文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第5期麻雀グランプリ MAXベスト16 C卓レポート 紺野 真太郎

2015/03/25
執筆:紺野 真太郎


 

100

櫻井秀樹、西島一彦、瀬戸熊直樹、吾妻さおり

1回戦東4局1本場「ツモ」

四万四万四万二索二索二索八索八索三筒三筒六筒六筒六筒  ツモ三筒  ドラ六索

開始わずか15分での出来事である。アガったのは吾妻。
本人は押し寄せる波の前に少し戸惑うような表情を見せるが、5回戦勝負でのこのアガリは大きすぎるアドバンテージであることは間違いない。
ただ、他の3者にとってこれがまだ1回戦の東場だったことは救いであったことも事実である。

南3局、親西島。この4,000オールをツモり、原点まであと少しのところまで盛り返す。

四万四万六万七万八万三索四索七索七索八索八索九索九索  リーチ  ツモ五索  ドラ四索

続く1本場、西家瀬戸熊が動く。

五万六万二索二索五索五索七索八索九索西西北白  ドラ七索

2巡目に西島が切った西をポン。最近の瀬戸熊には見られなかった仕掛けだ。
ここまでの瀬戸熊、東1局にいきなり満貫の親かぶり、真っ直ぐ行った次局は櫻井の三色手に放銃、さらには吾妻の四暗刻とここまで乗れておらずのノーホーラ。
鳳凰戦での瀬戸熊からはこの仕掛けは想像しづらかったが、5回戦勝負を意識してか、ギアチェンジし、動いてでた。これをソーズに寄せきり、

五索五索七索八索九索中中  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き  ポン西西西  ツモ五索

2,000・4,000。反撃の狼煙を上げた。オーラスも積極的に動きテンパイを入れるも西島が500・1,000で終了させた。

1回戦終了
吾妻+46.6P 西島▲4.4P 瀬戸熊▲16.9P 櫻井▲25.3P

 

2回戦
東1局、親瀬戸熊、テンパイを入れる。

七万七万九万六索七索八索六筒六筒七筒七筒八筒西西  ツモ五筒  ドラ西

八万は2枚切れだが、瀬戸熊はカン八万に受け、更に場況しだいではヤミテンに受けるイメージだが、ここは西島が仕掛けてることもあるのか、七万西のシャンポンでリーチと出た。
仕掛けていた西島は八万を掴み一旦撤退。瀬戸熊の一人旅になるかと思われたが、瀬戸熊自身がラス牌の八万を引いてしまう。
こういうことはよくあるが、西島はドラを重ね、1シャンテンで粘っていた為、復活のテンパイを組む。

三万四万五万二索三索四索六索六索西西  ポン中中中

両者のアガリ牌は山に西島の1枚のみ。
瀬戸熊はすでに覚悟していたであろうが、六索を掴み3,900の放銃。
軽く天を仰いだが、納得したかのように軽く数度頷いた。

続く東2局、前局を振り切るかのように瀬戸熊先制リーチ。

三万二索二索九索九索二筒二筒東東西西中中  リーチ  ドラ三万

親の西島も追いつきリーチ。

四万五万六万四索五索四筒五筒五筒六筒六筒七筒白白  リーチ

前局の結果や見た目の待ちの優劣から西島有利かと思われたが、山には三万が3枚、三索-六索は各1枚づつと、実際は瀬戸熊有利でその通り西島が8,000の放銃となった。
西島の選択にミスはなかっただけに、麻雀の難しさを感じさせた。

瀬戸熊が走るかと思われた2回戦だが、制したのは櫻井。
大物手こそないが、要所を捉え、また抜群の守備力で失点せずにトップを取った。

2回戦終了
櫻井+20.0P 瀬戸熊+13.8P 西島▲13.4P 吾妻▲20.4P

トータル
吾妻+26.2P 瀬戸熊▲3.1P 櫻井▲5.3P 西島▲17.8P

100

 

3回戦、2回戦に吾妻がラスを引いた為、勝ち上がりが混沌としてきたが、こうなってくると、瀬戸熊の経験と地力がものをいう。
東3局瀬戸熊4巡目の手牌

一万一万二万三万四万六万七万九万一索三索二筒三筒九筒  ツモ一筒  ドラ二万

ここから打一万の1シャンテン取らず。意志を持って手を進める。九筒を重ね、ツモ四索

一万二万三万六万七万九万一索三索一筒二筒三筒九筒九筒  ツモ四索

ツモが狙い通りいかないと見るや打九万。最高形を見切る。
西島からリーチが入り、ツモ五万一索四索も西島の現物であるが、あくまでかわし手とより目立たない打一索とし、櫻井から二索で2,000点。
非常にバランスの取れた1局を見せた。
次局に瀬戸熊は2,000・3,900、さらに親番で西島から5,800と抜け出す。

次は俺の番とばかりに櫻井が吾妻を捕まえに行く。
南3局の親番でリーチを打った。

二万二万四万四万五万五万九万九万六筒六筒七筒七筒八筒  リーチ  ドラ一索

南家・吾妻も既にテンパイ。

三万三万三万四万四万一索一索  チー五索 左向き六索 上向き七索 上向き  ポン南南南  ドラ一索

櫻井も吾妻も勝負どころと理解している。櫻井はドラを掴まされるリスクを覚悟して相手が使えないであろう八筒に受け、吾妻は三万が暗刻の中、六万を勝負した。
結果は、吾妻が八筒を掴み放銃となった。
リードしていること、巡目が深かったこと、追いつかれたこと、相手が親ということ、状況を考慮すれば八筒を打たない選択もあったが、吾妻は勝負を選択し放銃となったが、これがどうでるのだろうか。

1本場櫻井リーチ。

五万六万三索四索五索二筒三筒四筒九筒九筒中中中  リーチ  ドラ五万

珍しくツモる手に力が入る櫻井。そして力強く四万を手元に引き寄せた。3,900は4,000オール。
この瞬間、吾妻はトータル3番手に転落。役満のリードを半荘2回で逆転してしまった。

だが、吾妻も現女流桜花。女流で残っているのも吾妻1人。意地も根性もある。
櫻井の親を捌き、オーラスの親番、リーチを打ち2,000オール。
更に西島から5,800をアガリ、原点まで回復させて3回戦終了。トータルトップを奪い返した。

3回戦終了
瀬戸熊+18.2P 櫻井+12.4P 吾妻+1.2P 西島▲31.8P

トータル
吾妻+27.4P 瀬戸熊+15.2P 櫻井+7.1P 西島▲49.6P

100

 

4回戦
オーラス1本場、親櫻井、持ち点は瀬戸熊35,000、櫻井34,600、吾妻32,700、瀬戸熊9巡目リーチ。

七万八万九万二索三索四索三筒四筒五筒七筒八筒中中  リーチ  ドラ中

14巡目、櫻井テンパイ。ドラの中を勝負。

二万三万四万四索五索六索一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒

途中五筒を引いた櫻井は打一筒として粘る。そして最後のツモは無常にも九筒。吾
妻はオリているので櫻井もオリると3人浮きの2着。
先を行く両者とは約20ポイント差。20ポイントと聞くと大きい差ではないように聞こえるが、ほぼ相手の沈みが条件となるだけに意外と難しい。
全てを承知で櫻井は河に九筒を置いた。櫻井痛恨の沈み。吾妻、瀬戸熊とは30ポイント強の差をもって最終戦を迎えることとなった。

4回戦終了
瀬戸熊+18.5P 吾妻+6.7P 櫻井▲4.9P 西島▲20.3P

トータル
吾妻+34.1P 瀬戸熊+33.6P 櫻井+2.2P 西島▲69.9P

 

最終5回戦、東1局2本場、瀬戸熊は3,900は4,100オールで抜ける。
南1局、ここまで吾妻28,200、櫻井27,300。親番が残ってる状況からしてまだわからない。
そんな中、西島からリーチが入る。

三索 上向き八万 上向き四筒 上向き四筒 左向き  ドラ一筒

この捨て牌でリーチ。吾妻13巡目

三万四万五万五万五万六万六万九万四索六索二筒三筒四筒  ツモ六万

テンパイ。打九万。西島が手を開く。

二万二万七万八万四索五索六索一筒一筒一筒六筒七筒八筒  ドラ一筒

吾妻焦りか・・当面のライバル櫻井はオリ、親の瀬戸熊もオリていた。そのままいけば1局を消費できたはずだったが・・

南3局4本場、櫻井最後の親、ドラ2で仕掛けたが、間に合わず、吾妻が2,000点をアガリ切り、事実上の決着を見た。

5回戦終了
瀬戸熊+18.7P 櫻井+1.9P 吾妻+1.2P 西島▲24.8P

トータル
瀬戸熊+52.3P 吾妻+38.3P 櫻井+4.1P 西島▲94.7P

戦前の予想通り、瀬戸熊の強さ、安定感が目立った。
ベスト8では、伊藤、藤崎という因縁深い相手と対戦することとなった。こちらも要注目である。
吾妻も女流最後の砦としてどこまで健闘するか注目したい。