プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A1リーグ第1節レポート 近藤 久春

2015/04/27
執筆:近藤 久春


待ちに待った、プロリーグ開幕戦。
まず最初は、とりあえずプラスなら良しと言う事をよく聞くが、私は勝敗も勿論大切だと思うが、それよりも自分らしさを出し麻雀を存分に楽しみたい。
その結果次第で、次節からの戦い方を考えれば良いと思う。
何と言っても最高峰のリーグで、自分の好きな麻雀を最高のメンバーと打てる、こんな幸せな事はないのだ。

では、本日の対戦相手は、年度末のグランプリMAX決勝卓の御2人、荒プロ、瀬戸熊プロ、そしてサーフィン打法の古川プロと、一瞬の隙も逃さない相手だ。

開始早々、荒プロに魅せられる。

東2局、親・荒プロ4巡目。

五索五索五索八索九索九索三筒三筒四筒四筒東東白  ドラ四筒

ここから五筒を両面チー、8巡目、東をツモり4,000オールで、あっという間に47,200とする。
あの手、あの巡目、チーから入れる人が他にいるのだろうか。只々脱帽である。

東2局1本場、親・荒プロ。

五万二索二索四索九索九索六筒七筒九筒九筒東白白  ドラ四万

2枚目の九索をポン。
南家・近藤9巡目リーチ。

四万四万五万六万六万七万八万三索四索五索六索七索八索  リーチ

1巡前にテンパイし、ヤミテンとしたが次巡、リーチに踏み切る。

理由1
親の荒プロに対し強い牌(ダブ東)を切った為、そこそこの手でテンパイが見え見え。

理由2
ドラスジなので出にくくなる。

理由3
ここが一番肝心なのだが、荒プロの手を止める。
(昨年、同じ様なパターンで、しばらく荒プロの時間が続きひどい目にあっている)

結果、アガリは逃したものの、連荘が終わり自分は悪い気は全然していなかった。

対局が終わり後悔した局を1つ。

3回戦東3局、親・近藤 

配牌

二万三万五万九万九万一索三索四索七索一筒一筒二筒五筒南  ドラ九万

私はドラを生かす為、123の三色とチャンタを見て打五万。しかし345も保留すべきだったか?

西家・瀬戸熊プロ3巡目。

六索八索東東西中中  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ポン五万 上向き五万 上向き五万 上向き

この後、古川プロから手出しで九万中東と打ち出され、瀬戸熊プロが裸単騎になり西をツモるのだが、ドラの九万を私がポンして、無理にでも三色やチャンタに向かっていれば、役牌がもっと警戒され河に放たれ無かったのでは?
そこそこのチャンス手だったので、自分の手の事しか考えず他家の動向を予想しなかった。
これが今節、一番悔やまれた1局でした。

4回戦も攻めの姿勢を変えず戦い、それがうまくいき、嬉しい今期初トップとなり無難なスタートを切る事ができました。
やっぱりアガリに向い前へ出て戦う麻雀は楽しいですよね。

今期は可能な限り踏み込むスタイルで、強者の揃うA1リーグの麻雀を楽しみ、決勝戦に残れるように頑張りたいと思います。