プロリーグ(鳳凰戦) 決勝観戦記

一覧

第32期鳳凰位決定戦 二日目観戦記 HIRO柴田

2016/02/23
執筆:HIRO柴田


観ている側と座っている側では見えているものが違う。
観ている方が見えているようで、座っている方がよく見えているときもある。
A1リーグの戦いでは、観ている側が後で気づかされる場面が多々ある。
今日もそんな対局を楽しみにしながら鳳凰位決定戦2日目を観る。

100

 

5回戦 (起家から、瀬戸熊・前田・勝又・古川)

東1局、瀬戸熊が古川から2,900。

瀬戸熊
三万四万五万六万七万四索五索六索六索七索八索西西  リーチ  ロン八万  ドラ二万

続く1本場では古川が400・700の1本場をツモアガリ。

古川
二万三万四万七索八索九索白白発発  チー七索 左向き八索 上向き九索 上向き  ツモ白  ドラ四索

東2局、勝又リーチで瀬戸熊から古川へ1,000。

古川
一万一万七万八万三索四索五索発発発  チー八索 左向き六索 上向き七索 上向き  ロン九万  ドラ三筒

東3局、勝又リーチで流局の後、瀬戸熊が勝又から2,000は2,300と供託のリーチ棒を頂く。

瀬戸熊
一万一万三万四万五万四索五索三筒四筒五筒五筒六筒七筒  ロン六索  ドラ九万

・・・・前田の動きがない小場で進むこの3者のペース。息をひそめている沈黙なのか、それともメンバーのかみ合わせが悪いのか。

東4局、古川の手順が面白い。

六万七万九索九索三筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒  ポン中中中  ドラ七万

ここから打九筒、これは九索ポンなどを構えた打牌。チーを構える三筒打ちとは意見が分かれるところか。
だが、次ツモ東で打七筒と古川は打ってきた!そして古川の河には九筒が3枚、前述の打三筒ならここでテンパイ。
この時わたしは「親で打七筒は策に走り過ぎたのでは?」とメモを残した。

だが古川はここから三筒ポン九索ポンときて前田からアガる。

100

前田の分岐点は7巡目。

前田
四万六万八万四索五索六索二筒二筒五筒六筒白発発発

何切るだったら白だろう。前田の選択は二筒。古川の捨て身の手筋が前田の読みを狂わせているのだ。

南3局、古川がここから4枚目の九索をチーして二筒打ち。

古川
四索五索六索七索八索八索八索二筒東東南中中  ドラ中

解説でよく聞く真似しちゃだめなやつだ。続けざまに東をポンとすると、体感で古川がアガる感じがする。だがここは勝又の500オールのアガリ。

勝又
二万三万四万六万七万二索二索五索六索七索  ポン南南南  ツモ八万

しかし初日から言えるが、勝又は親でのアガリが本当に強い。
この親でも1人沈みの状態から一気にかけあがる。

100

勝又
五万五万五万五索六索七索七索八索八索八索七筒八筒九筒  リーチ  ツモ九索  ドラ白

五万六万九万九万一索二索三索三索四索五索三筒四筒五筒  ロン四万  ドラ九万

三万四万五万七万七万三索四索六索七索八索六筒七筒八筒  リーチ  ドラ八筒 流局

四万四万四索五索六索七索八索二筒三筒四筒六筒七筒八筒  ツモ三索  ドラ七筒

二万三万四万一索二索三索三索四索五索二筒二筒東東  リーチ  ツモ東  ドラ五筒

終ってみれば勝又1人浮きの快勝だ。
勝又以外の3者はこの場面を何度も味合わされているだけに厳しく感じているはずだ。

5回戦成績
勝又+33.7P 古川▲2.6P 瀬戸熊▲9.8P 前田▲21.3P

5回戦終了時成績
勝又+80.1P 古川▲18.3P 前田▲24.1P 瀬戸熊▲37.7P

 

6回戦 (起家から、瀬戸熊・前田・古川・勝又)

古川が開局から連続でアガリをものにする。

100

古川
二万二万五索六索六索七索八索八索八索八索  チー四筒 左向き三筒 上向き五筒 上向き  ロン七索  ドラ北

五万六万三索三索六索七索八索五筒六筒七筒  ポン東東東  ロン七万  ドラ五筒

一索二索三索四索七索八索九索三筒三筒三筒七筒八筒九筒  リーチ  ロン一索  ドラ七索

四万五万八万八万八万九万九万一索二索三索発発発  リーチ  ツモ三万  ドラ中

1,000→2,000→3,900→2,600オールと倍々と高くなるアガリで一気に45,000持ちまで加点する。

南1局2本場、勝又の総合力の高さは死角無しとさえ思えてしまう。
状況と牌をよく見ているのだ。

100

1,000点という勝又の初アガリだが、テンパイ料を重ねることによりトップ目の古川に300差までこれで詰め寄るのだ。

南2局1本場、瀬戸熊が仕掛ける。

瀬戸熊
二万二万一索二索四筒四筒七筒発発発  ポン八索 上向き八索 上向き八索 上向き  ドラ二万

早い仕掛けで押さえ込むか、引き付けてアガリをものにするかとは瀬戸熊のコトバ。
ここは押さえ込みなのだろう。

そこに前田がスピードを合わせにいく。

100

前田
五万五万五万三索四索六索六索六索八筒八筒  チー五筒 左向き六筒 上向き七筒 上向き  ドラ二万

前田はチーして七索の手出し、瀬戸熊は自分の手をものにしたい、放銃にまわるのは構わないが打てばこの局は終わりという葛藤で一索四索を入れ替える。
それを隙とみたのか、この前田の受け流したアガリとなる。

100

南2局2本場、そしてそれを機に前田反撃と移すも勝又がすかさず止める。

前田
二索二索五索六索七索八索九索  ポン中中中  ポン東東東  ドラ七万

勝又
四万六万七万七万  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  チー六索 左向き四索 上向き五索 上向き  ポン西西西  ロン五万

南3局、前田。

七万七万八万八万九万九万二索二索三索七索七索九筒九筒  ロン三索  ドラ二索

トップ目の勝又が形式テンパイで勝負した牌が、前田の七対子ドラ2のアガリとなり前田のトップとなる。
この局だけでみると勝又手痛い放銃だが、常に攻める姿勢を崩さないからこそ全てを親での連荘に繋げているよう私は見ている。
わたしの知る限り、いいとこだけアガろうというトッププロは誰一人いない。

6回戦成績
前田+12.9P 古川+7.2P 勝又▲4.7P 瀬戸熊▲15.4P

6回戦終了時成績
勝又+75.4P 古川▲11.1P 前田▲11.2P 瀬戸熊▲53.1P

 

7回戦 (起家から、勝又・瀬戸熊・古川・前田)

100

東1局

勝又は瀬戸熊からテンパイとなる四万がでる可能性があるからと言っていた。
仕掛けを多用する古川より、少しでも瀬戸熊のアガリとなる可能性の牌を打たず尚且つテンパイチャンス残す七万打ちだ。
瀬戸熊の攻めにより古川のアガリが生まれ、勝又を苦しめるスタートとなる。

東3局

100

古川がさらに加点した親番だが、勝又の仕掛けにより牌を止めることになる。
トータルトップの勝又が今回沈んでいる以上、勝又が立ち直るきっかけとなりうる發は危険牌である。
打つか打たないかだが、古川の立場の時に勝又はこれを打ってきて今の位置がある。
古川もずっとそれをやってきていたが数字が許さなかったのだろう。
頭でわかっているが体で打てるかどうか?非常に難しい局となっている。

南4局

勝又
二万七万九万三索四索九索二筒東西西北北中

勝又、古川の第一打西をポン。点数状況的に牌が鳴きやすいのと親の前田を押さえ込めれば1局で終ると読んだと思う。
すぐにドラ九万を重ね瀬戸熊から九万をポン。

100

前田
四万五万六万六筒七筒南南  ポン発発発  チー三筒 左向き一筒 上向き二筒 上向き

前田ここにドラの九万を持ってきてテンパイを崩す。4枚目の九万を打てば勝又がチーしての跳満テンパイだ。
牌山を見てしまえば仮に九万をチーさせると八筒で前田のツモアガリだが、自分のわがままによるめくりあいで勝又にもうチャンスを与えることはできない。
運まかせにはもうできないという前田の誠実さにより、アガリこそは逃したものの勝又を4着にしてこの半荘を終える。

7回戦成績
古川+21.1P 瀬戸熊+4.8P 前田▲8.8P 勝又▲17.0P

7回戦終了時
勝又+58.4P 古川+10.0P 前田▲20.1P 瀬戸熊▲48.3P

 

8回戦 (起家から、前田・勝又・瀬戸熊・古川)

東1局

瀬戸熊
一万二万三万七万八万九万七索八索六筒六筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ三筒

前田
三万四万五万六万六万三索四索三筒三筒三筒六筒七筒八筒  ロン二索

瀬戸熊、高め三色リーチだが、このリーチ現物で古川が前田のヤミテン12,000へつかまる。

東2局

100

仕掛けが入って瀬戸熊がヤミテンで3,900のアガリ、残り牌山には待ち牌は七万が1枚のみだった。
選択はあっていたのだろう、でもリーチをする瀬戸熊を見てみたかった気もする。

東3局

勝又
二万三万四万三索四索二筒三筒四筒五筒五筒北北北  リーチ  ツモ二索  ドラ九筒

北家なのでヤミテンの選択もあるが、私は前へいきますよとばかりに勝又が力強くリーチしてツモる。
そして先ほどの3,900を100点足しての4,000の払いとなる瀬戸熊。

南2局

100

解説で藤崎も触れていたが「古川の本手のヤミは怖い」これはわたしも同意見だ。
しかし古川、ここはリーチとくる。ヤミテンなら勝又からのアガリがあったかもしれないが、ここに瀬戸熊も追いつきお互い残り1枚の勝負となり、瀬戸熊のアガリとなる。

100

南3局

瀬戸熊
五万六万七万二索二索二索三索四索五索三筒三筒六筒八筒八筒  ドラ五筒

どう打つか?どう見えるか?結果論かもしれないが、この局はどう見えるかのテーマが正解だったのだろう。
7巡目の瀬戸熊の選択は打八筒、手順でいえば正着打、こう構えるならドラ引きもあるのでヤミテンがセオリー。
ただここで六筒切りリーチとくると先ほどのアガリを見るに、なかなか子方の3者は踏み込みにくいだろう。

100

そしてこの八筒の選択が勢いを止めない勝又のアガリを呼び非常に手痛い放銃となり、折り返しを迎えるにあたって勝又非常に手ごたえの有るトップとなる。

8回戦成績
勝又+19.0P 前田+8.3P 瀬戸熊+2.2P 古川▲29.5P

8回戦終了時成績
勝又+77.4P 前田▲11.8P 古川▲19.5P 瀬戸熊▲46.1P