プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A1リーグ第5節レポート 沢崎 誠

2015/08/31
執筆:沢崎 誠


100

今節はトータルプラスの域を目指すのがテーマでした。
対戦者は黄色の枠の方々です。
古川孝次プロ・瀬戸熊直樹プロ・ともたけ雅晴プロの対戦でした。
(以下敬称略)

上位も下位も離れていますが、下位に並ぶのはこのA1リーグでは簡単な事です。
好調ではない時に自由気ままに打てば、50ポイントくらいは簡単に沈む事になります。

1回戦
100

100

上画像は5巡目にして一向聴の手牌となりました。ドラの六索引きに期待ですが・・四索引き以外の聴牌はピンフのみでも即リーチの予定でした。
対して下画像は9巡目、少し苦しそうな形ですが瀬戸熊の手牌です。

100

100

100

上の画像、上家・古川の捨牌は少考して手出し二万、続いて手出し六万切りのダマ聴。
二万三万三万三万四万五索七索七索八索九索白白白

自分からは一万が4牌見えていますから・・上家の手牌に三万が複数あるのは
予想していました。河に1牌出ていますから山に1牌あるかどうか?放銃で終わらなければ十分とリーチに
出ました。
同巡、下家がピンフドラ1を聴牌!無筋の九筒切りでダマ聴としました。

次局、この早い6巡目に手牌を開かれました。

100

前局、自分の一気通貫は不発でしたが・・こちらの瀬戸熊の三色は和がりとなりました。
これを見て、今日は瀬戸熊・要注意と決めました。四万引きならリーチがあったかも知れませんが・・
どうなのでしょうね?

100

瀬戸熊はこの局もダマ聴として古川を捕まえています。
(古川席、よくアタリ牌が来ているように見えます。)

2回戦
場替え
(並びは同じですが・・一つ上家に移動。1回戦のラス席へ 嫌な予感!!)

東2-1本場 ドラ八索

全員聴牌、ぶつかり合います。
10巡目・瀬戸熊リーチ
一万二万三万四万五万六万六万七万四筒四筒七筒七筒七筒
11巡目・ともたけリーチ
三索三索三索四索五索六索八索八索一筒二筒三筒五筒六筒
同巡、動いて古川 チー聴牌!
五万六万七万八万八万七索八索  チー五索 左向き三索 上向き四索 上向き  ポン発発発

100

親番で絶好のドラ表示牌を引き入れて聴牌!当然追いかけリーチと出るのが普通なのですが・・
和がりになる感覚がまるで有りません!降りる気は有りませんが、ダマ聴を選択。次巡に上家に捕まる。
(やはり場所が壊れてるのかも?)

東3局
100

またしても2件リーチに追いつく!しかも絶好のドラ四索引き。
第一感・・フッと頭に浮かんだのは七筒切りのダマ聴!
???
(おかしくないか?何か変? 七筒切りリーチ! あれやっぱり八筒切りリーチか?)・・と少考。
八筒切りリーチ!!
同巡・・下家・八筒、上家・三万を打たれる。    ガァ~~~~~ン
となれば・・次のツモはアタリ牌!!

下手だわ。

4回戦

100

100

ここもしっかりとダマ聴。ドラ五筒引きから三色を崩してリーチに対応の瀬戸熊、現物の五万で出和がり。

この5節の半荘戦4回、普段はあまり使わねダマ聴も、鳳凰戦決勝に向けての練習をしているかのように見えました。
良い練習になったのかな?

今節の反省点は初戦の東1局のゲームの入り方が悪かったと確信しています。
普通に手なりで六筒九筒 一索マチで進めていくのがベストでした。しっかり運気を見てからのゲーム作りが必要でした。
気持ちの持ち方・・これは直さなくてはなりません。

100

前半戦を終えて・・▲44.8ポイントは現在第9位となりました。
滅多に下位は見ない僕ですが・・次節の第6節はそうも言ってられない組合せとなりました。^^;
偶然にも7・8・9・10位の対戦です。

この自戦記がアップされる頃には第6節、藤崎・前原・荒・ともたけの対局結果が出ていると思います。> どの卓も各自負けられない闘いとなっています。面白い試合が続きますよ!

着順表
100

5節・全20戦を終えて・・
トップ回数
多いのはは・・藤崎8回、古川7回、瀬戸熊・勝又・望月の6回。
少ないのは・・ともたけ2回、仁平3回、荒・沢崎・伊藤の4回。

連対率では
高いのは・・瀬戸熊15/20、藤崎・勝又14/20、古川・前原11/20
低いのは・・沢崎6/20、朝武・仁平・荒7/20、伊藤・近藤

という成績です。余計なお世話でした。

トップ率20% 連対率30%とは・・寒いです。
最下位でも不思議でない成績!後半戦は成績アップを目指したいと思います。
取り敢えずは6節のプラスを目指します。