文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

麻雀グランプリMAX

麻雀グランプリMAX

2010年度から、『麻雀グランプリ』がリニューアルされ、新しいタイトル戦として開催されることになりました。
参加資格を有するのは、現タイトルホルダー四大タイトルを持つ九段などの特別シード者ポイントランキング上位者で連盟員に限ります。
タイトルの種類やポイントランキングの順位により最初の出場段階が異なります。
特別な事情が無い限り、四大タイトルのうち3つ以上出場していること。
地方リーグの出場は本部のプロリーグ出場と同等とし、女流桜花とプロクィーン両方に出場すれば、四大タイトルひとつ分とみなします。

一次予選

2月27日(土)

【出場者】

・二次予選以上のシード権を有さない四大タイトル経験のある九段。
・今期の新人王&チャンピオンズリーグ優勝者。
・プロ連盟主催の公式戦以外で連盟が認めるタイトル戦の優勝者。
・その他は、二次予選以上のシードに入らないポイントランキング上位者を入れ5卓20名とする。

二次予選

2月28日(日)

【出場者】
・特別シード/ 小島九段(欠場)、灘九段。
・女流桜花、プロクイーン(連盟員のみ)
・一次予選からの勝ち上がり者10名
・その他は、ベスト16シードに入らないポイントランキング上位者を入れ5卓20名で行う。

ベスト16トーナメント

A卓:3月1日(火)
B卓:3月2日(水)
C卓:3月3日(木)
D卓:3月4日(金)

会場:夏目坂スタジオ

【出場者】
・現鳳凰位、現十段位、現王位、現マスターズ(連盟員のみ)
・その他のポイントランキング最上位から順に入れ6名とする。
・二次予選からの勝ち上がり10名を入れ4卓16名で行う。

ベスト8トーナメント

A卓:3月7日(月)
B卓:3月8日(火)

会場:夏目坂スタジオ

決勝

初日 :3月19日(土)
二日目:3月20日(日)

会場:夏目坂スタジオ

その他

■基本的に遅刻は失格とするが、場合によってはペナルティ付きの対局もある。
■欠員はポイントランキング上位者から繰り上げるものとする。
■シード資格が重複する者は上位のシードから出場する。
■ルールは、プロ連盟競技ルール。決勝戦以外は全てトーナメント形式とする。