プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A1リーグ第7節レポート 仁平 宣明

2015/11/09
執筆:仁平 宣明


今期のリーグ戦もあっという間に第7節となった。
ここまで良い所がない僕にとって正念場だ。

6年ぶりの連盟最高峰のA1リーグ。
最強の人達を相手に少しでも自分をアピールしたいという気負いがありすぎて、自分らしい麻雀が打てていない事がここまでの不調の原因のひとつかもしれない。

しかし、前回の第6節で伊藤に親の国士無双を放銃して一気に降級圏内まで来てしまった僕は、これまでにも増して是が非でも負けられない気持ちで望むこととなった。

そして始まった1回戦、全体的に手牌は軽く良い流れでトップ目で南2局を迎えた。

南2局 南家

三索三索三索四索四索五索三筒四筒五筒白白発発  ツモ二索  ドラ五筒

親の勝又の捨て牌が強いのでヤミテンも考えたが、この半荘のここまでの流れは悪くないと感じてリーチ。
しかし案の定、勝又に入り目の五索を打たれて追いかけリーチをかけられる。
結果、三万で放銃。

次局、このままだと親の勝又の連荘がとまらなくなってしまうと感じ、自分らしくはないが、打点よりもスピードを意識して中を仕掛けて一筒四筒七筒の3面張テンパイ。
しかしこの鳴きでここまで絶不調のともたけにテンパイを入れさせてリーチを受ける。
だが、ここで退けば勝又の連荘になると感じて全て勝負と決めた。

そしてドラの三索を勝負してともたけの単騎に放銃。
だが、この2局の放銃に対しては後悔していなかった。

次の親番でも手が入り、親満まで見える手が終盤まで長引いたので、最終的には発をポンして1,000オールのアガリ。
1本場、ここでジュンチャンの手組みがうまく決まって1回戦はかろうじてトップ。

2回戦、東1局に三色の見える1シャンテン。

東1局 西家

一万三万三万四万五万六万五索六索三筒三筒四筒五筒六筒  ドラ五万

下家の勝又がピンズのホンイツで2フーロー。
感覚的には遠い仕掛けだと感じながらも、自分が勝又の上家である事を意識しすぎて打牌選択をミスする。

上の手牌に五筒ツモ

一万三万三万四万五万六万五索六索三筒三筒四筒五筒五筒六筒 

場の捨て牌を見てもカン二万がいいのは一目瞭然。
だがピンズのホンイツの勝又の七筒ポンがあり、ここで五筒を切れず結果を先延ばす打一万
テンパイが入ってからのピンズ勝負を選択する。
勝又のノーテンはほぼ見えていたから、上家でなければ五筒を選択していたと思う。
これが敗因となる。

次巡すぐに四索を引いて五筒切り。二万を勝又に切られ自らもツモる。
流局まで押し切るが3人テンパイで終局。
この半荘はこの後、何も出来ずにラスを引いた。

3回戦、この半荘が今日1日の負けを決める事になってしまう。
東1局、親で手牌はいいが勝又に中東の仕掛けが入っている。

三万三万六万二索二索四索五索七索八索九索二筒三筒四筒六筒

ここから勝又の仕掛けに対応して三万を切ってしまった。
六筒二索を切るのが自然だが六筒は切りにくく二索もドラの八万が雀頭だと2フーロー目の東を仕掛けた時の四索手出しを見ると切りにくい。
安全に三万を切ったが、その後のツモが一索三索六索と親満のアガリ逃しとなってしまう。
手成りに六万を切っていてもアガリがあった可能性が高い。
この局の結果は終盤に勝又の満貫ツモアガリ。

そしてここから望月が本領を発揮する。
望月ペースで局が次々に進み僕とともたけは何も出来ないまま点棒がなくなる展開に。

その後も僕は1シャンテンの選択がことごとく裏目に出る。
南場の自分の親でもともたけの早いリーチに押し切れずノーテンで親を空け渡してしまう。
こうなると次の局、ともたけの親番に風が吹く。
ともたけらしい手順で6,000オールを決められ完全に僕は1人蚊帳の外になった。
そしてこの半荘は大きな1人沈みで終了した。

後がなくなった最終戦は何とか小さいながらもトップを取って土俵際に指の先くらいは引っかかって終了した。

僕にとって辛く長い今期のリーグ戦。
残り3節、しっかりと自分の納得出来る麻雀を打てれば結果はついてくると信じて望むしかない。
6年前に降級してからの様々な思いを胸に、残り3節、自分の全てをかけるだけだ。