 吉田+0.6 内川-30.5 山田-52.7


良い手牌がきてくれさえすれば、誰でも勝てるのが麻雀ではある。今日の本田はまさしく優勝者のそれを感じさせるが、あとは落ち着いて自分の麻雀が打てるかどうか。
鳳凰位の吉田、十段位内川、A2首位争い常連の山田がよってたかって襲いかかってくる2日目となるが、果たして本田は冷静に自身の麻雀を打ち切ることができるのであろうか?
また、格上である3者は、このリードをどのように崩していくのか。

2日目に続く

編集部