プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第5節レポート 櫻井 秀樹

2015/08/27
執筆:櫻井 秀樹


対戦メンバーは石渡、紺野、山田。
折り返しの第5節、私の目標はトータルを0に戻す事。
つまりはプラス10ポイントほど浮けばよいと思って臨んだ。

しかし、結果から言うとマイナス20ポイントほどで今節は終了。
初日に作った借金が返済できないまま、後半戦に入ることとなった。

本来であれば、このレポートで反省点などをあげ、後半戦に向けての修正点などを述べるのだろうが、自分なりに今節の出来は良かったと感じている。
ツイている、ツイていないの出来ではなく、自らの状況判断やヨミといった部分が冴えていたのである。
集中力も終始切れることなく、苦しい展開が続いても前のめりになる事も、弱気になりすぎる事もなく、自分なりにベストのバランスが保てていたと思う。

来月末からは十段戦決勝も始まるため、なんとかこの集中力とテンションが保てればと思う。

さて、麻雀の内容だが。
手が入らないわけではないが、あと一歩のところで打てない牌をひかされる。
ロン牌がくる分には構わない、自分が打たなければ良いだけだから。
しかしアガリたい手(アガれそうな手)がアガれないのはキツイ。

分岐となった3回戦
東3局1本場 親 9巡目 

一万二万三万七万七万七万九万九万二索三索一筒二筒三筒  リーチ  ドラ九筒
一索は3枚ヤマ

南1局西家 

三索三索四索五索五索六索六索北北白中中中  ツモ白  ドラ八筒

望んでいた最終形にもならず、一度もツモることなく同巡で終局。

2局とも 山田→石渡に満貫の移動。
その山田も南場のオヤ番で12,000、3,900オールとアガる。
完全に1人蚊帳の外だ。
このまま勝負に参加できないと4回戦もジリ貧と考え、ラス前のオヤ番で勝負をかけてみたのだが。

南3局1本場 親 

二万二万八万九万九万二筒二筒西北北白発発  ツモ白  ドラ四筒

西単騎のリーチを打つ。
ドラのない七対子リーチは私は基本打たない事の方が多い。
しかし、打点だけでなく(ツモれば打点もあるが)、ここで全員の手を止める事が目的だった。
ただし、まっすぐこられたら今回のラスは確定であろう。

河は
九索 上向き六索 上向き七筒 上向き一索 上向き四索 上向き六筒 上向き
四索 上向き一筒 上向き八万 左向き

変則的で、マンズはもちろん字牌も打ちづらいため、対応するとなるとベタオリしかない。
しかし、石渡は二万をしっかり押してテンパイ。
紺野の四万切りリーチで思惑は外れ、結果は予想通りとなってしまった。

みながオリていれば、スコアは全く逆になっていたような気がする。
やはりA2もみな強く、なかなかプラスさせてはくれない。

ただ、最初に述べたように自分なりの満足感はある。

十段決勝の前におそらく6節があるだろう。
しっかりトレーニングして、ベストの麻雀をしたい。