プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A2リーグ第8節レポート 石渡 正志

2015/12/01
執筆:石渡 正志


本題に入る前に… 王位戦会場にて、『おはようございます!!』の声、私にではないだろう!?と思っていたら、どうやら私に!?である。
すかさず『お、おはようございます!!』と返す。そして、対局後には、『放送見てます』とか『リーグ戦頑張って下さい!!』等励ましのお言葉を頂いた。
こんなやり取りが何回もあった。

連盟がニコ生で対局をやり始めた効果であるが、初めてお会いする方々との挨拶や交流、実に嬉しいもの。
改めて日本プロ麻雀連盟に感謝である。

さて、本題。面子は、内川、ダンプ、西岡各プロ。今あるリードを更に拡げたいが… 

1回戦 東1局
親の9巡目、西岡にいきなりの大三元がはいる。

三筒三筒五筒五筒五筒発発発中中  ポン白白白  ドラ二万

私は、と言えば

二万二万五万五万六万六万七万五索五索七索七索四筒四筒

これでテンパイだか、一打目に中を捨てていた。
ツモっていたらフリコミだったが、七万でロンアガリ。
こんな調子だから南場でも満貫をアガれ、+23.8Pのトップになる。

2回戦目は、東1局16巡目に

一万一万一万四万五万六筒六筒七筒七筒八筒九筒発発  ツモ五万

内川がタンヤオ捌きにも関わらず、打九筒とせずにツモ切り… 

東4局は、

五索七索九筒九筒東東東  ポン白白白  チー三万 左向き四万 上向き五万 上向き

ここからの受けをせずに東暗カン、内川はドラ七筒を暗刻の三索六索待ちで、結局私が三索を掴みオリ… 
まだまだ続く、南4局南家で、北家の内川が

三万四万五万七万七万三索四索五索五索六索六索七索七索  ドラ七筒

このテンパイで、打七筒としたところソーズの待ち受け濃厚なのにも関わらず、私は

五索四筒五筒八筒八筒八筒南南  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き  ポン七筒 上向き七筒 上向き七筒 上向き

ここで我慢仕切れずに打五索とか、同じ半荘で3回もやらかしたら勝てるわけが無い。
今日一は、3回戦目の東3局、親でこれもまた内川のリーチに

三万四万五万六万七万八万二索三索四索六索七索五筒五筒  ドラ六万

ここになんと

三万四万六万七万七万四索五索五索六索六筒七筒八筒東東

ここからの打五索で7,700のフリコミ… 
こんな無様な戦いをしているから、4回戦目はおつり無く1人沈みのラスで終わる。
当然と言えば当然だが、帰宅してから観たタイムシフト最後のインタビューの時に、私の応援します!!とコメントを下さった方々や、王位戦の時に応援してます!からと挨拶を下さった方達、元々応援して下さっている方達の事を想ったら、年甲斐もなく涙が流れてきた… 

私に足らないモノまだまだ色々あるが、この夜にまた一つ大切なモノを頂いた!!
必ずこの借りは対局にてお返しするとここに誓います。

これからも負けられない対局が続きますが私らしく粘り強く戦いたい。