プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第31期A1リーグ第8節レポート 柴田 弘幸

2014/11/24
執筆:柴田 弘幸


今まで無かったのが不思議ではあるが、プロとして15年目、A1は7年目の今期、自身初の降級争いを経験している。

長い麻雀人生で一度落ちるのは怖くは無い。
そこでまた勝ち上がってくるほどの実力が無ければ、これからもA1では通用しないだろう。
なので、自分のフォームを崩さずに、しっかり勝ちしっかり負けるこれで行こうと思っている。

そんな気持ちで入った第8節。

開局の親で近藤が、この2,000オールをツモアガリ。

八万九万五索五索六索六索七索七索九索九索七筒八筒九筒  リーチ  ツモ七万

続く1本場、ドラ3で私がこのアガリ。
,
四万五万五万五万七万八万九万二索三索四索二筒三筒四筒  リーチ ロン三万

東3局、私が親でチャンスであったが、

一筒一筒六筒六筒八筒八筒東南南発発中中  ドラ二万

近藤が

一万二万三万五万五万三索三索一筒二筒三筒五筒六筒七筒  ツモ五万

500・1,000のアガリ。
私は、自分や相手を好調、不調と判断することがあるのだが、大抵自分は不調と感じるスタートが多いものだと思っている。

近藤は開局ツモアガリ、私はロンアガリ、親のチャンスは近藤に負ける。
近藤からすれば、仮テンパイの500・1,000は不満であるだろうが、私はこれらをみて近藤が好調マークになる。

そして南1局、親は近藤、私はここから南を打つ。

三万七万二索四索六索六索七索七索二筒五筒六筒九筒九筒南  ドラ四索

雑?といわれれば雑であろうが、役牌を打ち出してめいいっぱい手牌は伸ばすのも大事だと思っている。

そこから望月がダブ南の2鳴きが入る。考えられるとすれば、形が不十分か望月の雀風からすれば手が良すぎてギリギリまで動かないのどちらかであろう。

自分の浅はかな想定で向かって行くと、痛い目をみるのは十分思い知らされているので、油断はしない。ただ、最初に南を切り出した自分が起こした現状に、どこまで切り込めるかであろう。

結果は、近藤の1人ノーテン。
私の最終形が

二万三万四万二索三索四索六索六索七索七索八索五筒五筒

テンパイは遅かったのだが、これを開けれたのは大きいと感じた。。
理由は、相手にこのテンパイがどう見えたかということと、近藤のノーテンということ。
これらが自分にとってプラスに影響すると思ったからである。好調の意識。

そして、その意識は自分の麻雀を甘えさせてしまう。
1回戦目はトップの2回戦

東1局、望月の親リーチに、ドラを切って追いかけ3,900のアガリ。

四万五万六万三索四索七索八索九索四筒五筒六筒八筒八筒  ロン五索  ドラ八索

南1局、またしても望月の親で、

四万五万六万八万八索九索九索一筒三筒八筒九筒南中  ツモ九万  ドラ五筒

西家の私が第一ツモ九万。この手がわずか6巡で三色のツモアガリ。

四万五万六万八万九万七索八索九索三筒三筒七筒八筒九筒  リーチ  ツモ七万

浮き足立っていたのであろう。
南3局、親は私である。

四万五万五万七万八万九万一筒一筒五筒六筒七筒南南  ツモ七万  ドラ中

ドラも無いこの手、普段だったら一筒が牽制を兼ねた選択。
私はここから七万五万と打ち出して
望月へ16,000放銃。

一万一万二万二万三万三万四万五万五万六万七万八万九万  ロン五万

決して望月も良いわけではないのが牌姿にあらわれている。
ポイント的に余裕のない私が、余裕を見せた甘えである。
そしてそれを咎めて教えてくれる。

悔しい気持ちを次に生かせるよう地面に足をつけていこう。