プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第31期A1リーグ第2節レポート 前田 直哉

2014/06/09
執筆:前田 直哉


AⅠリーグ第2節。
今回の対局は、伊藤プロ、ともたけプロ、勝又プロそして私である。

第1節を終えて、プラスなのは伊藤プロだけで、他の3名は、今日大きく浮いてプラスにまわりたいところであろう。
今夜は天気が荒れると予報では言っていた。対局もそんな風に、荒れる予感がしてならない。
出来れば巻き込まれる方ではなく、巻き起こすほうでありたい…
そんな気持ちを秘め対局に入る。

東1局 

一筒二筒五筒五筒西西白  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き  ポン東東東  ドラ六万

親である私は、ダブ東九筒を鳴いてこの形。
私の捨て牌が露骨なホンイツ模様のため、他3者はがっちりとガードを固めてきたので、ここにドラである六万を引いて一旦打白とする。
すると次巡、七万を引いてきたので、八万はすでに序盤に切ってありフリテンではあるが、上家のともたけプロが受け気味に見え、前巡、私の現物である八万を切ってきたので、それがトイツ落としではと思い、ピンズのホンイツから切り替える。

しかし、受け変えたはいいが、上家のともたけプロから八万が出てこない。
後で映像を確認したら、やはりトイツであったが甘くはないといったところか…
結局、全員ノーテンのまま流局。

そして南1局、親の私にチャンス手が入る。
結果だけ言うと、メンホン白をツモリ4,000オール。
誰でもアガれる4,000オールである。

確かに一手変わりで四暗刻だが、アガリがあるなら二万五万でのアガリだけと感じていた。
結果、五万でアガるのだが、勝又プロからリーチが入っていて、何故自分もリーチにいけなかったのかと反省している。
自分の感覚を信じきれていない証拠である。

結果1戦目は、
伊藤▲7.4P  ともたけ▲21.3P  勝又+20.2P  前田+8.3P
消化不良である…。

2戦目は良いところなく1人沈みのラス。
3戦目は、東1局に7,700をアガリ好スタート。
そして点数を削られつつ迎えた南2局12巡目。 

一索一索二索二索三索三索六索七索九索白白発発  ドラ白

1シャンテンが数巡続き、ここに全員に比較的安全そうな九万を持ってきて打九索とする。
14巡目に八索をツモリやっとのテンパイ。
数巡後、白をツモリ4,000・8,000のアガリとなる。

12巡目の九索を切ってなければ三倍満となるが、すでに終盤に差し掛かり、このチャンス手を切り遅れによって逃したくなかったので悔いは無い。

それよりも問題はその後である。
一気に畳み掛けたいところだがそうはならない…
4戦目もいきなり3,900オールをアガるがその後が続かない。

結局4戦終わって
伊藤▲8.6P  ともたけ10.1P  勝又▲13.3P  前田+11.8P   

なんとかプラスではあったが全然ダメである。
アガった後、二の矢三の矢を放てないと、このA1では勝っていけないだろう。
まだ8節ある。戦いはこれからだ。