プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A1リーグ第2節レポート 沢崎 誠

2015/05/25
執筆:沢崎 誠


第2節、今回の対戦者は藤崎・近藤・望月・最下位の沢崎の対局です。

100

開幕戦を落馬負傷となった僕としては、この第2節は絶対にプラスのポイントを記録しなければ、決定戦枠の3名争いから早々と脱落しそうな雰囲気となります。

前期の鳳凰戦決勝でさほどツキも無いところから最後まで優勝争いを演じた実力者の忍者・藤崎智。
2年連続して打ち方を変えレベルアップして進化を続ける近藤久春。特に2・3節と連続で対戦する忍者には自由にさせてはこちらが厳しいと考えて対局していました。

1回戦東2局 7巡目 南家・沢崎

三万四万五万六索二筒四筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒  ツモ七万

8・9・10巡目のツモが八万七万七万でテンパイ、ヤミテンを選択です。

三万四万五万七万七万七万八万四筒五筒六筒七筒八筒九筒  ロン六万   7,700

こんなツモを貰える日ならば・・100ポイント浮いても不思議では有りません。
ですが・・1回戦・2回戦と跳満ベース??望月雅継の連勝で、2・3着の+5,7Pとは情けない数字です。

事件が起きたのは3回戦です。
東2局2本場 ドラ九筒

100

配牌は8種8牌!
最近は見慣れた手牌になりました。ここは国士無双を目指して遊ぶくらいの感覚でいましたが・・4巡目に北が枯れてしまい、ピンズのホンイツに方向転換です。
それでもアガれる形が見えて来ません。

100

14巡目の三筒引きには悩みました。九筒中も山には2~3牌いると感じていましたが、この三筒引きで一筒四筒マチが出来ました。
一筒四筒は河に3牌づつ切られています。対面のリーチ手牌を考えると・・
四筒絡みのターツかメンツが1つ有ると読んでいました。有って1牌のマチに向かうべきかどうか?
ですが・・。ターツならばアタリもあります。ピンズのツモの流れに乗るべきと判断し中切り。
次巡九筒ツモは驚きませんでしたが・・中は来るな!と願いました。

100

配牌 一万四万五索七索九索二筒六筒九筒東西白発中
ツモ 五筒七筒六筒中ツモ切りツモ切り七筒六筒七筒ツモ切り五筒九筒ツモ切り三筒九筒ツモ切り
捨牌 七索 上向き五索 上向き四万 上向き・・・

ロン24,000

次局

100

残り2巡、藤崎の親リーチ! 親をマークの自分としては中盤から親の安全牌で対応の局。
山越の六万は望月に合わせ打ち。親が手替わりなら・・他の安全牌を切り出します。
ここでリーチを打たれて6,000オールは有ると感じていましたから流局でホッと一安心。
高め8.000オールにはちょっとびっくり! 跳満ベースなの?流石に前鳳凰位、意地を見せてもらいました。

苦戦中ながらキラリとセンスを見せたのがこの近藤の親リーチ!

100

下は対面側からの画像

100

二筒は河に3牌で七筒は自分の捨牌。全体的にピンズが安く対面はマンズのホンイツ
四筒は河に1牌。手牌を開かれてマチにビックリです。

100

八万切りから次は何が来ても九万切りの場面です。望月の手牌が開かれて驚きです。

100

上家の一万が先に捕まりました。
ツイているというよりも・・何故放銃に向かっているのだろうと少し悩みました。

100

この手牌はドラの雀頭で勝負手のリーチでしたが・・

100

このタンヤオ七対子に捕まります。4,800。

続く1本場、5巡目に親のリーチです。

100

17巡目、親の河に白が放たれます! ポンと言ってまだ通していない打四万ならテンパイです。
出アガリ12,000のツモ倍満です。選択はスルーです。

100

白の次はドラの八万でした。四万はセーフ!裏目に出ました。
鳴けば決着がつくとは感じていましたが・・放銃で決着だろうと予想してました。
1~2巡前なら仕掛けて勝負したでしょう。

この深い巡目にアガリを目指す魅力は感じませんでした。
2~3局前からの自分に、不向きな決着がそうさせたように思います。

ですが、この局には全く悔いが有りません。白が出た瞬間・・放銃(勝負)しないでこの半荘戦をプラスで終える事を目標に変えました。
プラスすればトータル原点復帰を考えたからです。

また次節から上位に向けてチャレンジが始まります。