文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第5期麻雀グランプリ MAXベスト16 B卓レポート 紺野 真太郎

2015/03/20
執筆:紺野 真太郎


100

 

藤崎智、森山茂和、荒正義、勝又健志

ベスト16戦4卓の中でも屈指の好カード。
先日鳳凰戦で死闘を繰り広げた藤崎と勝又がレジェンド森山、荒に挑む。

1回戦
東1局、親の荒が軽い連荘で迎えた2本場、白のポンテンと三色の天秤で進めていた藤崎が9巡目に三色手でリーチ。

二万三万四万六万七万八万二索三索二筒三筒四筒白白  ドラ東

対する親の荒、6巡目の段階で

二索三索一筒一筒一筒三筒四筒五筒五筒七筒七筒九筒東東  ドラ東

ホンイツに向かう手もあったが、六筒八筒が共に2枚切れということもあり打五筒と構えていた。
この選択が12巡目、藤崎の高めのアガリ牌である四索を引き込んでのテンパイとなる。
ホンイツに進めていた場合、万事休すとなっていた(放銃という意味ではなく、メンツ被りという意味で)牌でのテンパイ。
当然のごとく荒は追いかけリーチと出る。
山に残っていた枚数ではが藤崎のほうが多かったがここは荒に軍配が上がった。七筒ツモで4,000オール。

オーラス、24,000持ちの藤崎がテンパイ。

二万三万四万二索三索四索五索七索二筒二筒四筒五筒六筒  ドラ五万

しかし、この六索は勝又が1枚切った上、更に暗刻使い。勝又の手牌

三万四万五万六万七万八万八万六索六索六索七索六筒七筒

勝又は19,700持ち。高めに決まれば浮きまで見える手牌。
だがこの局を制したのは親の森山だった。良いとは言えない配牌をまとめ上げ

一万二万三万五万六万七万五索五索一筒二筒三筒五筒六筒  リーチ  ツモ七筒  ドラ五万

この2,600オール。こうなると怖い森山の親番であったが、藤崎が止め、1回戦が終了。

1回戦成績
荒+22.3P 森山+10.0P 藤崎▲11.0P 勝又▲21.3P

 

2回戦、荒が4,000オールで先制も藤崎が独走に待ったをかける。
東2局2本場、小三元を決め2,000・4,000。その後も7,700を2回アガリ、オーラスを迎え、荒を逆転。
そして南4局1本場、親藤崎、七対子ドラ2をテンパイさせ、待ちも合わせ切り

四万四万六万六万七万七万一索一索三索三索四筒五筒五筒  ツモ四筒  ドラ三索

このフィニッシュ。トータルでも荒と共に抜け出した。

2回戦成績
藤崎+39.5P 荒+16.4P 森山▲7.0P 勝又▲48.9P

2回戦終了時
荒+38.7P 藤崎+28.5P 森山+3.0P 勝又▲70.2P

 

3回戦、今風に言えばAT突入。
何の略かはお考えください。東1局手始めにタンピン三色を勝又から

三万四万五万三索四索五索二筒三筒三筒四筒五筒七筒七筒  ロン四筒

少し飛んで東4局親番、全員好配牌の中、いち早く3巡目テンパイ。
間合いを測るかのように6巡目ツモ切りリーチ。

六万六万七索八索九索一筒一筒五筒六筒七筒白白白  リーチ  ドラ五索

あっさりと一筒ツモで2,600オール。2本場には

三万三万五万六万七万二索三索四索四索五索六索四筒五筒  ロン三筒  ドラ六索

この5,800を藤崎から。このテンパイは場に安い五筒を引っ張りきり四筒を引き込んでのもの。
しかもヤミテンである。放銃したほうからすれば脚にくる放銃だったのではないだろうか。
結局この親は5本場まで積み終了。60,000点近い大トップで2人勝ち上がりの1枠をほぼ決めてしまった。

3回戦成績
荒+41.5P 藤崎▲3.2P 森山▲5.5P 勝又▲32.8P

3回戦終了時
荒+80.2P 藤崎+25.3P 森山▲2.5P 勝又▲103.0P

100

 

4回戦、残り2回を残すが、荒の勝ち上がりと勝又の敗退が濃厚となり、藤崎VS森山の様相を呈してきた。
東1局、親勝又。三色に仕上げリーチ。

一万二万三万四万五万五万五万六万四索五索六索五筒六筒  リーチ  ドラ発

これに捕まったのがなんと森山。
四筒での放銃で11,600。4回戦開始時に30ポイント弱だった藤崎との点差が、50ポイントほどに広がってしまう。
東2局、親・森山、3巡目に動いた。

五万六万八万九万九万五筒六筒六筒東北北中中  ドラ六索

ここから中をポン。普段の森山ならば仕掛けないところであろうが、2局連続の放銃により面前では分が悪いと考えたか。
この仕掛けが功を奏し、マンズに寄せきり2,600オールに仕上げた。

四万五万六万七万八万九万九万北北北  ポン中中中  ツモ六万

東3局1本場、森山2巡目にドラ三筒を重ねて4トイツ。
解説の佐々木も触れていたが、七対子の気配を消す捨て牌を作りにいき10巡目テンパイ。

一索一索八索八索九索九索三筒三筒六筒六筒七筒七筒南  ドラ三筒

ここはヤミテンを選択。南は1枚切れだが、山なのか手牌なのか所在不明の故か。
直後親の荒からリーチが入る。

一万一万三万三万三万四万四万四万六万七万八万中中  リーチ

藤崎、森山どちらにしろ飛び込んだら致命傷になりかねない大物手。
同巡、森山ツモ切り追いかけリーチ。それを受け藤崎の手が止まった。

一万二万三万五万六万七万六索六索七索三筒五筒南南  ツモ九筒

いろいろな要素が絡み合い藤崎の出した答えは打南であった。
森山会心の一撃。藤崎から出るはずのなかった南を引きずり出した。
これで森山は浮き、藤崎はラスとなり、トータルではほぼ並んだ。南2局4本場、今度は藤崎が反撃に出る。

五万五万一筒一筒一筒五筒五筒五筒六筒七筒八筒東東  ドラ白

7巡目、藤崎テンパイ「リーチかな」私の予想をあっさり裏切りヤミテン。
この場面のことを後で藤崎に問うと「うーん六筒八筒は四暗刻で迷わないんだけどね。七筒はホンイツとどっちにしようかなーって」藤崎は更なる先を見てのヤミテンであった。
この深さが忍者流なのであろう。

結果は、四万の暗カンが入り、ドラが3枚見えたところでリーチを打ち、東をツモアガリ2,000・4,000の4本場。
ラス抜けに成功した。

4回戦成績
森山+18.7P 勝又▲1.2P 藤崎▲5.6P 荒▲11.9P

4回戦終了時
荒+68.3P 藤崎+19.7P 森山+16.2P 勝又▲104.2P

 

藤崎と森山との差はわずか3.5ポイント。ほぼ着順勝負となった。

5回戦
東3局1本場、ここまで森山がリードしての親番中、両者がぶつかった。
藤崎8巡目テンパイ。

五万六万七万四索五索六索七索七索七索八索九索五筒六筒  ドラ七索

ピンフドラ3、もちろんヤミテン。
脇からでもいいが、直撃やツモなら決定打になりうる。11巡目森山テンパイ。即リーチに出る。

四万四万四万五索六索七索一筒二筒三筒七筒八筒東東  リーチ ドラ七索

同巡、藤崎追いかけリーチ。この最大の勝負どころを制したのは藤崎であった。3,000・6,000。
これで15ポイントほど藤崎が上になる。がまだ決したわけではない。

南1局、荒がドラ2枚で四筒-七筒先制リーチ。これに森山が追いつく。

一万二万三万七万八万九万七索八索九索一筒一筒八筒九筒  ドラ南

四筒が無くなり七筒が残り3枚。ツモるのは森山か荒かそれとも・・
七筒を引き寄せたのは荒であった。森山またも実らず。

南3局2本場、親・森山。

二索二索三索三索三索三索四索五索二筒三筒四筒五筒六筒  ドラ一万

この手をリーチ。高めツモなら並ぶが一筒ツモ。1,000オール。じりじり差を詰めるが逆転には至らない。
オーラス、森山の条件は3,900以上か1人テンパイ。13巡目両者以下の形。

森山
四万五万五万二索四索二筒二筒  チー六筒 左向き七筒 上向き八筒 上向き  チー四筒 左向き五筒 上向き六筒 上向き  ドラ六筒

藤崎
一索二索二索三索三索五索五索六索七索八索六筒七筒七筒

両者1シャンテン。
14巡目、藤崎ツモ一索。テンパイが入る。
この段階で森山はアガらなければならなかったが、三索は山には無く、テンパイ止まり。藤崎が勝ち上がりを決めた。

このB卓、勝又の不調が残念であったが、最後まで各者素晴らしい戦いを魅せてくれた。
勝ち上がった荒、藤崎はこの後も素晴らしい戦いを魅せてくれることに期待してレポートを終えたいと思う。