プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第6節レポート 柴田 弘幸

2015/10/15
執筆:柴田 弘幸


開局の入りは良かったと自分で思ってたんです。

親の石渡の手牌

四万五万一索三索五筒五筒東東東北  ポン三筒 上向き三筒 上向き三筒 上向き  ドラ北

柴田
二万三万四万一索二索三索五索六索八索八索二筒三筒四筒  ロン七索

ドラが北なので親の仕掛けは脅威だったが、中盤にでた2枚目の八索を見送り一索を引き入れ1,000をアガる。

東2局
白鳥の3巡目リーチに対して

100

七筒五筒六万二索と勝負して当たりである八索を打たずのテンパイで流局へ

柴田
八万八万一索二索三索三索五索六索七索八索三筒三筒三筒

粘れた親なので次局はもっと攻めるぞ!と思ったが、あっさり白鳥にサバかれる。

東2局1本場

白鳥
六万六万七万八万四筒五筒六筒  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ポン中中中  ロン六万  ドラ三索

東3局

柴田
五万六万三索三索三索六索七索八索三筒四筒五筒五筒五筒  リーチ  ロン七万  ドラ九筒

1,000・2,000が良いとかは思ってなく、これまでの局過程を見てヤミ1,300は悪くなると判断してリーチといった。
結果は2,600のアガリ。この半荘は小場で放銃が許されなくなるなと感じた。

東4局
東が鳴けた櫻井と私がぶつかるが、アガリは櫻井。

柴田
三万四万三索四索五索五索六索七索三筒四筒五筒五筒五筒  ドラ二万

櫻井
六万七万八万八万八万六筒七筒  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ポン東東東  ツモ八筒 

南2局
ここで自分の麻雀の過程の是非を問う為に強行策にでる。

100

親とはいえわがままな麻雀だと今は思っている。
東3局に感じた小場のイメージなら1,500でも仕掛けは引き付けて守備的に打てば良かった。

結果は石渡の2,000・3,900のツモアガリ。

五万六万七万二索三索四索七索八索七筒八筒九筒白白  ツモ九索  ドラ白

そして南4局

白鳥
四索四索六索七索東東東  チー二索 左向き一索 上向き三索 上向き  ポン北北北  ツモ八索  ドラ八万

柴田
二万三万四万五万五万六万六万七万九万九万九万白白  ドラ八万

白鳥に1.300・2,600をツモられラスへ。

麻雀は内容と結果が結びつくと信じている。
内容を部分でなく全体でよくするのが今後の目標とし敗戦を糧にし前へ進もう。