文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

グランプリ レポート

一覧

第9期麻雀グランプリMAX ベスト16 B卓レポート 日吉 辰哉

2019/03/15
執筆:日吉 辰哉


【B卓】吉田直(鳳凰位)・紺野慎太郎・仲田加南・武田裕希

 

100

 

鳳凰戦A1リーグ昇級初年度にて鳳凰位を獲得した吉田が登場。
その吉田と共にA1昇級を決めたのが紺野。

 

100

 

鳳凰戦序盤戦は苦しんだもののしっかりと残留を決めた。
この日の紺野は初戦から飛ばしていく。
1回戦、東3局の親番で以下の9,600を仲田から打ち取り大きくリード。

東家 紺野
五万六万七万二索二索五索六索七索一筒一筒一筒東東  リーチ  ロン東  ドラ八筒

更に南2局3本場で、武田から8,000は8,900のダメ押しでしっかりとトップを手にする。

二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒発発発  ポン北北北  ロン八筒  ドラ七筒

2回戦もトップとなり、勝ち上がり盤石かと思われた3回戦で4着となるも、紺野に一切の焦りはなかった。
4回戦、南1局で決まり手が炸裂する。6巡目に仲田が以下のテンパイ。

北家 仲田
二万三万三索四索五索四筒四筒七筒七筒七筒  ポン北北北  ドラ九索

仲田のアガリ濃厚と思われたが、紺野が大物手のテンパイ。

南家 紺野
四万五万六万八万八万四索五索六索七索九索四筒五筒六筒

更には親の武田も追いつきリーチだ。

東家 武田
四万五万六万六万七万八万二索三索四索五筒六筒八筒八筒  リーチ

3者のめくり合いを制したのは紺野。このアガリで勝ち上がりを決定づけた。
今年度、女流桜花3連覇の大偉業を手にこの舞台に乗り込んできたのは仲田。

 

100

 

その型にはまらない独創的な麻雀をこの舞台でも見せることが出来るか。
2回戦、東1局、6巡目に以下の牌姿。

南家 仲田
五万五万九索九索二筒二筒二筒三筒三筒五筒五筒七筒八筒  ツモ二筒  ドラ二筒

4枚になったドラを1枚ツモ切り七対子、トイトイの両天秤。
九索ポンとしてトイトイに向かうも紺野にかわされる。

3回戦、東2局では下記から九筒ポンでホンイツに向かう仲田。

北家 仲田
二筒三筒四筒四筒六筒六筒八筒九筒九筒南北発発  ドラ発

この形に仕上げ発をツモアガリ3,000・6,000。

二筒三筒四筒六筒六筒南南南発発  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き  ツモ発

しかし、この日の仲田はこのまま駆け抜けることが出来ない。
この3回戦も武田にトップを譲ることとなる。
仲田は対局終了後のインタビューにて
「ここ数日調子が戻らず対局に臨むことが不安だった」
と口にした。

4回戦以降も得意の仕掛けを駆使し攻めるも、自分のペースに引き込むことが出来なかった仲田。ベスト16で敗退となった。

残る一席は吉田か武田か。
武田は初戦4着も2回戦は2着と粘り強い麻雀でしっかりと戦線に踏みとどまる。

 

100

 

3回戦、南3局、1本場。
トップ目仲田に1万点以上離され親番もない状況。

北家 武田
三万三万三万四筒四筒四筒五筒五筒西西  ポン白白白  ドラ四筒

7巡目にしてこのテンパイ。武田に大チャンスが舞い降りる。
しかし、その直後仲田が以下のテンパイ。

西家 仲田
一索二索三索四索五索六索七索八索九索九索東東東

アガリ牌の枚数で圧倒する仲田のアガリを誰もが確信する中、武田はラス牌の五筒ツモアガリ4,000・8,000。
仲田を逆転しトップを奪取。勝ち上がりに向け大きく前進する。

対してこの日の吉田は初戦2着もその後は4着、3着、3着と厳しい戦いを強いられる。

 

100

 

最終戦を迎えて武田+5.6P、吉田▲21.5P、仲田▲25.5P。
吉田、仲田は逆転可能なギリギリのライン。

最終戦、まずは仲田が順調に加点する。
武田は自身の手で勝ち上がりを掴むべく力強い麻雀を見せるも東3局で吉田に痛恨の放銃。

西家 吉田
一万二万三万八万東東東  ポン一索 上向き一索 上向き一索 上向き  チー二筒 左向き一筒 上向き三筒 上向き  ロン八万  ドラ一索

このアガリで吉田は武田を捕らえる。前を走る仲田との差は1万点弱。
迎えた南1局、最後の親番。この親が流れると苦しくなる吉田。武田からの先制リーチを受ける。

南家 武田
三万三万四万四万五万一筒二筒三筒白白  暗カン牌の背三索 上向き三索 上向き牌の背  リーチ  ドラ一索

吉田の手牌は以下の2シャンテン。

東家 吉田
六万七万二索四索四筒四筒四筒五筒五筒七筒八筒八筒南

吉田は無筋を切り飛ばし追いつき即リーチ。

六万七万八万六索七索四筒四筒四筒五筒五筒五筒八筒八筒

吉田はなんとフリテンリーチである。
鳳凰位獲得後、最初のタイトル戦。ここでの敗退は鳳凰位の名が廃る。
これを2人テンパイでしのいだ吉田は、南1局1本場で2,000は2,100オール。

五万六万三索三索三索四索四索五索六索七索三筒四筒五筒  リーチ  ツモ七万  ドラ七筒

このアガリで仲田をかわすと次局で決まり手。

二万二万三万三万四万四万三索三索八索八索四筒七筒七筒  ツモ四筒  ドラ七筒

この6,000は6,200オールでなんと3局連続の加点に成功しベスト8への切符を手にした。

B卓勝ち上がり 紺野慎太郎 吉田直