プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第4節レポート ダンプ 大橋

2015/08/11
執筆:ダンプ 大橋


久しぶりに登場の、歩く降級ボーダーことダンプ大橋でございます。

今期は心機一転と髪の毛の色を変えた結果、久しぶりのトータルプラス状態で4節目を迎える事ができました。めでたい。

今回のお相手は石渡、猿川、佐々木の3名。
1回戦は、軽いタンヤオイーペーコーをリーチでツモり、トップを取り好調さを感じていたのですが、2回戦に大事件。

東1局で500オールをツモり蓮荘に成功した1本場、猿川にこんな配牌が。

四索六索七索八索九索五筒南南白発発中中  ドラ西

2巡目に発を仕掛けるとツモってきたのは白。その白を仕掛けて7巡目に大三元テンパイ。

六索七索八索南南中中  ポン白白白  ポン発発発

あっさりと3巡後に中をツモり、8,000・16,000。

嗚呼、今年もいつものポジションに落ちるのかと頭をよぎるも、
次局に

六万六万七万七万三索三索二筒二筒三筒四筒四筒六筒六筒  ツモ三筒

この1,600・3,200を皮切りに、

一万一万二万二万二万四万五万六万九筒九筒中中中  ツモ一万  ドラ中

四万四万四筒四筒四筒七筒八筒九筒東東  ポン一索 上向き一索 上向き一索 上向き  ツモ東  ドラ一索

こうアガリ倒し、気が付けば大三元の親被りも返済し、トップこそ猿川にオーラスで捲られますが大きい2着で終了。

3回戦こそラスを引くも、4回戦は5万点を超えるトップで本日44.2Pのプラスで終了。
トータル首位の石渡を沈め、上位争いは混戦の模様を呈してきました。

実際のところはもっとポイントを叩く場所があっただけに、反省点も多い対局ではありましたが、結果には概ね満足。
今期こそは、最後の最後まで昇級に絡める位置で戦っていきたいものですね。

人の心配をするほどの余裕はありませんが、佐々木の不調っぷりも気になるところです。
前期では最終節まで昇級を争った反動か、ミスをしているわけでもなく、淡々とマイナスを重ね続ける印象です。

とはいっても、攻撃力はA2の中でもピカ1ですし、ワンチャンを拾えばあっという間にマイナスを返済してくるでしょうから、その時は同卓していない事を願うばかりでございます。