プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第31期A1リーグ第4節レポート 近藤 久春

2014/08/13
執筆:近藤 久春


今期自分は、いつもより前に出る麻雀で戦おうと心に決めていた。
しかし、結果を出せず後がない位置にいる為、早くも軌道修正するつもりで挑んだ第4節。

開局早々、荒プロが炸裂する。

東1局 西家 

五万六万七万三索四索五索六索六索六索七索八索南南  リーチ  ツモ南  ドラ南

これを皮切りに、4,000オールを3回に、5,200や3,900と独壇場になり80,000点オーバー。
全く麻雀をさせてもらえない。

仕掛けどころや、押し返したい場面もあったのだが、放銃に回ると前節の二の舞になると思い見送る。
これが更に拍車をかけたのかもしれない

こんな状態のとき、経験則から、荒プロには、絶対に逆らっては駄目だ。
上手くて強い上に流れが来てるのだ。とにかく、傷を浅く終わらせる。
まだ、3回戦残っていると自分に言い聞かせた。

2回戦。

今度は、伊藤プロの連荘が始まる。
また我慢の時間だ。

そして迎えた親番、今日一番の疑問手を打ってしまう。

二万三万四万一索二索三索三索四索五索五索六索白白  ドラ四万

この手を2巡回してリーチ。

即リーチをしなかった理由は、単純にツモる感じがまるでしなっかたからだ。
変化を待とう。(白ポンまで考えていた)

2巡後リーチを発声する自分がいた。
次巡、白をツモり悪い予感が、、、、

私がリーチを打った時、すでに前田プロは七対子のテンパイをしていた。

六万六万九万九万六索六索七索七索七索五筒五筒西西中  

そして

六万六万六万九万九万六索六索七索七索七索西西中  ツモ九万

悪い予感だけは的中した。しかも私のリーチが誘発した可能性が高い四暗刻。
リーチをしなければ七対子をアガっていたのでは?
最悪の結果を生んでしまった。

考えている事と、やっている事がバラバラに。
もう頭の中は真っ白なのだが、プロとしてこれ以上見苦しい麻雀は打てない。
丁寧に冷静に打たなければ、、、、

3、4回戦は、運よく連勝する事が出来、本当に傷を浅くする事が出来た。

前半、消極的過ぎた事と、攻守がうまくかみ合わない麻雀だった。
勝利する為には学ぶべき事が沢山有り、状況により正解だったり不正解だったり、
常に正解を導き出すのは本当に難しい。

その奥の深さが麻雀の魅力なのだろうと思う。

残り6節、勝つことをより意識して頑張りたいと思います。