グランプリ レポート

一覧

第3期グランプリMAX 優勝者予想

2013/02/26
執筆:


正解者の中から抽選で1名の方に、第3期グランプリMAX戴冠後の直筆サインをプレゼント致します。
また、応募された方の中から抽選で2名の方に、決勝進出プロ寄せ書きサインをプレゼント致します。

応募方法:優勝すると思われるプロを記載し、こちら からご応募ください。

※1メールアドレスに対し、1応募とさせて頂きます。
※1メールアドレスより複数の応募があった場合、最後に応募されたもののみ受け付けられます。

なお当選者の発表は賞品の発送を以って代えさせて頂きます。

締め切り:2013年2月28日(木)

番号 名前
段位
プロフィール 伊藤 望月 猿川 宮内 和久津 魚谷 編集部
1

灘麻太郎
九段

第9・17期十段位

第10・11・12・13期王位 他

ロン2プロフィールはこちら

2
小島武夫
九段

第1期無双位

第2期最強位

第1期グランプリMAX 

ロン2プロフィールはこちら

3

古川孝次
九段

第16・17・18期鳳凰位

ロン2プロフィールはこちら

4

前原雄大
九段

第12・25期鳳凰位

第14・15・24・25・26期十段位

ロン2プロフィールはこちら

5

藤崎智
七段

第16期十段位

グランプリ2005 他

ロン2プロフィールはこちら

6

瀬戸熊直樹
七段

第26・27・29期鳳凰位

第28・29期十段位

ロン2プロフィールはこちら

7

山井弘
六段

第20期チャンピオンズリーグ

ロン2プロフィールはこちら

8

勝又健志
五段

第2期グランプリMAX

ロン2プロフィールはこちら

9

柴田弘幸
六段
 ロン2プロフィールはこちら
10

近藤久春
五段
 現A1リーグ在籍
11

ダンプ大橋
五段

第34期王位

第18期新人王

ロン2プロフィールはこちら

12

西川淳
四段

第22期チャンピオンズリーグ

ロン2プロフィールはこちら

13

黒沢咲
四段

第6・7期プロクイーン

ロン2プロフィールはこちら

14

堀内正人
四段

第27期十段位

第17期チャンピオンズリーグ

ロン2プロフィールはこちら

15

安田麻里菜
二段

第10期プロクイーン

ロン2プロフィールはこちら

16

嶋村泰之
二段

第26期新人王

第18期チャンピオンズリーグ

 

ベスト16トーナメント
A卓:勝又健志 vs 嶋村泰之 vs 安田麻里菜 vs 古川孝次
B卓:瀬戸熊直樹 vs 堀内正人 vs 黒沢咲 vs 西川淳
C卓:前原雄大 vs 山井弘 vs 柴田弘幸 vs 灘麻太郎
D卓:藤崎智 vs 近藤久春 vs ダンプ大橋 vs 小島武夫

予想とコメント

荒正義

今、一番打ち盛り瀬戸熊が本命。次が実績の前原。トーナメント戦の巧さで藤崎。
決勝に残れば、爆発力の山井と見ました。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 前原雄大
▲ 藤崎智
注 山井弘

伊藤優孝

今、充実期にある瀬戸熊を本命にするしかないでしょう。
対抗はなんと言っても鳳凰戦準優勝の前原。
▲は麻雀が変身した感がある柴田。注は本来地力のある山井とします。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 前原雄大
▲ 柴田弘幸
注 山井弘

望月雅継

一発勝負のトーナメントだけに、非常に予想は難しいので、ファン目線で自分が見てみたい組み合わせを選んでみました。瀬戸熊の三冠と小島の2度目の優勝に期待したい所だが、注目はA1復帰の古川。
一次、二次予選共に、危なげなく勝ち進む姿を見て、往年の勝負強さの復活を願って印をつけさせてもらいました。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 小島武夫
▲ 前原雄大
注 古川孝次

猿川真寿

鳳凰戦組は、基本的に疲れ果てているはずなので外したいところだが、年齢のわりに体力がある前原が本命。
対抗はダンプ。一次予選で自分を倒した勢いがあるのでそのままいっちゃいそう。
(最終戦で、約45ポイント差をまくられました)
単穴は柴田。A1でも安定しているのでそろそろタイトルがあってもいい頃かなと。
やはり、一番の注意人物は小島先生。去年連覇寸前で勝又にまくられたものの、2期連続決勝は相性の良さを感じさせる。

◎ 前原雄大
〇 ダンプ大橋
▲ 柴田弘幸
注 小島武夫

宮内こずえ

この間の鳳凰戦を見れば、瀬戸熊さんと前原さんは外せません!
2人のせめぎあいが観たいので本命と対抗はこのお二人。
前回のグランプリ覇者で理論派の勝又君も食い込んでくるのでは!?
女性Aリーガーの黒沢さんは瞬発力に期待。応援の意味も込めて注目したいですね。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 前原雄大
▲ 勝又健志
注 黒沢咲

和久津晶

グランプリMAXは、今年一番活躍したプロが獲るのが自然だと思います。
十段戦、鳳凰戦と全ての局をくまなく観ましたが、どうしても魅了されてしまう瀬戸熊プロ。
憧れと尊敬の意を込めて本命に。
それから手役、Aルールといえば小島先生ですよね。去年の準決勝ではその力を見せつけられて、私は負けました!!タイトル戦には相性みたいなモノも存在すると思うので対抗に。
「なにがなんでも」という感じがする山井プロ。そろそろ何かやってくれそう…と期待もあって▲を。
女の子だから、と油断すれば安田プロにも優勝のチャンスが!
卓が引き締まる程に力を発揮する要注意人物です。
私はあっさり敗退しましたが、タイトルホルダーや実力者がひしめくベスト16から、決勝戦まで…。
一時も目が離せまんね!!

◎ 瀬戸熊直樹
〇 小島武夫
▲ 山井弘
注 安田麻里菜

魚谷侑未

本命は瀬戸熊プロ。やはりなんと言っても強いです。
そして、鳳凰戦の勢いのままにグランプリMAXも優勝してしまうのでは…?
対抗は小島プロ。私を含め全国の麻雀ファンの方が、小島先生の決勝戦で戦う姿を見たいと思っていると思います。
▲は山井プロ。二次予選での爆発力が凄まじかったです。安定した麻雀と爆発力で初タイトル奪取も!?
注は堀内プロ。十段戦での瀬戸熊プロとのバトルは記憶に新しいです。
トーナメント戦に強い堀内プロの一発もあるかもしれません。

◎ 瀬戸熊直樹
〇 小島武夫
▲ 山井弘
注 堀内正人

編集部

本命は、カミソリ灘の異名を持つ灘麻太郎会長。その鋭い仕掛けからのアガリは未だ健在。
対抗はインターネット麻雀選手権から、久しぶりの決勝を狙うダンプ大橋。
▲はニコ生などの実況ではお馴染みの勝又。的確な状況判断を武器に2連覇を目指す。
注意は、今年度の新人王嶋村。勝負どころのクレージーとも思える暴牌が通れば勝機もあり!

◎ 灘麻太郎
〇 ダンプ大橋
▲ 勝又健志
注 嶋村泰之