プロリーグ(鳳凰戦) 決勝観戦記

一覧

第36期鳳凰位決定戦 二日目観戦記 荒 正義

2020/02/14
執筆:荒 正義


初日と違って、今日は晴れ。しかし、冬の盛りなので風は冷たい。
首位を走る古川は、名古屋からだ。70歳では、移動の体も辛かろう。疲れると思考能力が低下し、ミスが出るものだ。

西川は千葉からだ。対戦の2時間前には、家を出る必要がある。そして、初日は最下位で▲33,1P。トップ1回で回復できるが、焦りは禁物。それは吉田も同じ。この2人は、マイナスを消すことから考える。マイナスが0なら、トップ走者は射程距離に入る。ただ、大事なことはこれ以上、古川に得点を与えないことだ。
藤崎は、今日で首位の古川に並べばいい。となれば残り2日、体力、気力で勝る藤崎が有利となるだろう。

 

100

 

東1局。ドラ二索
親は藤崎で、順に古川、西川、吉田の並び。
4巡目、藤崎が動いた。西川の切った八索をポンだ。藤崎の早い仕掛けは要注意だ。手牌が好形で、打点があるからだ。それは誰もが知っている。このとき藤崎の手はこうだった。

三万四万五万二索二索五索七索四筒六筒八筒  ポン八索 上向き八索 上向き八索 左向き

6巡目、西川にテンパイが入った。

四万五万六万七万七万二索四索一筒二筒三筒四筒五筒六筒

しかし、ヤミテン。藤崎の手がタンヤオ志向ならば、ドラ2かドラ3と見なければならない。こちらが2,600点では、割に合わないと見たのだ。五索を引けば三色があるし、四筒七筒ツモならタンヤオがある。
10巡目、藤崎にテンパイが入る。五筒を入れてカン六索待ちだ。

三万四万五万二索二索五索七索四筒五筒六筒  ポン八索 上向き八索 上向き八索 左向き

すぐに西川も七筒を引き、タンヤオに変わる。ここでリーチだ。

 

100

 

四万五万六万七万七万二索四索二筒三筒四筒五筒六筒七筒

藤崎もオリなし。2人のめくり勝負だ。これは西川が引き勝って、2,000・3,900点。西川が好調のスタートを切った。藤崎にとっては痛い、親のかぶりだ。
東2局。ドラ七筒
今度は、藤崎が踏ん張る。6巡目のリーチだ。

四万五万六万七万七万三索四索五索三筒四筒五筒七筒八筒

12巡目、安めの九筒を引いて1,300・2,600点。このとき、親が古川だったのも藤崎には好都合。この日は、藤崎の52歳の誕生日だった。彼の技の精度は天下一品である。今日は誕生日で、運の後押しもあるかも知れない。

東3局。ドラ九索
今度は古川が自風の北ポンで、早い仕掛け。さらに6巡目、九万を鳴いてテンパイだ。

一万一万二万三万九索七筒八筒九筒  チー九万 左向き七万 上向き八万 上向き  ポン北北北

九索は初物だが、一万は1枚河に見えている。なのに、打九索だ。ドラならチャンタで7,700、マンズの受けなら1,000点である。これには、解説の佐々木寿人も古橋も驚きの声を上げた。私も一万切りである。
打点が違いすぎるからである。この後、吉田から九索が出たが、これは合わせ打ち。古川が切らなければ、出ない牌。この後、藤崎に九索が流れてトイツになる。ドラで受ければ、純カラだったのだ。となれば、藤崎の反撃があったはずだ。この後、古川は四万を引いて300・500点。難を逃れた。
後で、この時の構えを古川が語った。

「自分の状態が悪かったから…」

ベテランは、時と場合で応手が変わる。

 

100

 

この後は、小場で回って古川の逆襲が始まった。やっぱりサーフィンだ。

南2局。ドラ八索
古川の親番。

一万一万七索八索九索一筒二筒  ポン九万 上向き九万 左向き九万 上向き  チー一索 左向き二索 上向き三索 上向き

まず、三筒を引いて2,000点オールだ。
次がこれ。

南3局3本場。ドラ五万

五万六万三索四索五索六索六索  ポン四筒 上向き四筒 左向き四筒 上向き  ポン三筒 左向き三筒 上向き三筒 上向き  ツモ五万

ここで古川が六万を切って、今度はドラとのシャンポンに受け変える。すると、吉田が五万をツモ切った。吉田もテンパイで、親の現物。しかし、古川の最終打牌が六万だから、撤退はあったはずだ。今日の吉田は、エンジンがかかりすぎている。こういう日は危ない。

ここで古川のトップが確定、11,600点(+900)だ。これは大きい。古川にとっては望外の利で、吉田はがっくり。しかし、もっとがっくりしたのは、総合2番手の藤崎だったに違いない。この時点で4人の持ち点はこうだ。

藤崎 古川 西川 吉田
27,0 49,6 33,6  9,8

今度は藤崎が頑張った。
南3局1本場。ドラ西

八万八万九万九万九万四索五索五筒六筒七筒  ポン西西西  ツモ三索

自風のドラの西をポンして、2,000・4,000(+300)点。浮きの2着に浮上。今日も古川の先勝である。

5回戦の成績。

藤崎  古川  西川  吉田
+6,8 +26,8  +2,0 ▲35,6

5回戦までの総合成績。
古川 +80,0P
藤崎 +13,2P
西川 ▲31,9P
吉田 ▲61,3P

 

 

6回戦。出親は古川で順に藤崎、西川、吉田の並び。

古川と藤崎の差は、66,8Pだ。かなり開いたが、まだ逆転可能である。
西川と吉田には、厳しい展開。

東3局。ドラ八索
4巡目、藤崎が絶好のツモを引き当てた。

一万一万三万三万八索三筒三筒九筒九筒南西北北  ツモ八索

ドラを重ねてテンパイ、即リーチだ。

(藤崎の河)
九索 上向き白九索 上向き西

南は河に1枚。誰が掴んでも切る牌だった。8巡目にこれをツモって、3,000・6,000点。一気に主導権を握った。これが誕生日の、後押しか。
しかし、後が続かずこう着状態。古川も鳴きを駆使するが、うまく噛み合わない。西川の1人沈みで、オーラスを迎えた。
親は吉田、テンパイと小さなアガリで粘る。この間に、古川が原点を割る。
南4局2本場は、藤崎が1,300点アガってトップを取った。

6回戦成績。
古川 藤崎 西川  吉田
▲5,5 +17,3 ▲24,0+12,2

6回戦までの総合得点。
古川+74,5P
藤崎+30,5P
吉田▲49,1P
西川▲55,9P

 

 

7回戦。
親は吉田で順に古川、西川、藤崎の並び。
この回は、1,000・2,000点を引いた西川が先行。誰も手が入らない。

東4局。ドラ六索
藤崎の親番。11巡目、西川からリーチがかかった。

二万三万四万三索四索六索七索八索二筒二筒七筒八筒九筒

このリーチが作用し、藤崎のアガリが生まれた。麻雀ではよくある出来事。

六万六万七万七万八万八万六索八索七筒七筒  チー四筒 左向き三筒 上向き五筒 上向き

2,900点だが、古川からの直撃だから大きい。無いはずのアガリが生まれる。こんな親は、怖いのだ。

東4局1本場。ドラ白
吉田が動いた。早いソーズのホンイチ仕掛け。

牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背  ポン西西西  チー五索 左向き四索 上向き六索 上向き

ドラが白だから、要注意だ。そのドラが3人に1枚ずつ。だから、吉田の1人旅に思えた。吉田の手の内の7枚はこうだった。

一索二索八索八索八索東東

しかし、藤崎に15巡目テンパイが入る。

六万六万二索二索一筒一筒五筒五筒七筒七筒北北白

すると、すぐにラス牌の白を掴んだのが吉田。誰もテンパイの気配がなかった。だから切った。この9,600(+300)点は、吉田にとっては痛かった。

東4局2本場も、藤崎のアガリ。
打ったのは古川。2,900(+600)のアガリだが、直撃は大きい。やっぱり、無いはずのアガリが生まれた…親は怖かった。暖かい風が、藤崎に向かって吹いている。

 

100

 

3本場は3,900(+900)アガって、西川が落とした。打ったのは、吉田だった。

南2局は古川の親番。この時点で、4者の持ち点はこう。
吉田 古川 西川 藤崎
13,3 22,7 38,5 45,5

このままでは藤崎に並ばれる。古川は浮いて、少しでも差をつけておきたいところ。7巡目、古川にリーチがかかった。

五索六索六索七索七索八索二筒三筒四筒五筒六筒発発  ドラ五索

これに七筒を一発で、西川が振り込む。3,900点。
南1局1本場。ドラ二索

9巡目、古川のリーチが入った。

二万三万三万四万四万五万四筒四筒七筒七筒八筒九筒九筒

リャンペーコの手変りを見て、ヤミテンだった。しかし五筒を切られ、その五筒を藤崎がチーした。もう我慢の限界と、押さえ込みのリーチだ。八筒は、藤崎が雀頭。筋で危なかったが流局して、吉田の1人ノーテン。

南2局2本場。ドラ三万
ここも古川が粘って、五万で西川からアガリ。

三万四万四索五索六索九筒九筒発発発  チー五筒 左向き六筒 上向き七筒 上向き

2,900と600点で、古川が浮きに回る。

3本場は、藤崎が落とす。500・1,000点のツモアガリだが、これで古川が200点の原点割れ。

南3局。ドラ五筒
16巡目、吉田からリーチが入った。ツモは残り1回。

 

100

 

二万二万四万四万七万九万九万二索二索三索三索五筒五筒

七万は筋でも河にも安くはなかったが、構ってはいられない。これをテンパイの古川が、ハイテイで掴んだ。古川は、テンパイなら浮きに回る。勝負と切って、跳満の放銃。
「何すんだ、直!」これは、古川の心の叫び。
この一発で、ラスになる。これは古川…無念!

南4局は、西川が1,000点アガリで終了。

7回戦の成績。
吉田  古川 西川 藤崎
▲13,5 ▲20,2+6,3 +27,4

7回戦までの総合。
藤崎 +57,9P
古川 +54,3P
西川 ▲49,6P
吉田 ▲62,6P

 

 

8回戦。
親は藤崎で順に西川、吉田、古川の並び。
藤崎が7回戦でトップに立ったが、その差は微細。しかし、昇り調子なので古川を引き離すことも可能だ。
東1局。ドラ西
藤崎が8巡目に七筒をポン。11巡目に二筒をポン。

牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背  ポン二筒 上向き二筒 上向き二筒 左向き  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 左向き

その河がこう。

四索 上向き二索 上向き七索 上向き六索 上向き七索 上向き八万 上向き
白九筒 上向き白四索 上向き一筒 上向き

これなら誰だって、ピンズの染め手と判る。このとき、手牌7枚はこうだ。

四筒南南西発発発

15巡目、ドラの西を引いてテンパイを果たす。南で18,000点、西なら24,000点だ。18巡目、南家の吉田もテンパイを果たす。

一万九万一索九索一筒九筒東東南北白発中

2人とも西待ちの大物手。しかし、残念ながら1枚は古川の手の内で、1枚は王牌だった。

東1局1本場。ドラ九索
8巡目、またしても親の藤崎が動いた。

牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背  ポン九万 上向き九万 左向き九万 上向き

で、手の内はこう。

七万七万七万一筒一筒七筒七筒七筒東東

九万は、2枚目だから仕方ない。一筒ツモなら満貫、東ツモなら跳満である。しかし、流れて藤崎の1人テンパイ。

2本場も流れた。テンパイは西川と吉田。
後はかわしての応酬。

南2局。ドラ発
藤崎が、ラス牌の五索でアガリ。

五万五万五万一索二索三索四索六索七索八索九索七筒七筒  ツモ五索

これで藤崎が、5,000点浮きのトップに立つ。

後は小場で流れた。
南4局。ドラ二万
ラス親は古川。5巡目に古川が切った、ドラの二万に西川からポンの声。西川は遠い仕掛け。7巡目、古川からリーチがかかった。

二索三索四索八索八索六筒六筒七筒七筒八筒  暗カン牌の背五万 上向き五万 上向き牌の背

八筒なら、相当の高打点、これに一発で五筒を打ち上げたのが吉田。4,800点。
これで古川が浮きに回る。
吉田は、受ける場面だ。遅い手だったし、安全牌もあった。
なのに、なぜ―。

1本場は、藤崎がかわして幕。

8回戦の成績。
藤崎  西川 吉田 古川
+14,8 +4,6 ▲20,7 +1,3

8回戦までの総合成績
藤崎+72,7P
古川+55,6P
西川▲45,0P
吉田▲83,3P

上と下に差がついた。
しかし残り8戦、何が起こるかまだ分らない。次回が楽しみだ!