文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロリーグ(鳳凰戦) レポート

一覧

第32期A1リーグ第8節レポート ともたけ 雅晴

2015/12/14
執筆:ともたけ 雅晴


世間ではもうすぐ何処の紅葉が見頃になると、久しぶりに秋という季節を満喫しているみたいだが、自分はのんびり秋を楽しんでる場合ではない。
今節の結果次第では、降級という事態が現実味を帯びてくる。
紅葉する前に落葉にならないよう、必死にしがみついていなければならない。

そんな状況の中戦うメンバーは、1回戦の起家からともたけ、望月、近藤、沢崎という顔ぶれである。
〔1回戦〕
いつも立ち上がりは悪い自分であるが、今日は起家スタートということもあり、何とかアガッて弾みをつけたいという思いで配牌を取るが、思いとは裏腹の連荘するのはちょっと厳しいかな?と思える配牌。
ということで、暫くは慎重に進めて行こう!と思っていたのに、近藤に1,000を振り込んで何をやってるんだか・・

振った点数が安いから良かった…ということではなく、「慎重に」と思って進めていたのに、結果は逆になってしまったことが問題である。
次局からは様子を見ながら慎重に!と反省(って性格的に無理か…笑)。
そして迎えた東3局に最初のチャンスがやってくる。
ドラはないが、

五万五万六万六万七万二筒三筒四筒六筒六筒六筒七筒八筒

タンピン高目イーぺーコーのテンパイ。
当然とばかりにリーチ!
親の近藤に追いかけられ、1,300オールをツモられる。
ここはヤミテンが正解だった。

自分を知ってるかたは「えっ!」、「ヤミテンなんてらしくない」と思われるだろうが、「慎重に」と思っていたのだから、受け身の取れないリーチは、結果は同じだとしても控えるべきだった。
しかし、続く東3局1本場で転機というか「今日はいけるかも!」という感触を掴む。

配牌
五万二索三索四索七索九索九索四筒五筒八筒東西西  ドラ八索

第1ツモ七筒で自風の西がトイツでもあり、ポンできれば軽いアガリはできそうな牌姿である。
だが、巡目が早いうちは、緊急回避のポンテン以外は動くつもりはなかった。

3巡目に二索をツモって今日最初の冒険に!
ピンズ(四筒から)を払ってホンイツへと向かう。
多少強引ではあるが、そんなことは毎度のことなので気にもせず、自分のピントがどのくらいズレているのか?確かめてみたかった。

結局2シャンテンのまま他家にアガられて終わるのだが、その間三筒六筒九筒は1枚もツモってこなかった。
ということは、「感覚は悪くない!」、「ピントはズレていない」と思えたことが大きく「今日はいけるかも?」から「いける」になった。
勝手な思い込みだが、こういう精神的なことのほうが技術より大事(自分の場合)に思える。
東場はアガれず、南場に入って親が終わって迎えた南2局に本日最初のアガリ。

七対子ドラ2をアガッて32,800点に復帰。
そのままオーラスを迎え、

一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒六筒七筒八筒南中中  ドラ五万

ここから、2枚目の一筒をポンしてテンパイを取る。
その後九筒をツモってマチ替えをするか迷うところだが、2回目の冒険へ。中を切り、1シャンテンに戻してチンイツに向かうのだが、放送を見てた方はハラハラドキドキだったのでは…
なぜなら、親の沢崎が2つ鳴いてさらにドラの五万を暗カンして満貫のテンパイをしているのだから、のんびり「我が道を行く」で大丈夫?間に合うの?と思われたことでしょう。

二筒をチーして五筒六筒のシャンポンと形は悪いがテンパイして追いつき、沢崎から五筒で8,000をアガッて、1人浮きのトップとなり幸先の良いスタート。
そして、終わってみれば+63.6Pと大きくプラスして残留争いに踏みとどまることができた。

残り2節…残留できるよう頑張りますので、熱い応援宜しくお願いします。