プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第31期A1リーグ第7節レポート 古川 孝次

2014/10/22
執筆:古川 孝次


第7節のメンバーは、荒、ともたけ、瀬戸熊といった上位陣との闘いとなった。
私はいつも戦う前に考えることがある。
流れのある人には逆らわず、流れのない人間にはめっぽうかぶせて打つということだ。

ところが今日は、今期、流れをつかんでいる人ばかりとの戦い。
逆らわない展開ばかりではアガリを取ることができない。
いろいろ考えたり、シュミレートしたが、いい案が思い浮かばずに卓につくこととなった。

1回戦、ドラ七万でともたけがテンパイ入れるところ。
四筒か、打六筒で、普通六筒七万のシャンポン受けなのに、私のアガリ牌の四筒を止めてカン五筒にとって、8,000のアガリ。

今日1日は苦しい展開になるなぁと思い、私の中では慎重に進めたつもりであった。
しかし、麻雀は不思議なもので、放銃や失点があると冷静さを欠いてしまう。
卓上で私がガチンコ勝負となり、本来なら打ち合いは望まないのにそんな展開になってしまった。
放銃したり、アガったりと自分本来の麻雀じゃないなと思いながら戦っていたわけである。

3回戦が終わって、瀬戸熊は大きなマイナスを背負ってなんとかなるかなと思っていたが、さすがは瀬戸熊。最終戦に瀬戸熊の麻雀がさく裂。結局、小さなマイナスでまとめた。

残り3節、現状の私は暫定6位で少しプラス。
残りの戦いは台風の目となって、とことん暴れ、鳳凰位決定戦に進むため、上位3つまでの椅子を狙うつもりである。

降級は考えない。来節の対戦相手も瀬戸熊である。
彼は大崩れしないと思うが、この節でプラスを多くすることを考えて勝負に臨むつもりである。

A1は、私くらいの年齢であれば、普通社会人なら定年退職であるが、伊藤優孝、荒正義も頑張っている。歳を取っているからといって悪い麻雀は打てない。(変ではあるかもしれないが…)

小島武夫最高顧問、灘麻太郎名誉会長も頑張っている。
私もあんな風になりたいと思うのである。