文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第31期A1リーグ第1節 C卓レポート ともたけ 雅晴

2014/05/07
執筆:ともたけ 雅晴


プロリーグの開幕。
出場選手にとってはちょっと遅めのお正月。
第1節のとりを飾って対局するのは、伊藤優孝、荒正義、古川孝次、ともたけ雅晴という、A1リーグの平均年齢(今期は48才と低め)を上げているオジサン、もといベテラン同士の顔合わせとなりました。

開始前の控え室では、ピリピリとした緊張感はなく、和やかに談笑していたのですが、対局室に入って席に着いた途端ギアチェンジして戦闘モードに!
そして迎えた1回戦、起家から荒、伊藤、古川、ともたけ。

ベテラン同士なので、ある程度はゆっくり構えても大丈夫かなと思っていたら、いきなり伊藤がチーして動く。
普段は相手の様子を見て、どちらかというと自分と同じスロースターターの伊藤ですが、最初から先手をとって動いたのは想定外でした。
局が進み僕の手は

一索二索六索六索七索八索七筒八筒東東北北北  ドラ六筒

この1シャンテンに、ツモ東で何を切るか?
チャンタも見えるし、先にソーズで頭ができればリーチをかけて最低6,400が保証されるのでソーズを切る人も多いと思います。

別にそれが悪いわけではないのですが、最初の半荘の東1局、そして僕(ともたけ)ですよ!
この手をホンイツに行かないでいつ行くの!

そして数巡無駄ヅモをしてる間に親の荒からリーチ。
伊藤が一発目にドラを打つ。古川は現物の六索を僕に鳴かないのと言わんばかりに切る。
その餌に美味しいと飛び付いてしまう愚かな自分。

確かに満貫のテンパイではあるが、六索をチーしたら後の変化が無いのである。
普段なら、絶対に我慢して鳴かないのに…結果は荒の4,000オール。

続く1本場は、荒が役牌をポンして更に加点しようとするが、僕もピンフイーぺーコードラ1を五索八索待ちでテンパイして即リーチ!

荒が一発目に無スジの六索を勝負してきて「1本棒が多いんだけど」と思っていると伊藤から渋い「ロン」の発声。
ピンフ三色ドラ1の高目でのアガリ。

スタートから大物手が炸裂して荒れ場になるかと思いきや、その後は3人が小刻みにアガリ、僕1人蚊帳の外で、オーラスも古川が病み上がりとは思えない見事なサーフィンを見せてアガリトップ。
僕は痛い1人沈みのラス。

2回戦も少し沈みの3着。3回戦は少しプラスの2着と、徐々に上向きで最終4回戦へ。
トップも3人が1回ずつで次は自分の番?

前半は、古川に1,300、3,900と振り込み苦しかったが、7,700、8,000、1,600と3局続けてアガリ、オーラスを迎えた時点で古川と1,100差の2着目。

何でもツモれば逆転なので頑張るが、親の伊藤に仕掛けられ、上家の自分は半分受けながらもテンパイはしたいとの思いで、終盤に暴牌と言われてもおかしくない生牌の白を勝負して、伊藤と2人テンパイで古川を1,900逆転してトップ目に立つ。が、大きな落とし穴が待っていた。

オーラス1本場、中盤過ぎに

一万一万三万三万五万八万八万八万九万九万南西西  ドラ三万

こうなり、これをものにして今日はプラスだぁ!と思ってるところに、ツモってきた二筒を切ると荒から「ロン」。
開けられた手牌は

二筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒白白

前巡、五筒二筒を入れ替えたと後で聞かされる。
この振り込み(6,400+300)で、プラスどころか400沈みの2着。

終わってみれば「死にかけの優」と「死にかけた古川」にやられ、差がないとはいえ、座り心地の良くない椅子を押し付けられた「崖っぷちのともたけ」でした。
今回は、1回戦東1局のチーが全てで、マイナスがこれくらいで済んで助かったと思い、反省するところは反省して、早くこの椅子を誰かに譲れるよう、次節以降頑張りたいと思います。

A1 A2 B1・B2 C1・C2・C3 D1・D2・D3


第30期鳳凰位
藤崎 智
出身地(秋田)

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 対局消化数 合計
1 近藤 久春(秋田) 55.3

4/40

55.3
2 柴田 弘幸(神奈川) 53.1

4/40

53.1
3 瀬戸熊 直樹(東京) 50.5

4/40

50.5
4 伊藤 優孝(秋田) 24.3

4/40

24.3
5 古川 孝次(愛知) 13.2

4/40

13.2
6 沢崎 誠(群馬) ▲9.3

4/40

▲9.3
7 勝又 健志(東京) ▲ 10.9

4/40

▲ 10.9
8 荒 正義(北海道) ▲ 13.2

4/40

▲ 13.2
9 望月 雅継(静岡) ▲ 20.4

4/40

▲ 20.4
10 前田 直哉(静岡) ▲ 23.4

4/40

▲ 23.4
11 朝武 雅晴(千葉) ▲ 24.3

4/40

▲ 24.3
12 猿川 真寿(静岡) ▲ 94.9

4/40

▲ 94.9

鳳凰位決定戦進出者 3名   降級者 2名
決定戦進出&降級ライン:順位枠内に表示

※同点の場合は期首順位が上の者を上位とする。