文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第7期麻雀グランプリMAX一次トーナメント

2017/02/19
執筆:編集部


第7期麻雀グランプリMAX一次トーナメント

2017年2月18日(土)、第7期麻雀グランプリMAX一次トーナメントが行われた。
A卓からE卓の20名で行われた。5半荘行い、上位2名が勝ち上がりとなり、翌日行われる二次トーナメントへと進む。

A卓
森山茂和(九段シード) vs 前田直哉(P10位) vs HIRO柴田(P11位) vs 山井弘(P20位)

100

森山茂和

100

前田直哉

100

HIRO柴田

100

山井弘

初戦は前田の一人浮きのトップ。
続く2回戦もトップで終える。
最終戦は森山とHIROの着順勝負となったが、森山が勝負を制した。

1位通過:森山茂和
2位通過:前田直哉

B卓
荒正義(九段シード) vs 櫻井秀樹(P9位) vs 優木美智(P12位) vs 望月雅継(P19位)

100

荒正義

100

櫻井秀樹

100

優木美智

100

望月雅継

初戦トップは望月。
その後もポイントを伸ばし、3回戦終わって40ポイントを超えトータルで一人浮きになる。
勝負の4回戦で大きいトップを取った優木が望月と勝ち上がりを決めた。

1位通過:優木美智
2位通過:望月雅継

C卓
古川孝次(九段シード) vs 和久津晶(P13位) vs 紺野真太郎(P18位) vs 山本拓哉(地方リーグチャンピオンシップ優勝)

100

古川孝次

100

和久津晶

100

紺野真太郎

100

山本拓哉

1回戦は古川の大トップ。
続く2回戦は和久津の大トップ。
3回戦以降、紺野が果敢に攻め、最終戦のオーラスも条件を作るが惜しくも届かず、和久津と古川の勝ち上がりとなった。

1位通過:和久津晶
2位通過:古川孝次

D卓
沢崎誠(九段シード) vs 藤井崇勝(新人王) vs 仁平宣明(P14位) vs 佐々木寿人(P17位)

100

沢崎誠

100

藤井崇勝

100

仁平宣明

100

佐々木寿人

初戦トップは佐々木。その後も安定してポイントを伸ばす。
最終戦は仁平と沢崎の競りになるが、仁平がトップを取り勝ち上がりを決めた。

1位通過:佐々木寿人
2位通過:仁平宣明

E卓
瀬戸熊直樹(九段シード) vs 庄田祐生(チャンピオンズリーグ) vs 魚谷侑未(P15位) vs 内川幸太郎(P16位)

100

瀬戸熊直樹

100

庄田祐生

100

魚谷侑未

100

内川幸太郎

初戦トップは魚谷。
続く2回戦は庄田。
瀬戸熊は2ラスと厳しいスタートだったが、続く3回戦、4回戦と2連勝。
4回戦終わってトップとラスで8.9ポイントしか離れていない大接戦だったが、ギリギリの勝負を制したのは庄田と内川。
内川はトップはないものの、2着を4回という安定した打ち回しで勝ち上がりを決めた。

1位通過:庄田祐生
2位通過:内川幸太郎

以上の結果によって、二次トーナメントの卓組みが決定した。

【麻雀グランプリMAX二次トーナメント組み合わせ】
A卓:小島武夫vs森山茂和vs内川幸太郎vs山口大和
B卓:古川孝次vs羽山真生vs仲田加南vs優木美智
C卓:仁平宣明vs宮内こずえvs和久津晶vs柴田吉和
D卓:望月雅継vs吉田直vs佐々木寿人vsダンプ大橋
E卓:伊藤優孝vs近藤久春vs前田直哉vs庄田祐生