文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第8期麻雀グランプリMAX ベスト16 B卓レポート

2018/03/30
執筆:船木 伸一


グランプリベスト16・B卓は、
一次予選からの勝ちアガリ。日本プロ麻雀連盟会長「手役アーティスト」こと森山茂和。
最近「ゴジラ」の2つ名が定着しつつある現鳳凰位前原雄大。
前年度、鳳凰位決定戦準優勝。狙うは悲願のG1優勝。A1リーガー近藤久春。
今期の鳳凰位決定戦で、激闘の末、前原に敗れたAリーガー内川幸太郎。

A1が3人と、会長森山と言う豪華な卓。手役派・連続攻撃系と、攻撃力が高い4名が集まった為、激しい打撃戦が予測されますが、もう1つ注目したいのは、前原と内川の対決。両者は鳳凰位決定戦でも激闘を繰り広げており、若武者内川にとってはリベンジマッチとなります。
自身初のG1タイトル奪取のためにも、負けられない内川。
ベスト8に進出出来るのは、果たして!?

 

100

 

1回戦 前原 森山 近藤 内川

東1局 前原7巡目

一索一索七索七索二筒二筒六筒六筒南白白発発  ドラ四万

前原が1枚切れの南で先制リーチ。

内川

三万四万五万二索三索三筒四筒五筒五筒五筒六筒七筒八筒

同巡、絶好のドラを引いて追いかけます。
この後の展開を占う開局。
結果は、内川高め四索のツモアガリ!大きな2,000・4,000。

東2局 親・森山

四万五万七万七万三索四索五索一筒二筒三筒四筒五筒六筒  ドラ一索

まずは森山がピンフのテンパイ。三色やタンヤオの手替わりがある為、ヤミテンに。
内川も仕掛けてテンパイ。

二万三万四万八万八万五索六索四筒五筒六筒  ポン発発発

前原
六万六万三索四索五索六索七索八索八索八索八索八筒九筒

そこに前原が、ドラを切ってリーチ。
しかし、アガったのは内川。七索ツモで300・500。

東3局、またもや内川がピンフテンパイの森山から1,300のアガリ。
3連続アガリと好調の内川。このまま突っ走れるでしょうか?

東4局

前原
四万五万六万二筒二筒七筒九筒  チー四筒 左向き二筒 上向き三筒 上向き  ポン白白白  ドラ八筒

南家、前原が仕掛けます。
すると、親・内川が、少し対応した感じに。解説の沢崎は、ここは相手を考えずに攻める局面と語ります。
結果は押し返した近藤が、リーチで高めのツモアガリ。

四万五万六万七万八万五索六索七索三筒四筒五筒六筒六筒  ツモ三万

1,300・2,600。

南1局

森山
二万三万七万二索四索七索八索二筒四筒五筒八筒白白  ドラ二筒

2巡目 ツモ七筒。森山、この手から打白として、大きく狙っていきます。

近藤が

二万三万四万三索三索四索五索六索一筒二筒三筒七筒八筒

自身が5巡目に八筒を打ち良い待ちになっている事もあってか、このリーチを打つと、森山が追いついてリーチ。

二万三万四万六索七索八索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒

すぐに五筒を近藤が掴んでしまいます。
森山の構想力が生きた1局となりました。

南2局

森山
三万三万五万五万一索二索二索五索五索一筒一筒二筒二筒  ドラ三万

親の森山は2枚切れの発を持ってくると、打一索とします。そして、ツモ一索でアガリ逃してしまいます。しかし、それで腹を括ったのかリーチと行き、ハイテイでなんと発をつもって6,000オール!
アガリ逃しのダメージどころか、高くしてアガってしまいました・・強いです。

南3局 前原の配牌。

六万五索三筒八筒東南西北北白白中中  ツモ五万  ドラ二筒

運命の南3局。

解説席では、面白い手ですねー。
くらいのライトな感じでしたが、まさかあんな事になるとは誰が予想したでしょうか・・・!?

ここから前原 白ポン・北ポン。

3者の手牌は以下の形に。

森山
四万五万六万七万八万九万二索三索四索九索九索二筒四筒

内川
二万四万四索五索三筒四筒六筒六筒六筒七筒七筒西西

近藤
一万一万四万五万六万七万九万一筒一筒二筒三筒三筒四筒

対して前原。

五万東南西発中中  ポン北北北  ポン白白白

・・・。

・・・。

いや、さすがに前原以外のアガリになりそうなものですが・・。
ここから中を引き、北を加カン。なにやら怪しげな雰囲気が・・。

そして、親・近藤が

一万一万五万六万七万九万九万一筒二筒三筒三筒四筒五筒

これでリーチに行くと。前原 発南と驚異の引き!

南南発発中中中  加カン北北北北  ポン白白白

まさか・・。まさかの高めダブル役満テンパイが!ゴジラの足音が直ぐそこに・・・。
そして、近藤が掴んでしまった牌は・・・ 南でした・・。
近藤にとってのせめてもの救いは、安めだった事でしょうか。32,000ですが・・。
公式戦で初めて役満を放銃してしまった・・・と、語る近藤。何時かは降るものだと本人も覚悟していたとは思いますが、まさか安めで32,000の放銃とは、夢にも思わなかったのでは無いでしょうか?
夏目坂スタジオを、破壊せんとさえ感じられる、ゴジラの一撃でした!!

このアガリで前原がトップ。

1回戦結果

前原+28.3P
森山+16.9P
内川+5.3P
近藤▲51.1P

 

2回戦 内川 前原 森山 近藤

東1局から高打点

内川
七万八万二索二索三索四索五索二筒三筒四筒六筒六筒六筒  ドラ四索

前原
三万四万五万四索五索六索一筒一筒一筒七筒八筒西西

リーチ合戦で前原から内川に六万で7,700。七索八索を外した内川の判断が光ります。

東2局、森山はホンイツが見える好配牌。
2巡目ここから、

三索四索四索六索八索南西西北発中中中  ドラ三索

西が出るも、スルーすると手が伸びて、ドラドラテンパイの入った近藤から、

五万六万七万三索三索二筒二筒四筒五筒六筒  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き

森山
三索四索六索七索八索西西西発発中中中  ロン五索

この12,000のアガリ。森山の重厚な選択が印象に残ります。
近藤もドラドラあるだけに、仕方ないとはいえ、厳しい展開が続きます。

東3局、苦しい展開が続く近藤ですが、

一索一索一筒二筒三筒九筒九筒  ポン西西西  チー三万 左向き一万 上向き二万 上向き  ドラ九筒

親・前原
七万八万九万三索四索六索六索一筒二筒三筒四筒四筒四筒  リーチ

前原がリーチときますが、待ち取りを間違えず、近藤が九筒をツモで2,000・4,000。
このアガリをキッカケにして反撃したい所!

しかし、次局、内川のヤミテンに一筒で8,000の放銃。今日の近藤はやはり厳しいのか・・。

内川
一索二索三索二筒三筒七筒八筒九筒南南南中中  ドラ三索

南1局1本場

近藤
二万三万四万五索六索七索八索八索八索三筒三筒六筒八筒  ドラ七索

しかし、挫けない近藤。この手をリーチして、強く押し返されるも、七筒をツモで2,000・3,900。 意地を見せてくれます。

そして、オーラス近藤に以下のテンパイが。
この手をアガれば、まだまだこれからの近藤、更に変化すれば18,000もある手牌ですが、

二筒二筒三筒四筒四筒七筒七筒  ポン東東東  ポン発発発  ドラ二万

前原
二万二万二万四万四万五万六万七万五索五索四筒五筒六筒

無情にも、近藤から前原に五索で8,000・・。
近藤にとって、あまりに厳しい結末となってしまいました。

2回戦トータル
森山+29.1P
内川+26.5P
前原+9.2P
近藤▲64.8P

 

3回戦 前原 森山 内川 近藤

東2局 前原がこの手牌から、

二万二万四万八万四索四索六索六索七索七索八索九索九索  ドラ一索

七索ツモトイツ手含みで 打四万として。

二万二万四索四索六索六索六索七索七索七索八索  ポン九索 上向き九索 上向き九索 上向き

九索をポンしてテンパイ取らずの二万。珍しいと思いましたが、この選択が素晴らしく。
チンイツに寄せきり、親・森山から五索で8,000の見事なアガリ。

四索四索六索六索六索七索七索七索八索八索  ポン九索 上向き九索 上向き九索 上向き

南1局

前原
五万六万二索三索四索六索六索八索八索八索五筒六筒七筒  ドラ五筒

親、前原のリーチに対して、一手変わり三色のテンパイが入っていた近藤が四万で7,700の放銃。

三万四万五万一索三索七索八索九索三筒四筒五筒八筒八筒

この手で前に出ないイメージもある近藤ですが、ポイント状況的に、高打点になり得る手牌はオリにくいでしょうか・・。
近藤に厳しい展開が続きます。

3回戦終了時
前原+35.0P
内川+30.9P
森山+17.0P
近藤▲82.9P

 

4回戦 内川 前原 森山 近藤

上位3名が接戦でスタートした4回戦。リード奪うのは果たして?

東1局リーチ棒付きで、内川から前原にピンフドラ1、2,000の放銃。

東2局

内川
四万五万六万七万七万六索七索五筒六筒七筒九筒九筒九筒  リーチ  ドラ一万

近藤
五筒五筒六筒七筒八筒東東  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き  ポン白白白

このテンパイに対して、前原

一万二索二索六索六索六筒六筒東東西西発発

力強く、ドラの一万ツモ 4,000オール。やはりと言うか、前原が抜けだします。

東3局

森山

二万一索二索五索五索七索八索九索西西  ポン発発発  ツモ二万  打二索  ドラ二万

ホンイツ風味で仕掛けた森山ですが、ドラが重なり方向転換。
そして近藤。難しい手を上手く345の三色に寄せて以下の手牌。

二万三万四万五万六万七万八万四索五索三筒四筒五筒六筒六筒

二万か、五万八万か?
大量得点が必要な近藤、3,000・6,000は逃せないとドラを切って高め345の三色に受けます。
それを森山がポン。

五索五索七索八索九索西西  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き  ポン発発発

無情にも近藤が西を掴み 森山へ11,600。
ポイントがあれば違った選択も視野に入るだけに、追う立場は辛いと改めて感じさせる1局となりました。

東4局、近藤チンイツに寄せ切るも

一索一索二索三索三索五索六索六索六索七索  チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き

アガれず流局。

南3局

近藤
二索三索四索四索五索六索東  ポン北北北  ポン発発発  ドラ五索

内川
一万二万三万五万六万七万八万六索七索八索  ポン白白白

南3局、競り合いが続く3名ですが、仕掛けている近藤に対し、内川が東で8,000の放銃。内川は痛い放銃か・・。

最後は前原が1,000点でアガリ4回戦終了。

4回戦トータル
前原+60.9P
森山+29.0P
内川+7.1P
近藤▲97.0P

 

最終戦 森山 内川 近藤 前原

ほぼ、森山・内川の一騎打ちとなった最終戦。森山・内川が交互にアガリます。

東4局も

五万七万五索六索七索八索八索二筒三筒四筒五筒六筒七筒  ドラ六筒

12,000のテンパイが親前原に入っていたが、

内川が

四万五万五万六万六万五索六索七索一筒二筒三筒四筒四筒

これでリーチを打ち、前原から四万で3,900のアガリ、前原はオリる手もあったとは思いますが、相手に背中を見せないのが前原。
放銃とはなりましたが、最後まで逃げない姿勢に共感したファンも多かったと思います。

南1局

親 森山

五索六索七索南南西西  チー二索 左向き一索 上向き三索 上向き  ポン中中中  ドラ七索

内川も

八万八万五索六索七索九索九索二筒三筒四筒発発発  リーチ

2つ仕掛ける森山にリーチで真っ向勝負!勝負局だけに、力が入る両者。
結果は、内川が西で森山に11,600。

これで、勝負ありかと思われましたが、内川が粘ります!

親で

一万一万二万三万四万四索五索一筒一筒一筒六筒七筒八筒  ドラ二万

三索ツモ 2,000は2,200オールをツモると次局 、内川に勝負手が入ります。

13巡目

五万五万二索三索三索三筒三筒三筒四筒四筒五筒六筒七筒八筒  ドラ五万

難しい選択ですが、打三筒とすると二筒ツモ打三索でリーチ。
そして、一索ツモで4,000は4,300オールで肉薄!なんと、苦しくなってきたのは前原。

南2局4本場

内川
二万二万二万二索三索三索四索四索一筒七筒七筒発発  ドラ三索

次にアガると前原を交わす内川ですが、森山・前原2人が捌きに行き、森山が前原から1,000点でアガリ切ります。

南3局の時点で前原と内川の差7.0ポイント。
内川リーチ・前原仕掛けて応戦しますが、2人テンパイで流局。

そして、オーラスへ。

オーラス
森山 39,700
内川 45,100
近藤 18,900
前原 15,300

内川の条件は1,300・2,600、前原から3,900、森山から7,700。

力が入る内川だが、テンパイする事は叶わず、全員ノーテンでの終局となりました。

最終戦トータル

森山+42.7P
前原+38.2P
内川+30.2P
近藤▲112.1P

1位通過 森山茂和
2位通過 前原雄大

森山・前原の通過となったB卓。
森山は、手牌の構想力と胆力が素晴らしいと感じました。特に仕掛けも8,000のホンイツ手で西をポンせず、12,000をアガリ切った局は素晴らしいと思いました。
押し引きも冷静で、充実している印象を受けます。

前原は流石の勝ちアガリ。
天鳳位VS連盟でも2回の優勝を挙げたばかりか、鳳凰位も連覇。
このまま、グランプリももぎ取ってしまうのでしょうか!?
1つだけ懸念材料があるとすれば、1年に1回はアガリたいと語っている役満を、もうアガってしまった事くらいでしょうか・・?。

グランプリにかける思いがあったと語った内川。
公式戦初の役満放銃という不幸があった近藤も、素晴らしい闘牌を見せてくれたと思います。
2人の来期A1での戦いにも注目してください!

これで、グランプリベスト16・B卓のレポートを終わります。
熱い戦いは、まだまだ続く!!