プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第3節レポート 柴田 弘幸

2015/07/30
執筆:柴田 弘幸


第1節、第2節と終えて第3節で対戦した藤原、石渡この両者と同卓が前半戦最初のポイントと意気込んでいたが結果は惨敗。
それならばと、最後まで好位置を狙いにと切り替えて挑んだ第4節、対戦者は山田、内川、白鳥。

スタートは私が内川への1,000点の放銃となる。

内川
五万五万五万六万七万七索八索一筒二筒三筒七筒八筒九筒  ロン九索  ドラ六索

続く東2局では私が12巡目にチーして17巡目500・1,000のツモアガリ。

柴田
四万五万五万六万七万六索七索八索五筒五筒  チー四索 左向き三索 上向き五索 上向き  ツモ三万  ドラ三万

この500・1,000をアガる。
点棒状況は無風だがアガりに違和感を感じたのを覚えている。

東3局は親の内川、白鳥の2件リーチとなり、

内川
五索六索七索七索七索七索四筒四筒四筒六筒六筒東東  リーチ  ロン東  ドラ五索

白鳥から内川へ12,000の移動となる。この局は完全に見る局となってしまった。
3巡目の自身の手牌がこれで、2枚目の南を打たれて動く手は無いと思うが、

柴田
三万六万八万四索六索五筒六筒六筒八筒南南西白

10巡目の内川から打たれた七万は、チーと動く手があったように思える。

柴田
六万六万八万四索六索八索四筒五筒六筒六筒八筒南南 七万出る

自分のスタイルでは動かない形、ただ東2局の500・1,000を見るに動いたほうが良い気もする。
ただこれを動いて、果たして今日4半荘をまともに戦えるかが怖くて動けなかった記憶が有る。

東3局1本場

柴田
二万三万六万一索二索三索九索九索四筒東南白白白  ドラ二索

3巡目のこの手牌で親落としの選択もあったが実際は六万として、字牌の重なりで跳満、倍満の渡りを見てしまったのだ。
結果はテンパイすらせず、内川のリーチへ3,900は4,200の放銃となる。

内川
四万五万六万七万八万五索五索六索七索八索八筒八筒八筒  ロン三万  ドラ二索

結果は酷いが手を振り切れたのは良かった。

東3局2本場
内川の先制リーチにしっかり攻めてアガリをものにする。

柴田
四万四万六万七万八万二索三索四索六索八索六筒七筒八筒  ロン七索  ドラ六筒

先ほどの手牌は相手に見えない形で放銃、今回はアガリなので相手に見えることになる。
いつでも攻めれますよと相手にみせれたこの2局で、うまく自分のリズムにしていければと思ったが、この半荘は31,600と小さい2着で終る。

2回戦東1局
終盤まで1シャンテンで粘るものの、親の山田のリーチを受けて退くことになり流局。

山田
三万四万五万七万八万五索六索七索一筒一筒二筒二筒二筒  リーチ  ドラ一筒

東1局1本場
親の山田が捨て牌にドラ東を被ってのリーチ。安いわけがない・・

三万四万五万二索二索四索四索五索五索六索三筒四筒五筒  リーチ  ツモ三索  ドラ東

非常に大きな6,000は6,100オールをものにする。

東1局2本場
私が5巡目に九万タンキ待ちのテンパイを入れ6巡目の五万ツモで待ち変え。

柴田
一万一万二万二万三万三万五万五万六万七万九筒九筒九筒  ドラ一万

しかし親山田のリーチ宣言牌が九万で、真っ向勝負の私から4,800は5,400のアガリ。

山田
七万七万二索三索五索五索五索七筒八筒九筒発発発  リーチ  ロン四索  ドラ一万

これで今日の方針は明確になった気がした。
初動を重視してアガれなくても相手と同じ速度にしない、守る時は守備の意識を早めに行うこと。

3回戦は東場は良いアガリがないまま40,000まで持ち点を増やすが危機感は変わらず。

南2局
私が親で動き白鳥へ7,700を放銃。

柴田
一索二索三索八索八索八索東東北北  チー五索 左向き六索 上向き七索 上向き  ドラ白

白鳥
三万四万五万三索四索一筒二筒三筒三筒四筒五筒六筒六筒  リーチ  ロン五索  ドラ白

当然の結果であろう反省点はたくさんあるが後悔はしていない。

南3局
親の白鳥がリーチ、前巡目に私もテンパイをいれている。

白鳥
一万一万五万六万七万二索三索四索五索六索七索五筒七筒  リーチ  ドラ三筒

柴田
一索二索三索三索三索五索六索七索八索八索八索九索九索  ロン九索  ドラ三筒

ここが私と白鳥の今日の運の勝負だったように思う

そして4回戦は私が5万のトップを取りその日を終える
1~3回戦はかなり危険だったが、自分が感じた危機の感覚を早めに打牌に切り替えたのがたまたま結果に結び付けられた。
これからの中盤戦、良い風が吹くように調整していきたい。