プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第1節レポート 櫻井 秀樹

2015/04/17
執筆:櫻井 秀樹


さて、今年も熱い闘いが始まる。
今期からはA2も全て放送という事で、我々プレイヤーとしてはA1に上がる2名をもちろん目指すのだが、加えてどうしても落ちるわけにもいかない。
勝ちたい気持ち、負けたくない気持ちは皆同じ。
それをどう表現し、形にできるかというだけだ。

光栄なことに私はA2のオープニングバウトを飾れる事となる、対戦相手は、柴田、ダンプ、滝沢。
みな、同世代のエース格であり、個性的な打ち手である。
私も気合十分だったし、心身ともに良いコンディションで開幕戦を迎えた。

はずであった・・・

1回戦開局
南家の私は好配牌をもらうものの、わずか5巡目に仕掛けをいれる。

東1局、5巡目、南家・櫻井  

一万一万七索八索八索九索九索九索一筒一筒二筒三筒三筒  ドラ三筒

チー九索 打八索

一万一万九索九索九索一筒一筒二筒三筒三筒  チー九索 左向き七索 上向き八索 上向き

私は「開局から鳴かない」という主義でもなければ、自分が鳴いた局の結果がどうであろうとさほど気にはしない。
が、同巡、下家滝沢にツモ切られた七索を見た時はさすがにグラッときた。

しかし、「問題なのは七索が流れた事ではなく九索はポンすべきだった事」に、すぐ気がついて、さらにグラついた。
オヤから切られた牌であるがために、なかば癖のようなチー(安全牌を残すという意味で)であったのだが、そもそも開局の7,700テンパイでベタオリはない!
感想戦でも述べたように、ポンの方が手役を限定しづらく、読み違えてくれれば二筒は盲点になる事も考えられる。

いささか冷静さを欠いていたのだろうか・・・

その影響かは分からないが、その後1回戦、2回戦ともに手も足も出せない展開で連続マイナス。
3、4回戦はとにかくこれ以上失点を増やさない事を目標に打つ事になってしまった。

対照的にこの日の柴田は本当に強かった。
元A1なので当然と言えばそうであるが、

1回戦南1局、東家・柴田

四万五万六万三索三索四索五索六索五筒六筒七筒白白  リーチ  ツモ白  ドラ七筒

1回戦南1局1本場

二万二万二万二索三索三筒四筒五筒六筒七筒八筒東東  リーチ  ロン一索  ドラ二万

このアガリを機に完全にペースを掴み、絶妙な押し引きで終始主導権を握り安定した戦いぶりであった。

ダンプも手が入っていた事も後押ししたのか、普段見ないような押しっぷりで圧倒された。
2回戦東3局、東家・ダンプ9巡目

五索六索七索一筒一筒三筒三筒三筒北北発発発  リーチ  ドラ北

2回戦南1局、西家・ダンプ6巡目

一万二万三万六万八万九万九万六索七索八索六筒七筒八筒  リーチ  ドラ八万

リーチの可否は個人の判断であるが、上記はダンプならヤミテンのイメージが強いだけに意外であった。
おそらく人生初の染髪のせいであろう。

滝沢は私同様1、2回戦は展開が悪くマイナススタート。
しかし持ち前の鋭い読みと、高い集中力で我慢を続け、3回戦にようやく勝負どころでの会心のアガリ。

3回戦南3局2本場、供託R1本 北家・滝沢

四万五万六万三索四索五索六索七索一筒二筒三筒西西  リーチ  ツモ二索  ドラ三筒

そして4回戦では勢いを逆転したとふんだのか、ダンプの4巡目リーチに無スジを何枚もカブせ、ドラ切りリーチ

4回戦東2局、東家・滝沢

一万二万二万三万三万四万一索二索一筒二筒三筒五筒五筒  リーチ  ツモ三索  ドラ北

見事な攻守の切り替え。素晴らしいの一言であった!

対局を終えた瞬間は、「マイナス50を覚悟した日だったので15ポイント分は堪えたな・・・」
などとヌルい事を考えてしまった。

各自素晴らしい麻雀を魅せてくれたライバル達に1人だけ不甲斐ない麻雀をしてしまった事を申し訳なく思う。
ただちに修正し、来月からはひと月も落とすことなく闘い切ろう。
そしてライバル達や視聴者の方を唸らせるような麻雀を見せていきたい。