文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第5期麻雀グランプリ MAXベスト16 D卓レポート 紺野 真太郎

2015/03/27
執筆:紺野 真太郎


100

山井弘、清原継光、佐々木寿人、近藤久春

激闘の続いたベスト16戦もいよいよ最後のD卓を迎えた。
ここからの登場は世界チャンプ山井と王位清原。どういった戦いを見せてくれるのだろうか。

1回戦、東4局山井の12巡目

一万一万二万三万三万五万六万一索二索三索四筒五筒六筒  ツモ四万  ドラ三万

このテンパイが入る。打牌候補は一万三万六万辺りか。だが、オフェンスマスター山井ならばどれもリーチか。
山井は少孝の後、捨て牌状況も考慮した上で一万切りリーチを選択。15巡目佐々木が追いつく。

三万三万四万二索三索五索五索六索六索七索七索南南  ツモ一索  ドラ三万

佐々木は山井とは対照的に決めていたかのように三万をノータイムで河に横向きに置いた。が、ここは山井に軍配。先制に成功する。
この後佐々木は近藤に9,600、清原に7,700と連続放銃で苦しい位置に置かれてしまう。

オーラス1本場を迎えて、清原47,700、近藤41,500、山井34,700の争い。
ここを制したのは親でもあった清原だった。13巡目テンパイ。

二索三索四索二筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒九筒白白  ドラ六筒

ドラ切りや、仕掛けが入っていることもありリーチで被せに行く手もあるが、清原はヤミテンを選択。そして、この選択が最高の結果を生む。

二索三索四索一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒九筒白白  ツモ六筒  ドラ六筒

一筒を引き込み六筒をツモり3,900オール。初戦を制することに成功した。

1回戦終了
清原+37.7P 近藤15.0P 山井+1.7P 佐々木▲54.4P

 

2回戦
南3局14巡目、場は煮詰まっていた。

親近藤

三索三索六索七索八索四筒六筒六筒七筒八筒  ポン発発発  ドラ三索

佐々木

一筒一筒一筒五筒五筒五筒七筒七筒八筒八筒九筒南南

そして山井

三万四万五万六万六万八万三索四索五索四筒四筒六筒七筒  ツモ五筒

ここでも山井は少孝し読みを入れる。そして三万切りリーチ。
こうなると結果は見えたようなもので、七万を一発ツモ。
山井の攻撃性を支えているのはこの正確な読みである証明であろう。
しかし、この2回戦を制したのも清原。オーラス近藤より8,000を打ち取り、山井を逆転した。

2回戦終了
清原+19.8P 山井+11.6P 近藤▲7.8P 佐々木▲23.6P

トータル
清原+57.5P 山井+13.3P 近藤+7.2P 佐々木▲78.0P

 

3回戦
清原は連続2,000オール、3連勝にむけ好発進。追う立場の山井と近藤。東2局10巡目、山井テンパイ。

六万七万二索二索二索六索六索六索三筒三筒三筒発発  ドラ発

四暗刻まで・・と思わせる手牌と寄りであったが、1シャンテンであった近藤が八万を掴み8,000。
近藤にとっては痛い放銃。結果、清原3連勝。山井2着。近藤は痛恨のラスで、残り2回となり、はっきりした並びが出来た。

3回戦終了
清原+20.5P 山井+10.7P 佐々木▲9.4P 近藤▲21.8P

トータル
清原+78.0P 山井+24.0P 近藤▲14.6P 佐々木▲87.4P

 

4回戦
東1局5巡目、清原が動く。

二万三万四万四索四索六索一筒一筒四筒五筒東中中  ドラ六筒

ここから中をポン。特に何もない普通の仕掛けだが、清原のスタイルでは無い気がする。
3連勝でポイントは十分で場を進める為だろうが、雨が降りそうなのに傘を持たずに出掛ける様とでも言えばいいのだろうか。
この局は無難に300・500としたが、東2局、早速雨が降ってきた。

東2局5巡目、北家・山井が発をポン。山井が1枚目から仕掛けてきた。
打点かスピードかまたはその両方か。さらに11巡目に四筒もポン。

???????  ポン四筒 上向き四筒 上向き四筒 上向き  ポン発発発

四筒ポンでの手出しは南。この南は安全牌なのでほぼテンパイであることは明白。
2シャンテンであった清原、2巡後に1シャンテンとなり打五万としたが、この五万を山井が捕えた。

六万七万二索二索北北北  ポン四筒 上向き四筒 上向き四筒 上向き  ポン発発発

もちろん、この五万-八万待ちに照準を合わせた山井も褒められるが、五万を放ってしまった清原に違和感を感じた。
しかし、ここで崩れなかったのは評価に値するであろう。
東4局の親番、4、5巡目に続けて切られたダブ東をスピードが足りないとスルーし、先手を取られるや躊躇なく引いた。
落着きを取り戻したか。清原はこの半荘3着に踏みとどまる。

南4局、山井を追う西家・近藤14巡目テンパイ。

七索八索九索八筒九筒西西西中中  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ドラ中

この手、二番手を競る山井から打ち取り8,000。最終戦を前にグッと差が縮まった。

4回戦終了
近藤+25.7P 山井+4.2P 清原▲10.9P 佐々木▲19.0P

トータル
清原+67.1P 山井+28.2P 近藤+11.1P 佐々木▲106.4P

 

最終5回戦
山井と近藤のポイント差は17.1P。
山井が原点をキープ出来るかがまずはポイントだが、大物手が決まるようであると、案外あっさり決着する場合もある。

東2局1本場、親・近藤9巡目リーチ。

三万四万五万六万七万八万三索四索五索四筒六筒八筒八筒  リーチ  ドラ四万

後スジとなった五筒を打ち取り7,700は8,000。この時点で山井を逆転する。
続く2本場、近藤は白を一鳴きし、パワープレーに出る。対する山井12巡目テンパイ。

六万七万八万六索七索七索八索八索五筒六筒七筒八筒九筒  ツモ九索  ドラ八筒

五筒切りか九筒切りか・・五筒九筒も2枚切れ。ここも少孝を入れる・・山井は⑨切りリーチとする。
近藤も既にテンパイ。待ちは三万-六万、枚数では近藤有利。だが、先に引かされたのは近藤。八筒を引き撤退。残るは五筒1枚のみ。流局かそれとも・・

「2,000・4,000は2,200・4,200」最後の五筒を引き寄せた山井。ベスト8への切符を近藤から奪い返した。

奪われたものを奪われたまま黙ってるわけにはいかない近藤。
南2局1本場、テンパイしていた山井から3,900は4,200を続く2本場、5巡目先制リーチ。

二万三万四万六万七万三索四索五索二筒二筒二筒七筒七筒  リーチ  ドラ二万

後に二筒を暗カン、山井も七対子で粘っていたが撤退し、ツモの成り行きに任せた。
それでも近藤、五万をツモって4,000は4,200オール。50,000点を超え、山井は原点を割るという形になった。
再々逆転で近藤の方が20ポイントほど上になった。

南3局、山井最後の親、まずは2,000オールで反撃体制。2本場、ポイント差は山井が原点を上回った為、1.5差にまで接近していた。8巡目山井テンパイ。

二万三万四万八万八万四索五索六索二筒二筒二筒八筒八筒  ドラ八万

山井はリーチを打った。この時点でアガリ牌は4枚とも山に眠っていた。
ヤミテンにしたからといってアガれていたとも限らないし、そうではないかもしれない。
1巡、1巡終わりに近づく。4枚あったアガリ牌は徐々にサイドに吸収されていく。
最後のツモ・・山井は確認するかのようにツモ牌を手牌に乗せた。そして手前に引き寄せた。

二万三万四万八万八万四索五索六索二筒二筒二筒八筒八筒  ツモ八万  ドラ八万

5回戦終了
山井31.8P 近藤+19.6P 清原▲16.0P 佐々木▲36.4P

トータル
山井+60.0P 清原+51.1P 近藤+30.7P 佐々木▲142.8P

ベスト16戦が終了した。どの卓も屈指の好勝負であった。
それでもベスト8には今実力と勢いがある選手が揃ったと思う。
どんな戦いになるであろうか非常に楽しみである。