文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第6期麻雀グランプリ MAX一次予選レポート 船木 伸一

2016/03/11
執筆:船木 伸一


2/27(土)第6期グランプリMAX一次予選が開催されました。
一流の技・若さと勢い。今年最後を彩るオールスター戦!
会場は新橋じゃん亭。レポートは29期生・船木伸一が務めます。
私自身、連盟に入って初めてのレポートという事もあり、拙い文章になってしまう事と思いますが、現場の熱気を伝えられれば、と思います。
宜しくお願いします!

A卓
gpmax2012
(森山茂和VS和久津晶VS近藤久春VS小川尚哉)

九段シード、王位・最強位、タイトル多数。プロ連盟会長、森山茂和。
gpmax2012

 

A2リーグ昇級、第13期プロクイーン3位。超攻撃型アマゾネス、和久津晶。
gpmax2012

 

A1・8位、十段・八九段戦
近藤久春
gpmax2012

 

B1リーグ。マスターズB8
小川尚也。
gpmax2012

東1局の親番で、4,000オールを引きスタートダッシュを決めた和久津だったが、1回戦は小川が大きなトップ。
勢いに乗る小川は、3回戦でも大きなトップを取りダントツに。
森山・近藤は苦しい展開。

3回戦迄のトータル
(小川+81.4P・和久津±0P・近藤▲34.5P・森山▲46.9P)

4回戦は、森山・近藤の反撃。
上位陣との差が詰まり、最終戦へ。

4回戦迄のトータル
(小川+75.7P・和久津▲13.0P・近藤▲20.1P・森山▲42.6P)

最終戦。5回戦は壮絶な戦いになった。森山が猛反撃。和久津も深い踏み込みと、ギリギリの粘りで一歩も引かない構え。

東4局、5本場供託5本と激しくも重苦しい展開の中、親・森山、勝負を決めに行くべく、三索六索を入れ替えてリーチ。

一万一万三万四万五万三索四索五索三筒四筒七筒八筒九筒

高め三色で勝負を掛ける!しかし、ここは近藤がリーチ七対子。
3,200は4,700で交わす。
その後、森山が近藤から6,400・8,000とアガリ、オーラスへ。
和久津はアガれば通過、森山は連荘。完全に2人の戦いか?と思うも
・・・
これがA1の底力か!?

一万九万一索九索九索一筒九筒東南西北白発

近藤執念の国士無双テンパイ!待ちは、小川が通したばかりの中
中は場に3枚切れ。オリられない森山、和久津は中を止める事は厳しいか!?
しかし、中は姿を現さない。ハイテイは近藤。気合いを込めツモる近藤だったが、持って来たのは東・・。
字牌までクリアした近藤だったが、1/7の中を引き当てる事は、叶わなかった。
『ううぅ・・』
近藤の呻きが、静寂の会場に響く。
そして、アラームが鳴り最終局へ、激戦の最後を、象徴するかの様に、森山・和久津、2人にテンパイが入る。

森山
三万四万五万七万八万三筒三筒四筒四筒五筒五筒八筒八筒  ドラ九万

和久津
四万六万七万八万九万八索八索八索一筒一筒六筒七筒八筒

森山から五万が打たれるも、役が無いためアガる事が出来ない和久津。枚数が多い森山が、有利と思われたが結果は流局。
『吐きそうになった・・』
と、和久津は静かに語った。
大激戦だった。

最終成績
(小川+64.1P・和久津▲5.6P・森山▲11.2P・近藤▲48.3P)

勝ち上がり:小川・和久津

 

B卓
gpmax2012
(伊藤優孝VS吉田直VS高谷圭一VS山田学武)

九段シード、死神の優こと伊藤優孝
gpmax2012

 

A2・4位、前後期チャンピオンズリーグB16.吉田直
gpmax2012

 

関西C1・十段B16、王位戦4位
高谷圭一
gpmax2012

 

王位戦準優勝・D1リーグ、今年ブレイクした山田学武
gpmax2012

安定した成績でポイントを積み重ねる伊藤。3回戦で大トップを取った山田学武が抜け出す展開。吉田はかなり厳しい位置になってしまった。

3回戦迄のトータル

(伊藤+42.5P・山田学武+42.1P・高谷+3.4P・吉田▲88.0P)

吉田と、2位山田迄の差は約130P。正直、絶望的点差である。
しかし、4回戦、起家を引いた吉田の親が大爆発!5本場まで積み上げ、得点は59,700点に。
そして、このリーチ!

四万五万五万六万六万三索四索五索三筒三筒五筒六筒七筒  リーチ  ドラ四万

高めのドラを引き当てれば6,000オール!
一気に80,000近くになり、ライバルの山田が10,000付近になる為、トップ・ラスで約90P縮まる事になり、逆転が現実的に!
ツモる手に力が入る吉田だが、バラバラの配牌を纏め上げた山田が、七対子で交わす。吉田の大爆発とはならなかった・・。

代わりに、浮上したのが高谷。
手応えあるアガリ。と語ってくれた、東4局の満貫ツモで、伊藤との差を一気に縮め、最終戦へ。
最終戦も、その勢いを生かし、伊藤・山田をも交わして勝ち上がりを決めた!

最終成績
(高谷+34.4P・山田学武+22.3P・伊藤+10.4P・吉田▲70.1P)

勝ち上がり:高谷・山田学武

 

C卓
gpmax2012
(沢崎誠VSともたけ雅晴VS仁平宣明VS鈴木秀幸)

九段シード・2007年グランプリ・十段・マスターズ等タイトル多数、沢崎誠
gpmax2012

 

A1・11位、マスターズB16
24期鳳凰位、ともたけ雅晴
gpmax2012

 

A1・10位、仁平宣明
gpmax2012

 

王位戦3位・C1リーグ鈴木秀幸
gpmax2012

Aリーガー3人という、厳しい卓組になったC卓。鈴木の心中は如何に?
1回戦、東4局。
沢崎が、三軒リーチを制する価値あるアガリ。

一万二万三万四万五万六万三索三索四索五索四筒五筒六筒

七万切りリーチ ロン六索

抜け出た沢崎だが、この卓の主役は仁平。ともたけも、オーラス七対子ドラドラを引きアガリ、少ない失点で収めるも、仁平の勢いが止まらない。
3連勝でダントツに。4回戦はトーナメント巧者沢崎がトップを取り、最終戦へ。

4回戦までトータル
(仁平+82.5P・沢崎▲15.2P・ともたけ▲40.1P・鈴木▲47.1P)

苦しい立場の、ともたけ・鈴木だが、最終戦、鈴木が爆発。道中仁平に7,700を打ち上げてしまうものの、1人浮きのトップ目で、通過ラインに。
最終局は、沢崎の通過を掛けたこのリーチ。

六万七万八万一筒一筒一筒四筒四筒五筒七筒  暗カン牌の背四索 上向き四索 上向き牌の背  リーチ  ドラ四筒

ツモる手に力が入る沢崎、しかし、この手を引きアガる事は叶わなかった・・・。

最終成績
(仁平+63.5・鈴木▲15.9・沢崎▲24.2・ともたけ▲44.5)

勝ち上がり:仁平・鈴木

 

D卓
gpmax2012
(HIRO柴田VS山田浩之VS西島一彦VS土屋幸弘)

A2・準優勝、十段B8、チャンピオンズリーグ前期準優勝。HIRO柴田。
gpmax2012

 

A2・3位、後期チャンピオンズリーグ準優勝。山田浩之
gpmax2012

 

チャンピオンズリーグ前期優勝シード、C1西島一彦
gpmax2012

 

新人王4位、静岡リーグ優勝土屋幸弘
gpmax2012

今年、A1昇級を掛けて戦った、HIRO柴田・山田浩之にチャンピオンズリーグを制した西島、静岡リーグを制した土屋が挑む構図。
HIRO・ヒロのライバル対決は、2回戦を終えて、HIRO▲52.4P・ヒロ+63.7Pと明暗が分かれる形に。
特に山田は盤石のゲーム回し。

2回戦、南2局 親HIRO
山田手牌 8巡目

二万三万四万二索四索六索六索一筒二筒三筒九筒九筒九筒  ドラ二索

山田は、1回戦トップで、この2回戦も50,300持ちとイケイケ状態。
更に三色や、ドラ引きによる大量加点を狙うのか?と思いきや、
ツモ五索で、ドラをリリース。ヤミテンで、直ぐ三索を引きアガリ300・500は500・700のアガリ。
有利なポジションを築いたら、リスクをなるべく犯さない、トーナメントを熟知した打ち回しで、非常に勉強になった。

一方、苦しい立場のHIROだが、改名してからのデビュー戦となるこの戦い。簡単には負けられない。
3・4回戦をプラスで纏め、最終戦へ。

4回戦迄のトータル
(山田浩之+61.5P・西島▲11.1P・HIRO▲20.5P・土屋▲29.9P)

最終戦、HIROが西島を15.7Pリードしてラス前まで進めるも、西島が最後の親で連荘。
4本場まで積み上げ、とうとうHIROを捲る。凄い粘りだ!
苦しい土屋も、シャンポンテンパイを外して、満貫・跳満を狙うも実らず、HIROがアガリ、とうとうオーラスに。

西島は300・500でOK。HIROは高い手を上がって安全圏にいきたい所。西島が仕掛ける!

三万三万七万二索四索八索二筒五筒六筒六筒  チー六万 上向き七万 上向き八万 上向き  ドラ西

すると、HIROに好牌が行く。

四万五万六万七万八万三索四索五索六索八索八索三筒五筒

この手牌に四索五索のツモで、このリーチ!

四万五万六万七万八万三索四索四索五索五索六索八索八索  リーチ

そして、一発は無いが三万を引きアガる!勿論仕方ない事とはいえ、思わず天を見上げる西島・・・。
条件は2,000・3,900に。親がHIROの為、事実上の最終局か。

西島配牌。

五万五万五索七索一筒三筒六筒六筒七筒西西北白  ドラ北

正直苦しい手牌だが、丁寧に纏め、

五万六万五索六索七索一筒二筒三筒六筒七筒西西北

ここまで育てる。高めの七万五筒は山に2枚ずつ残っていたが、この手牌が開かれる事は無かった・・。

最終成績
(山田浩之+32.1P・HIRO+13.0P・西島+1.1P・土屋▲46.2P)

勝ち上がり:山田浩之・HIRO柴田

 

E卓
gpmax2012
(石渡正志VS猿川真寿VS阿部謙一VS井上美里)

A2優勝、石渡正志
gpmax2012

 

A2・7位、マスターズB28、猿川真寿
gpmax2012

 

チャンピオンズリーグ後期優勝シード、D3。阿部健一
gpmax2012

 

新人王シード。井上美里
gpmax2012

Aリーガー石渡・猿川の2人に対し、チャンピオンズリーグを制した阿部。新人王の井上のフレッシュコンビ。

1回戦・2回戦は小場の展開。
興味深かったのが、2回戦オーラス。井上の選択。

非常に団子状態で、ラス目の石渡からトップ目の井上まで5,500差の大接戦。

石渡26,700・阿部30,700・猿川27,900・井上32,200

オーラス、親石渡。1本場・供託2本。
井上が、以下の手牌から仕掛けていく。

二万四万六万六索東南南西西西北北発  ドラ七索

南北をポンして、

二万四万六万東西西西  ポン南南南  ポン北北北

あっと言う間にこの形。小四喜の1シャンテンだ!
そこに、阿部がリーチ!

一万二万三万九万九万三索四索四索五索五索八筒八筒八筒  リーチ

井上ツモ三筒。どうするのか?と、思って見ていたら、現物を抜き、受けに入った!
是非は私には分からない。でも中々見切れなそうな手牌ではある。
しかし、井上はトーナメントである事を加味してか、この手をオリる事を選んだ。
そして2回戦終了時、トータルトップ目になるのだった。勇気ある決断だったと思う。

2回戦迄のトータル

井上+20.7P・石渡+2.6P・阿部▲2.3P・猿川▲21.0P)

3・4回戦は阿部・石渡がトップを取り最終戦へ。
1・2回戦でのオーラスの競り負けが痛い猿川は、厳しいポジションになってしまった。

また、井上も四暗刻単機をテンパイするが、

三万三万三万二索二索二索七索七索七索八索八索八索五筒

アガリ切れず、トータル3着目になってしまう。

4回戦迄のトータル
(石渡+30.9P・阿部+34.6P・井上▲4.1P・猿川▲61.4P)

最終戦、石渡が抜け出し、局を回して行く。猿川も最後まで攻め抜くも、最後の親番が落ちてしまい、万事休す。そして、オーラスに。
親は阿部。井上の条件は跳満ツモか、5,200以上の直撃。
恐らく1局勝負。

井上手牌
六万七万八万三索四索五索六索七索八索二筒三筒六筒七筒  ドラ五筒

ここまで育てた井上だったが、この手をアガリ切る事は叶わなかった。

最終成績
(石渡+50.7・阿部+13.5・井上▲10.3・猿川▲73.9)

勝ち上がり:石渡・阿部

熱い戦いは明日も続く!